M16A4にM203グレネードランチャーを取り付けてみた

M16A4にM203グレネードランチャーを取り付けてみた

D-boys M203

SNSで共有する

どうもこんにちは。ましゅーです。

親友から安く譲ってもらったM16A2にメタルフレームやレイルハンドガード(RAS)を組み込んで、「M16A4」に進化しました。

今回はそのM16A4に取り付けようと「M203グレネードランチャー」を購入しましたので、M203のディテールや取り付け方法について解説していきます。

なお、今までのカスタムについては過去のリンクを参照してくだい。

[スポンサードリンク]

はじめに M203 グレネードランチャーとは

まずは「M203グレネードランチャー」について簡単に説明します。

M203グレネードランチャーとはM16やM4などに装着して使用する40mmグレネード弾の発射器で、手榴弾のような爆発物をより遠方に飛ばすことが出来る装置です。

兵士が投げる手榴弾の場合だと有効射程はせいぜい40~60mが限界ですが、M203グレネードランチャーは350m(最大有効射程)まで飛ばすことが可能。

M16とM203 グレネードランチャー

M16A1に取り付けられたM203グレネードランチャー。専用のハンドガードと交換する形で装着する。(via : Wikipedia

M203グレネードランチャーは主に上の写真のように、アサルトライフルのハンドガードを交換して取り付けます。

初期のM203グレネードランチャー(M16A1/A2/A3用)は、専用のハンドガードに固定されているので、フロント(ハンドガード)をほぼ丸ごと取り替えます。

M4とM203

M4に取り付けられたM203グレネードランチャー。ハンドガードは下部だけを外して取り付けるので、20mmレイルと併用して使用できる。(via : Wikimedia Commons

後にM16の発展型でもあるM4やM16A4といった、レイルシステム(RIS)を搭載したモデルには、ハンドガード下部だけ取り外して装着するタイプのM203(M203 A1/A2)を使用します。

ハンドガードの一部だけを取り外して装着するので、両サイドや上部のレイルは残り、レイルシステムに対応した各種アイテムを使用できます。

…というのが実銃におけるM203グレネードランチャーの大まかな概要です。

D-boysのM203グレネードランチャーをゲット!

さて、ここからは今回購入したエアソフトガン用の「M203グレネードランチャー(以下 : M203)」についての解説となります。

サバイバルゲームやエアソフトガン愛好家にとってもM203は人気で、(実用性はさておき)M16、M4系のライフルに1度は装着してみたいロマンアイテムです。

購入したのはD-boys製のM203ですが、このタイプのM203はメーカーによって若干仕様(材質や刻印の有無など)やセット内容は違えど、取り付け方法は大体同じです。

なのでD-boys以外のM203の購入を検討している人、あるいは既に持っている人でも十分参考になる内容となっています。

D-boys M203

箱を開けるとドドンとM203が構えておられます。価格は8,980円(送料別)。

M203のバレルは2種類あり、ロングサイズ(12インチ=30.48cm)とショートサイズ(9インチ=22.86cm)とあります。

今回取り付ける銃はM16A4なので、ロングバレル(12インチ)を選択。

ちなみに12インチのM203はM16系だけでなく、M4系に装着している写真や動画も存在しますので、「M16にもM4にも装着したい!」って人はロングサイズ(12インチ)を選ぶのを推奨。大は小を兼ねるのです。

上の写真ではバレル先端の塗装がハゲまくってますが、これは初期不良とかではなく、私がヤスリで傷だらけにして「使用感」を出したものです。映画「プレデター」でシュワちゃんが使うM203っぽくしてみたかったのです。

3種類の取り付け用アダプターが付属

D-boys製M203の嬉しいところその1、様々な形状のライフルに対応したアダプターが付属するという点。

一言にM16(あるいはM4)といえど、カスタム内容は人それぞれなので、本来の装着方法が出来ない機種や、1つのM203を複数の機種に使い回す場合など、柔軟に対応できるので有り難い。

D-boys M203 各種アダプター

アダプターは3種類で、左から

  • G&Pなどのデルタリング用(最初から本体に装着されていました)。
  • 20mmレイル用
  • 東京マルイ用アダプター

アダプターは2本の六角ネジで固定されており、簡単に交換が可能。金属製なのでそこそこ重量があり頑丈でした。くれぐれも足の指に落とさないように。

それでは各種アダプターを詳しく見ていきます。

デルタリング用アダプター

まずデルタリングアダプター。フロント周りを強化するために実銃と同じような仕様にする「デルタリング」を使用したユーザー向けのアダプター。

私の場合、フロントはG&PのM5 RASと交換しているので、このアダプターを使用します。

関連記事 M16のハンドガードを「M5 RAS」と交換することにした。

D-boys M203 デルタリング用アダプター

デルタリング用アダプターはバレルナットのギザギザ部分に噛ませて固定するための丸い突起があります。

マルイ用アダプター

D-boys M203 マルイ用アダプター

こちらの東京マルイ用アダプターの後端には左右にスリットが入っています。

マルイのアウターバレル基部は横に2本のリブが入っているので、そこに噛み合わせるような形状になっています。

ただ、マルイのM16やM4を使用したことがある人ならわかると思いますが、バレルやバレル基部が弱いマルイの旧世代のM16・M4にM203を装着すると重量でフロントが垂れ下がるおそれがあるので注意。

また、マルイ用とありますが、対応しているのは旧世代のマルイ電動ガンのM16およびM4シリーズで、基部の形状が異なる次世代電動ガンには非対応なので注意。

20mmレイル用アダプター

非分割タイプのレイルハンドガードを装着したM4・M16系はもちろん、それ以外の機種にM203を搭載するためのアダプター。

ただし、たとえレイルハンドガード仕様の銃といえど、形状によっては装着できない場合もあるので注意(後述)。

D-boys M203 20mmレイル用アダプター

このアダプターをM203に取り付けることでサンプロジェクト、CAW、G&Pなど様々なメーカーが出しているような20mmレイル対応のM203にチェンジすることができる。

ただ、先述のようにフロントやハンドガードの形状によっては取り付けられない場合があり、以下の場合は正しく装着できない可能性があります。

  • レイルのスロット(横溝)数が7未満のハンドガード
  • アダプター後端のクリアランス(余白)が3.5cm未満のもの

まず、実際にこのアダプターをレイルに装着してみたところ、レイルが最低7スロット必要でした。

また、レイルが7スロット以上あっても、M203はレシーバー後部が出っ張っており、ここが銃本体に引っかかると正しく装着できない場合があります。

D-boys M203 MP5A4装着例

20mmレイル用アダプタを装着したM203を、CYMAのRASを搭載したMP5A4(東京マルイ)に装着するとこのようになります。

M203のレシーバー自体が長いので大きく突き出るような外観となり、サプレッサーなどを取り付けて見た目のバランスを整えます。

また、写真を見るとわかるように、M203のレシーバー後端が出っ張っています。アダプター後端からM203レシーバーの後端までの長さが約3.5cmほどなので、ここもチェックしてください。

バランスよくMP5系にグレネードランチャーを搭載したい場合は、CAWが出している「ミニランチャー」や、KingArms製の更にショート化されたM203がオススメ。

M203を素早く着脱できる「QDマウント」も付属

D-boys製M203の嬉しいところその2。レシーバー先端にはM203をアウターバレルに固定するためのQDマウントがついていました。

D-boys M203 QDマウント

従来はM203を取り付ける場合、フロント側のアダプターを装着するために六角レンチやマイナスドライバーといった工具が必要でしたが、このQDマウントは工具なしで素早くM203の着脱が可能になります。

このQDマウントは、上部にある金属板でバレルを挟み込み、ロックをするという方式で、工具箱などの蓋を閉める留め金(パッチン錠やスナップ錠と呼ばれています)のような構造になっています。

ただし、高さが合わなくなるので20mmレイル用のアダプターとの併用は不可。マルイ・デルタリング用となります。

D-boys M203 QDマウント2

QDマウントを展開するとこんな感じ。これでアウターバレルを挟むようにして固定。

D-boys M203 QDアダプター取り外し

先述の通り、20mmレイル対応アダプターを使用する場合は、QDマウントがあると高さが合わなくなるので取り外します。

QDマウントは2本の六角ネジで固定されているので、それを外してマウントを取り除くと、内側にもう一つブロックがあるのでそちらを取り外すと上の写真のようになります。

なお、QDマウントを固定するネジとアダプターを固定するネジはサイズが違うので、六角レンチも2つ用意しました。ええいややこしい。

[スポンサードリンク]

刻印やライフリングも再現

D-boys製M203の嬉しいところその3、「リアルマーキングタイプ」は刻印やライフリングといったいかにも”モノホン”っぽい加工が施されている点。

サバイバルゲームで使う上では特に意味はありませんが、よりリアリティを追求したい人にとっては嬉しい再現です。

シルクプリントの刻印

D-boys M203 刻印

M203のレシーバー左側面に刻印がプリントされています(ただし実物M203はシルクプリントではなく彫刻)。

また、中華製パーツでよく見かける著作権回避のための”1文字違い”のようなものはなく、実物COLT M203と同様の表記でした。

バレル内部のライフリングの再現

D-boys M203 ライフリング

アウターバレルの内部にはストレートライフリングのモールドが施されています。

ライフリングは弾丸に回転の力を与え命中精度のアップを目的に銃身の内側に刻まれていますが、エアガンにおいてはダミーのモールド。

でも銃口からチラリと見えるライフリングや塗装の剥がれがリアリティを向上させ、見ているだけで楽しくなります。

装填口周辺のディテール

次はグレネード弾を装填する装填口の周辺を見てみます。ここはカートを装填・保持する上で重要な役割を担います。

D-boys M203 カートキャッチ

装填口の両端にはグレネード弾を保持するための金属の板バネが付いています。

試しにCAWのモスカート(168発)を装填してみたらスッポリと入りましたが、M203やガスカートリッジによっては相性が悪い場合もあるので、レビューなどを参考にして選ぶと無難です。

なお、このM203用のガスカートリッジのことを「モスカート」や「BBシャワー」と呼ぶことがありますが、これらはCAW社のブランドである「モスキートモールド」の製品名なので混同注意。

また、この板バネは結構柔らかく簡単にフニャッと曲がるので、神経質な人は地味に気になるところ。私は強度のあるサンプロ製M203の板バネと交換しましたが、他のレビューを見ると取り外してる方もいらっしゃるようです。

サンプロジェクト製M203(9インチ)との比較

参考までに、過去に購入したサンプロジェクト製M203グレネードランチャーRS(ショートバレル)と比較してみます。

M203 バレル比較

上がサンプロジェクト、下がD-boys。

外見上ではバレルの長さが違う程度ですが、サンプロジェクトのM203はアウターバレルがプラスチックなのに対し、D-boysのM203は金属製。

なので障害物にぶつけてもバレルが欠けることはないし、スライドさせるとシャキーン! と小気味いい音が響きます。なおハンドガードはD-boysもプラ製。

余談ですがこのサンプロ製M203はM4・M16ではなく、MP5A4に取り付けるために購入しました。当時お世話になってたサバゲーチームの人からは「えっお前アホなん?」みたいな反応が…(笑)

[スポンサードリンク]

M16A4への取り付け手順

D-boysのM203本体の特徴を解説したので、ここからは銃本体への取り付けについて解説します。

取り付ける銃は、マルイM16A2をベースにカスタマイズを施した「M16A4」で、M203側はQDマウントとデルタリング用アダプターを使用します。

なお先述の通り、M203の取り付け方法はメーカー関係なしに大体同じなので、以降の説明はD-boys以外のメーカーのM203でも応用がきく内容となっております。

ただ、専用のハンドガードを使用するタイプのM203は例外です。ご了承ください。

D-boys M203 取り付け

こちらがM16A4。フロントはゴッソリG&PのM5 RASフロントセットと交換してあります。

なお、非分割式のハンドガードを装着している方は、QDマウントを外し、20mmレイル用のアダプターを使用して直接レイルに固定してください。

ロアハンドガードを外す

D-boys M203 取り付け2

このタイプのM203は実物と同じようにロアハンドガードを取り外して装着します。

なので、まずハンドガードやアウターバレルを固定しているデルタリングを引き、ロアハンドガードをレシーバー側からパカッと外します。

上の写真のようになったら今度はロアハンドガードをレシーバー側にスライドさせてハンドガードを引っこ抜きます。

D-boys M203 取り付け3

ロアハンドガードを外した状態。M203装着時はロアハンドガードは使用しないので、安全な場所に保管しておいてください。

特にM16A4のロアハンドガードはフロント側にプラスチックパーツが使われているので、ずさんな管理をすると破損につながるので注意。

M203の後端をデルタリングに合わせてスライドさせる

D-boys M203 取り付け4

M203後端(アダプター)をアウターバレルが細くなっている位置から挿入し、レシーバー側へスライドさせます。

なおこの時M203の先端にあるQDマウントは展開した状態にしておきます。

D-boys M203 取り付け5

そしてアダプターの突起部分をデルタリング(バレルロックリング)のギザギザ部分に噛み合うように固定します。

QDマウントでアウターバレルを挟み込む

D-boys M203 取り付け6

そのあと、QDマウントをアッパーハンドガードのスリットの位置に来るように合わせてバレルをはさみます。

QDマウントを固定するレバーはそのままでは上手く固定されないので、マウントを緩めるときに押すボタンを押しながらロックしてください。

以上で装着は完了で、外すときはこの逆の手順で行います。

M203がグラつく場合の対処法

M203の装着方法については以上で、ここでグラつきなどのトラブルがなければ終了となります。

…が、私の場合、QDマウントとバレルの間に隙間があるせいででグラついており、とても「装着」なんて言えないレベル。

これでは握っているだけでM203が前後に動いてしまうので、ゲーム中に脱落してしまうんじゃないかというくらいで、このままでは使えない。

D-boys M203 グラつき対策

なので、QDマウントのバレルを挟む部分にビニルテープで作った厚さ1mmほどのスペーサーを追加。すると見事にガタつきが解消されました!

スペーサーはQDマウント、アウター側どちらにつけてもOKですが、微調整する関係で何度も貼ったり剥がしたりするので、マウント側につけるのを推奨。

M203を装着すればスペーサーは隠れるので外観を気にする人でも安心。

その後、「M4A1製作日記」で作ったM4A1にも装着してみましたが、スペーサー装着状態でもQDマウントがグラつきました。

気になったのでアウターバレルの外径(QDマウントで挟む部分)をノギスで測定したら、M16A4が6mmだったのに対しM4A1は5mmで、どちらか片側のバレルに合わせたスペーサーでは緩い or キツくて装着できないという結果に。

なので、アウターバレル径が異なる機種で使い回す場合は、アウターバレル経が最も太いものにスペーサーを合わせ、細い径のアウターバレルに装着する時は、スペーサーを追加で噛ませることで対応しました。

M16A4にM203を搭載するとこうなります

M203を搭載したM16A4はこんな感じ

どどん。M203をM16A4に装着したらこのようになりました。

もともとフロントが長いM16系なので、フルサイズのM203を搭載しても(見た目の)バランスは良好。

20mmレイル用のアダプターを使ってボトムレイルに固定した方が手間はかかりませんが、実銃と同じ装着方法がカッコ良いので私はそちらを選択。

金属アウターのM203を搭載したので当然重量が増しますが、そこは気合でカバー。

[スポンサードリンク]

まとめ 安価なのにハイスペックなM203

最初、G&P製のM203を購入しようと思っていましたが、どこのショップも在庫切れで、それでも取り扱ってないだろうかと探しているうちにD-boysのM203を見つけ、

  • 各種アダプターが付いている
  • アウターバレルが金属製
  • QDマウントが付いてる
  • 刻印やライフリングが入っててリアル
  • G&P・サンプロジェクト・CAWよりも安価

…などなど、安価なのに超ハイスペックということを知り、G&PをやめてD-boysのM203を購入するに至った次第です。

中華製品にありがちなトラブルについては、先述の通り、QDマウントがアウターバレルの径とマッチせずにグラつく点くらいですが、これも問題なく対処できるレベル。良い買い物をしたと大満足です。

…が、残念ながら2016年現在はD-boysのM203も在庫切れ状態となっています。

なので代わりにD-boysに近い内容のM203をピックアップしました(情報は2016年08月26日現在のものです。購入については自己責任でお願いします)。

(2017年6月21日 追記)あれからまた入荷したみたいなので、以下にAmazonの商品ページのリンクを掲載しておきます。早い者勝ち。

スポンサーリンク

SNSで共有する

このブログを購読する

この記事をお届けした
Turbulenceの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク