「オストヴィント」のフェンダーに工具とかを取り付けてみた

オストヴィント 途中経過 オストヴィント

ドラゴンの「4号対空戦車 オストヴィント」の製作日記の続きをまた書き綴っていきます

今回は車体が完成したオストヴィントのフェンダーにOVM(車載工具)などを乗せていきます。

なお、今までのオストヴィント製作日記は上記リンクにてまとめています。

スポンサーリンク

フェンダーにOVMを取り付ける

オストヴィント 説明書 12番

冒頭に書いた通り、オストヴィントのフェンダーに車載工具(=OVM)を取り付けていきます。説明書は12番目の工程。

工具といえば小さいパーツが多いので、紛失や破損に気をつけながら加工・取り付けを行っていきます。

また、私は工具類は先に取り付けてから塗装していますが、工具の場所によっては塗装した後に取り付けたほうが楽かもしれません。そこは臨機応変にやっていきましょう。

ボッシュライトの組み立て・取り付け

オストヴィント 説明書 ライトの選択

まずは車体に取り付けるライトの組み立てです。

ライトは「ノテックライト」「ボッシュライト」のどちらか1つを選択して取り付けます。取り付けるライトによってフェンダー穴の位置が異なります。

私はボッシュライトを取り付けるのでフェンダーの穴は2つあけておきました。

オストヴィント ボッシュライト組み立て

こちらがボッシュライト。台座、ライト本体、カバーの3つのパーツで構成されています。

オストヴィント ボッシュライト組み立て2

説明書に従って組み立てるとこんな感じになります。

ちなみにボッシュライトですが、作業中によくへし折ってます。なので台座とライト本体にそれぞれ穴を開けて、そこに真鍮線を通して補強すると良いかもしれません。

オストヴィント ボッシュライト組み立て3

そして車体のフェンダーに開けた穴に合わせてボッシュライト底部の突起を挿入して接着。

なお、このキットにはライトのケーブルまでは再現されてないので、こだわりたい人は真ちゅう線や銅線を曲げて作ってみると良いかと思います。

OVM(車載工具)の取り付け

オストヴィント OVM取り付け

そのまま説明書にしたがってOVM(車載工具)を組み立てて車体に取り付けていきます。

写真では消火器とスパナを取り付けた状態。余談ですが、某FPSではスパナ1つで戦車も航空機も戦艦も修理できる万能エンジニアがいるそうです。工兵! 来てくれェ!!

オストヴィント OVM取り付け2

そしてバールのようなもの(おそらくバールです)も取り付けます。

オストヴィント OVM取り付け3

そんでもって牽引時にロープに引っ掛けるS字のシャックルを取り付けます

このシャックルも1個か2個かを選ぶことができますが、1個で引っ張るよりかは2個あった方が良いだろうなぁと思って2個取り付けてやりました。

オストヴィント OVM取り付け4

その次に鉄条網とかをバチンと切断するワイヤーカッターを取り付けます。

フェンダー後方へのパーツ取り付け

オストヴィント フェンダーステー

続いて車体後部、フェンダーを補強するステー(三角形のパーツ)を取り付けます。

このパーツはプラスチックパーツ(写真)か真鍮製のエッチングパーツか選択できますが、私はプラパーツを選択。

反対側も同様に取り付けます。

オストヴィント 吸気口カバー

その後ろに、エンジン吸気口のカバープレートを取り付けます。

冬季にはこのカバーを閉めないとエンジンが結露して故障の原因になるようです。

オストヴィント バール取り付け

カバーの後ろにはもう一個バールを取り付けます。

なんでこんなところにもう一個バールを用意するのかと言うと、ラジエーターハッチや冷却ファン点検ハッチを開ける際、このバールを使って「テコの原理」で開けるわけです。

車間距離表示灯・反射板の取り付け

オストヴィント 車間距離表示灯

フェンダー後端には車間表示灯を取り付けます。

小さいパーツを貼り合わせる上にエッチングパーツもつけるので、なかなか手先の神経を使いましたよ。

オストヴィント 反射板

更にその下には反射板をとりつけます。

このパーツもプラスチックかエッチングパーツを選択しますので、私はエッチングパーツを選びました。

無線アンテナの組み立て・取り付け

オストヴィント 説明書 アンテナ

つぎは車体に無線用のアンテナを取り付けます。

オストヴィント 説明書 アンテナ2

アンテナの基部パーツには車体の窪みに合わせるための突起がついていますが、肝心の車体に窪みが無いみたいなので「カットしろ」との指示があります。

オストヴィント アンテナ取り付け

ツィンメリットコーティングが施された車体の後端に取り付けますが、やはり窪みがありません。

オストヴィント アンテナ取り付け2

ということでカッターナイフで突起部分を削り落とし、ヤスリをかけてフラットにしてやります。

オストヴィント アンテナ取り付け3

そしてアンテナを車体に取り付けます。これで電撃戦が始まっても戦車間で連絡が取り合えるようになります。

クルップ社の新人社員が「アンテナが付いたからWOWOW見れるようになるね!」と言ってましたが…まぁ聞かなかったことにしましょう。

なお、この段階でアンテナまでつけちゃいましたが、こんな細長いプラパーツ、どう考えても作業中に折れます。実際に折ってます(後述)。

なのでアンテナは完成してラストに取り付けることを推奨。

予備転輪ラックの取り付け

オストヴィント 予備転輪ケース

最後に予備のホイールを2つ収納したラックを車体に取り付けます。

今回作るオストヴィントには、車体後方にも2つ予備ホイールを取り付けるラックがあるので、4つ予備のホイールを搭載することになります。

本来は2つだけなのですが、ロードホイールを作る際に2つ多く作ったので「まぁ4つでもいっか」ってことでこの様になりましたが、本来は2つです。

オストヴィント 途中経過

ということで今回は12番目の工程をササッとやっていきました。

主に左側のフェンダーに工具などをチビチビと取り付けていく作業ですので、小さいパーツに神経を使う点以外は特に難しいことはありませんでした。

ただ心配なのは車体後端に取り付けたアンテナ。ひょんな事で折れたりしないかちょっと心配。説明書を無視して一番最後に取り付ければよかったかもしれませんね。

今回は左側面の工具を取り付けたので、次回は右側面の工具を取り付けます。

オストヴィント
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
あなたも戦車プラモ作りませんか?

「戦車プラモ作りたいけど、道具は何そろえれば良いかわからない…」

「道具ってどんな使い方があるの?」

そんなプラモデル初心者のギモンを解決すべく、戦車プラモ製作に必要な「道具」についてまとめてみました。

スポンサーリンク
Turbulence
タイトルとURLをコピーしました