「5号対空戦車 ケーリアン」の転輪と履帯を組み立ててみた

ケーリアン ロコ組み 模型制作日記

どうもこんにちは。まっしゅです

先日奇跡的に購入できたサイバーホビーの5号対空戦車 ケーリアンですが、チビチビと足回りを組み立てています。

が、組み立てるだけで肝心のブログへの掲載をスッカリ忘れていたので慌てて編集しています。

[スポンサードリンク]
[ad#entry1]

スポンサーリンク

5号対空戦車 ケーリアン 車体下部の組み立て

ケーリアン 説明書

さてさて、ケーリアンを組み立てていくのですが、いかんせん初の「5号(対空)戦車」なので、今までの4号対空戦車シリーズとは勝手が違うわけです。

まずは説明書をザーッとみて大まかな組み立て手順を確認します。

転輪の組み立て

ケーリアン 説明書 1番

戦車の種類が違っても車体下部の転輪から組んでいくというのは大体同じみたいなので、まずは説明書の1番、足回りを攻めていきます。

走行転輪(1列目)

ケーリアン 転輪 バリ取り

パーツから切り離したばかりの転輪。切り離したところの出っ張り(ゲート)やパーティングラインがあるのでカッターと紙ヤスリ使って消します。

ケーリアン 転輪 バリ取り2

はい消えました。

ケーリアン 転輪一列目 仮組み

ゲートやパーティングラインを消した転輪を接着剤をつけずに車体にとりつけてみました。

ケーリアンの車体である5号戦車”パンター”は、「千鳥式転輪」とか「オーバーラップ式転輪」などと呼ばれる転輪と転輪を挟み込むように配置する構造になっています。

そのため接着すると転輪のタイヤ部分の塗装や車体の奥まった部分への塗装が困難に。

なので今回もクーゲルブリッツの時のように、転輪を車体に接着せず、履帯と接着して取り外せるようにする「ロコ組み」をします。

補足
クーゲルブリッツの時のロコ組みは『「4号対空戦車 クーゲルブリッツ」の車体下部を組み立てるよ!』で詳しく解説しています。クーゲルブリッツはもちろん、連結式履帯の4号戦車を作る人はぜひ参考にしてください。

誘導輪

ケーリアン 誘導輪 仮組み

誘導輪も取り付けてみました。もちろんまだ接着はしていません。

ケーリアン 転輪 仮止め

接着していないので傾ければ当然履帯はポロポロと落ちます。

鬱陶しかったのでマスキングテープで仮止めしてやりました(外しとけばいいのに…)。

起動輪

ケーリアン 起動輪基部

次に起動輪の基部パーツを取り付けます。説明書通りに左右間違えずに取り付けるだけなのでカンタン。

なお基部パーツは車体に接着します。

ケーリアン 起動輪基部2

横につける小さなパーツも忘れず接着。

ケーリアン 起動輪

こちらは起動輪です。接着面にある凹凸を合わせて貼り付けます。

ケーリアン 転輪 仮止め2

転輪(一列目)に加えて誘導輪と起動輪も車体に仮組みしてみました。何度も言いますがまだ接着はしていません。

走行転輪(2列目)

ケーリアン 説明書 2番

さて、次は説明書の2番目に入ります。さらに走行転輪を重ねていきます。

ケーリアン 説明書 転輪組み立て

2列目の走行転輪は2つのパーツを貼り合わせて作ります。

ケーリアン 転輪

こちらがその転輪。

転輪はいくつか種類があるのでゴッチャにならないように分別して保管しておいてください。

もっともどの転輪がどこに付くのかは決まっているので、混ざってもそこまで焦ることはありません。多分。

ケーリアン 転輪 裏側

走行転輪(2列目)の裏側はこのようになっているので、互いの凹凸を合わせて接着します。

[スポンサードリンク]
[ad#entry2]

ケーリアン 転輪二列目 仮組み2

そして車体に接着剤をつけずに取り付けてみます。

この後さらにもう一つ上に走行転輪を重ねていくわけですが、先にも述べたように説明書通りに接着すると奥の転輪・履帯・車体の奥まった部分への塗装が極めて困難になります。

一個一個塗装しながら組み立てるという手もありますが、エアブラシで塗装するとなるとメチャクチャ面倒なので、塗装してから接着するのが一番楽かと思います。

パンターの転輪

パンターの転輪 via : ODKRYWCA

なお実車では地面との接地圧を分散・低減させてぬかるんだ地面で走行不能を防止するためのオーバーラップ式転輪は、整備士泣かせなシロモノだったそうです。

なんでも転輪やサスペンションがトラブった時は、周辺の転輪もいくつか外さないといけないとのことで、修理やメンテナンスが面倒だったとか。気持わかるよ……。

走行転輪(3列目)

ケーリアン 転輪3

つぎに3列目の転輪です。

※上の写真は裏表から見た転輪(3列目)の形状で、同一のパーツです。

ケーリアン 転輪三列目 仮組み

これも接着せずに上からスポッと乗せるだけ。

言わずもがな転輪はそのままだとボロボロ落ちてしまうのでマスキングテープで取れないようにします。

これで転輪についてはオシマイ。

履帯を組み立てます

説明書だとまだまだ先の話ですが、早いとこ足回りを何とかしたいのでフライングして先に履帯を作ります。

ケーリアン 履帯組み立て

履帯はマジックトラックという一枚一枚連結するタイプなので、前作の「4号対空戦車 クーゲルブリッツ」とほぼ同じ組み立て手順でやっていきます。

まずはある程度長さのある板(角材)を用意します。

ケーリアン 履帯組み立て2

そこに両面テープを貼り付けます。

なおクーゲルブリッツの時に使った粘着テープは粘着力が無くなっているのと、4号と5号とでは履帯の大きさも違うので新しく作ります。

ケーリアン 履帯組み立て3

両面テープの剥離紙をはがしてその上にマジックトラック履帯を1枚1枚重ねながらのせていきます。

なお何枚乗せたかがひと目で分かるように10枚ごとにマーキングをします。

ケーリアン 履帯組み立て4

あとはひたすら乗せていくのみですが、ランナーから切り離して成形する手間がない分マジックトラックは楽です。

時々履帯が曲がっていないかチェックも忘れずに行います。

ケーリアン 履帯組み立て5

ということで説明書の記載通り86枚並べました。

ケーリアン 履帯組み立て6

並べた履帯の連結部分に流し込み接着剤を塗っていきます。

1枚1枚塗っていくのが面倒だったので、接着剤を筆にとって左右と真ん中それぞれ一直線にスイーっと塗ってやります。

ケーリアン 履帯組み立て7

5分ほど放置したら両面テープからゆっくり剥がします。途中で履帯が外れても慌てず騒がず再度接着。

ケーリアン 履帯組み立て8

履帯のセンターガイドを転輪に合わせながら巻きつけます。

なお履帯86枚はギリギリの長さなので、接着した履帯が切れない程度に各部分を引っ張って長さ確保して、軌道輪の歯車に転輪の穴を噛み合わせるようにして、履帯の両端を接着します。

ケーリアン 履帯組み立て9

そして履帯と転輪を接着します。

最初は奥の転輪(1列目)や手前の転輪も履帯と接着しようかと思ったのですが、それだと1列目の転輪の塗装が出来なくなりロコ組みの意味が無いので、真ん中だけ接着することにしました。

なお、履帯の「たわみ」を出すためにある程度履帯を曲げて、転輪の上にティッシュを噛ませておきます。

ケーリアン 履帯組み立て11

反対側も同じように。

ケーリアン 履帯組み立て10

ひっくり返すとこんな感じ。早くも戦車らしくなってきました。

このまま接着剤が固まるまで1日放置します。

[スポンサードリンク]
[ad#entry3]

まとめ ロコ組みまで進みました

ということでケーリアン制作日記 第一回目は車体下部の履帯まですすめることができました。

本当はもうちょこっと進めて車体下部完成まで持って行きたかったですが、極端に長くなるのでここで一旦区切ります。

ケーリアン ロコ組み

なおロコ組みした履帯や転輪はこのようになっています。これなら塗装も楽に出来るかと思います。

パンターだけでなくタイガー、あるいはハノマークなどの千鳥式転輪の車両はこのように「ロコ組み」にして、細部を塗装してから組み立てるのが一番楽だと思いますが、それ以外でもっと楽な方法があったら是非教えて下さい。

この記事のコメント