シャープのRACTIVE Air(EC-AR3SX)で手軽に気軽に掃除が出来るようになった

SHARP EC-AR3SX日用雑貨

ふとフローリングを見ると髪の毛が落ちていたり、チェアマットには白いゴミがポツポツ落ちています。

そういうゴミを見かけるたびに「コロコロ」で巻き取ったり掃除機で吸ったりしていますが、

  • コロコロは何度も粘着テープを取り替えないと取りこぼす
  • 掃除機は大きいから引っ張り出すのが面倒

…といった事情(言い訳)ゆえに「メンドクセー」ってなって掃除の頻度が落ちてました。

なので”手軽に気軽に”掃除が出来るようになればいいなーと思って、コードが無くてコンパクトなSHARPのコードレススティック掃除機「EC-AR3SX」を購入しました。

スポンサーリンク

前まで使ってた掃除機

ちなみに以前まではPanasonicの「MC-K9A」という掃除機を使っていました。実家から「もう使わんからお前使えや」と 押し付けられた 譲ってもらったものです

昔使っていた掃除機

「いかにも掃除機」な感じの掃除機で、コンセントに繋いでキャニスターを転がしながらゴミを吸い取り、フィルターが一杯になったらフィルターを交換するお馴染みのやつ。

2009年3月のモデルではあるものの、Panasonicの掃除機だけに未だに現役で性能も文句なし。…ですが、いかんせん私が生活しているマンションではキャニスタータイプの掃除機は取り回しが不便でした。

コンセントを気にしつつ、重たいキャニスターを壁や家具にぶつけながら運ぶのはストレスが溜まる。何よりデカイのでクローゼットから出し入れするのさえ億劫。

そういったことから、「掃除をする」に至るまでの道のりが既に苦行でして、それらを改善するべく、持ち運び・収納が楽なコードレススティック掃除機の購入に至った次第です。

SHARP 「EC-AR3SX」のレビュー

シャープ EC-AR3SX

今回購入したのはSHARPのACTIVE Air EC-AR3SXというコードレススティック掃除機。

画像を見ての通り、非常にコンパクトなので場所を取らず、クローゼットから出し入れするとき楽だし、何ならそのまま出しっぱなしにしても邪魔にならない。

吸引装置は手元に集中してるので、重量バランスも良好だし、パイプがカーボン製なので軽い。

そしてコードレスなので、部屋ごとにコンセントを差し替えたり引っ掛けて抜け落ちる心配もなく、本体の軽さも相まって快適な操作が出来る。

マンション住まいにとってこのコンパクトさは大きなアドバンテージ。

シャープ EC-AR3SX ドアノブに引っ掛けた状態

カラーバリエーションはゴールド(EC-AR3SX-N)ピンク(EC-AR3SX-P)の2種類ありますが、今回はピンクを選択。現物を見てみるとピンクというよりワインレッドのような色合いでした。

なお、EC-AR3SXというように型番に「X」が入ったものはバッテリーが2つ付属するモデルとなります。

「X」が付かない(=バッテリー1個)のモデルの方が安価でしたが、コードレスの弱点である連続使用時間の短さをカバーするべくバッテリー2個を選択。

バッテリーは別途で購入することが出来ます。形名は「BY-5SB」です。

セット内容

シャープ EC-AR3SX 箱

というわけで中身について見ていきます。

シャープ EC-AR3SX セット内容

箱の中には以下のものが入っていました。

  • 本体
  • クリーニングブラシ
  • 吸込口
  • パイプ
  • バッテリー(2個)
  • 充電器
  • すき間ノズル
  • ハンディノズル
  • タテヨコ曲がるすき間ノズル
  • 先端ノズル
  • はたきノズル
  • スグトルブラシ
  • コンパクトふとん掃除ヘッド
  • 取扱説明書
  • 保証書

ではそれぞれ詳しく見ていきます。

掃除機本体

シャープ EC-AR3SX 本体

まずは掃除機本体。

ここにゴミを吸い込むためのメカニズムや吸い込んだゴミを蓄積するダストカップ、バッテリーなど、掃除機として必要な機構が集中しています。

従来の掃除機のように、本体に「パイプ」を取り付けて立った状態で使用するほかに、本体に直接ブラシや吸込口を取り付けてハンディークリーナーとして使うことも出来ます。

シャープ EC-AR3SX 本体のボタン

操作するボタンは持ち手部分に2つあり、いずれも親指で操作できます。

モード(強さ)は以下の4種類。

  • 弱モード:一番弱いモード。個人的にこれで十分だった。
  • 強モード:弱モードで物足りない人向け。吸引力は高いがバッテリー消費も早い
  • 自動モード:床面を検知して自動的に強弱切り替わるモード。たとえばフローリングでは弱、カーペットでは強といった感じに切り替わる。
  • フルパワーモード:気になるところを掃除する時に。弱・強・自動モード中に「強/弱」ボタンを1秒長押しすることで起動。なおフルパワーモードは5秒間のみ作動し、その後元のモードに戻る。
シャープ EC-AR3SX 本体とダストカップ

こちらはダストカップ。

吸い込んだゴミはここに溜まるので、ある程度ゴミが溜まったら取り外して中身をゴミ箱にポイするだけ。フィルターがいらないのでランニングコストがかからないのが嬉しい。

シャープ EC-AR3SX ダストカップとカバーを分離した状態

黄色いボタン(ゴミ捨てと書かれているボタン)を押すとカップとフィルター部分が分離できるようになっています。

シャープ EC-AR3SX ダストカップのゴミ満量ライン

なおカップには「ゴミ満量ライン」と記載があり、カップに溜まったゴミを捨てるタイミングがひと目で分かるようになっています。

シャープ EC-AR3SX ダストカップを分離した状態

カップやフィルター部分は上の写真のように分解することが出来るので、カップだけでなくフィルターも掃除が簡単。

なお、これらカップ・フィルターは水洗いすることも出来ます。汚れが酷い時は水洗いして12時間くらい自然乾燥させればOK。

シャープ EC-AR3SX クリーニングブラシ

本体側にはクリーニングブラシが格納されています。

シャープ EC-AR3SX クリーニングブラシ2

フィルターやカップにこびり付いたゴミは黒いブラシ部分で掻き出します。

シャープ EC-AR3SX クリーニングブラシ3

プリーツフィルター(青色のギザギザのフィルター)の谷間にゴミが詰まっている場合は、クリーニングブラシのピックの方でフィルターを弾くと振動でゴミが落ちます。

性能が落ちる恐れがあるので、フィルター部分はブラシで擦らないで下さい。

パイプ

シャープ EC-AR3SX パイプ

本体と各種ヘッドの間に取り付けるパイプ。全長約55cm。

こちらもドライカーボンが使われており、軽量化とデザインに貢献しています。

シャープ EC-AR3SX パイプ先端のボタン

パイプの先端。

ここにヘッドやブラシ類を取り付けますが、取り外す時は白いボタンを押して軽く引っ張れば簡単に外れます。

なお、一部のブラシには引っ張るだけで外せるものもあります。

シャープ EC-AR3SX パイプレバー

また本体側にもトリガー状のレバーがついています。

このトリガーを引きながら、足でヘッドを押さえて引っ張ることで立ったままヘッドの取り外しができます。

シャープ EC-AR3SX パイプを取り外すボタン

パイプそのものを外す時は本体底面のボタン(上記写真の中央あたりにあるボタン)を押して引き抜きます。

吸込口(回転ブラシ)

シャープ EC-AR3SX 回転ブラシ

こちらはフローリングやカーペットなどを掃除する時につかう吸込口(回転ブラシ)。掃除機のヘッドと言えばまずこの形状が浮かぶはず。

フレームの一部にカーボンが使われており軽量化&見た目がキレイ。

シャープ EC-AR3SX 回転ブラシ2

吸込口の裏側はこのようになっています。

「回転ブラシ」とあるように、螺旋状に取り付けられたカラフルなブラシは地面と接すると回転するようになっています。

これはゴミを巻き取りやすくするのはモチロン、タイヤのように前に進むので、少ない力で掃除機を動かすことが出来ます。

ただでさえコンパクトで軽量なのに、更に動かしやすい工夫までされているのです。

ハンディーノズル

シャープ EC-AR3SX ハンディーノズル

こちらは「ハンディーノズル」。先端にゴムがついています。

パイプを介さず直接本体に取り付けることでハンディークリーナーとして使うことができ、机や棚の上を掃除する時に便利です。

ゴムがついているので家具に傷がつくのを防ぎます。

スグトルブラシ

シャープ EC-AR3SX スグトルブラシ

スグトルブラシは吸込口周囲にブラシがついており、部屋の隅や壁際などの掃除に便利です。

こちらも本体に直接取り付けることも可能で、これでキーボードの掃除をしたら隙間に詰まったゴミが全部取れてむちゃくちゃキレイになった。こいつはキーボードクリーナー確定。

コンパクトふとん掃除ヘッド

シャープ EC-AR3SX コンパクトふとん掃除ヘッド

外観は通常のヘッドに似ていますが、こちらは布団やカーテン、車のシート、ソファーなどの掃除に適したヘッドです。

付属のパイプに取り付けて通常の掃除機として使う他に、本体に直接取り付けてハンディークリーナーとしても使えます。

シャープ EC-AR3SX コンパクトふとん掃除ヘッド2

ヘッドの左側にはセレクターがついていて、ヘッドを左側に引っ張りながら切り替えることが出来ます。

シャープ EC-AR3SX コンパクトふとん掃除ヘッド4

「ふとん・カーテン」に合わせた時の吸込口はこんな感じ。

シャープ EC-AR3SX コンパクトふとん掃除ヘッド3

こちらは「ペットの抜け毛(ソファーカバー)」に合わせた状態。

吸込口の上にはゴムブレードがついており、細かいペットの毛もキャッチできる形状になっています。

すき間ノズル

シャープ EC-AR3SX すき間ノズル

先端が細いナイフのような形状のノズルで「すき間」とあるように家具のすき間や窓のサッシなどを掃除するときに使います。

はたきノズル

シャープ EC-AR3SX はたきノズル

「く」の字に折れ曲がったパイプの先に細長いブラシがついた「はたきノズル」。

主にエアコンの上面や棚の上など手が届かない場所のホコリを掃除するときに使います。

タテヨコ曲がるすき間ノズル

シャープ EC-AR3SX タテヨコ曲がるすき間ノズル

子供が遊ぶおもちゃの剣みたいな細長いパイプですが、パイプの一部がジャバラ状になっていて縦横にクニャッと曲げられるちょっと変わったノズルです。

シャープ EC-AR3SX タテヨコ曲がるすき間ノズル2

写真のようにジャバラ部分は引っ張ると伸び、クニャッと曲げられるので立ったまま家具と壁(床)のすき間を掃除することができます。

従来の掃除機だといちいち伏せないとパイプが入らなかったわけですからね。

シャープ EC-AR3SX タテヨコ曲がるすき間ノズル 先端のブラシ

先端にはブラシがついています。

シャープ EC-AR3SX タテヨコ曲がるすき間ノズル 先端のノズル 

また、「タテヨコ曲がるすき間ノズル」専用のアタッチメント(本体やパイプには取り付け不可)で平ぺったいノズルもついています。

シャープ EC-AR3SX タテヨコ曲がるすき間ノズル 先端のノズル2 

ノズルを取り付けた状態。

この平ぺったいノズルが家具と”床”の隙間の数センチを縫うように潜り込んで、奥の方に溜まったゴミを取ってくれるというまさに”かゆいところに手が届く”アイテム。

バッテリー&充電器

シャープ EC-AR3SX バッテリー&充電器

コードレス掃除機はバッテリー(リチウムイオンバッテリー)で動かします。

先述の通り、EC-AR3SXはこのバッテリーが2つ付属しますが、説明書によると片方を予備とするのではなく、交互に使用することを推奨とのことです。

というのも、リチウムイオンバッテリーは保管(放置)している間にも勝手に放電し、何もしなくてもバッテリー残量が少しずつ減っていきます。

そして長期間放置し、バッテリー残量が0%になった過放電状態になるとバッテリーの劣化につながると言われています。

そのため、バッテリーを長期的に使用するためにも、残量が0%にならない=交互に使う=交互に充電するという使い方をするというわけです。

…とはいえ、「満充電」が良いかと言うとそうでもなく、満充電だと今度はバッテリー内の電圧が高い状態で維持されるため、負担がかかり、結局劣化が起きやすくなります。

このように書くと厄介そうに聞こえますが、

  1. 定期的に充電する
  2. 充電が終わったら速やかに充電器から外す
  3. 本体にバッテリーを装着したままにしない
  4. 寒いところ・暑いところに放置しない

…を守っておけば大丈夫。

シャープ EC-AR3SX バッテリー充電中

充電器の上からバッテリーをスライドさせるだけで充電が開始されます。簡単。

充電中は右上の赤いランプが点灯し、充電が完了するとランプが消えます。

なお、バッテリー充電中にランプが「点滅」する時は、低温(5℃以下)か高温(35℃以上)となるため充電されません。5℃~35℃の環境下で充電するようにします。

それでも点滅する場合は充電器やバッテリーの劣化や故障の場合があるとのこと。

取扱説明書&保証書

シャープ EC-AR3SX 取扱説明書

どんな製品にもほぼ必ず入っているという伝説の取扱説明書。この取扱説明書を丸暗記すれば困ることはまずないハズ。我が子だと思って大切に取っておきましょう。

また、写真撮るの忘れましたが、「保証書」もついています。保証期間は購入日から1年間となっています。

動作音はどれくらい大きいか

掃除機は使っている時の「音」も気になるところです。

どれくらいの音がするのか測定動画を作って検証してみました。

測定方法

測定結果

ということで実際にアプリと掃除機を起動して動作音を測定してみました。

音量注意

「弱」モードだと65~66dB、「強」モードだと70~73dBとなりました。

アプリによると数値の目安として

  • 60dB:1m前の普通の対話の音
  • 70dB:混雑した車道、真空掃除機

とのこと。良いか悪いかは別として「掃除機」程度の音となりました。

比較対象として、今まで使っていたPanasonicの「MC-K9A」も測定。

「標準」モードだと64~66dB、「強」モードだと68~70dBという結果になりました。

体感的に、EC-AR3SXの方が甲高い音がするので大きく感じましたが、「弱」モードはキャニスター式のMC-K9Aとさほど変わらず、「強」モードにするとEC-AR3SXの方がやや大きいです。

いずれも部屋を締め切った状態で使う分にはうるさく感じませんでした。

連続運転時間について

また、連続運転時間も気になるポイントです。

説明書によるとバッテリー2個使用時の最大連続運転時間は以下の通り。

  • 弱モード:約60分 / 64分(付属の吸込口使用時)
  • 自動モード:約40分
  • 強モード:約16分

コード式の掃除機を使い慣れていると短く感じるかもしれませんし、この連続運転時間の短さがコードレス掃除機の短所とも言えます。

もしも短いと感じるようになったらバッテリーを追加購入するなど検討します。

連続運転時間よりコンパクトさを優先したかった

ただ、私の場合、冒頭に書いたように「掃除機は大きいから動かすのが面倒」を何とかすることが目的でEC-AR3SXを購入し、連続使用時間は二の次でした。

狭いマンションなので、大きい掃除機だと邪魔になるし、動かすのも一苦労。でのフラストレーションから掃除が億劫になります。

  • そのへんに立て掛けられる
  • 使いたくなったらすぐ使える
  • 終わったらまたそのへんに置ける

というように、「コロコロ」を使う感覚で手軽に気軽に掃除ができるようにしたかったのです。

2LDKのマンションに住んでいると、1時間もあれば掃除機をかけることができるので、運転時間については問題なく感じました(個人の感想です)。

もしも短く感じるようなら掃除の仕方を見直すとか、バッテリーを買い足すといった方法で対応しようと思います。

…なんかちょっと言い訳がましいですが、(個人的に)そこまで問題にならなかったので良しとします。

性能面は従来の掃除機と殆ど変わらず、コンパクトなおかげで場所を取らないし、手軽に掃除機をかけるという目的が達成できたので満足しております。

スポンサーリンク

まとめ

新しく買ったコードレススティック掃除機「EC-AR3SX」について書いてみました。

一軒家では運転時間の短さがネックかもしれませんが、私のようなマンション住まいにとってはバッテリー残量を気にするほど家が広くないので気になりませんでした。

それよりも狭いマンションでは大きい掃除機は収納や移動面でストレスなので、稼働時間よりコンパクトな掃除機の方が快適に扱えます。

それでいてこのEC-AR3SXは今まで使っていたキャニスタータイプの掃除機に負けず劣らずのパワーでゴミの取りこぼしも少なく、手軽にスイスイ扱えるので掃除のストレスが大幅に減りました。

ちょっと値段は高いですが、値段に見合った仕事をしてくれていると実感しています。

タイトルとURLをコピーしました