戦車のプラモデルを作るから、キットの紹介・完成までをまとめてみた

戦車のプラモデルを作るから、キットの紹介・完成までをまとめてみた 模型製作日記

戦車のプラモデルを中心に、購入したキットの中身についての紹介から、組み立て、塗装、ウェザリングといった完成までの一連の流れをまとめた、いわゆる「模型製作日記」です。

戦車

6号戦車 ティーガーI 後期型

強力な砲と硬い装甲を纏った陸上の要塞、それが戦車。

この戦車も用途によって様々な呼称・カテゴリーが存在するが、ここでは主に対戦車戦闘をメインとするごく一般的な「戦車」についてまとめています。

強力な主砲と堅牢な装甲を武器に最前線で敵の戦車たちと殴り合う戦場の華だけあり、被弾痕や破損、塗装の剥がれ、そして経年劣化など、「ディテールアップ」や「ウェザリング」が特に映えるのが「戦車」です。

対空戦車

メーベルワーゲン試作型 完成2

「対空戦車」はその名の通り対空戦闘、つまり航空機と戦うための車輌です。

ユニークな外観に惹かれ、「戦車」模型よりも先に手を出し、戦車模型よりも多く手がけているのがこの対空戦車で、私にとってはある意味「模型製作日記」とは「対空戦車製作日記」といえます。

対空戦車といえばドイツの「4号対空戦車」が有名で、例に漏れずこの4号対空戦車を中心に製作しています。

駆逐戦車

軽駆逐戦車ヘッツァー

戦車の車体に、固定式の戦闘室を搭載したものが駆逐戦車。

戦車と違って「砲塔」が無いため、砲を旋回させることが出来ず、即応力が求められる攻めの戦闘では不向きで、どちらかというと待ち伏せなど守りの戦いで使う車輌。

しかし、砲塔が無いことで車高を抑えられ隠蔽力に優れ、軽くなるので母体戦車よりも強力な主砲を搭載可能となり、さらに製造コストが低いという利点がある。

また、プラモデルにおいても駆逐戦車はその構造上からパーツ数がおさえられており、初心者でも組み立てやすい物が多いという特徴もある。

自走砲

フラックワーゲン 左側面

一言で言うならば「大砲を走れるようにしたもの」を自走砲と呼ぶ。

そのため、極論を言うとトラックに大砲を搭載したものも「自走砲」として扱うこともある。

自走砲の定義や名称は国や時代によって様々で、特に第二次世界大戦中のドイツにおいては同じ自走砲でも管轄の違いで「駆逐戦車」や「突撃砲」など、呼び方が変わる場合がある。

プラモデルにおいては、オープントップ車輌の場合、内装も再現する必要があるため「戦車」よりは難易度は高い。

ツール・書籍・その他

戦車模型制作で使うツール

模型製作で使用したツールや、製作やブログ執筆において参考にしようと思って購入した書籍などについて紹介しています。

それ以外にも定期的に販売される「福袋」の開封記事なんかも書いています。

パンターD型 V2

パンターD型 V2は試作車だしイエロー単色で塗装してみた

パンターD型 V2

パンターV2の組み立てが終わったからのんびり製作日記を書こう

パンターD型 V2

よし、パンターD型 V2の製作を再開しよう!

キングタイガー

9ヶ月かけてやっとキングタイガーが完成した

キングタイガー

キングタイガー用に「ドイツ国防軍 戦車兵セット」のフィギュアを作ってみた

2019.08.10
キングタイガー

【キングタイガー】金属砲身の垂れ下がりを何とかしてみる

2019.07.14
キングタイガー

【キングタイガー製作日記】履帯を取り付ける前に車体の奥を汚しておいた

2019.07.14
キングタイガー

キングタイガーを迷彩塗装してみた(※組み立てから5ヶ月経過してます)

2019.08.05
パンターD型 V2

パンターD型 V2は車体やリアパネルの加工が必要だから勇気がいる

2019.07.21
パンターD型 V2

【パンターD型 V2】嫌な顔しながらおパンター組み立てたい

2019.07.18
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました