「4号対空戦車 オストヴィント」にみだらな行為 男性逮捕

「4号対空戦車 オストヴィント」にみだらな行為 男性逮捕

オストヴィント 裏面

気に入ったらシェアしてやって下さい

どうもこんにちは。「まっしゅ」です。

部屋にこもってプラモを組み立てている時が至福に思える今日このごろです。このままプラモ作ってブログ書くだけで生活できればいいなぁと思うほどです。

なんというか……働きたくないでござる。部屋から出たくないでござる。

そんなニート気質な私ですが、今日も「4号対空戦車 オストヴィント」を組み立てていきます。

[スポンサードリンク]
[ad#entry1]

スポンサーリンク

前回のあらすじ

前回:4号対空戦車「オストヴィント」を作ってたらリア充になった – Turbulence

オストヴィント マフラー 取り付け

車体下部の側面に転輪の基部となるパーツをチマチマと取り付けたのと、車体後部のリアパネルにマフラーをはじめとするパーツを取り付けていました。

オストヴィント パーツNo.ミス4

しかし、途中で説明書と実際のパーツの形状が一致せず、「あれおかしいなぁ」と思いながら、サイバーホビー製品を輸入・販売している業者に問い合わせてみる。

すると、説明書に記載されているパーツ番号は誤りということがわかり、正しいパーツ番号を教えてもらうことで事なきを得ました。

機銃や装甲板、予備転輪の組み立て・取り付け

オストヴィント 説明書 5番

今回は説明書の「5番」をやっていきます。

具体的にはサブウェポンである車載機銃や前面装甲を組み立てました。

車載機銃の組み立て

オストヴィント 説明書 機銃組み立て

ということでまずは車載のMG34機関銃を組み立てていきます。

機銃はもちろん塗装するのですが、一通り組み立ててから塗装するので、機銃全体を塗装するのではなく、外部に露出する部分だけ塗装。

オストヴィント 説明書 機銃組み立て2

説明書を見ると2ヶ所で「H66」と書かれたパーツが2つありました。これは誤りで本来のパーツは「H65」(写真参照)になります。

オストヴィント 機銃

指先よりも小さいパーツに接着剤をつけて貼り合わせます。

オストヴィント 機銃2

そして完成した車載機銃がこちら。機銃車に搭載する関係で銃床(ストック)は取り外しています。

この他にも車載用のMG34は銃身を覆う防弾ジャケットがついていたり、左右どちらからも給弾出来たり、射手の腕の負担を減らす装置が付いているなどの改修が施されてました。

前面装甲の組み立て

オストヴィント 前面装甲板

続いて前面装甲を組み立てていきます。

説明書を見るとまたしても穴を開けろという指示があります。

オストヴィント 前面装甲板2

裏側。右2ヶ所、真ん中2ヶ所、左1ヶ所の合計5ヶ所に開けます。

オストヴィント 前面装甲板3

ということでまたハンドリューターにアタッチメントを取り付けてギュイーンと穴を開けていきます。

オストヴィント 前面装甲板4

穴を開けたあと、操縦手が前方の視界を確保するために覗く「窓」を作ります。

戦車といえど車両ですので前が見えなければ走らせることはできませんよね。ちゃんと窓はついてます。

オストヴィント 前面装甲板5

実際の戦車のは覗き窓はシースルーではなく防弾ガラス仕様になっており、それを再現するべくクリアパーツを使っています。

なかなか細かいところまでしっかり再現されていますね。

オストヴィント 前面装甲板6

車載機銃を取り付け、操縦手の窓に「屋根」をつけて、ツィメリットコーティングのプレートを貼り付けます。

説明書に従ってパーツや車載機銃を取り付けるとこんな感じになりました。

[スポンサードリンク]
[ad#entry2]

前部上面装甲周辺の組み立て

続いては車でいうボンネットに該当する「前部上面装甲」周辺を組み立てていきます。

パーツはプラスティックかエッチングパーツか選べます

オストヴィント 説明書 予備履帯

まずこちらは、前部上面装甲に取り付ける「予備履帯」を固定するラックなのですが、このパーツも2つから1つを選ぶようです。

オストヴィント 予備履帯

選択するパーツの一方は他のパーツと同じくプラスチックパーツ。

オストヴィント エッチングパーツ

で、もう一方というのが薄い金属の板で出来た「エッチングパーツ」と呼ばれるもの。

せっかくエッチングパーツが同梱されているので今回はこちらを使いました。

予備履帯の組み立て

オストヴィント 説明書 予備履帯2

前部上面装甲に置く予備履帯は1コマ1コマ分離しているので、これを7コマ分組み立てます。

オストヴィント 予備履帯3

こんな感じにバラバラなので、履帯先端の凹凸を合わせるようにして接着していきます。

オストヴィント 予備履帯4

接着完了。

チマチマとした作業ではありますが、たった10コマ未満の連結なのですぐに終わります。

キットによっては車体に取り付ける履帯を1つ1つ連結させるタイプもあります。ものすごくしんどそう。

さらに実物と同じ構造の履帯キットを使用して何時間もかけて組み立てるという人もいます。もちろん実物と同じ構造なのでクオリティは極めて高い。

予備履帯の取り付け

オストヴィント 予備履帯2

予備履帯は車で言うボンネットの上に置きます。こちらにもしっかりツィンメリット・コーティングが施されております。

オストヴィント 予備履帯5

そんな履帯はこのように前部上面装甲にボンと乗っけるイメージです。ボンネットだけに。

予備履帯にエッチングパーツを取り付けます

オストヴィント エッチングパーツ2

取り付けイメージを理解したところで予備履帯にエッチングパーツを取り付けます。

まずはランナーからパーツを切り取るのですが、ニッパーだと刃こぼれしますし、何よりパーツとランナーの感覚が狭くて刃が入らないのでカッターで切り取ります。

切り取ったらパーツを軽く曲げて形どります。今思うと小さいのでランナーから切り離す前に曲げたほうが楽だったかも。

オストヴィント 予備履帯6

予備履帯にエッチングパーツを取り付けていきます。

正直な感想、薄っぺらいし金属なので接着剤がつきにくいので神経すり減らしながら取り付けました。今回の作業で今のところこれが一番しんどい。

オストヴィント 予備履帯7

エッチングパーツを予備履帯に取り付けたら、前部上面装甲に取り付けます。

これで前面装甲および前部上面装甲が完成し、「5番」の工程は終了です。

ここまでのまとめ

オストヴィント 途中経過

今回は車体前面の装甲周辺を組み立てました。

細かいパーツの取り付け、穴開けといった神経を使う工程が何ヶ所かありましたが、ここまで無事に作業は進んでおります。

次回は「6番」をやっていきますが、土日つかってまた相方と静岡旅行にいくので、次の組み立て日記は週明けからになります。

[スポンサードリンク]
[ad#entry3]

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら いいね!いいね!しよう

気に入ったらシェアしてやって下さい

フォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク
スポンサーリンク