M4A1製作日記その2 メカボックスの配線延長

M4A1製作日記その2 メカボックスの配線延長

メカBOX 配線延長

SNSで共有する

どうもこんにちは。まっしゅです。

パーツを買い揃えてM4A1を作る「M4A1製作日記」という企画をやっております。

今回はその2回目で、前回加工したメタルフレームに電動ガンの心臓部でもある「メカボックス」を組み込んでいきます。

[スポンサードリンク]

前回のあらすじ

前回の記事:M4A1製作日記その1 メタルフレームの加工

記事のタイトルにもあるように、ストックチューブにリポバッテリーを搭載するために、メタルフレームの加工を行いました。

メタルフレーム ストック基部カット3

具体的にはストックチューブを固定するパイプを18mmの長さにカットして、

メタルフレーム 配線にがし加工2

フレームの基部に配線を通すための「逃がし」を作りました。

メカボックスをフレームに組み込みます

用意するもの

M4A1 メカBOX

メタルフレームの下準備が整ったので、次は車で言うエンジン部分みたいな役割を果たす「メカボックス」周辺を構築していきます。

ここで使用するアイテムは下記の通り。

  • 東京マルイ製品 Ver.2 メカボックス(配線後ろ出し)
  • シリコンコード(18ゲージ)
  • 熱収縮チューブ
  • ピンコネクター(ミニバッテリー用)
  • ハンダ

各種アイテムの解説や使い方は順を追って説明していきます。

使用するメカボックスはマルイ製Ver2(旧)

M4A1 Ver.2 メカBOX

こちらがそのメカボックス。この中に歯車だのバネだの色んなパーツ詰まっていて、電気の力でBB弾を自動で発射します。かがくのちからってすげー!

冗談はさておき、寄せ集めのパーツでライフル1つ作ろうとすると、大体このメカボックスの入手でつまづくんじゃないかと思います。

このパーツの為だけに3万ほどする完成品を買うのも馬鹿げてるし、かといってメカボックス単体で販売してるなんて有り得ない。

……と思っていたのですが、奇跡的に旧式のマルイ純正メカボックス(後部配線)を楽天で入手することができました。

探してみると東京マルイのハイサイクル電動ガンシリーズのメカボックスも楽天やヤフオクで出回っている時があります。

また、「精度低くてもいいから安いのがほしい!」とか自分でメカボックス組める人はマルイ以外のメーカーのメカボックスもあります。

私は過去にメカボックス開いて酷い目にあったので、今回は完成品を買うという卑怯な手段を取りましたが、いつかメカボックスの中もイジれるようになりたいなぁ~とは思っています。……本当ですよ?

M4A1 Ver.2 メカBOX 2

今回組むM4A1やM16シリーズのメカボックス(=Ver.2)ですが、現行のVer.2と違い、スプリングが見える「窓」がありません(赤枠部分)。

なので恐らくM16A1とかM16A1(ベトナムバージョン)に使われていた初期のメカボックスな気がします。

まぁ細かいことはとりあえず後回しにします。動けばいい動けば(……動いてくれるかな)。

M4A1 Ver.2 メカBOX グリップ

一緒についてきたグリップもやはり旧型。

M4A1 Ver.2 メカBOX グリップ比較

比較用に現行のM4とかM16のグリップ(左)をおいてみる。

特徴としては旧型グリップにはフィンガーレスト(人差し指を置く出っ張り)が付いてないという点。その他細かいところも若干異なってます。

M4A1 Ver.2 メカBOX 動作チェック

なんかちょっと心配になってきたのでバッテリー繋いで作動するかチェックしてみたところ、一応セミオートもフルオートも問題なく稼働してくれたので一安心。

メカボックスについていたグリップを取り外します

Ver.2 メカBOX グリップ外し

というわけで、このメカボックスをフレームに移植・固定するわけですが、その前にグリップを外さないといけないので、まずはグリップ底板のプラスネジ2本をドライバー使って外します。

東京マルイ EG700モーター

グリップの中から取り出したモーターは旧型のEG700モーター。

やはりM16A1あるいはM16ベトナムバージョンのメカボックスみたいです。モーターも気が向いたらマルイのEG1000に変えよう。

メカBOX グリップ外し

モーターを取り出したら奥の方にあるプラスネジ2つを外します。ネジを外したあとは配線を傷つけないよう注意しながらグリップを引っこ抜きます。

旧式グリップ

グリップ一式はいつか使うかもしれないので取っておきます。

メカボックスからグリップを外したらメタルフレーム(ロア)にスポッと差さしこんでやれば仮の移植が完了。

[スポンサードリンク]

メカボックスの配線を延長します

配線はイーグル模型のシリコン銀コード(18ゲージ)を使用

イーグル模型 シリコン銀コードセット(18ゲージ)

次はメカボックスとバッテリーを結ぶ配線を作ります。今回選んだのはイーグル模型のシリコン銀コードセット(18ゲージ)。

本当は電動ガン用配線コードの定番であるライラクスのEGエレメントコードNEOが欲しかったのですが、どこのショップも在庫切れとなってたのでこちらを選択。

ラジコンとかにも使えるコードなので色々種類があるみたいですが、とりあえず18ゲージ選んでおけば大丈夫なんじゃないかなと思います。多分。いやおそらく。

で、今更になって「在庫あり」ってアマゾンさんは仰りますが、欲しい時に売り切れで、不要になってから「在庫あり」ってなるのはフクザツな気分でござる……。

まずはメカボックス側へコードを取り付けます

配線の長さを決める

メカBOX 配線延長

そんなコードを2本取り出して、ストックパイプの長さプラスαに合わせてカットします。最初は無難に長めに切っておきます。

コードは赤・黒・青とありますが、今回はメカボックスの配線と同じ赤と黒を使います。青はお留守番。

なお、この時点でフレームにメカボックスがセットされてますが、まだ仮組み段階です。

メカボックスのコネクターを外す

メカBOX 配線延長2

配線を延長するためにはまずメカボックス側のコネクター(赤丸部分)をどうにかする必要があります。

最初コネクタの根本をニッパーでバツンと切断しようとも考えてましたが、そうなると配線が短くなりすぎて作業がしんどいかなぁと思い、コネクタそのものを配線から外すことにしました。

メカBOX 配線延長3

コネクタを外して、コネクタに隠れてたピンを取っ払うとだいたいこんな感じになります。

配線同士を固定する

メカBOX 配線延長4

そしたら配線同士を固定するために「ハンダ」を流し込みます。

フレームやストックの配線の「逃がし」部分に面する箇所なのでハンダは厚くならないようにします。

メカBOX 配線延長5

そのあと連結部分に熱収縮チューブをかぶせてドライヤーでゴォォォォっとやって収縮させます。

熱収縮チューブ

ちなみに今回使った熱収縮チューブは近所のホームセンターで買ったを使用。ネットで買うよりもずっと安い。

配線の先端にコネクタを取り付けます

PROMETHEUS ゴールドピンコネクターセット

メカボックス側の配線の次はバッテリー側も手がけていきます。

使うのはLayLax(PROMETHEUS)のゴールドピンコネクターセット(ミニコネクター)

配線にメス端子を取り付ける

メカBOX 配線延長6

配線の皮膜をひっぺがしてコードを露出させたら、その上にメス端子(ピン)を取り付けます。

メカBOX 配線延長7

バッテリーを繋けたり外したりする関係で、このメス端子も引っ張ったりするので外れないようにハンダ付けします。

メカBOX 配線延長8

ある程度配線取り付け作業が進みましたが、一旦ここで全体像を見てみましょう。このようになりました。

コネクタの向きに注意!

メス端子を取り付けたらそこにコネクターを取り付けます。

奥まで差し込めば「カチッ」と音がして固定されるはずですが、どういうわけか私が使ったこのコネクタだとスカスカで簡単に抜けてしまいます。仕方ないのでビニルテープを根元に巻いて動かないようにします。

配線に関して注意したいのは、+と-を間違えないように接続すること。ここを誤ると回路が破損するおそれがあるので十分注意。

ミニとラージでは向きが違うのでコネクタをラージ→ミニまたはミニ→ラージへ換装する人は特に注意。

m4a1-mecha-box23

ミニコネクタの場合は、○が+、□が-で、ラージコネクタの場合は○が-、□が+。

写真はおもいっきり間違って付けているので、写真見て参考にしようとは思わず確認すること。「写真の通りやったら壊れた!訴えてやる!!」とか言われてもワシゃ知らん。

※先述の通り、コネクタがスカッと外れるおかげで簡単に修正出来ましたが、コネクタの不具合によって自分の不始末を救われるとはなんとも情けない話である。

[スポンサードリンク]

まとめ

ということで、今回はメカボックスの配線を延長を行いました。

最後の最後でポカをやらかしましたが、辛うじてなんとかリカバリーできる程度のミスだったので問題なし!……と、思いたいです(※本来ならこんな都合よくリカバリー出来ません)。

配線のミスでこの企画が敗戦に終わるなんてなったら笑うに笑えませんからね。

次は前回加工したメタルフレームにセレクタやトリガーガードといったアクセサリーパーツを取り付けていきます。

↑マルイ純正 SR-16 M4のメカボックス。M4を手っ取り早くストックチューブバッテリー仕様にしたいならコレが一番

↑D-boys製のVer2メカボックス。マルイ製ではないのと、配線が前についているのでストックチューブにバッテリー搭載をしたい人は配線加工が必要。上級者向け

↑エアガンをカスタムすることは「解体する」こと。解体と組み立てについては最低限把握しておきたい。Amazonの説明を確認してカスタムしたい銃の分解方法が記載された本を選ぼう。

スポンサーリンク

SNSで共有する

このブログを購読する

この記事をお届けした
Turbulenceの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク