オストヴィントの生産が遅れるからタミヤの「メーベルワーゲン」を作る

タミヤ メーベルワーゲン 箱絵 メーベルワーゲン

ドラゴンのオストヴィントを製作しておりますが、主砲である「3.7cm Flak43」の組み立てで大失敗こいたため、リトライするためにパーツを取り寄せることになりました。

そのため、パーツが届くまではオストヴィントの製作は一時中断することにしました。

4号対空戦車 オストヴィントの主砲の組み立てで大失敗した
どうもこんにちは。まっしゅです。 世間ではホワイトデーということでバレンタインのお返しがどうのこうのといったところですが、私はあくまでオストヴィントです。 バレンタインのお返しがほしい? 3.7cmをくれてやるわ!……ってノリで...

しかし、その間やることがないのは寂しいので、オストヴィントが出来上がるまでの間「つなぎ」として作ろうと思い、「4号対空自走砲 メーベルワーゲン」を密かに購入しました。

というわけでこの記事では、

  • タミヤ 1/35 プラモデル「ドイツ IV号対空自走砲 メーベルワーゲン 3.7cm Flak43搭載型」のレビュー
  • ドイツの対空戦車「4号対空戦車 メーベルワーゲン」についての解説

この2つについて詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

タミヤ 「IV号対空自走砲 メーベルワーゲン」のレビュー

正式名称は「ドイツ陸軍 IV号対空自走砲 メーベルワーゲン 3.7cm Flak43搭載型」で、名前通り3.7cm Flak43を搭載した量産型(装甲板の形状などから第46号車以降)となります。

また、色々調べたところ、このメーベルワーゲンは車体後部が2本の排気管になっているので、4号戦車J型をベースにしたようです。

箱絵

タミヤ メーベルワーゲン 箱絵

まずは箱絵。

車体は正面向いているのに高射砲(Flak43)はケツを向けるというなかなか失礼なメーベルワーゲンが描かれています。

タミヤ メーベルワーゲン Flak43

こちらが3.7cm Flak43対空機関砲。

これは後々作られる「オストヴィント」と同じ武装ですが、前面に大きな防盾(防弾シールド)が付いてるなど若干オストヴィントとは異なります。

また、3.7cm砲弾を模したパーツが3つ付属しており、空になった薬莢を受け止めるネットはメッシュパーツで再現されています。

タミヤ メーベルワーゲン 兵士フィギュア

また、上空を見上げる搭乗員のフィギュアも1体ついています。

フィギュアの塗装は細部の塗り分けが難しそうだなぁ……。

中身を見てみる

タミヤ メーベルワーゲン 開封

箱をパカっと開けてみます。

タミヤ メーベルワーゲン 内容物

中身はこのようになっています。

サイバーホビー(ドラゴン)のオストヴィントの圧倒的なパーツ数を経験した後だと、パーツ点数が少なく見えるから不思議である。

メーベルワーゲン 車体下部

車体下部はバスタブ状になっており、車体上部は横幅の広いパーツにフェンダーやOVM(車載工具)を取り付けるようになってます。

メーベルワーゲン デカール貼り2

デカールはドイツの国籍マークである黒十字が2つ付属します。

メーベルワーゲン Flak43 薬莢ネット3

主砲3.7cm Flak43の薬莢受けはメッシュパーツで再現されています。このメッシュを説明書記載の形状・寸法にあわせてカットします。

なお説明書を読んだところ、メーベルワーゲンは実物同様に走行時・対空射撃時・水平射撃時の3パターンから選べるようです。迷いますね。

パーツの一部を真鍮線で自作して強度アップし、装甲板をピットマルチ(貼ってはがせるのり)など使って開閉式にすれば3つのフォルムを同時再現出来そうです。言わずもがな高難易度なので自己責任でお願いします。

メーベルワーゲン 装甲板組み立て6

メーベルワーゲンの特徴でもある車体を覆う4枚の装甲板。実際のメーベルワーゲンでは生産次期によって装甲板の仕様が異なっており、

  • 12mmの軟鋼(防弾処理なし)を2枚重ね
  • 10mm装甲板を2枚重ね
  • 25mm装甲板(1枚)

といったように変更がなされています。

また、メーベルワーゲンの装甲板は、乗員の転落防止のため側面装甲板の上部が内側に折れ曲がっていましたが、25mm装甲板になった辺りからこれが廃止されています。

プラモデルでは後期生産型である25mm装甲板が再現されています。

スポンサーリンク

メーベルワーゲンの表記「4号対空”自走砲”」について

メーベルワーゲンの箱には「4号対空自走砲」と記載されていますが、Wikipediaだとヴィルベルヴィントやオストヴィント、クーゲルブリッツらと同じ「4号対空戦車」となっています。

メーベルワーゲンは「対空戦車」? それとも「対空自走砲」?

「対空戦車」と「対空自走砲」、どっちが正しいのだろうか? …と迷っていたらWikipediaに下記のような記載がありました。

制式名称に対空戦車(Flakpanzer)の名を持つのはヴィルベルヴィント以降で、それ以前の物は名称上自走式対空砲扱いとなっている。

via : 対空戦車 – Wikipedia

とのこと。

なので最初はヴィルベルヴィントやオストヴィントと合わせて「4号対空戦車 メーベルワーゲン」と書こうと思いましたが、「4号対空自走砲 メーベルワーゲン」と表記し直しました。

商品名として「対空自走砲」とついてるのでは?

………ただ、タミヤにはもうひとつメーベルワーゲンが存在し、2cm Flakvierling38を搭載した試作型の方では「4号対空戦車 メーベルワーゲン」と記載されていました。

となると、これは車輌の呼称云々というより、タミヤの商品名として「4号対空自走砲」が使われているのかもしれません。

実際タミヤは「ヤークトパンター」のキットに「(駆逐戦車)ロンメル」と名付けるオチャメなところがあります。

そのため、今思うとやっぱり「4号対空自走砲」より「4号対空戦車」のほうが良かったかな? と思うところはあります。

でも変えちゃったものはしょうがないので「4号対空自走砲」のままにします。

…………といったところがタミヤの「4号対空自走砲 メーベルワーゲン」のレビューとなります。

ただ、キットの紹介をしたのだから、キットのモデルとなったドイツの対空戦車「メーベルワーゲン」についても詳しく書き綴ってみようと思います。

メーベルワーゲン
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
あなたも戦車プラモ作りませんか?

「戦車プラモ作りたいけど、道具は何そろえれば良いかわからない…」

「道具ってどんな使い方があるの?」

そんなプラモデル初心者のギモンを解決すべく、戦車プラモ製作に必要な「道具」についてまとめてみました。

スポンサーリンク
Turbulence
タイトルとURLをコピーしました