ドラゴンの「オストヴィント」を買ったので中身を詳しく見てみる

オストヴィント 箱 オストヴィント

先日、人生初の戦車プラモであるタミヤのヴィルベルヴィントを完成させることができました。

そしてヴィルベルヴィントに飽き足らず、今度は「オストヴィント」という対空戦車のプラモデルを作ろうと思います。メーカーはドラゴン

さて、この記事では購入した4号対空戦車 オストヴィント(以下:オストヴィント)のプラモデルに関して、

  • ドラゴンの戦車プラモデル「オストヴィント」のレビュー
  • 元ネタとなった車輌である「4号対空戦車 オストヴィント」の解説

といった内容について書き綴りました。

スポンサーリンク

ドラゴンの「オストヴィント」の特徴

今回買ったプラモデルは『ドラゴン(サイバーホビー) 1/35 WW.II ドイツ軍 IV号対空戦車 オストヴィント w/ツィメリットコーティング』。

メーカーは香港のドラゴン(ドラゴンモデルズ)というメーカー。

以前作ったヴィルベルヴィント(タミヤ)が1/48なのに対し、今回のオストヴィントは1/35。初めて手にする1/35スケールの箱は大きく感じます。

オストヴィント 箱の大きさ比較

1/48の箱の大きさを比較するとその差は歴然。初めて見た瞬間「うわっ、でけぇ!」と思わず声が漏れるほどでした。

単純に完成時のサイズが大きくなるのはもちろん、細かいディテールも再現され、そしてパーツ数も格段に増えます。…作れるかしら。

ではでは、購入したドラゴンのオストヴィントについてについて特徴や内容といったものを書き綴っていきます。

オストバウ社で試験運用中の試作型がモデル

オストヴィントは4号戦車をベースにした「4号対空戦車」として、ヴィルベルヴィント、メーベルワーゲンに続く3つ目の対空戦車です。

今回のキットは戦場から戻ってきた4号戦車 G型の車体にオストヴィント砲塔を乗せた試作型を再現したものです。

4号対空戦車 オストヴィント

4号対空戦車 オストヴィント。今回のキットのモデルとなったG型車体を使った試作型
via : World War II Pictures In Details: Flakpanzer IV (3.7cm FlaK) Ostwind

上の写真はポーランドのオストバウ社の施設内で撮影されたオストヴィント。オストバウはヴィルベルヴィントやオストヴィントの最終組み立てを担当していました。

車体は4号戦車 G型(車体番号は83898)を使用した試作型で、既存車体の流用ということもあってツィメリットコーティングが施されています。

今回のオストヴィントもこのG型車体の試作型をモデルとしており、車体パーツにはツィメリットコーティングのモールドが入っているのが特徴。

なお、ドラゴンの「オストヴィント」は2種類ありますが、今回購入したものは試作型(G型車体)です。

もう一つのオストヴィントはいわゆる「量産型」で、車体はJ型仕様。車体の上部支持転輪が3つになってたり、後部の排気管が2本になってたりと、試作型とは仕様が異なります。

PR サイバーホビー 1/35 WW.II ドイツ軍 IV号対空戦車オストヴィント – Amazon

恐ろしいほどのパーツ量

オストヴィント 中身

箱の大きさもさることながら、開封してパーツの多さにまた驚く。

そりゃ1/48よりも大きい1/35だからパーツもより細分化されているでしょうが、あまりの多さに「とんでもない物に手を出した…」と、改めて事の重大さを痛感。

オストヴィント 中身2

ざっとパーツ群を並べてみる。多い。多すぎる。なんというか、1/48と1/35の間にまたがる見えない大きな壁を感じます。

ポケモンで例えるならば、ニビジムのタケシ倒して「オレは強い!」と図に乗ったレッドが四天王に挑むくらい無謀な事をしている感があります。

後にタミヤの1/35戦車もいくつか手を出しますが、それでもこんなにパーツ数は多くありませんでした。こと4号戦車系列はパーツランナーが多い反面、使わないパーツも多いです。

薄く成型された砲塔

オストヴィント 砲塔

こちらは砲塔パーツ。

ヴィルベルヴィントとオストヴィントのあの特徴的な砲塔部分の大きさ比較。砲塔一つとっても1/35と1/48のサイズの違いがよくわかります。

また、ヴィルベルヴィントの砲塔が9角形なのに対し、オストヴィントは6角形になっている点も注目。

なおオストヴィントの砲塔パーツはかなり肉薄で、握っているうちにパキッといきそうで怖い。調べてみると「よくこんなの成形できたな」といった旨の記載を散見します。

オストヴィント 砲塔2

そんな1/35の砲塔を1/48の車体に乗っけるとこんな感じ。明らかにアンバランスである。まるでIII号戦車にオストヴィント砲塔を搭載した「III号対空戦車」を見ている気分。

なお砲塔は前後2つに分かれており、パネルには溶接跡のモールドが入ってます。

車体シャーシ

オストヴィント 車体シャーシ

こちらは車体下部パーツ。

1/48の車体は私が使ってるスマホ「REGZA Phone IS11T」とほぼ同じくらいの大きさですが、1/35だとそれよりも更に大きい。

これだけ大きいと完成品がどれほどになるのか実に興味深い。

なお先述の通り、このオストヴィントはツィメリットコーティング仕様なので、車体には既にツィメリットコーティングのモールドが入っています。

組み立て説明書

オストヴィント 説明書

なんじゃこりゃ!?…ってなるほど情報量の多い説明書です。

タミヤの1/48がヒヨッコに思えるほどオストヴィントの説明書は記載量が多い。そりゃパーツの量が多ければ説明書も内容が濃くなりますが、見た瞬間「うげぇ!!」ってなるレベル。

なお、説明書によると複数種類あるパーツから1つを選ぶという選択が求められるようです。これは生産時期によって異なる仕様を再現するものですが、プラモ1つ作った程度の私の知識では違いが全くわかりません。

このへんの選択についての解説はもっと詳しくしてほしかった……。

履帯はベルト式

オストヴィント 履帯塗装5

写真を撮影し忘れたので後付けになりますが、このオストヴィントに付属する履帯は1本モノのベルト式でした。

軟性樹脂で接着出来るタイプなので、奥まった部分を塗装した後に履帯を取り付けられ、連結式よりも楽に作れるという利点があります。

ただ、ゴムのようなフニャフニャの履帯なので履帯のたるみを再現するにはちょっとした工夫が必要です。

デカールは国籍マークのみ

オストヴィント デカール貼り2

こちらはデカール。今回は国籍マークが3つのみでした。

元ネタとなったオストヴィントが「試作型」なので、下手に部隊マークとか砲塔番号をつけると架空車輛になってしまいます。なのでこれで十分。

エッチングパーツも付属

オストヴィント エッチングパーツ

車体前部の予備履帯のホルダーやフェンダーサポートなどはエッチングパーツで再現されていました。

また写真にはないですが、3.7cm Flak43対空機関砲の薬莢受けもエッチングのメッシュで再現されています。

現行のドラゴンのキットではOVMの留め具などもエッチングパーツで再現されている場合がありますが、今回のキットではエッチングは最小限のようです。

このオストヴィントを手がけた当時は戦車プラモ1個作っただけのド素人だったので、エッチングパーツがたくさんあったら恐らく作れなかったと思います(笑)

ドラゴンの「オストヴィント」のキット内容は大体こんな感じです。

…が、そもそも数ある戦車プラモの中で何故「オストヴィント」を選んだのかについて、次のページでもう少し書き綴ってみます。

オストヴィント
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Turbulence
タイトルとURLをコピーしました