2018年4月6日 WordPressテーマをSimplicity2からCocoonに変更しました!!

【口臭・歯周病予防】歯間ブラシ用のジェルがあったので試しに使ってみた

薬用歯間用ジェルと歯間ブラシ 日用雑貨

どうもこんにちは。ましゅーです。

ここ最近歯間ブラシだのデンタルフロスだのばかり紹介して「お前一体何があったの?」と思われるかもしれませんが、別に何も起きてません。大丈夫です。

今回は歯間ブラシ用の「薬用ジェル」という、簡単に言うと歯磨き粉の歯間ブラシ版みたいなものを薬局で見つけたので、先日買った歯間ブラシをと合わせて使ってみることにしました。

関連 口臭予防で「歯間ブラシ」を試したら歯医者帰りのような爽快感を得られた

[スポンサードリンク]
[ad#entry1]

スポンサーリンク

システマ 薬用歯間用ジェルを試してます

システマ 薬用歯間用ジェル

というわけで買ったのがシステマの薬用歯間用ジェル。

普段我々が歯磨きするときに歯ブラシにニュルッとだす歯磨き粉みたいなものの歯間ブラシバージョンといったモノです。

もちろん歯間ブラシ単体だけでも歯と歯(歯茎)の間に詰まった汚れを十分落とせます。それはもう使ってる本人がドン引きするほどに。

その歯間ブラシにこのジェルを使うことで、殺菌成分や抗炎症成分により、歯周病の予防効果を発揮したり、口臭予防になったりと、ただでさえ効果のある歯間ブラシによるブラッシングを更にランクアップさせてくれます。

システマ 薬用歯間用ジェル 裏面

裏面には効用や使用方法について記載されています。

この歯間ブラシ用ジェルを使う最大の目的は歯周病の予防であり、IPMP(イソプロピルアルコール)やCPC(塩化セチルピリジニウム)といった殺菌成分や、グリチルレチン酸という抗炎症成分が配合されており、これらが歯周病を防いでくれるとのこと。

ちなみに従来の歯ブラシに入っているような研磨剤は無配合。

なおパッケージ記載によると、「歯周病」は歯肉炎と歯周炎の総称とのことです。今まで歯周病と歯肉炎は別物だと思っていました。勉強になります。

また、従来の歯磨き粉のようにクールミントタイプの香料が入っているので、ジェルによって歯間まで爽やかな香りを届けてくれます。

特にデンタルフロスを使って奥歯を掃除したあとにフロスの臭いを嗅いだら死にたくなるほど臭かったので、洗浄に加えて清涼感を付与する効果には期待。

関連 全人類に強制したい!デンタルフロスで歯間の汚れを落としてみた。

システマ 薬用歯間用ジェル 裏面2

こちらは成分表。

  • 湿潤剤:ソルビット液、グリセリン、PG
  • 溶液:エタノール
  • 可溶化剤:
  • POE硬化ヒマシ油
  • 粘度調整剤:アルギン酸Na、キサンタンガム
  • 着香剤:香料(クールミントタイプ)
  • ph調整剤:リン酸1水素Na、リン酸2水素Na
  • 薬用成分:塩化セチルピリジニウム、グリチルレチン酸、イソプロピルメチルフェノール
  • 着色剤:カラメル、青1、黄4

なおアルコール配合製品です。使うだけで酔っ払うなんてことはないですが、口内が荒れやすい人や口の中が乾燥しやすい人は注意。

薬用ジェルを使って歯間を掃除してみた

システマ 薬用歯間用ジェル ノズル部分

ということで、歯間ブラシ用の薬用ジェルを使って歯間の掃除をしてみます。

まずキャップを開けると上の写真のようなノズルがついています。「ジェル」ということで、歯磨き粉みたいなクリーム状のものではなく、もっと水分の多いドロッとしているものです。

しかも歯間ブラシという細いブラシにつけるわけなのでこういった1滴単位で使えるノズルになっているわけですね。

また、使い方は歯ブラシに歯磨き粉をつけるように、歯間ブラシにジェルを直接付けるか、歯間ブラシに付属するキャップにジェルを溜めて、チョンチョンとつけて使うかの2パターン。

最初はブラシに直接ジェルをつけましたが、1つの歯間を磨くたびにブラシを洗う、ジェルを付ける、磨く、また洗うの繰り返しでした。

ノズルに歯間ブラシが付着すると不衛生なので、後者のキャップにジェルを溜めて使うほうが衛生的かもしれません。

システマ 薬用歯間用ジェル 歯間ブラシに塗る

ということで歯間ブラシにジェルをつけてみます。いかにも口の中を爽やかにしてくれそうなクリアブルーな色をしています。

上の写真ではブラシの根本までジェルをつけましたが、実際は先端に少しつけるだけでOK。というのも通す歯によっては隙間が狭くブラシの先端しか入らないこともあり、また歯の間に通すことでジェルが伸びて歯間ブラシ全体に行き渡るようになるため。

使い方に関しては今までと同じように、歯間ブラシをゆっくり優しく無理せず歯と歯の根本に通してゆっくり前後にスライドさせてブラッシングをします。

で、実際に使ってみると、普段の歯ブラシと比べるとそこまで清涼感はありません(清涼感は舌が感じるものなので)。ただ、何も付けていない時と比べると若干ブラシがスムーズに通りやすくなった気がします(気のせいかもしれません)。

このあたりの効果は私があれこれ言うよりも、実際に使ってみたほうが手っ取り早いです。値段も高いものではないので、歯間ブラシを使っている方はよりハイレベルなデンタルケアとして使ってみてはいかがでしょう。

薬用歯間用ジェルと歯間ブラシ

ちなみにキャップの横についている取っ手は同社の歯間ブラシを保持するためのスタンドとして使えます。私の歯間ブラシはシステマではなくGUMですが、立てる分には使えました。

その他、上の写真に写っているデンタルフロスにもジェルが使えないか試してみましたが、デンタルフロスだと細すぎるためジェルが下にポトポトと落下してしまいました。ちと残念。

まとめ 薬用ジェルで歯間をより清潔に!

ここ最近妙にデンタルケアに凝ってるような気がするのは、単に私が歯間ブラシやデンタルフロスを使ってみたかったという好奇心と、デンタルフロスを奥歯に使ったあとのニオイが壊滅的にヤバかったという危機感から来るものでした。

特にデンタルフロスの件については毎日ちゃんと歯磨きしているにもかかわらずあのザマだったのでショックとしか言いようがありませんでした。

なので、歯間をよりキレイにするために歯間ブラシを買ったときに気になってた歯間ブラシ用ジェルにも手を出してみた次第です。

何度も書きましたが、歯間ブラシ単体でも歯と歯茎の間の汚れを除去出来るので十分効果があります。そこにジェルを追加することで汚れの除去にプラスαで清涼感+歯肉炎予防効果を追加し、よりハイレベルなデンタルケアが実現できるのです。

↑今回使った歯間ブラシ用ジェルはこれ

↑私が使ってる歯間ブラシはこれ

↑私を絶望のどん底に叩きつけたデンタルフロスはこれ。本当に奥歯はフロスなり歯間ブラシなりでキレイにすることを強くおすすめします。

日用雑貨
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ましゅーをフォローする
Turbulence

コメント