「模型製作記」カテゴリーの記事一覧

「模型製作記」カテゴリーの記事一覧 模型制作日記

主にドイツの戦車を中心に、キットの紹介から組み立て、塗装、ウェザリング、そして完成までを解説するほか、使用したツールや参考にした書籍も紹介しています。

戦車

超重戦車マウスとティーガーI

強力な砲と硬い装甲を纏った陸上の要塞、それが戦車。

この戦車も用途によって様々な呼称・カテゴリーが存在するが、ここでは主に対戦車戦闘をメインとするごく一般的な「戦車」についてまとめています。

強力な主砲と堅牢な装甲を武器に最前線で敵の戦車たちと殴り合う戦場の華だけあり、被弾痕や破損、塗装の剥がれ、そして経年劣化など、「ディテールアップ」や「ウェザリング」が特に映えるのが「戦車」です。

「戦車」カテゴリーの記事一覧
製作した戦車プラモデルについて紹介しています。一言で「戦車」といえど、駆逐戦車、対空戦車、回収戦車など様々ですが、こちらはごくごく一般的な「戦車」のプラモ製作記事についてまとめています。より詳しい内容は各リンク先で解説しています。

対空戦車

対空戦車たち

通常、戦車といえば陸を走る戦車を筆頭とした車輌の撃破が主な役割だが、この「対空戦車」はその名の通り対空戦闘、つまり航空機を相手に戦うための車輌である。

となると敵の航空機を撃墜することが目的のように思われるが、時速300km以上で飛行する戦闘機を撃墜するのは極めて困難で、撃墜よりも航空機の攻撃を妨害することが対空戦車の目的といえる。

通常、航空機の撃墜は航空機が行うため、制空権があるときは出番は無く、対空戦車が活躍するときは戦局が不利である場合が多い。

そのため、制空権を失ったドイツでは戦車の車台をベースにした「対空戦車」やハーフトラックに高射砲や対空機関砲を搭載した「対空自走砲(自走式対空砲)」が数多くつくられた。

ユニークな外観に惹かれ、「戦車」模型よりも先につくり、戦車模型よりも多く手がけているのが対空戦車で、私にとってある意味「模型製作記」とは「対空戦車製作日記」といえる。

「対空戦車」カテゴリーの記事一覧
第二次世界大戦中のドイツで開発された「対空戦車」のプラモデルを作っています。各種キットのレビュー、プラモデルの組み立て、迷彩塗装、そしてウェザリングなど、完成までをまとめます。

駆逐戦車

戦車の車体をベースに、固定式の戦闘室を搭載したものが駆逐戦車。

戦車と違って「砲塔」が無いため砲を旋回させることが出来ないため、即応力が求められる攻めの戦闘では不向きで、どちらかというと待ち伏せなどで使う車輌。

その反面、砲塔が無いことで車高を抑えられ隠蔽力に優れていたり、砲塔が無い分軽くなるので母体戦車よりも強力な主砲を搭載可能で、さらに製造コストが低いという利点がある。

そのため、第二次世界大戦の中期~末期のドイツにおいて様々な駆逐戦車が開発された。

また、プラモデルにおいても砲塔のない固定式戦闘室であるがゆえにパーツ数がおさえられ、初心者でも組み立てやすい物が多いという特徴もある。

駆逐戦車

主にドイツの戦車を中心に、模型キットの紹介から組み立て、塗装、ウェザリング、そして完成までを解説するほか、使用したツールや参考にした書籍も紹介しています。

自走砲

一言で言うならば「大砲を走れるようにしたもの」を自走砲と呼ぶ。

そのため、極論を言うとトラックに大砲を搭載したものも「自走砲」として扱うこともある。

自走砲は元来戦車など個々の目標ではなく、広範囲を攻撃するタイプの兵器であり、戦車よりも後方で戦うことが多い。そういったことから戦車と比較すると装甲が薄く、砲塔が存在しないものも多い。

この自走砲も用途に応じて様々な呼称があり、

  • 本来の役割である陣地など広範囲を攻撃をするものは自走砲あるいは自走榴弾砲
  • 航空機を相手にするものは「対空自走砲」あるいは「あるいは自走式対空砲」
  • 戦車や装甲車両を相手にするものは「対戦車自走砲」

など、役割に応じて呼び方が若干変化する。

ところが、この「自走砲」については国や時代によって定義が曖昧であり、特に第二次世界大戦中のドイツにおいては

  • 砲兵科に配備された自走砲は「突撃砲」
  • 戦車科に配備された自走砲は「駆逐戦車」

というように同じ自走砲でも管轄の違いで呼び方が代わったりする。

更に、本来なら「対空戦車」のカテゴリーに属するものも、「対空戦車」として制式採用されるまでは「対空自走砲」として呼ばれていたりする。

とにもかくにもややこしいのが自走砲であるが、冒頭で述べた通り「戦車以外で砲が走ってりゃ自走砲」と思えばだいたい大丈夫だろう。

自走砲

主にドイツの戦車を中心に、模型キットの紹介から組み立て、塗装、ウェザリング、そして完成までを解説するほか、使用したツールや参考にした書籍も紹介しています。

ツール・書籍・その他

戦車模型制作で使うツール

模型製作で使用したツールや、製作やブログ執筆において参考にしようと思って買った書籍などについて紹介しています。

ツール・書籍・その他

主にドイツの戦車を中心に、模型キットの紹介から組み立て、塗装、ウェザリング、そして完成までを解説するほか、使用したツールや参考にした書籍も紹介しています。

キングタイガー

キングタイガー(ティーガーII)の足回りを組み立ててみた

先日購入したドラゴンのキングタイガー(ヘンシェル砲塔・ツィンメリットコーティング)の組み立てを行います。 今回は組み立て第一回目なので、転輪やサスペンション、そして履帯といった車体下部の組み立てからスタートします。 昔は「転輪の...
キングタイガー

ドラゴンの「キングタイガー」を作るからキットの内容を紹介するよ

ボーナスパーツが豪華過ぎるドラゴンのプラモデル『キングタイガー ヘンシェル砲塔 ツィンメリットコーティング』をレビュー。実物キングタイガーの生産過程における仕様変更と照らし合わせながらキットの内容を紹介します。
2018.10.13
4号戦車 J型

「4号戦車 J型」が完成したから塗装後~完成までの作業をまとめてみた

デカール、OVMの塗り分け、ウェザリング、フィギュアの追加など、迷彩塗装が終わった4号戦車 J型の作業の残りをやって完成させます。
2018.10.06
スポンサーリンク
4号戦車 J型

「4号戦車 J型」を下地塗装から迷彩塗装まで一気にやってみた

「4号戦車 J型」の迷彩塗装をします。下地塗装、車体基本色の塗装、履帯や転輪の塗装、キューポラ内部の塗装、各種ハッチの取り付け・可動式化、そして迷彩塗装までを一気に解説。
2018.10.06
4号戦車 J型

4号戦車 J型に「シュルツェン」をつけてみた。これで対戦車ライフルもバズーカも怖くない!

後期の4号戦車の特徴でもある車体や砲塔を覆うように取り付けられた「シュルツェン」。サイバーホビー(ドラゴン)のキットではこのシュルツェンを薄い金属板で再現。この記事では4号戦車 J型(中期型)のシュルツェンの組み立てについてまとめました。
2018.10.06
4号戦車 J型

【4号J型】マジックトラック(連結式履帯)の組み立てかた

ドラゴン(サイバーホビー)のキットには「マジックトラック」という連結式の履帯が付属してることがあります。従来の連結式履帯との違いや後の塗装を考慮した「ロコ組み」方式での組み立て方法について、製作中の4号戦車 J型を使ってご紹介します。
2018.10.06
4号戦車 J型

4号戦車 J型の主砲や砲塔を組み立てる

工場の爆撃や残業、夏バテなどが原因でなかなか組み立てが進まない4号戦車 J型(サイバーホビー)ですが、今回は主砲や砲塔を組み立てます。これで戦車としての大まかな外観が出来上がりです。
2018.10.06
4号戦車 J型

4号戦車(J型)のフェンダーにOVMを取り付けた。これでいつでも修理が出来る!

サイバーホビーの「4号戦車 J型」製作日記。今回は左右のフェンダーにOVM(車載工具)を追加します。エッチングパーツを駆使し、蝶ネジや持ち手を追加するなどのディテールアップについても解説。
2018.09.01
4号戦車 J型

選択パーツに頭を抱えながら「4号戦車 J型」の車体上部を作ってみた。

4号戦車 J型(中期型)の車体下部が完成したので今度は車体上部を組み立てます。ディテールアップを施したり、選択パーツについて解説を入れてみたりとやたらボリュームのある内容となりました。
2018.08.26
4号戦車 J型

上司「4号戦車 J型を組み立てるから空襲警報が出ても普段通り出勤な」

「4号戦車 J型」の製作日記の続きです。今回は牽引装置の脱落防止チェーンを自作、予備履帯ラックの組み立て、フェンダーのシュルツェン架の加工などを行いました。
2018.08.26
スポンサーリンク