フラックワーゲンのリアパネルはエッチングパーツとの戦いだった

フラックワーゲンのリアパネルはエッチングパーツとの戦いだった

フラックワーゲン リアパネル組み立て完了

SNSで共有する

どうもこんにちは。ましゅーです。

対空トースターと呼ばれてる「フラックワーゲン(Pz.Sfl. IVc)」を今日もまた組み立てていこうと思います。

前回は転輪を一通り取り付けたので、今回は車体下部の残った部分を作っていきます。

ブロンコのフラックワーゲンはパーツが精密に出来ており、「こんなものまでパーツ化しちゃうの!?」ってなるようなものもプラパーツで再現しています。

それだけに細かい作業の繰り返しとなり忍耐との勝負になりますが、それに見合ったクオリティが約束できるので、仕事帰りで疲弊した体にトドメを刺す形で頑張って組み立てています(笑)

一つ前の記事 フラックワーゲンの足回りは可動式だから作ってて楽しい

最初の記事 対空トースターの異名を持つ「フラックワーゲン(Pz.Sfl. IVc)」を作ることにした

カテゴリー フラックワーゲン

[スポンサードリンク]

スポンサーリンク

フラックワーゲンのリアパネルを組み立てる

さて、車体下部の組み立てですが、フロントは牽引装置のみ、転輪は全部取り付けたという状態なので、残すは車体後部の「リアパネル」に該当する部分です。

4号戦車とかではこのリアパネルは別パーツとして車体下部に取り付けますが、フラックワーゲンの場合、最初から車体と一体となっているので、そこに排気管や工具類を取り付ける形となります。

フラックワーゲン 説明書 リアパネル

説明書は前回やった3番目の続きからスタート。

まずはここに車間表示灯や工具類、牽引装置を取り付けます。

車間表示灯の取り付け

フラックワーゲン 車間表示

ということでまずは車間表示灯から取り付けていきます。

車間表示灯にはしっかり電源コードもパーツ化されており、車体のくぼみに合わせてコードを取り付けます。

ただ、説明書の図では表示灯の下には台座のようなものがついているのですが、パーツを見ると表示灯だけ。おかしいなぁと思いつつ説明書とにらめっこしたり、それっぽいパーツをランナーから探すものの見つからず。

先人様の作成例を確認してもやはり車間表示灯が宙ぶらりん状態で固定されているようなので、ひとまず同じように宙ぶらりんにしました。

後ほどパーツが見つかったら追加しようと思います(出来るかなぁ…)

フラックワーゲン 車間表示灯 エッチングパーツ

車間表示灯にはエッチングパーツを使った「ガード」を取り付けます。

細長いエッチングパーツを切れ目に合わせて折り曲げて直角にして、瞬間接着剤で取り付けます。

今回に限らず、エッチングパーツを使うたびに

  1. 切り離しにくい
  2. 曲げにくい
  3. 接着しにくい
  4. 取れやすい

…と、ブツクサ言いながら取り付けていますが、模型の細かいところまでしっかり再現する場合は、プラパーツじゃ再現できない薄さを誇るエッチングパーツが不可欠です。

しかも今回のキットではエッチングパーツが2シートもあります。そしてエッチングパーツが使われるところというのは、エンジンデッキのメッシュなどを除いて大体が蝶ネジとかを再現した極小パーツ。

…エッチングパーツが出たら「よっしゃ!手先が器用になれるンゴ」とポジティブにやっていきましょう(笑)

あと、車間表示灯のすぐ後ろには、クレーンで吊り上げるためのフックらしきもの左右に1つずつ取り付けます。

ただ、上の写真は上下の向きを逆に取り付けています。

吊り上げるという目的を理解すれば、どの向きで取り付けるかはわかると思いますが、どういうわけか間違って取り付けてしまい、撮影後に気付いて慌ててひっぺがして付け直しました。

接着剤が乾く前に気付いてよかった…。

給油口のエッチングパーツ

フラックワーゲン 吸気口の脱落防止チェーン

さて、お次は燃料給油口(多分そうだと思うのですが、間違ってたらすいません)のキャップについている脱落防止用のチェーンをエッチングパーツと交換します。

上の写真を見てわかるように、パーツにはすでにチェーンのモールドがありますが、説明書によると、このモールドをそのままにするか、除去してエッチングパーツに交換するか選択できます。

せっかく脱落防止チェーンのパーツが用意されているのだからと、今回はこのチェーンをエッチングパーツのものへと交換してみました。

フラックワーゲン 吸気口の脱落防止チェーン2

まずはカッターナイフの刃先を垂直に当てて、(周りの無関係なモールドまで削ってしまわないように注意しながら)パーティングラインを削ぎ落とすときのようにゴリゴリとモールドを削っていきます。

ある程度削れてきたら、今度は1000番くらいの紙やすりを折りたたんでピンセットで摘んでショリショリとモールド跡を削って平にしていきます。

そして最後に流し込み接着剤を塗って表面を滑らかにすればOK。

フラックワーゲン 吸気口の脱落防止チェーン3

そしてエッチングパーツのチェーンと交換します。

上の写真を見てわかるように、兎にも角にも小さいパーツなので、ポロッと落としてしまったらまず見つかりません。取り付ける瞬間まで気を抜かずに扱います。

今回はこういった極小パーツが多いので、紛失はもちろん、切り離し時の破損にも注意しないといけません。手先の神経と集中力が鍛えられます。

フラックワーゲン 吸気口の脱落防止チェーン4

さて、あとは削る前のモールドと同じようにチェーンの両端をそれぞれ接着します。

一度に両側を接着するのはなかなかコツがいるので、まず片側を接着して、それからもう片側も接着するという手順でやっていけば時間はかかりますが楽に出来ます。

一癖二癖あるエッチングパーツですが、プラパーツにはできない精密さがあるので頑張って全部取り付けていきます。

フラックワーゲン リアパネルの工具取付

なお、吸気口の上には遊動輪を調整するレンチやエンジンを始動させるクランクといったOVMも忘れず取り付けます。

上の写真ではまだ付いていませんが、レンチの方には留め具のモールドの上に蝶ネジのような小さなパーツを取り付けます。

これがまたパーツなのか削りカスなのかわからないレベルに小さいので、とにかく紛失注意な代物です。

ご親切にもこのキットではこういったOVMの蝶ネジまでもパーツ化されており、「ディテールアップの必要なくね?」ってくらい、しっかりと再現されています。ほんとすごいわ(笑)

リアパネルの牽引装置

フラックワーゲン リアパネルの牽引装置

続いて、燃料給油口の下に牽引装置を取り付けます。

まずは上の写真のように牽引装置の基部となるパーツをペタンとリアパネルに貼り付けます。

パーツを見ると、牽引具を固定するためのピンは基部と一体化されています。

フラックワーゲン リアパネルの牽引装置2

そのピンの上に、前回の組み立て日記でも紹介したように、握り手と脱落防止チェーンを取り付けます。

こちらも基本的にフロントパネルの牽引装置の時とほとんど同じなので、エッチングパーツに翻弄されないよう確実に取り付けます。

エッチングパーツは取り付けてる間はコントロールが効かずに「この野郎…!」ってなるのですが、取り付け終わるとその繊細なモールドに「おおー」となります。

脱落防止のチェーンとかはプラスチックじゃまず成形できませんもんね。

フラックワーゲン 排気管

OVMや牽引装置、燃料給油口などを取り付けたら最後に排気管を2本取り付けます。

エッチングパーツで神経をすり減らしたあとなので、比較的大きいサイズのプラスチックパーツの接着がものすごく簡単に思えてきます。

…ただ、この排気管はOVMをまたぐように取り付けるので、後々のOVM塗装のときに苦労しそうですね。

スパナラックの組み立て

フラックワーゲン 説明書 スパナラック

さて、続いてはリアパネルの右側に、上の写真のようなスパナを固定するためのラックを作ります。

ただこのラック、説明書を見てわかるように大半がエッチングパーツで構成されており、わずかなプラスチックパーツはスパナを固定するためのネジで、これまた極小パーツという。

フラックワーゲン全体からするとほんの部分的な組み立てですが、エッチングパーツや小さすぎるパーツのオンパレードで、なかなか組み立て甲斐がありそうです。

フラックワーゲン スパナラックのエッチングパーツ1

まずはエッチングパーツを切り離し、切り欠き部分で直角に折り曲げて、車体側にあるリブに合わせ瞬間接着剤で接着します。

少し浮かせた状態で接着する(リブを隠すように取り付ければ自ずとそうなります)ことで、スパナを取り付けたときに下のほうが見えてアクセントになります。

フラックワーゲン スパナのエッチングパーツ

続いてスパナを2つラックの中に置きます。

スパナ本体に関しては特に折り曲げたり接着するといったことはせず、ただ「置く」だけなのでラックだけにでした。…はいもう黙ります。

…ただ、これも塗装が大変だろうなぁ…。

スパナをのせたあとは、取っ手の位置にある車体のリブに合わせてもう1枚エッチングパーツを曲げて接着します。

そして折り曲げたエッチングパーツの小さな穴に、これまた小さいネジのパーツを取り付けます。

フラックワーゲン スパナラックのネジ

そして折り曲げたエッチングパーツの小さな穴に、これまた小さいネジのパーツを取り付けます。

フラックワーゲン スパナラック

そして最終的にスパナラックはこのようになります。OVMひとつ取っても非常に精巧なつくりになっていることがよくわかります。

そして手先に神経を集中させすぎたせいで肩やら首やらが痛い…。

ここまで組み立てた感想

何と言ってもキモとなるのがエッチングパーツでした。

車間表示灯のガード(バイザー)や、牽引装置や燃料給油口のチェーン、そしてOVMやそのラックなど、いたるところでエッチングパーツが使用されています。

そのため、エッチングパーツの扱いに慣れていないと相当難儀するのではないかと思います。

なにしろ、このあともまだまだエッチングパーツを使う箇所はたくさんありますし、エッチングパーツじゃなくてもゴマ粒みたいに小さいパーツもわんさか出てきます。

しかし、こういった精密なパーツは取り付けるに苦労する反面、細かいだけにディテールアップとして完成品のクオリティを大幅に向上させてくれます。

タミヤとかではデフォルメされている部分もしっかり再現できるので、社外製パーツを利用したり、自作する手間もなくディテールアップが出来るのはありがたい。

フラックワーゲン リアパネル組み立て完了

ちなみに組み立てが終わったリアパネルはこんな感じになりました。4号戦車のようで4号じゃない感じのケツですね。

これで車体の下部は終わったので、次からは車体上部の組み立てをやっていきます。

↑エッチングパーツは薄い場合が多く、従来のヤスリでゲート処理をしようとするとパーツがひん曲がるので、専用のヤスリを使うことをオススメします。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら いいね!いいね!しよう

SNSで共有する

このブログを購読する

スポンサードリンク
スポンサーリンク