【ティーガーI】戦車にバトルダメージを与えてみた

【ティーガーI】戦車にバトルダメージを与えてみた

ティガーI後期型 装甲板のバトルダメージ2

SNSで共有する

どうもこんにちは。ましゅーです。

3~4日開いてしまうと「久々ですね」って気分になる私ですが、今日もまたティーガーI(後期型)の制作日記を書き綴ります。

早くしないと連合軍と言う名の納期がやってくるので、それまでに完成させて彼らを追っ払ってしまいましょう。

ちなみに過去のティーガーI制作日記については、下記のリンクを参照してください。

関連記事

[スポンサードリンク]
[ad#entry1]

スポンサーリンク

サイドフェンダーの取り付け・ダメージ加工

さて、今回はティーガーの両側面に取り付けられる「フェンダー」を取り付けます。

…が、ただ単に取り付けるのではなく、リアリティを出すためにちょっとしたダメージ加工をしてみます。

今まではウェザリングなどで汚し・風化を再現したことはありますが、障害物への衝突や戦闘によって負ったダメージの再現は初なので、果たしてどうなるのか楽しみです。

ティーガーI サイドフェンダー 仮組み

まずこちらは説明書通りにフェンダーを仮組みした状態。

これでも悪くはないのですが、実際のティーガーの写真を見てみると、フェンダーは一体型ではなく4枚に分かれています。

なので、このワンピースなフェンダーをカットして4つに分けます。

フェンダーの分割

ティーガーI サイドフェンダー 分割

家にあった刃が薄いノコギリを使って4枚にカット。当然断面は紙やすりでキレイに整えておきます。

ティーガーI サイドフェンダー 断面

こちらはカットしたフェンダーの断面図。

フェンダーは先端部分は薄くなっていますが、根本に向かうほど厚くなっています。

なので、ここもヤスリで削ってなるべく均一に薄くしていきます。

ティーガーI サイドフェンダー 断面2

薄く削ってみました。

実際のフェンダーは装甲に使われるような防弾処理がされたものではなく、薄い鉄板とのことです。

ティーガーI サイドフェンダー 仮組み2

もう一度仮組みしてみます。

分割することで個々のフェンダーの向きが不揃いになり動的なフォルムとなりました。

ただ、ノコギリでカットするとフェンダー間の隙間が大きくなってしまうので、もう片方のフェンダーは普段使ってるニッパーでカットしました。

フェンダーのダメージ加工

ティーガーI サイドフェンダー 歪曲

このまま取り付けるのもアリですが、今回はもう少しだけこだわってみて、フェンダーの端をラジオペンチで挟んでゆっくりグニグニと曲げてみました。

先述の通り、フェンダーは薄い鉄板でできているので、外部からの衝撃によって凹んだり曲がったり歪んでしまいます。それを再現してみようと思ったのです。

ティーガーI サイドフェンダー 取り付け

ただ、あんまり曲げすぎると不自然になるし、なによりパキッといってしまうのでやり過ぎに注意。

ティーガーI サイドフェンダー 取り付け2

で、取り付けるとこんな感じに。

フェンダーは走行時の振動や爆発の衝撃、障害物、隣合わせのフェンダーがぶつかるなどして外れたり歪んだりしたそうです。

モデラーさんの作品によってはフェンダーを1、2枚外しているものもありますが、その場合、フェンダーが取り付けられる部分に”基部”を追加しないと不自然になるので今回は全部付いた状態にしました。

前面装甲板のツィンメリットコーティング

さて、次は車体の前面装甲板および前部上面装甲板にツィンメリットコーティングを施します。

コーティングの手法は他の場所と同じなのですが、前面装甲板も凹凸があるので丁寧にモールドを刻んでいきます。

ティーガーI後期型 前面装甲板のツィンメリットコーティング

まずはツィメリットコーティングをしない場所にマスキングテープを貼って保護します。

フェンダーの根本やボッシュライトが取り付けられる場所に貼りました。

なお、コーティングの邪魔になると思ったので車載機銃とボッシュライトはこの時点では取り付けず、コーティング後に取り付けます。

ティーガーI後期型 前面装甲板のツィンメリットコーティング2

まずは前面装甲板からコーティング。

タミヤのポリエステルパテを装甲板にまんべんなく塗っていきます。

[スポンサードリンク]
[ad#entry2]

ティーガーI後期型 前面装甲板のツィンメリットコーティング3

そしてタミヤのコーティングブレード(0.5の方)を使ってコーティングのピッチを刻んでいきます。

コーティングブレードは3~4回ピッチを刻むとパテがべっとり付着するので、そうなったらラッカー溶剤を染み込ませたティッシュやボロ布などで拭き取ります。

ティーガーI後期型 前面装甲板のツィンメリットコーティング4

なお、コーティングブレードは反対側にもギザギザがついており、機銃の防盾にはこの小さい方を使います。

ティーガーI後期型 前面装甲板のツィンメリットコーティング5

機銃の防盾付近は放射状にコーティングがなされてたとのことなので、コーティングブレードの細い方を使い、中心に吸い込まれるように刻んでいきます。

…ただ、防盾にはコーティングがされていないティーガーの写真をよく見かけるのでちとやり過ぎたかなと思います。でもまぁいいや。

ティーガーI後期型 前面装甲板のツィンメリットコーティング6

マスキングテープを剥がしてボッシュライトを取り付けました。ボッシュライトは真鍮線などでコードを作ってみたいですね。

ティーガーI後期型 前面装甲板のツィンメリットコーティング7

同じように前部上面装甲板にもツィンメリットコーティングをします。

ただ、この前部上面装甲板ですが、プロモデラーの越智信義さんによると、(前部上面装甲板は)コーティング剤は塗るけれど、塗るだけでピッチは刻まれていないとのこと。

ツィンメリットコーティングの目的である「吸着地雷」は、歩兵が接近して戦車にくっつけるものなので、わざわざ機銃のある正面からは狙わないとのこと。

なので、実際ティーガーIの写真を見ると前部上面装甲板にコーティングが施されていない車体を散見します。

…が、一方でキングタイガーこと「ティーガーII」や「パンター」は、実物写真を見ると正面の装甲板にもコーティングが施されていました。

この手の「どっちが正しいんや?!」というのは考察・検証がが困難なミリタリー模型には良くあることですので、私は気にせず塗ることにしました。

極東の島国に詳しいエンジニアが「ここも塗ったろ」とサービス精神でやってくれたに違いありません。きっと今頃DOGEZAしているでしょう。

車体のバトルダメージの再現

戦車は読んで字のごとく戦う車両なので、敵からの攻撃によって生じた破損や弾痕などが車体に刻み込まれます。

なので銃弾や砲弾の被弾を再現するいわゆる「バトルダメージ」を再現してみようと思います。

フェンダーのバトルダメージ

tiger1-battle-damage

まずは車体の左斜め後方より歩兵が対戦車ライフルを使って攻撃したというのを再現してみます。

リアフェンダーに0.4ミリくらいのピンバイスでフェンダーに穴を開けます。

ちなみに、1/35スケール模型における0.4ミリはリアルサイズだと14mmになるので、ソ連のデグチャレフPTRD1941シモノフPTRS1941といった14.5mm弾を使用した対戦車ライフルの被弾を再現出来ます。

ティガーI後期型 フェンダーのバトルダメージ2

その後、先端が丸くなっている丸ビットを貫通した穴の周辺に歪んだ円を描くようにゴリゴリ当てて、被弾による歪みを作ります。

ティガーI後期型 フェンダーのバトルダメージ3

そのあと流し込み接着剤を周辺に塗ってパーツを溶かして穴の周りを整えました。

同じようにマフラーのカバーにも2つ対戦車ライフルによる被弾痕をつけてやりました。

対戦車ライフルで狙撃した連合軍兵士は、エンジンを破壊することでティーガーの走行不能を目論みましたが、残念ながら装甲板を貫くことは出来ず、車載機銃の餌食となりました。

側面装甲板のバトルダメージ

続いては敵戦車の砲弾を受けて出来たダメージを再現します。

ティーガーは車体の前面装甲板が100ミリ、砲塔の前面装甲板は120ミリというなので、一部の戦車を除いてほとんどの戦車が側面や後方に回り込んで攻撃していたそうです。

なのでティーガーの側面に回り込んでドカーンとやった結果できた砲弾痕を作ります。

ティガーI後期型 装甲板のバトルダメージ

丸ビットを使って直径2ミリくらいのヘコみをつけます。

いくら前面よりかは薄いとは言え、ティーガーIの側面装甲は80mmです。

なので穴を貫通させてしまったらティーガー最強説に疑惑の声が上がってしまうので、ヘコませても穴は開けないように注意しながらダメージをつけます。

なお、砲弾が命中した部分だけでなく、その周辺のツィンメリットコーティングも丸ビットで削ったほうがソレっぽくなります。

ティガーI後期型 装甲板のバトルダメージ2

で、同じように流し込み接着剤を塗って表面を整えます。

ティガーI後期型 装甲板のバトルダメージ3

オマケでもう1つダメージを与えてやりました。こちらは横に広くして穴を少し浅めにします。

敵の砲弾の入射角が大きかったため、弾かれてしまったというのをイメージしてみました。

敵の砲弾を受けるとき、戦車の車体(=装甲)を傾けて角度をつけることで、砲弾の運動エネルギーを分散させて弾く事ができます。

これは「避弾経始」という概念ですが、米国やソ連の戦車は装甲が斜めになっており、装甲の厚み以上の防弾効果を発揮しています。

ドイツも後にティーガーIIやパンターなど装甲が斜めになった戦車が開発されますが、ティーガーIは垂直な装甲なので、車体をうまく傾けることで同様の防弾効果を発揮します。いわゆる食事の角度です。

[スポンサードリンク]
[ad#entry3]

まとめ

今回はフェンダーの加工、前面装甲板のツィンメリットコーティング、車体のバトルダメージ加工と盛り沢山な内容になりました。

冒頭に書いたように、車体にバトルダメージを施すのは今回が初めてなので調べながら試してみましたが、わりかしいい感じになってくれたので一安心。

ただ、車体にバトルダメージがあるなら砲塔にもバトルダメージがあった方が自然に見えるので、砲塔を組み立てたらそちらにもダメージを与えます。

汚しやダメージは一カ所だけせは不自然なので、やろうと決めたらあらゆる場所に(やりすぎない程度に)やっていきましょう。

↑ 現在製作中のティーガーI(後期型)。ティーガーIはアフリカからフランス、ソ連と幅広い国や地域で戦っているのでバリエーションも非常に豊富。

↑戦車模型を作りたくなった人はまず「戦車模型の教科書」を読んで予習するのをおすすめします。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら いいね!いいね!しよう

SNSで共有する

このブログを購読する

スポンサードリンク
スポンサーリンク