ドラゴンの「軽駆逐戦車 ヘッツァー」のプラモデルを入手した

ドラゴン ヘッツァー 箱絵 模型制作日記

どうもこんにちは。ましゅーです。

先日、タミヤのティーガーI(後期生産型)  の制作が無事に終了し、ノルマンディーの戦場に走り去っていきました。今のところ故障の報告は入っていないので彼はそのままにしておきます。

さて、今度は軽駆逐戦車 ヘッツァーという、またまたドイツの駆逐戦車(戦車ではない)を作っていきます。

この記事はヘッツァー制作日記第一弾ということで、制作するヘッツァーのプラモデルと、実物ヘッツァーについて解説していきます。

スポンサーリンク

ドラゴン 1/35スケール「軽駆逐戦車 ヘッツァー」のレビュー

さて、まずは次以降制作する模型の方の「ヘッツァー」についてご紹介します。

今回作るヘッツァーはドラゴンというメーカーのもので、過去にクーゲルブリッツ  をヤフオクで落札した時に一緒についてきたキットです。

ちなみに件の記事では、

なお、この落札した商品はクーゲルブリッツの他にもう2つキットがセットになったものです。そちらについては後ほど紹介しようと思います。

とボヤいていましたが、その2つのキットのうちの1つがこのヘッツァーというわけで、「後ほど」と言っておきながこの記事から半年後にようやく紹介するわけです。

パッケージのディーテール

ドラゴン ヘッツァー 箱絵

こちらがヘッツァーの箱絵。かわいいでしょ?

先述のクーゲルブリッツ同様に古いキットである上、ヤフオクで落とした中古品で、おまけにそのまま放置してた為に箱はあちこちボロボロ…。

ドラゴン ヘッツァー 箱絵2

こちらは箱の側面に描かれた完成図。今回のキットはコマンドバージョンということで、いわゆる指揮車両となります。

本来なら上の写真のような通信兵のフィギュアが2体(余剰パーツを使えば4.5体)付属するのですが、今回はヤフオクで落札した中古品ということで、これら兵士のパーツは抜き取られていました。

私としてはフィギュアはあっても無くてもどちらでも良いというスタンス(むしろ無くて内心ホッとしている)なので私に限っては特に問題はありません。

内容物を見てみます

ドラゴン ヘッツァー 開封

ということで、開封して中身を見てみようと思います。

ドラゴン ヘッツァー 内容物

入ってたものを並べるとこんな感じになっていました。

  • パーツランナー5袋
  • 組み立て説明書
  • エッチングパーツ
  • デカール
  • 塗装例

ドラゴンのキット(特にサイバーホビーブランド)はモノによっては、本来のパーツ+別のキットから流用したパーツという組み合わせで車両のバリエーションを賄っている場合があり、ランナーの量がものすごいことになっている時があります。

特に実車においてやたらバリエーションの多い4号戦車や3号戦車及びその派生車両のキットはランナー数が多く、同時に使わないパーツも多いという。モッタイナイので大事に取っておきましょう。

…それに比べると今回のヘッツァーはパーツランナーの量は極めて少なく感じます。

さて、話がそれましたが内容物を順番に見ていきましょう。

パーツランナーの詳細

ドラゴン ヘッツァー 車体のランナー

パーツランナーはいくつかありますが、そのうち特に気になるパーツを見ていこうと思います。

まずこちらは上下車体のパーツがひっついているランナー。車体部分は大きいパーツで構成されているので良くも悪くも目立つ場所の1つです。

ドラゴン ヘッツァー 戦闘室

戦車模型といえば、あれこれパーツを取り付けて車体なり砲塔なりを組み立てますが、今回作るヘッツァーは駆逐戦車ということで、砲塔を持たない密閉型の戦闘室になっており、車体上部はワンピース構造になっています。

実際は複数の装甲板を溶接してこのような形にするのですが、なにぶんプラモデルなので1つのパーツでそれを再現しており、工程数が省略されています。

また、装甲板の継ぎ目には溶接跡や切断跡もありますが、キレイすぎて逆に不自然なので少し汚くしたほうが良いかもしれません。

なお、こういった砲塔がない戦闘室を持つ駆逐戦車は上記の理由で比較的組み立てやすいので、初心者にもオススメ。まずはタミヤから始めてみましょう。

ドラゴン ヘッツァー 車体下部パーツ

こちらは車体の下部。ココに転輪や履帯とかパネルなどを色々取り付けます。

ちなみにヘッツァーは4号戦車とかと同じようにリーフ式サスペンションで、転輪の数も少ないので、足回りの組み立ては割りと楽だったりします。

ドラゴン ヘッツァー 砲身パーツ

こちらは砲身のパーツ。なんかちょっと短く見えるのですが気のせいでしょうか?

なお、戦車模型の砲身はキットによっては最初から一体型の円形になっているタイプもありますが、今回のヘッツァーの砲身は2分割されたタイプなので、また砲身の整形を楽しむことができます。

なお、ショップの説明には「アルミ砲身がセット」となっていましたが、中古なのかロットが違うのかわかりませんが、このヘッツァーには付属しませんでした。

ことドラゴン(およびサイバーホビー)は金属砲身やマジックトラック、別商品のフィギュアなど、ボーナスパーツが後から追加される場合があるので、キットのフタを開けてそういったモノが入っていたらラッキー。

ドラゴン ヘッツァー 履帯パーツ

こちらは履帯パーツ。ランナーにパーツが取り付けられていて、1つ1つ切り離して接着する連結式履帯となっています。

ヘッツァーの転輪やフェンダー、シュルツェンなどの履帯周辺の形状を鑑みるに今回は久々に「ロコ組み」をしようかなと考えています。

なお、押し出しピンの跡はセンターガイドの中央、つまり履帯の真ん中に1つありますが、幸い大半が転輪やフェンダーなどで隠れて見えなくなる場所にあるので、過剰に処理する必要はなさそうです。

なお、履帯は右用と左用とで形状が異なるところまで再現されていました。

ドラゴン ヘッツァー アンテナパーツ

コマンドバージョン(=指揮車両)ということで、従来の棒状のアンテナではなく、先端に放射状にアンテナがついている「スターアンテナ」がついています。

こちらは通常の細長いアンテナに加えて、先端が逆さまにした傘の骨みたいになっており、ただでさえ折れやすいアンテナがますます折れやすくなっています。

なので丁寧に扱うのは言うに及ばず、2回は確実にへし折るだろうという認識です。

デカール

ドラゴン ヘッツァー デカール

続きましてデカールです。

いつものように国籍マークである黒十字と、102号車が2種類、S14号車が1つ、あとは見づらいですがCHWATと記載されたデカールが一つ。頼むドラゴン! 車両番号の解説も付けてくれェ!!

このCHWAT(フファット)というのは、ワルシャワ蜂起中の1944年の8月2日にポーランド側が鹵獲したヘッツァーの愛称で、ヘッツァーを回収したポーランドの下士官の名前から取っているとのこと。

なお、デカールはいずれも劣化が進んでいてなんだか黄ばんでおります…。古いもんね。仕方ないね。

エッチングパーツ

ドラゴン ヘッツァー エッチングパーツ

また、古いキットながらエッチングパーツも付属していました。

エンジングリルのメッシュ部分やペリスコープのガード、車載機銃の防盾に使用します。

本来ならフィギュアが付属していて、そのフィギュアのヘッドホンのバンド用のエッチングパーツもありますが、キットと一緒に抜き取られておりました。

なお、エッチングパーツはなるべく専用の工具などで切り離したほうがいいと思います。というのも切り離す時にニッパーの刃が割れてしまったので…。

組み立て説明書

ドラゴン ヘッツァー 説明書

こちらは組み立て説明書。これを見ながら組み立てていきます。

バッと見た感じ、そこまでゴチャゴチャしておらず、比較的わかりやすい記載になっております。

いつぞやのオストヴィントの時  は説明書の記載がゴチャゴチャで泣きそうになっただけに、今回は楽に組み立てられそうです。

オストヴィント 説明書

参考までにこちらがオストヴィントの説明書。もはやホンモノを作ってる気分である。

なお、ドラゴンの説明書あるあるなのですが、元が香港のメーカーだけに所々「ん?」ってなるような日本語があったりします。たとえばブラウンをラウンと表記したり。

塗装例

ドラゴン ヘッツァー 塗装例

説明書にも塗装例やデカールの貼り付け例は記載されていますが、こちらは別紙の塗装・デカール貼り付け例。

ドイツの戦車といえば、現地で整備兵が各自迷彩塗装を施すのですが、ヘッツァーの場合だと工場で迷彩塗装が施されます。

そして、アンブッシュ迷彩とか光と影の迷彩と呼ばれる明細模様の上にポツポツと斑点模様が描かれた独特なパターンの迷彩模様が特徴です。

ヘッツァー制作においての最大の課題は、この光と影の迷彩をいかにして再現するかにあると思います。どうしよう。

なお、ドラゴンやタミヤでも言えることなのですが、せっかく迷彩やデカール(砲塔番号)の組み合わせの例を用意してくれるのだから、その車両の詳細をもう少し記載してほしいなと思うところです。

軽駆逐戦車 ヘッツァー とは

さて、次回以降作るヘッツァーのキットについて紹介しましたが、ここで「軽駆逐戦車 ヘッツァー」がどんな車両なのかについても解説していこうと思います。

戦車模型やミリタリーが好きな人やガルパンおじさんにとっては「あぁ、アレね」ってなるヘッツァーですが、知らない人にとっては「何それ?」となるはず

軽駆逐戦車 ヘッツァー

軽駆逐戦車 ヘッツァー via : Wikipedia

38式軽駆逐戦車ヘッツァー(けいくちくせんしゃヘッツァー)は、第二次世界大戦時のドイツの駆逐戦車。ドイツ語では Jagdpanzer 38(t)と呼ばれる。制式番号は Sd.Kfz.138/2 。

ヘッツァー(独:Hetzer, 狩りの勢子)というニックネームは本来、次世代軽駆逐戦車であるE-10計画用のものであったが、いつの間にか本車のものになっている。

via : 軽駆逐戦車ヘッツァー – Wikipedia 

この軽駆逐戦車 ヘッツァーは軽駆逐戦車とあるように、対戦車戦闘を想定した車両で、厳密に言うと「戦車」とは違うカテゴリーの車両となります。

この戦車と駆逐戦車(および突撃砲)の違いについては後述しますが、まずはヘッツァーがどういった経緯で誕生したのかを簡単に解説します。

ヘッツァーが誕生までの経緯

3号突撃砲を製造するアルケットの工場が一時的に機能停止に

ヘッツァー誕生の経緯は、まず『3号突撃砲』を製造していたドイツのベルリンにあるアルケット社のシュパンダウ工場が連合軍の爆撃によって一時的に機能しなくなるところから始まります。

“戦車”で最もたくさん作られたのは4号戦車ですが、戦車を含めた”装甲戦闘車両”というカテゴリにおいては、この3号突撃砲が大戦中のドイツにおいて最大の生産数となります。

大量に製造されるということは、(もちろん多少の改良はありますが)それだけ3号突撃砲が優れた車両だという裏付けになるわけで、それが製造できなくなるというのは大打撃なわけです。

3号突撃砲 G型

3号突撃砲の中で最も多く生産されたG型 via : Wikipedia

そこでBMM社に代わりに作れないかと打診する

こりゃマズいと思ったドイツ陸軍の最高司令部は、チェコにあるボヘミア・モラビア機械製造会社ことBMM社に、「アルケット社の代わりに3突作れへんか?」と打診しました。

しかし、肝心のBMM社には3号突撃砲クラスの重量を扱える機材や設備が無く、小型の車両しか作れないという報告が返ってきます。

そのためヒトラーは、BMM社に(以前より製造していた)10トンクラスの軽戦車である『38(t)戦車』をベースにした突撃砲を製造せよと命じます。

そういった諸々の事情を経て、3号突撃砲の代替あるいは後継としてヘッツアーが開発されるのでした。

38(t)戦車の(t)は重量を表す”トン”ではなく、チェコ製であることを表すためのものです。チェコは英語では「Cheko」と表記しますが、ドイツ語だと「Tschechisch」となるわけです。

ちなみに、38(t)戦車はチェコではLT-38と名付けられていました。

ただし、ヘッツァーは38(t)戦車とは別物という点に注意

38(t)戦車をベースにした突撃砲を作れという指示はあったものの、実際のヘッツアーは38(t)戦車の発展型であり、”ルクス”ことII号戦車L型との競争で不採用になった『新型38(t)戦車』の部品の一部を流用したものです。

この『新型38(t)戦車』は、足回りは38(t)戦車とよく似ていますが、寸法や形状など微妙に違う別物であり、

  • 転輪の直径が775mmから825mmへ拡大
  • 起動輪の歯の数が19から20へ増加
  • 誘導輪の形状や直径(535mmから620mmへ)変更される
  • 履帯のパターンおよび幅(290mmから305mmへ)が変更される
  • シャーシのサイズなどが異なる

…など、従来の38(t)にはない部品が使われています。

しかし、足回りが38(t)戦車とソックリだったため、資料が少なかった昔はヘッツァー=38(t)戦車をベースにした車輌という間違った解説がなされており、一部の模型メーカーも38(t)のパーツを流用するというポカをやらかしたとか。

38(t)戦車 S型

足回りはよく似てるけどヘッツァーとは別物の38(t)戦車(S型) via : Wikipedia

なお、ガルパンおじさんはご存知かと思いますが、戦車が出てくるアニメ『ガールズ&パンツァー』にもヘッツァーが出てきます。

最初は38(t)戦車B/C型として登場していたのですが、後に「義援金集まったからヘッツァー改造キット買ったぜ!!」と、それまで使っていた38(t)戦車の上部をヘッツァーと交換するという無茶なことをしています。

ガールズ&パンツァー ヘッツァー改造

38(t)B/C型がヘッツァーに変わる瞬間(gifアニメ) via : かいがいの

作中に登場するキャラ(小山柚子)がこの改造について「結構無理やりよねぇ…」とボヤいていますが、これは先述の「誤解」をほのめかした伏線かと思われます。

ということで上のgif画像では簡単そうに改造しているように見えますが、実際はエンジンの位置とかも全く違うので、作中に登場する戦車の修理やカスタムを担当する「自動車部」の魔改造によるものと判断。

自動車部は作中ではトラブル頻発の問題児ポルシェティーガーをものすごいスピードで走らせたり、走行中の戦車を修理したりと、工業高校も真っ青のエンジニアっぷりを発揮しているので可能かもしれませんが…。

ヘッツァーのスペック

全長 6.27 m

車体長 4.87 m

全幅 2.63 m

全高 2.17 m

重量 15.75 t

懸架方式 リーフスプリング

速度 路上最大42 km/h

路外平均15 km/h

行動距離 177 km

主砲 48口径7.5cm PaK39 L/48(41発)

副武装 7.92mm MG34機関銃

装甲 車体前面上下60mm、側・後面20mm、底面10mm

エンジン マイバッハ Hl 203 P 30 4ストローク直列6気筒液冷ガソリン 160馬力

乗員 4 名

via : 軽駆逐戦車ヘッツァー – Wikipedia 

装甲戦闘車にありがちなゴッツイ車体というよりは、ノッペリしているのが特徴で、砲塔が無いだけに車高は低くなっています。

また車体の装甲は垂直ではなく斜めになっているので、本来の厚さ以上の防弾効果が期待できる(傾斜装甲)反面、車内は狭くなっているという。

一方で搭載している対戦車砲は、搭乗員から見て右側に位置しているため、車体のバランスが悪かったり、右側が死角になったりといった不具合もあったそうです。

スポンサーリンク

戦車・突撃砲・駆逐戦車の違い

さて、今回作るヘッツァーは軽駆逐戦車ということで、駆逐”戦車”とあるけど厳密にいうと戦車ではありません

知らない人からすると「みんな戦車じゃん」と一蹴されそうですが、これらは戦場での運用目的や管轄兵科の違い(兵科間の縄張り争い)などの事情などによって分類されます。

なので名称上の分類はあるものの、実際のところ結構曖昧だったりするわけです。

ざっくり説明すると、

  • 戦車 : 強力な砲と分厚い装甲を持ち、敵戦車と殴り合う戦場の華。回転式の砲塔を持っている。もちろん戦車科。
  • 自走砲 : 早い話が大砲を動かせるようにしたもの。遠距離から砲弾を山なりに飛ばして敵の陣地や兵士を広範囲に攻撃。遠距離から攻撃する関係で戦車のような素早さや防御力は必要とせず、砲塔はなく、装甲も戦車に比べると薄かったり天蓋が無かったりする。
    • 突撃砲 : 砲塔のない戦闘車両が砲兵科に配属されると突撃砲になる。基本的に歩兵への火力支援が目的だが、歩兵戦・塹壕戦から戦車戦に変わるにつれ、対戦車戦闘も求められ、装甲を厚くしたり長砲身の戦車砲を搭載。ドイツ特有の分類で、他国では「歩兵戦車」がその役を担っていた。
    • 駆逐戦車 : 砲塔のない戦闘車両が戦車科に配属されると駆逐戦車となる。こちらは当初から敵戦車を撃破するのが目的で開発・運用される。

戦車と違って、自走砲や突撃砲、駆逐戦車は回転式の砲塔を持たず、砲身は固定式(多少は上下左右に動くものもあるが、照準を合わせるときは車体ごと動かす必要がある)である場合が多い。

なので戦車のように素早くは照準を合わせることができませんが、その反面、

  • 砲塔が無い分低コスト
  • 砲塔が無いので軽い
  • 軽いから戦車よりも重たい砲を搭載できる
  • 車高が低くなるので回避率がアップ

といった固定式ならではの利点もあります。

特にドイツにおいては前線の戦車の不足を補うために、こういった自走砲(対戦車自走砲)や突撃砲、駆逐戦車が開発され、新規に作られたものから既存の戦車の一部を流用したものまであります。

また、ドイツはどんどん劣勢に追い込まれていく関係で、「待ち伏せ」の戦術を取ることもあり、車高が低い駆逐戦車(および突撃砲)が活躍しました。

スポンサーリンク

まとめ

実を言うと、ヘッツァーの他にもう1つ作ろうと思っていた”候補”があり、どちらを先に作ろうか迷っていたので、またまたニコ生で知り合ったユーザーさんがやっていたツイキャスで以下のようにコメントして決めました。

次つくる模型を決めるやり取り

PaK39およびKwK40とは、それぞれ駆逐戦車や戦車などに搭載する砲の名称です。

…が、いずれも1つの車輌に特化した砲ではなく、様々な車輌に使われているので、戦車に詳しい人でも砲の名称(口径すら書いてないので更に悪質)だけ言われても何を作るのかは特定出来ません。

なので、我ながら相当イジワルな質問をしたと今は自負しています。ハイ、屋上行きます。

で、何の予告もなく理不尽な質問をぶつけられた張本人はPaK39と答えてくれたので、今回はヘッツァーを作ることに決定した次第です。

なおKwK40が何の車両なのかについては、作る時になったらお教えしようと思います。ふはははは。

というわけで、次回からヘッツァーを作っていきます。こうご期待。

この記事のコメント