ケーリアンの生産も遅れるので、また「メーベルワーゲン」を作ろうと思う

4号対空自走砲 メーベルワーゲン(試作型) 模型制作日記

どうもこんにちは。ましゅーです。

今現在進行形で制作している「5号対空戦車 ケーリアン  」ですが、組み立てがほぼ完了してあとは塗装だけ! というところで作業が滞ってしまいました。

仕方ないのでケーリアンの完成までに「つなぎ」としてまた4号対空自走砲 メーベルワーゲン(試作型)を作ろうと思います。

[スポンサードリンク]
[ad#entry1]

スポンサーリンク

4号対空自走砲 メーベルワーゲンをまた作ります!!

「…あれ? 前にもメーベルワーゲン作らなかった??」って思った方、正解です。

実を言うと3作目にもメーベルワーゲンを作りましたが、今回またメーベルワーゲンを作ってみようと思ってタミヤのキットを購入しました。

製作中の「ケーリアン」の作業が進まない!!

現在進行形で制作しているのは「5号対空戦車 ケーリアン  」なのですが、組み立てが一段落ついて次は塗装をするぞ! ってところで塗装がなかなか出来ずに時間だけが過ぎていくという…。

ケーリアンの組み立てが一段落ついたのが6月16日で、あれからほぼ3週間作業がストップした状態になっています。

というのも、エアブラシを使って塗装をするわけですが、基本的に塗装は時間に余裕のある週末に行います。ところが、ここ最近週末は狙ったかのように雨ばかり降ってくれるせいで満足に塗装ができない。

補足
ケーリアンの塗装については『「5号対空戦車 ケーリアン」の塗装がちっとも進まねェ!!』の記事で解説しています。

ケーリアン 塗装途中

で、一応先週は天気が良かったので、暑いなかダラダラ汗を流しながらサーフェイサーを塗装していました。

しかし、サーフェイサーがそろそろ乾燥して次の塗装に行けるかなぁ~というタイミングで雨がポツポツ降ってきて中断という。

実車のケーリアンは連合軍の空襲で製造が遅れたといいますが、私は雨で製造が遅れています。そこは史実通りにしなくてもいいですハイ。

…で、さすがに何週間も手を付けずに過ごすのは退屈極まりない。そこで

ケーリアンの”つなぎ”としての メーベルワーゲン

現行の「ケーリアン」の制作が滞るなら、他のプラモデルを組み立てて時間を埋めればいいのである。

4号対空自走砲 メーベルワーゲン(試作型)

ということでまた「4号対空自走砲 メーベルワーゲン」です。

メーベルワーゲンは後継種のオストヴィントやクーゲルブリッツ、そしてケーリアンといった本格的な対空戦車が出来るまでの「つなぎ」という扱いですが、それは私の模型制作事情にも当てはまるようです。

……なお、箱絵にお母さんが写っていますが、これは後付けで貼り付けたものであって、コラボ商品とかではありません。

過去にも似たようなことなかったか?!

実を言うと、過去にも「オストヴィント  」の制作が滞ってしまったために、「つなぎ」として作ろうとメーベルワーゲンを買ってます。

詳しくは『オストヴィントの生産が遅れるので、「メーベルワーゲン」を作ろうと思う』という記事を読んでいただきたいのですが、オストヴィントの主砲の「3.7cm Flak43」を作る際にポカやらかしたために作業を中断。

タミヤ メーベルワーゲン 箱絵

で、メーカーからパーツを取り寄せている間何もしないのは寂しいので、この「4号対空自走砲 メーベルワーゲン  」を買って作ろうと思ったのです。

……結局メーベルワーゲンが届いた翌日にオストヴィントのパーツが届いたので制作はだいぶ後になりましたけど。

なぜメーベルワーゲンなのか

本格的な対空戦車の「つなぎ」といえばメーベルワーゲンっしょ!! (決してそんなことはない)

……というのもあるのですが、実は少し前にTwitterで下記のようなアンケートを行っていました。

このアンケートは、ケーリアンの次に作ろうかなぁと思っていた戦車の候補3つなのですが、ドイツ戦車の中でも人気のティーガーやヘッツァーを押しのけてメーベルワーゲンが一番人気という結果に!

ということで、本来はケーリアンの制作が終わったら次作ろうと思っていたメーベルワーゲンですが、ケーリアンが終わらんのでその”次”を今やろうという話です。

…ということで、なぜ急に「メーベルワーゲン」を作ろうと思ったのかがお分かり頂けたかと思います。

[スポンサードリンク]
[ad#entry2]

4号対空自走砲 メーベルワーゲン(試作型)とは

さて、”なぜメーベルワーゲンなのか”が大体ご理解いただけたところで、続いては「4号対空自走砲 メーベルワーゲン」がどういった車両なのかを解説していきます。

補足
メーベルワーゲンについては『オストヴィントの生産が遅れるので、「メーベルワーゲン」を作ろうと思う 』でも解説しています。合わせてお読みください。

4号戦車の車体を流用して作られた対空自走砲

4号対空自走砲 メーベルワーゲン

4号対空自走砲 メーベルワーゲン
via : wehrmacht-history.com

メーベルワーゲンは第2次世界大戦の間にドイツで最も生産された戦車である「4号戦車」の車体を流用して作られた車両で、「対空自走砲」とあるように上空を飛来する敵の航空機の進路を妨害したり撃墜するのが目的の自走砲です。

同じ4号戦車の車体を使用した対空戦車は他にも、

などがあります。なお、対空戦車以外にも4号戦車は様々な車両のベースとなっていますが、それについては割愛します。

「つなぎ」としてのメーベルワーゲン

ただ、メーベルワーゲンは本来は主力対空戦車という扱いではなく、後に作られる予定だった「クーゲルブリッツ」や「ケーリアン」といった本格的な対空戦車が完成するまでのつなぎという扱いでした。

これはメーベルワーゲンの後継種である「オストヴィント」や、オストヴィントが出来るまでの対空戦車の不足を補うために暫定的に作られた「ヴィルベルヴィント」にも当てはまります。

ところが、それらの本格的な対空戦車は量産および実戦配備に間に合わなかったため、結局メーベルワーゲンがドイツの主力対空戦車として扱われることになったとのこと。

今回のメーベルワーゲンは「試作型」

で、2つ目のメーベルワーゲンを作ることになりますが、最初に作ったメーベルワーゲンと同じものを作るわけではありません。

というのも最初に作った方のメーベルワーゲンは量産型で、今回作るメーベルワーゲンは試作型となります。

両者の違いは何かというと、まず第一に搭載している武装(その他細かい部分も違います)で、試作型は「2cm Flakvierling38」を搭載しています。

2cm Flakvierling38

2cm flakvierling38 via : navweaps.com

この「2cm Flakvierling38」はヴィルベルヴィントの武装としても採用され、4つの砲身から撃ち出される砲弾の雨に連合軍から「魔の4連装」と恐れられます。

しかし、後に連合軍の航空機の性能が向上し、高高度の飛来が可能になったり機体が装甲化されることで「魔の4連装」も威力不足に苛まれます。

3.7cm Flak43 対空機関砲

3.7cm Flak43 via : 3.7 cm Flak 43 Walk Around

そのため、量産型メーベルワーゲンにはより威力の高い「3.7cm Flak43」を搭載しました。

4つの砲身を持つ 2cm Flakvierling38 に対して 3.7cm Flak43 は砲身が1つなので連射速度は劣りますが、3.7cmという巨大な砲弾は1発あたりの威力・射程は格段に向上しました。

……というのがメーベルワーゲンの試作型と量産型における搭載兵器のおおまかな違いです。

タミヤ 4号対空自走砲 メーベルワーゲン

実物車輌のメーベルワーゲンについておおまかに説明したので、次はプラモデルの「4号対空自走砲 メーベルワーゲン(試作型)」を見ていきます。

メーベルワーゲンは前作の量産型も今回作る試作型もタミヤ製のキットです。

ただ、同じタミヤの同じ車種といえど、前に作ったメーベルワーゲン(Flak43搭載の量産型)は1999年発売なのに対し、今回作るメーベルワーゲン(試作型)は1977年発売です。

販売された時期が大幅に異なるので、キットの精度や構造なども異なってくるだろうと予想できます。

4号対空自走砲 メーベルワーゲン(試作型) 開封

ではでは箱を開けて中身を見ていきましょう。

4号対空自走砲 メーベルワーゲン(試作型) 中身

内容物はこんな感じ。

パーツランナーの入った袋が4つに履帯1セット、車体の上下シャーシ、デカール、そして説明書(2冊)といった内容。

いくつかプラモデルを作って来たこともあって、なんだかパーツの数が少なく感じます。慣れというものは恐ろしい。

説明書

4号対空自走砲 メーベルワーゲン(試作型) 説明書

まずこちらは説見書。日本語版と英語版の2種類が入っています。

今回の試作型メーベルワーゲンも量産型メーベルワーゲンと同じように、走行時、対空射撃時、水平射撃時の3種類から1つを選んで組み立てます。

また、説明書には組み立て手順のほかにも塗装例や細かい解説が入っています。この辺りの丁寧さはさすがタミヤといったところですね。

車体パーツ

4号対空自走砲 メーベルワーゲン(試作型) 車体上部

こちらは車体上部のパーツ。

メーベルワーゲンは4号戦車の車体を流用していますが、車体上部については新規に設計された横幅の広いプラットフォームを使用しています。

なお、ざっと見た感じ、通信手・運転手のハッチが別パーツではなくモールドで再現されているなど、結構デフォルメされています。

4号対空自走砲 メーベルワーゲン(試作型) 車体下部

続いてこちらは車体下部のパーツ。

「4号戦車」ベースの「4号対空戦車」は何度も作ってきましたが、今回の車体下部には今までの4号対空戦車にはないリブやモールドが入っていました。

4号対空自走砲 メーベルワーゲン(試作型) 車体下部のモールド

その中でも特に気になったのが、この乾電池を搭載しろと言わんばかりのモールド。

手に取った時にズッシリ重量感を出すために入れるものかと思いましたが、どうやら違うみたいで、昔のタミヤの戦車プラモデルは、中にユニットを組んで、走行させたり砲塔を旋回させることが可能だったようです。

で、この乾電池のモールドは当時の名残りというわけです。もしかしたらユニット組んだらメーベルワーゲン走らせる事できるのかな?

なお、この試作型メーベルワーゲンのキットが発売されたのが1977年とのことで、発売当時このキットを作ってた人たちは現在50代ぐらいの方々かと思います。

そう考えるとちょっと年代モノって感じがしますね。

履帯パーツ

4号対空自走砲 メーベルワーゲン(試作型) ベルト式履帯

こちらは履帯です。

ベルト式の一体型履帯ですが、この頃の履帯はポリプロピレン製なので通常の接着剤では接着できず、「焼き止め」といってライターで熱したドライバーなどをピンに押し当てて溶着したそうです。

また、話によると従来の履帯よりも塗料が剥がれやすいとのことで、気になる人はガイアノーツの「ガイアマルチプライマー」を履帯に塗ってから塗装しているそうです。

[スポンサードリンク]
[ad#entry3]

まとめ

オストヴィントの生産が遅れた時にメーベルワーゲンを作ろうとしたのと同じく、ケーリアンの生産が遅れた今回もメーベルワーゲンです。

なんかもうメーベルワーゲン = 現行の制作が滞った時に作る「つなぎ」みたいな扱いになってますが、史実でも似たような扱いだったのでまぁいいやと思ってます。

ということで、一応はケーリアンの塗装や組み立てを優先して行いますが、塗装が終わるまではこのメーベルワーゲンをチョビチョビ組み立てる予定です。

↑今回紹介したタミヤ 1/35スケールの「4号対空自走砲 メーベルワーゲン(試作型)」はこちら。かなり古いキットです。

↑過去に制作した量産型のメーベルワーゲンはこちら。Flak43が搭載されています。

模型制作日記対空戦車4号対空自走砲 メーベルワーゲン試作型
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ましゅーをフォローする
北海道胆振東部地震 支援募金のお知らせ

2018年(平成30年)9月6日3時7分ごろ、北海道胆振地方を震源とした最大震度7の地震が発生しました。

震源に近い厚真町では大規模な土砂崩れが発生し、行方不明者などの被害がでています。また、北海道全域で停電が発生するなど、影響は北海道全域におよび日常生活に支障をきたしています。

現在も多くのNPO団体などによる支援が行われています。みなさまのご支援、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

寄付はクレジットカードまたはTポイントカードからできます。

Turbulence

この記事のコメント