対空トースターの異名を持つ「フラックワーゲン(Pz.Sfl. IVc)」を作ることにした

対空トースターの異名を持つ「フラックワーゲン(Pz.Sfl. IVc)」を作ることにした

フラックワーゲン ポスター

SNSで共有する

どうもこんにちは。先日無事にマウスが完成したので、また新しい模型を作ろうと思います。

今度作る模型は、「フラックワーゲン」と呼ばれるドイツ軍の対空自走砲です。

戦車模型を作らない人だと「なにそれ?」ってなるマイナーな車種ですが、一方で戦車が出るゲームをやってる人なら「対空トースター」といえば大体通じます。

特徴としては、前方を除く三方を装甲板に囲まれた車体に、8.8cm高射砲(74口径 8.8cm Flak41)を搭載した対空自走砲です。

ということで今回はプラモデルの「フラックワーゲン」や、そのモデルとなった対空トースターこと「Pz.Sfl. IVc」という車輌について詳しくご紹介していきます。

[スポンサードリンク]

スポンサーリンク

モデルとなった車輌について

まずはこの「フラックワーゲン」のモデルとなった車輌についてざっくりと解説していきます。

「フラックワーゲン」はブロンコが付けた名称

今回購入したブロンコの模型は、製品名に「フラックワーゲン」と記載されていますが、これは実物車輌の名称ではなく、メーカーが付けた名前となります。

タミヤの戦車プラモデルで例えるなら、「ヤークトパンター」に「駆逐戦車ロンメル」という名前が付くようなものですね。

では実際の車輌はどのような名称なのかというと、「Pz.Sfl. IVc」とか「8.8cm Flak41 auf Sonderfahrgestell」などと呼ばれています。

  • Pz:Panzer(戦車)の略
  • Sfl:Selbstfahrlafette(=自走砲あるいは自走榴弾砲)の略。ただ、対空車両に自走”榴弾”砲はおかしいので、“Sonderfahrgestell”(特殊車両)の略称の可能性もあり。
  • IVc:IV号戦車(C型?)を意味する。ただし、共通点はシャーシくらいである。

日本語訳としては「装甲自走砲4号c」とか「88mm高射砲41型搭載特殊車台」みたいな感じになるのですが、下手に翻訳するとかえってややこしくなりそうですね。

なお、ドイツの戦車や装甲車両は公式・非公式問わず、ティーガーとかパンターとかフンメルと動物の名前が付けられるのですが、本車両は試作車両(3輌ほど)だったため、特にこれといった名称はつけられませんでした。

ひとまず、この記事では特に断りがない限り、実物車両は「Pz.Sfl. IVc」で統一しようと思います。

「マジノ線」攻略のために開発された自走砲の一つ

では、この「Pz.Sfl. IVc」はどういった車輌なのかというと、フランスとドイツの国境間に構築された対ドイツ用の要塞「マジノ線」を攻略するために開発された自走砲の一つです。

当初はこのマジノ線を攻略するために様々なタイプの自走砲が開発されていたのですが、1940年6月にフランスが降伏したため、これら自走砲たちはフランス戦線では使われず、対ソ連の東部戦線などに回されました。

で、Pz.Sfl.IVcはそんな数ある自走砲の中の「対空自走砲」タイプとして開発され、クルップ社によって作られました。

Pz.Sfl. IVc

Pz.Sfl. IVc via : Quora

最初の1号車はアハトアハトでおなじみの「8.8cm Flak18/36/37」を搭載したものですが、変速機のトラブルや、連合軍の空襲により、開発の遅延・生産計画の見直しの結果、運用に適さないと判断され量産化されず。

しかし、その後「戦車部隊に付随できるFlak41乗せた自走砲作れや」とアルベルト・シュペーア軍需大臣の指示により、クルップ社はより強力なラインメタル社の高射砲である「8.8cm Flak41」を搭載した2号車を作りました。

Wikipediaによると、この2号車は開発が中止された後に放置され、最終的にスクラップになったという。…解せぬ。

また、1号車か3号車のどちらかは第304高射砲大隊に配属され、イタリア戦線に投入されたそうです。

Pz.Sfl. IVcの特徴

なお、このPz.Sfl. IVc自体の特徴は何かと言われると、やはり車体の三方向を覆う装甲板にあります。

これらは乗員を保護するためのものでありますが、戦闘時はパカッと展開されるようになっています。

装甲板を展開したPz.Sfl. IVc

装甲板を展開したPz.Sfl. IVc。車体に対して8.8cm Flak41の大きさにも注目。 via : armyman.info

この装甲板は移動時は立てて乗員を保護しますが、射撃時には砲の可動域や射界を確保するために上の写真のように装甲板を展開します。

2つのメーベルワーゲン

似たような対空車両としては「4号対空自走砲 メーベルワーゲン」があります。いずれにしても戦闘時は装甲板を展開するので、乗員がむき出し状態になるのが難点です。

メーベルワーゲンの場合、改善策としてヴィルベルヴィントやオストヴィント、クーゲルブリッツといった全周囲を覆う砲塔の対空戦車が開発されますが、巨大な高射砲である8.8cm Flak41で同じことをする場合、車体単位で変更しないと厳しいでしょうね。

関連記事 オストヴィントの生産が遅れるので「メーベルワーゲン」を作ろうと思う

関連記事 ケーリアンの生産も遅れるので、また「メーベルワーゲン」を作ろうと思う

あだ名は「対空トースター」

WoT Pz.Sfl. IVc

WoTに登場するPz.Sfl. IVc(8.8cm Flak41搭載型) via : World of Tanks Wiki

戦車が出るMMOゲーム「World of Tanks」にもこの車輌が登場し、プレイヤーからは「対空トースター」、あるいは単に「トースター」という愛称で親しまれています。

先述の通り、元の車輌は対空自走砲として航空機を撃墜するために開発されたものですが、残念ながらWoTでは航空機が登場しないので、専ら対戦車自走砲として扱います。

ただ、元が対空自走砲であり、対戦車戦闘を想定したものではない(一応対戦車用の砲弾はあるが、あくまで対空自走砲です)ので、装甲板は展開せずに走行時のフォルムですが、防御力は無いに等しく、狙われたらまず生還不可という。

しかし一方で、この車輌に最終的に搭載される砲である『8.8cm Flak41 L74』はドイツ最強の戦車であるキングタイガーに匹敵するものと言われており、火力だけ見たら申し分はナシとのこと。

WoT Pz.Sfl. IVc 最大仰角

対空自走砲ならではの極めて高い仰角。対戦車戦闘では全く意味が無いけど…。 via : World of Tanks Wiki

また、搭載しているのは戦車砲ではなく「高射砲」ということで、砲身は90度近く上に向けることが出来る。あんま意味ないけど。

しかし、砲身を上に向けられるということは、高所に位置する敵戦車を狙えたり、坂道を下るときに前方を狙えるという利点があります。だけどこれはやりすぎ。

なお、WoTでは航空機をプレイヤーが操作することはありませんが、マップによっては航空機が上空を通過するという演出はあります。ソレに向かって射撃したらどうなる気になります(恐らく何も起こらないと思うけど…)。

そんなわけで独特な外観や、攻めに強く守りに弱い性能などからWoTプレイヤーに愛されている車輌なのです。誰が何と言おうと愛されているのです。

ブロンコモデルズ 「フラックワーゲン」徹底レビュー

お待たせしました。ここからが本題です。

次回から作っていくブロンコ(ブロンコモデルズ)の8.8cm Flak41 auf Sonderfahrgestell(Pz.Sfl.IVc)こと「フラックワーゲン」のキットについて紹介していきます。

先にも述べましたが、この車輌の名称は「Pz.Sfl. IVc」とか「8.8cm Flak41 auf Sonderfahrgestell」と呼ばれますが、分かりづらいのでプラモデルの方では製品名である「フラックワーゲン」を使用します。

パッケージ

ブロンコ フラックワーゲン ボックスアート

箱の正面にはデカデカとフラックワーゲンのイラストが描かれており、その後ろには撃墜された航空機と降伏するパイロットが描かれています。

ちなみに今回のフラックワーゲンは「74口径 8.8cm Flak41」を搭載したバリエーションとなりますが、これとは別に「56口径 8.8cm Flak37」を搭載したものもあります。

ブロンコ フラックワーゲン 箱側面 トーションバー

元の車両は4号戦車をベースにしているとのことですが、「どこらへんに4号要素あるの?」となるくらい4号戦車とは程遠いフォルムに。

足回りも4号のリーフスプリング式ではなく、ティーガーやパンターとかのトーションバー式サスペンションとなっています。

このサスペンションは細長い棒状のパーツで再現されており、可動式になっているので実物同様のギミックを再現できます。

ブロンコ フラックワーゲン 箱側面 装甲板

フラックワーゲンの特徴である装甲板は水平射撃(展開した状態)、対空射撃(半開き)、移動時(立てた状態)の3種類から1つ選んで組み立てることができます。

…ただ、出来れば上手いこと加工して3つのフォルムを1つで再現できないかと模索しています。

また、装甲板だけでなく、搭載されたFlak41も写真を見てわかるようにかなり細かく再現されています。

可動式履帯ブロンコ フラックワーゲン 箱側面 可動式履帯

履帯は連結式になっていますが、履板そのものを接着するのではなく、実物同様に、履板同士をピンで接続するタイプになっており、いわゆる「可動式履帯」となっています。

これによって可動式のサスペンションに合わせて履帯も動くようになり、地形に順応した足回りを再現できます。

似たような連結式の可動式履帯では「モデルカステン」のものが有名ですが、このキットにはモデルカステン匹敵する履帯が最初から付属しています。こりゃ豪華だ。

説明書や塗装例、ポスターなど

フラックワーゲン 説明書

こちらは組み立て説明書。英語、ドイツ語、中国語で記載されていますが、要所は簡単な英語なので直感的にわかるような内容となっています。

フラックワーゲン 説明書2

説明書の中身はこんな感じ。どことなくドラゴンの説明書と似ているので、ドラゴンの戦車模型を手掛けたことがある人ならそれほど苦労することはないはず。

フラックワーゲン 説明書3

こちらはFlak41の砲座部分の説明図。なんだか戦車模型というより工業用機械でも作ってるんじゃないかという錯覚に陥りそうです。

実際の8.8cm Flak41には、砲弾に時限信管を取り付ける装置や、射撃管制レーダー(ウルツブルグ・レーダー)が得た、敵機の距離や速度といったデータを受信するという機材も搭載されているかなりハイテクな高射砲だったそうです。

フラックワーゲン 塗装・デカール貼り付け例

こちらは塗装およびデカールの貼り付け位置について記載された紙。箱絵と同じように、ダークイエロー一色で迷彩は施されていないようです。

それもそのはずで、この車輌は1号車が完成したのが1942年12月で、ドイツ陸軍が各兵器工場に迷彩塗装せよと命じたのが大戦後期の1944年8月頃です。

なので、より実物を再現するなら上の写真のような単色にすべきですが、そうでなければ迷彩塗装をしてオリジナリティを出しても面白いのではと思ったりします。

フラックワーゲン ポスター

その他オマケとして、フラックワーゲンの箱絵のイラストと同じポスターが入ってました。

使いみちは人それぞれですが、額縁に入れて飾るとリア充になれるらしい。

パーツランナー

フラックワーゲン パーツランナー

箱の中に入ってたパーツランナーをざっと並べてみるとこんな感じになりました。

ざっくり見てランナーの袋は16個あり、結構なパーツ数となります。特に8.8cm Flak41はパーツ数が半端ないだろうと予想。

せっかくなので、気になったパーツをピックアップして見ていきましょう。

側面装甲板

フラックワーゲン 側面装甲板

まずこちらは側面装甲板。先述の通り、対空射撃、水平射撃、移動時の3つのうち1つを選んで組み立てる際に、この装甲板の角度がキモとなります。

この装甲板もなんとか可動式にして3つのフォルムを1つで再現できないものだろうか…。

車体上部

フラックワーゲン 車体上部

こちらは車体上部。

ここに装甲板や操縦手・通信手のハッチやクラッペ(視察窓)などを取り付け、更にFlak41を乗っけるまさに「土台」となるパーツ。

車体シャーシ

フラックワーゲン 車体シャーシ

こちらはシャーシ部分。

確かにどことなく4号戦車の面影はあるのですが、これまで作ってきた4号戦車ベースの対空戦車たちと見比べると、全長が長かったりシャーシ後部がちょっと違ったりしていました。

フラックワーゲン 車体シャーシ内側

そんな車体シャーシの内側はこうなっています。

この中にはティーガーやパンターなどで採用される「トーションバー」と呼ばれるねじり棒を通します。Flak41のような重たい高射砲を支えるとなれば4号戦車のリーフスプリング式じゃ無理なのかもしれません。

フラックワーゲン 可動式履帯

また、シャーシの中には履帯(履板)のパーツがギッシリ収まっていました。

先述の通りこのフラックワーゲンは連結式履帯より上位の「可動式履帯」となっており、単に履帯同士を接着するものとは組み立て方法が異なってきます。

フラックワーゲン 可動式履帯 連結ピン

というのも履帯同士の接続は実物と同じように「ピン」を取り付けることで行います。1組の履帯を接続するのに2つのピンを使うため、より精密な作業と時間を要するのです。

実物の履帯を繋ぐピンは1本モノなのですが、フラックワーゲンの場合だと2種類のピンを使います。これはピンのヘッド部分を再現するために形状の異なるピンを用意したのだと思います。

もっというと、1本モノの細いピンをプラパーツで再現するなんてものすごく難しいですし、それを履帯に通せなんて(耐久性を鑑みて)まず無理ですしね。

従来の履帯にはないじかんおかかその対価として履帯の動的なフォルムはベルト式履帯や連結式履帯では再現できない戦車模型における最高のギミックで、情景作品を作る場合は欠かせない存在とも言えます。

そのためマニアックな人はあえてキット付属の履帯ではなく可動式履帯(主にモデルカステン)を使用するほど。

ちなみに履帯のセンターガイドは履板と一体となっているので、モデルカステンの可動式履帯と比べると若干作業数が少ないので楽です。

砲弾パーツ

フラックワーゲン 砲弾パーツ

車輌だけでなく細かい情景パーツも付属しており、その1つにFlak41で使用する8.8cm砲弾や、砲弾を収納するケースなどもパーツ化されています。

フラックワーゲン 砲弾の比較

ドラゴンのキングタイガー(ティーガーII)のキットに付属していた8.8cm KwK43 L/71の砲弾を横においてみるとこんな感じ。

参考までに、8.8cm系列の砲弾や使用する砲については以下の通り。

  • 88×571R mm 砲弾
    • 8.8cm Flak 18/36/37:アハトアハトでおなじみの56口径の高射砲。
    • 8.8cm KwK36 L/56:ティーガーIに搭載される56口径の戦車砲。
  • 88x822R mm 砲弾
    • 8.8cm Pak43:クルップ社製の71口径の対戦車砲。
      • 8.8cm Pak43/1:ナースホルンの主砲。
      • 8.8cm Pak43/2:フェルディナント/エレファントの主砲。
      • 8.8cm Pak43/3:ヤークトパンターの主砲。
    • 8.8cm Pak43/41:Pak41の砲身と砲弾を流用したラインメタル社製の対戦車砲。
    • 8.8cm KwK43:キングタイガーこと「ティーガーII」の主砲。
  • 88×855R mm 砲弾
    • 8.8cm Flak41:Flak18/36/37に代わるラインメタル社の74口径の高射砲。今回のフラックワーゲンに搭載。

クラッペのクリアパーツ

フラックワーゲン クリアパーツ

車体前面に取り付けるクラッペ(視察窓)の防弾ガラスはクリアパーツで再現されていました。

ドラゴンのキットでもモノによっては、クラッペやペリスコープ、車間表示灯などがこういったクリアパーツで再現されていることがありますが、フラックワーゲンでもクリアパーツで再現されていました。細かいなぁ~。

エッチングパーツ

フラックワーゲン エッチングパーツ

こちらはプラスチックでは成形出来ないくらい薄いパーツを再現したエッチングパーツ。

エンジンメッシュはもちろん、OVMの蝶ネジや、牽引装置のチェーンまで再現されており、もはやアフターパーツなのでは?と思うくらい充実しています。

非常に精巧であると同時に、一つ一つのパーツが小さいので、切り離したり接着するのに苦労しそうですが、それらの苦労に見合ったディテールアップが実現出来るでしょう。

デカール

フラックワーゲン デカール

そしてこちらはデカール。

おなじみの国籍マークを始め、高射砲部隊である「戦術マーク」、Flak41の射撃管制装置のメーター、さらには砲弾や砲弾ケースに貼るマーキングまで再現されています。

ただ気になったのは、砲弾や砲弾ケースに貼り付けるデカールには、8.8cm KwK43やPak43と記載されている点。

先述の通り、KwK43やPak43といった71口径に使用する砲弾は88x822R mmなので、74口径 8.8cm Flak41で使用する88×855R mmとは別物なはずです。

ブロンコがこのキットを製造した当時に資料がなかったため間違えたのか、あるいは搭載している高射砲が74口径 8.8cm Flak41ではなく、88x822R mmに対応したクルップ社の高射砲「71口径 8.8cm ゲラート42」なのか(形状からしてまず無いでしょう)。

まま、あまり深く考えても仕方ないですけどね。

まとめ 豪華すぎるキットです

ということでブロンコのフラックワーゲンに関して「これでもか!」というくらい書き殴ってみましたが、このキットを見て思ったのは兎にも角にも「豪華すぎる」の一言。

なぜなら履帯はモデルカステンに匹敵する可動式履帯であり、エッチングパーツも豊富で、社外のアフターパーツで代用するものがだいたい入っているからです。

強いて言えば金属砲身が付属しないくらいですが、砲身は砲身でちゃんとライフリングのモールドが入っているという徹底っぷり。

価格は5,000円を超えてしまいますが、上記の内容を考慮すると妥当なぐらいで、特に主砲である8.8cm Flak41の完成度はかなり高いので、マニアにも満足なキットであることは間違いありません。

…組み立てられるかなぁ。

ツイキャスでのやり取り

ちなみに、このフラックワーゲンを次に作ろうと決めたキッカケは、よく行くツイキャスの放送でのコメント(上記画像参照)に対する放送主の返答から。

「エプロンとトースターどっちがいい?」という意味不明な質問に対し、ものすごく悩みながら「じゃぁ、トースターかな?」という返事をもらったのでフラックワーゲンにしたわけです。

↑今回購入したのは71口径 8.8cm Flak41を搭載したフラックワーゲン。

↑こちらはフラックワーゲンのもう一つのバリエーション。搭載砲が56口径 Flak 18/36/37となっています。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら いいね!いいね!しよう

SNSで共有する

このブログを購読する

スポンサードリンク
スポンサーリンク