【M4A1製作日記】メカボックスの配線を延長するから手順をまとめてみた

【M4A1製作日記】メカボックスの配線を延長するから手順をまとめてみた

メカBOX 配線延長

気に入ったらシェアしてやって下さい

どうもこんにちは。ましゅーです。

パーツを買い揃えてM4A1を作る「M4A1製作日記」という企画をやっております。

今回作るM4A1はストックチューブにリポバッテリーを搭載するので、メタルフレームにパイプの短縮や配線の「逃がし」の追加といった加工を行いました。今回使用したメタルフレームもあわせてご紹介します。

前回はストックチューブバッテリー仕様にするためにメタルフレームの加工を行いました。

今回は前回加工したメタルフレームに電動ガンの心臓部でもある「メカボックス」を組み込んでいきます。

しかし、ただ単に組み込むのではなく、ストックチューブ内部にバッテリーを搭載する関係で、メカボックスの配線を延長する必要があるので、今回はその作業について行ったことをまとめました。

スポンサーリンク

使用するメカボックスについて

M4A1に組み込むメカボックスなので、当然ながらM4系に対応したものが必要です。M4系の場合、Ver.2メカボックスが対応しています。

また、単にVer.2メカボックスといえど、M16系(M16A1、M16ベトナムVer、M16A2)のものとM4系(M4A1カービン、M733、SR-16など)のものとではシリンダー容量や配線の向きが異なります。

今回はメカボックスまでは開けたくなかったので、

  • M4系
  • 配線が後ろにあるもの

…という条件のメカボックスをさがしており、そうなるとSR-16用のメカボックスがベストということになります。

しかし、そんな都合の良いものが市場に頻繁に出回っているわけではないので、最低限「メカボックス開けなくても組み立てはできる」後ろ出し配線のメカボックスを探しました。

M4A1 Ver.2 メカBOX

そして見つけたのが上の写真のメカボックス。

寄せ集めのパーツでライフル1つ作ろうとすると、大体このメカボックスの入手でつまづくかと思います。メカボックス1つの為に3万ほどする完成品を買うのも馬鹿げてるし、かといってメカボックス単体の販売なんて有り得ない。

…と思っていたのですが、奇跡的に旧式のマルイ純正メカボックス(後部配線)を楽天で入手することができ、探してみると東京マルイのハイサイクル電動ガンシリーズのメカボックスも楽天やヤフオクで出回っている時があります。

また、「精度低くてもいいから安いのがほしい!」とか、自分でメカボックス組める人はマルイ以外のメーカーのメカボックスもあります。

私は過去にメカボックス開いて酷い目にあったので、今回は完成品を買うという卑怯な手段を取りましたが、いつかメカボックスの中もイジれるようになりたいなぁ~とは思っています。…本当ですよ?

おそらくM16A1かM16ベトナムバージョンのもの

M4A1 Ver.2 メカBOX 2

今回組むM4A1やM16シリーズのメカボックス(=Ver.2)ですが、現行のVer.2と違い、スプリングが見える「窓」がありません(赤枠部分)。

なので恐らくM16A1とかM16A1(ベトナムバージョン)に使われていた初期のメカボックスな気がします。

まぁ細かいことはとりあえず後回しにします。動けばいい動けば(動いてくれるかな…)。

M4A1 Ver.2 メカBOX グリップ

なお、メカボックスだけでなくグリップやモーターも一緒についてきましたが、グリップもM16A2のグリップようなフィンガーレスト(人差し指を置く出っ張り)の無い旧型のようです。

M4のグリップにはフィンガーレストはついているので、もったいないですが今回はこのグリップは使いません。

M4A1 Ver.2 メカBOX グリップ比較

比較用に現行のM4・M16用のグリップ(左)を置いてみると違いがよくわかります。

先述のフィンガーレストだけでなく、グリップの背面の滑り止めのスリットが無かったり、グリップ底部の形状が異なっているといった違いがあります。

グリップ1つとってもユーザーニーズに応じた改良が加えられているのがよくわかりますね。

バッテリーを繋いで動作チェック

M4A1 Ver.2 メカBOX 動作チェック

古いメカボックスなのでちゃんと動いてくれるか心配になってきたので、バッテリー繋いで作動するかチェックしてみることに。

するとセミオートもフルオートも問題なく稼働してくれたので一安心。連射速度の方はどうなるかな…。

付属のグリップを取り外します

Ver.2 メカBOX グリップ外し

このメカボックスをフレームに移植・固定するわけですが、その前に付属していたグリップを外さないといけません。

まずはグリップ底板のプラスネジ2本をドライバー使って外します。

東京マルイ EG700モーター

グリップの中から取り出したモーターは旧型のEG700モーター。

やはりM16A1あるいはM16ベトナムバージョンのメカボックスみたいです。モーターも気が向いたらマルイのEG1000に変えよう。

メカBOX グリップ外し

モーターを取り出したら奥の方にあるプラスネジ2つを外します。ネジを外したあとは配線を傷つけないよう注意しながらグリップを引っこ抜きます。

旧式グリップ

グリップ一式はいつか使うかもしれないので取っておきます。

これでメカボックスの配線延長加工のための準備が整いました。

スポンサーリンク

メカボックスの配線を延長します

さて、ここからが本題です。

今回のM4A1はストックチューブ内部にバッテリーを収納するため、メカボックスのバッテリー側の配線を延長する必要があります。

この作業も前回のメタルフレームの加工と同様に初めて行うものなので、事前にネットでやり方をググり予習しておきました。果たして上手くいくでしょうか。

用意するもの

M4A1 メカBOX

今回のメカボックスの配線延長加工において以下のアイテムを使用しました。

  • 東京マルイ製品 Ver.2 メカボックス(配線後ろ出し)
  • シリコンコード(18ゲージ)
  • 熱収縮チューブ
  • ピンコネクター(ミニバッテリー用)
  • ハンダ

各種アイテムの解説や使い方は順を追って説明していきます。

配線はイーグル模型のシリコン銀コード(18ゲージ)を使用

イーグル模型 シリコン銀コードセット(18ゲージ)

まずメカボックスとバッテリーを結ぶ配線を作ります。今回選んだ配線はイーグル模型のシリコン銀コードセット(18ゲージ)。

本当は電動ガン用配線コードの定番であるライラクスのEGエレメントコードNEO  が欲しかったのですが、どこのショップも在庫切れとなっていたのでこちらを選択。

ラジコンとかにも使えるコードなので色々種類があるみたいですが、とりあえず18ゲージを選んでおけば大丈夫なんじゃないかなと思います。多分。いやおそらく。

で、入手してからEGエレメントコードが「在庫あり」ってアマゾンさんは仰りますが、欲しい時に売り切れで、不要になってから「在庫あり」ってなるのはフクザツな気分でござる……

配線の長さを決める

メカBOX 配線延長

そんなコードを2本取り出して、ストックパイプの長さプラスαに合わせてカットします。最初は無難に長めに切っておきます。

コードは赤・黒・青とありますが、今回はメカボックスの配線と同じ赤と黒を使います。青はお留守番。

なお、この時点でフレームにメカボックスがセットされてますが、まだ仮組み段階です。

メカボックスのコネクターを外す

メカBOX 配線延長2

配線を延長するためにはまずメカボックス側のコネクター(赤丸部分)を取り外す必要があります。

最初コネクタの根本をニッパーで切断しようと考えましたが、そうなると配線が短くなりすぎて作業がしんどいかなと思い、コネクタそのものを配線から外すことにしました。

メカBOX 配線延長3

コネクタを外して、コネクタに隠れてたピンを取っ払うとだいたいこんな感じになります。

配線をハンダ付けして接続する

メカBOX 配線延長4

そしたらメカボックス側とバッテリー側の配線を繋ぐために銅線部分に「ハンダ」を流し込みます。

フレームやストックにある配線の「逃がし」部分に当たる箇所なので、ハンダはなるべく厚くならないようにします。

上から収縮チューブを被せる

メカBOX 配線延長5

そのあと結合した部分に収縮チューブをかぶせてドライヤーでゴォォォォっとチューブを熱して収縮させます。

熱収縮チューブ

ちなみに今回使った熱収縮チューブは近所のホームセンターで買ったを使用。ネットで買うよりもずっと安い。

配線の先端にコネクタを取り付けます

PROMETHEUS ゴールドピンコネクターセット

メカボックス側の配線の次はバッテリー側も手がけていきます。

使うのはLayLax(PROMETHEUS)のゴールドピンコネクターセット(ミニコネクター)

配線にメス端子を取り付ける

メカBOX 配線延長6

配線の皮膜をひっぺがしてコードを露出させたら、その上にメス端子(ピン)を取り付けます。

メカBOX 配線延長7

バッテリーを繋けたり外したりする関係で、メス端子には引っ張る力がはたらくので、外れないようにハンダ付けします。

メカBOX 配線延長8

ある程度配線取り付け作業が進みましたが、一旦ここで全体像を見てみましょう。このようになりました。

コネクタの向きに注意!

メス端子を取り付けたらそこにコネクターを取り付けます。

奥まで差し込めば「カチッ」と音がして固定されるはずですが、どういうわけか私が使ったこのコネクタだとスカスカで簡単に抜けてしまいます。仕方ないのでビニルテープを根元に巻いて動かないようにします。

配線に関して注意したいのは、プラスとマイナスの向きを間違えないように接続すること。ここを誤ると回路が破損するおそれがあるので十分注意。

ミニとラージでは向きが違うのでコネクタをラージ→ミニまたはミニ→ラージへ換装する人は特に注意。

m4a1-mecha-box23

ミニコネクタの場合は、○が+、□が-で、ラージコネクタの場合は○が-、□が+。

写真はおもいっきり間違って付けているので、写真見て参考にしようとは思わず確認すること。「写真の通りやったら壊れた!訴えてやる!!」とか言われてもワシゃ知らん。

※先述の通り、コネクタがスカッと外れるおかげで簡単に修正出来ましたが、コネクタの不具合によって自分の不始末を救われるとはなんとも情けない話である。

スポンサーリンク

まとめ

今回はストックチューブバッテリー仕様のためのメカボックスの配線を延長を行いました。

最後の最後でポカをやらかしましたが、辛うじてなんとかリカバリーできる程度のミスだったので問題なし!……と、思いたいです(※本来ならこんな都合よくリカバリー出来ません)。

配線のミスでこの企画が敗戦に終わるなんてなったら笑うに笑えませんからね。

次は前回加工したメタルフレームに、セレクタやトリガーガードといったアクセサリーパーツを取り付けていきます。

M4のメタルフレームにトリガーガードやチャージングハンドルといった小物パーツを取り付けます。パーツ類はG&Pの「メタルフレーム・アッセンブリーパーツ(Cセット)」を使用。パーツの内容や取り付け方法について解説。

↑マルイ純正 SR-16 M4のメカボックス。M4を手っ取り早くストックチューブバッテリー仕様にしたいならコレが一番

↑エアガンをカスタムすることは「解体する」ことなので、解体と組み立てについては最低限把握しておきたい。Amazonの説明を確認してカスタムしたい銃の分解方法が記載された本を選ぼう。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら いいね!いいね!しよう

気に入ったらシェアしてやって下さい

フォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク
スポンサーリンク