M4を「買う」のではなく「作ろう」と企んでいます

M4を「買う」のではなく「作ろう」と企んでいます

M4A1 MWS

気に入ったらシェアしてやって下さい

どうもこんにちは。

ロードバイクの記事をカリカリと書き綴っている間に、もう一つの趣味であるエアガンの方も少しずつ手を進めていたりします。

具体的に何をするかというと、「M4系の電動ガンが欲しくなった」という物欲センサーが反応したので、「買う」じゃなく「作ってみよう」というものです。…我ながら突発的すぎます。

スポンサーリンク

メタルギアソリッド4の「M4カスタム」が欲しくなった

M4系にかぎらず「電動ガンが欲しくなった」という感情は、映画、写真や動画、サバゲーで他のユーザーの電動ガンを見たときに発生します。

エアソフトガン愛好家やサバゲーマーなら良くあることです。日常と言っても良いレベル。

そうなったらお財布と相談してエアガンを取り扱っているお店や通販サイトで「これ下さい」と購入すれば済む話ですが、今回はちょっと拘ってみたくなったのです。

きっかけは、「メタルギアソリッド4」のプレイ動画を観て、主人公であるソリッド・スネーク(オールド・スネーク)が使う「M4カスタム」という銃を見て「欲しい!!!」ってなったところから始まります。

「M4 カスタム」とは

MGS4 M4カスタム

メタルギアソリッド4に登場する「M4 カスタム」 via : NeoGAF

「M4カスタム」とはコナミのゲーム「メタルギアソリッド4」に登場する銃です。

作中で主人公のスネークがドレビンという武器商人から渡されたもので、米軍などが使用しているM4とは所々仕様が異なり、

  • ストックやグリップがブラックではなくタン(カーキ?)色に塗装されている
  • レイルハンドガード(RIS)がフリーフロート(RAS)になっている
  • 従来のM4にあった三角形のフロントサイトが、フリップアップ式のものと交換されている
  • フラッシュハイダーが従来のバードゲージではなくスパイク形状のCQCハイダーになっており、ハイダー基部にはサイレンサーを固定するアタッチメントがついている

といった、M4をベースに様々な改良がなされております。作中ではこのM4カスタムにオプションアイテムとして、

  • バーティカル・フォアグリップ
  • ダットサイト
  • レーザーサイト
  • フラッシュライト
  • サイレンサー
  • 固定倍率スコープ
  • グレネードランチャー
  • マスターキー

といったアクセサリーパーツを着脱することができ、幅広い戦術・戦況に対応できる万能ライフルでした。

そんなM4カスタムを電動ガンで再現するためにはどういったパーツが必要か、所有しているパーツを流用できないか、などなど研究をしておりました。

問題はフラッシュハイダー周辺のパーツ

メタルギアソリッド4 「M4 カスタム」 via : BURSA-AIRSOFT.com

メタルギアソリッド4 「M4 カスタム」 via : BURSA-AIRSOFT.com

「M4カスタム」は、現在市場に出回っているカスタムパーツでほぼ再現可能ですが、問題はフラシュハイダー及びハイダー後部のサイレンサー用のアタッチメントをどう再現するか。

前者はTROYタイプのCQBハイダー  を入手すれば再現出来ます。

…が、サイレンサーアタッチメントはSUREFIREのCA556 AR203タイプハイダーの先端をぶった切ってCQBハイダーを装着できるように加工すればいけるのかな? でもかなり難しそう…。

もう一つ、このハイダーはそこそこ見かけるのですが、肝心のサイレンサーについては、MadBullあるいは5kuというメーカーが出しているハイダーとサイレンサーがセットになったモノを入手するしかないですが、現在品切れ中。

しかし、情報を集めているうちに…

という具合に、フラッシュハイダー1つでこのカスタムはここまで難航しており、良い方法はないかと動画やら画像やら資料集めに勤しんでいたワケなのですが…

「ニコニコ動画」は音楽・お笑い・アニメ・ゲームなどの動画再生中にコメントを付けて楽しむ動画コミュニティサイトです

M4A1に搭載されたM203グレネードランチャーを使用した射撃訓練の動画を見たり

同じくM203グレネードランチャーを使った演習動画を見ているうちに……

スポンサーリンク

やっぱ普通のM4にしよっと!!

……となりました。理由としては、

  • ハイダー周りの事情が色々面倒
  • M203グレネードランチャーを装着したい!
  • ハンドガードもグリップもストックもあるので、普通のM4が飽きたら「M4カスタム」に変換出来る

…そういった事情から急遽路線を変更をすることにして、「スタンダードなM4」を目指していこうと思います。

「スタンダードなM4って何だよ…」って思う人もいるかもしれませんが、要は米軍とかが使ってるM4で、我々が「M4」と聞いて真っ先に思い浮かぶあのM4です。

「スタンダードなM4」を作るために

そのスタンダードなM4は、東京マルイを始めとする様々なエアソフトガンメーカーからリリースされています。

しかし、そういった完成品を買うだけでは面白みがないので、パーツを買い揃えて自分で組んでみようと思う次第です。

ちなみに東京マルイのM4は25,000円くらいするし、その他のメーカーでもだいたい3~5万円はします。

M4A1 MWS

最終的にこのような形状になれば良いなと思っています。 via : Wikipedia

後からメタルフレームやアウターバレル、レールハンドガードなど購入してパーツ交換する事を考えると、一部のパーツ以外ほとんど使わない完成品を買うより、必要な物を安く揃えるほうが良さげ。

…という見方もできるのです。

スポンサーリンク

ということで、M4A1つくります!

そういった事から、1年ほど前から計画を立てており、チマチマとパーツを揃えて、そろそろ一通り揃いそうなので、企画をスタートしてもいい頃合いかなと思った次第です。

この記事書いてる段階ですでにパーツは集まっているので「作ろうと考えています」じゃなく「実行します」ですね…(笑)。

M4A1 パーツ

なお集めたパーツはこんな感じ。メカBOXにメタルフレーム、レールハンドガードやストックパイプ………などなど一通り揃えました。

家にあったジャンクパーツというよりも、ネットで買ったパーツのほうが多いのはご愛嬌。そしてほとんどG&P製というのもまたご愛嬌。

今回作るM4A1はストックチューブにリポバッテリーを搭載するので、メタルフレームにパイプの短縮や配線の「逃がし」の追加といった加工を行いました。今回使用したメタルフレームもあわせてご紹介します。

↑というわけで次の記事から製作を開始。まずはメタルフレームの加工からやっていきます。

↑完成品なら次世代電動ガンの「SOPMOD M4」がリアリティと実用性を兼ねているのでオススメ。

↑実物M4のようなギミックを楽しみたい方はガスブローバックの「M4A1 MWS」がいいかもしれません

スポンサーリンク