2018年4月6日 WordPressテーマをSimplicity2からCocoonに変更しました!!

M16のハンドガードを「M5 RAS」と交換することにした。

G&P M5 RAS フロントセット 内容 FN M16A4

どうもこんにちは。まっしゅです。

先日はM16A2にG&Pのメタルフレームを組み込んで「FN M16A4」になりました。

そして今回はハンドガードをG&PのM5 RAS フロントセットと交換します。

前回の記事 M16A2にFN M16A4刻印フレームを組み込んだ!

[スポンサードリンク]
[ad#entry1]

スポンサーリンク

G&Pの「M5 RAS フロントセット」を選択

先述の通り、ベースとなったM16A2には前回、FN M16A4刻印のメタルフレームを組み込みました。これだけでもM16A2からM16A4へと変わるのですが、今回は更にハンドガードもレイル仕様にします。

M16A4もといM16系のレイルハンドガード(RISやRAS)も様々な種類がありますが、M16A4仕様にするならばやはり「M5 RAS」という上下分割式のハンドガードが似合います。

この「M5 RAS」も様々なメーカーから出ていますが、現時点で最も入手しやすく、またアウターバレルやフロントサイトなどもセットになったG&Pの「M5 RASフロントセット(GP598)」を選びました。

フロントを交換するのに必要なものは全部ある

G&P M5 RAS フロントセット 内容

先述の通り、G&P製のM5 RASを選んだのには理由があり、単にRAS(レイルハンドガード)本体だけでなく、ハンドガードやバレル、フロントサイトなど、M16系電動ガンのフロントをゴッソリ換装するのに必要なパーツが一式揃っているからです。

様々なパーツがセットになっている分値段は高くなりますが、必要なパーツをチマチマと買い揃えると大体同じくらいの値段になることを鑑みると、セットになっている方がありがたい。

すでに必要なものが揃っている場合は交換したい場所(ハンドガード、フロントサイトなど)だけを単品買いしたほうがお得。当たり前ですが

さて、そんなM5 RASのセット内容は以下のとおりでした。

  • レイルハンドガード上下
  • デルタリング(バレルロックリング・ハンドガードリング)
  • 一体型アウターバレル
  • ガスチューブ
  • フロントサイト
  • M4・M16系でおなじみのバードゲージハイダー
  • レイルカバー3枚
  • フォアグリップ
  • スリングスイベル。

なお、この手のキットは他のメーカーからもリリースされていますが、G&Pのセットはフロントを交換するために必要なパーツがひと通り揃っています。

特にこだわりがなければチマチマとフロントパーツを揃えるよりこちらを買ったほうが手っ取り早いです。価格は19,773円(送料・手数料込み)。

[スポンサードリンク]
[ad#entry2]

M16A4にM5 RASを組み込みます

それではM16A4にこのM5 RASを組み込んでいきます。

最初はハンドガードだけを交換しようかなと思ったのですが、せっかくアウターバレルやフロントサイトなどもセットになっているわけですから、それらも活用してハンドガードだけでなくフロント単位でゴッソリ交換。

……が、過去に組んだことがあるフリーフロートタイプのレイルハンドガードとは仕様が異なり、今回の上下分割式のハンドガードは初めてなのでちょっと苦戦しました。

以下はその苦戦したところやハンドガードの特徴などをピックアップして解説します。

ハンドガード先端の板バネがものすごく固い

G&P M5 RAS フロントセット RAS先端の板バネ

アッパーハンドガードの先端、フロントサイト側にある薄っぺらい金属の板バネ。

これをハンドガードキャップの内側にはめ込むのですが、これがまたテンションが強く硬いので、ドライバーなどで押さえながら挿入。

何度もピーンという小気味いい音とともに外れたので軽く心が折れかけました。

ロアハンドガードの遮熱板がクセ者だった

G&P M5 RAS フロントセット ロアハンドガード内側

こちらはロアハンドガードの内側。手前(レシーバー側)にアルミの遮熱板がついています。

この遮熱板は、実銃における連続射撃によって過熱した銃身の熱がハンドガードに伝わってヤケドするのを防ぐためにありますが、エアガンにおいてはお飾り。

もちろんあることでリアリティを向上させるありがたいパーツですが、この放熱板、ハンドガードの横幅よりも広くそのまま組もうとするとアッパーに干渉するため少しコツがいります。

なお、最初はこの放熱板に苦戦していましたが、放熱板は簡単に曲がるので干渉しないように曲げればいいだけの話でした。…どうしてそんな簡単なことに気づかなかったんだろう(汗)

ハンドガード先端にはM203グレネードランチャー用のスリットがあります

G&P M5 RAS フロントセット M203用スリット

アッパーハンドガードの先端には、M203グレネードランチャー をバレルに固定するためのスリットが設けられています。M203を装着する場合、M4と同じようにロアハンドガードを外して装着します。

M16A4にはM203付けようと思ってたが、RASの組み込みに悪戦苦闘した今ではそんな呑気な考えはどこか遠くに飛んで行ってしまい、二度とRASを外したくないという思いでいっぱいでした。

なお、その後何度もいじっているうちにロアハンドガードの着脱方法がわかり、今ではパカパカつけたり外したりして遊んでます。

RASをしっかり固定するための六角ネジ

G&P M5 RAS フロントセット アッパーハンドガードのネジ

アッパーハンドガードのレイルには4面にそれぞれT16、T18・・・みたいなプリントが入っている。

またトップレイルの根本には六角ネジがあり、レイル裏側にあるフォークのようなアームをデルタリングに固定するもので、これのおかげでRASがガッチリ固定できます。

組み込んだ後になんだかハンドガードがグラついたので、フロントサイト側を必死に弄っていたが、この六角ネジをキツく締めるだけでグラつきが解決した。なんとも灯台下暗し。

ただ、この六角ネジは穴が潰れやすいので、締めるときは慎重に。不安な人はマイナスネジに交換すると良いです。

M5 RASを組んだあとのM16A4がこちら

M5 RASを装着したM16A4

悪戦苦闘したものの、なんとか無事組み込むことが出来たM5 RAS。

知識不足ゆえに地味に苦労しましたが、RASはガッチリ固定されておりグラつきも殆ど無いので、製品自体はまったく問題ありません。問題なのは私の知識の無さです。ぐぬぬ。

M5 RASを装着したM16A4 2

反対側。

ほんの少し重量が増えましたが、M16の筒型プラ製のハンドガードの時と違い金属なので、握った時に軋みとかガタつきが殆どありません。

筒状のハンドガードは握るたびに割れるんじゃないかとヒヤヒヤしてましたが、これでそんな心配ともおさらばできます。

M5 RASを装着したM16A4 3

付属のレイルカバーとグリップを付けてみました。

キットに付属していたレイルカバーは11リブですが、ハンドガード全部をカバーするにはさらに上下用に9リブが2枚、左右用に4リブが2枚必要になります。

トップレイルにレイルカバーを付ける場合は、レイルの溝に合わせて横からはめ込むとフロントサイトなどを外さずに装着できます。外すときは装着時とは逆の手順。

せっかくなのでRASにアクセサリーを付けてみた

M5 RASを装着したことによって、ハンドガードに長い20mmレイルがつく形となり、ここに様々なアクセサリーを装着することができます。

せっかくなので私が所有するレイルシステム対応のアクセサリーをつけてドレスアップしてみることにしました。

M16A4とM203(ショート)

まずは20mmレイル対応のM203グレネードランチャーRS(サンプロジェクト製・9インチバレル)を装着してみました。

バレルが短いのでなんかズングリムックリな感じはしますが、やっぱりM16にM203はよく似合う。

M16A4とM203とPEQ-2

反対側にはPEQ-2タイプレーザーボックスを装着。このPEQ-2はバッテリーケースなので中身は空っぽ。

M16A4にはPEQ-2も似合いますが、よりコンパクトなPEQ-15がマッチしそうなので、一段落ついたら購入しようと思います。

[スポンサードリンク]
[ad#entry3]

まとめ M16をレイル仕様にするのに最適なキットです

現在ではフリーフロート仕様のRASや、レイルが部分的に装着できるハンドガードなども出ており、M16・M4系問わず、フロント(ハンドガード)のバリエーションは非常に豊富です。

ですが、単純にM16系(M16A4)のスタイルを維持しながらハンドガードをレイル仕様にしたいというのなら、このM5 RASが最適だと私は思います。

さて、フレームに続いてRASも無事に組むことができて完成したM16A4ですが、今後は光学機器やM203といったアクセサリーを購入してオサレに飾っていこうと思う次第です。

技術・知識不足ゆえに地味に苦労して組み込んだM5 RASですが、それだけになんだか愛着がわきます。

M16A4にトリジコン ACOG TA31タイプ固定倍率スコープを載せてみた
M16A4用にAABB製 トリジコン ACOGタイプのTA31を購入。4倍固定のスコープで、実物同様に光ファイバーによって日中はレティクルが発光します。

↑今回使用したG&P製のM5 RAS フロントセット。手っ取り早くフロントをレイル化&首周りの強化をしたい人にオススメ。

↑組み込みに自信がない人はG&Pから完成品のM16A4がリリースされています。

FN M16A4
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ましゅーをフォローする
Turbulence

この記事のコメント