「オストヴィント」のフェンダーに工具とかを取り付けてみた

オストヴィント 途中経過 模型制作日記

どうもこんにちは。まっしゅです。

結局プラモ日記しか書いていないので「もうプラモブログでもいいかな~」……なんて思うようになってきました。末期です。まっしゅじゃなく末期です。

まぁアレですよ。好きなことを書いて好きなことを楽しむのが正義ですよハイ。

ということで今回も「4号対空戦車 オストヴィント」の制作日記を書き綴っていきます。

[スポンサードリンク]
[ad#entry1]

スポンサーリンク

前回やったこのとおさらい

オストヴィント 車体の合体2

前回は主に車体上部の前後左右の装甲板やエンジンデッキパーツを取り付けた後に、上下の車体を合体させました。

オストヴィント 隙間補修

そして合体した際に車体の上下に出来た隙間を「溶きパテ」を使って埋めます。

組み立てるだけでなく、適当なところで一旦作業を止めて、おかしい場所が無いか確認して、そういった所があれば補修していくといった感じでした。

左側のフェンダーにパーツを取り付けます

フェンダー前部へのパーツ取り付け

オストヴィント 説明書 12番

さて今回は12番目の工程をやっていきます。

図を見るとなんだか車体の左側面に工具とかをペタペタと貼り付けていくみたいです。

工具といえば小さいパーツが多いので、紛失や破損に気をつけながら加工・取り付けを行っていきます。

また、私は工具類は先に取り付けてから塗装していますが、塗装した後に取り付けたほうが楽かもしれません。

ボッシュライトの組み立て・取り付け

オストヴィント 説明書 ライトの選択

まずは車体に取り付けるライトの組み立てです。

ライトは「ノテックライト」と「ボッシュライト」のうちどちらか1つを選択して取り付けます。

取り付けるライトによってフェンダーのあける穴の位置が異なるのですが、第4回目の記事にて「ボッシュライト取り付けっぞ」とボッシュライト用の穴を開けたので今回取り付けるのはボッシュライトです。

オストヴィント ボッシュライト組み立て

こちらがボッシュライト。3つのパーツで構成されています。

オストヴィント ボッシュライト組み立て2

説明書に従って組み立てるとこんな感じになります。

ちなみにボッシュライトですが、作業中に工具や手を当ててよくへし折ってます。

なのでよくボッシュライトをへし折る人は、穴を開けて真鍮線を通して補強すると良いかもしれません。

オストヴィント ボッシュライト組み立て3

そして車体のフェンダーに開けた穴に合わせてボッシュライト底部の突起を挿入して接着。

なお、このキットにはライトのケーブルまでは再現されてないので、こだわりたい人は真ちゅう線を曲げて作ってみると良いかと思います。

OVM(車載工具)の取り付け

オストヴィント OVM取り付け

そのまま説明書にしたがってOVM(車載工具)を組み立てて車体に取り付けていきます。

写真では消火器とスパナを取り付けた状態。

余談ですが、某FPSではスパナ1つで戦車も航空機も戦艦も修理できる万能エンジニアがいるそうです。

オストヴィント OVM取り付け2

そしてバールのようなもの(おそらくバールです)も取り付けます。

オストヴィント OVM取り付け3

そんでもって牽引時にロープに引っ掛けるS字のシャックルを取り付けます

このシャックルも1個か2個かを選ぶことができますが、1個で引っ張るよりかは2個あった方が良いだろうなぁと思って2個取り付けてやりました。

オストヴィント OVM取り付け4

その次に鉄条網とかをバチンと切断するワイヤーカッターを取り付けます。

[スポンサードリンク]
[ad#entry2]

フェンダー後方へのパーツ取り付け

フェンダーステー・吸気口カバーの取り付け

オストヴィント フェンダーステー

続いて車体後部、フェンダーを補強するステー(三角形のパーツ)を取り付けます。

このパーツはプラスチックパーツ(写真)か真鍮製のエッチングパーツか選択できますが、ここはプラパーツを選択。

反対側も同様に取り付けます。

オストヴィント 吸気口カバー

その後ろに、エンジン吸気口のカバープレートを取り付けます。

オストヴィント バール取り付け

カバーの後ろにはもう一個バールを取り付けます。

車間距離表示灯・反射板の取り付け

オストヴィント 車間距離表示灯

フェンダー後端には車間表示灯を取り付けます。

小さいパーツを貼り合わせる上にエッチングパーツもつけるので、なかなか手先の神経を使いましたよ。

オストヴィント 反射板

更にその下には反射板をとりつけます。

このパーツもプラスチックかエッチングパーツかを選択しますので、私はエッチングパーツを選びました。

無線アンテナの組み立て・取り付け

オストヴィント 説明書 アンテナ

つぎは車体に無線用のアンテナを取り付けます。

オストヴィント 説明書 アンテナ2

アンテナの根本となるパーツには車体の窪みに合わせるための突起がついていますが、肝心の車体に窪みが無いみたいなので「カットしろ」との指示があります。

オストヴィント アンテナ取り付け

ツィンメリットコーティングが施された車体の後端に取り付けますが、窪みがありません。

オストヴィント アンテナ取り付け2

ということでカッターナイフで突起部分を削り落とし、ヤスリをかけてフラットにしてやります。

オストヴィント アンテナ取り付け3

そしてアンテナを車体に取り付けます。これで電撃戦が始まっても戦車間で連絡が取り合えるようになります。

クルップ社の新人社員が「アンテナが付いたからWOWOW見れるようになるね!」と言ってましたが…まぁ聞かなかったことにしましょう。

予備転輪ケースの取り付け

オストヴィント 予備転輪ケース

最後に予備のホイールを2つ収納したラックを車体に取り付けます。

今回作るオストヴィントには、車体後方にも2つ予備ホイールを取り付けるラックがあるので、4つ予備のホイールを搭載することになります。

本来は2つだけなのですが、ロードホイールを作る際に2つ多く作ったので「まぁ4つでもいっか」ってことでこの様になりましたが、本来は2つです。

[スポンサードリンク]
[ad#entry3]

ここまでのまとめ

オストヴィント 途中経過

ということで今回は12番目の工程をササッとやっていきました。

主に左側のフェンダーに工具などをチビチビと取り付けていく作業ですので、小さいパーツに神経を使う点以外は特に難しいことはありませんでした。

ただ心配なのは車体後端に取り付けたアンテナ。ひょんな事で折れたりしないかちょっと心配。

説明書を無視して一番最後に取り付ければよかったかもしれませんね。

今回は左側面の工具を取り付けたので、次回は右側面の工具を取り付けます。それが終わればいよいよメイン武装に入ります…!

模型制作日記4号対空戦車 オストヴィント対空戦車
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ましゅーをフォローする
北海道胆振東部地震 支援募金のお知らせ

2018年(平成30年)9月6日3時7分ごろ、北海道胆振地方を震源とした最大震度7の地震が発生しました。

震源に近い厚真町では大規模な土砂崩れが発生し、行方不明者などの被害がでています。また、北海道全域で停電が発生するなど、影響は北海道全域におよび日常生活に支障をきたしています。

現在も多くのNPO団体などによる支援が行われています。みなさまのご支援、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

寄付はクレジットカードまたはTポイントカードからできます。

Turbulence