M203グレネードランチャー用の照準器「リーフサイト」を手に入れた

M203グレネードランチャー用の照準器「リーフサイト」を手に入れた

G&P M203 リーフサイト2

気に入ったらシェアしてやって下さい

どうもこんにちは。ましゅーです。

以前、M16A4やM4A1用のアクセサリーとして、「M203グレネードランチャー」を購入しました。

M16・M4系電動ガンに1度は取り付けてみたいアクセサリーパーツ、それがM203グレネードランチャー。D-boysの12インチタイプをM16A4へ取り付けてみたので、セット内容や装着方法をまとめました。

サバゲーで使うならM203本体だけでOKなのですが、せっかくなので、このM203用の照準器である「リーフサイト」も購入しました。

ということで購入したG&P製のリーフサイトのレビューや、リーフサイトの使い方、電動ガン(M16A4・M4A1)への装着例をざっくりご紹介します。

[スポンサードリンク]
[ad#entry1]

スポンサーリンク

G&Pのリーフサイトをレビューします

G&P M203 リーフサイト

今回購入したM203グレネードランチャー用のサイトは、G&P製『USソーコム M203 QD フロントサイト(GP208)』。「リーフサイト」とも呼ばれています。

G&P M203 リーフサイト2

全長は91mmで、20mmレイルでいうと8スロットほど使用します。

また、サイトの目盛り部分には白く(一部赤)スミ入れしてあります。

材質はマウントのネジ部分を除き、金属で出来ているのでリアル&頑丈な反面、指とかぶつけると結構痛い。

G&P M203 リーフサイト3

リーフサイトを起こしてみる。しっかり固定されるので、サバゲー使用時における振動でパタンと倒れることはまずありません。

実物はM16A4やM4になどのライフルに搭載した「M203グレネードランチャー」を使用する時に照準器として使いますが、エアガンではそのような機能は無く、あくまで「飾り」。

しかし、M203を搭載する時はこのサイトも一緒に装着したいところです。指輪やネックレスみたいに「実用性ないけどカッコ良いから着ける」というまさにアクセサリーパーツ。

G&P M203 リーフサイト4

横から見てみる。銃本体に取り付けるマウント部分のスクリューが大きく、専用の工具がなくても簡単に装着・取り外しが出来ます。

G&P M203 リーフサイト5

反対側。

リーフサイトのマウントがグラつく場合の対処法

リーフサイトに関するミリタリー系ブログやHPおよび、ネット通販のレビューを見てみると非常に多くのユーザーが「マウントがグラつく」という評価をしていました。

なので私もそれを覚悟の上で購入し、手持ちの電動ガンに取り付けたのですが、意外なことにグラつくことなく普通にシッカリつきました。個体差でしょうか?

一応念のため、家にある銃のレイルハンドガードやメタルフレームのトップレイル、マウントレイルなど、「レイル」と呼べるものにひと通り装着して検証してみることにました。

G&P M203用リーフサイトのマウント部分

一通り試着してみた結果、M4A1M16A4に使っているG&P製のハンドガード(RAS)、M4に使ってるMadBull製のバトルレイルなどにはガッチリ装着できました。

一方で、同じG&P製でもメタルフレームのトップレイルやMP5A4のRAS(CYMA製)など、特に幅が狭いレイルだとネジをしっかり締めてもグラグラしました。

なので、取り付けるレイルによってガッチリ装着できるモノ・グラつくモノと差が出るみたいですが、レビュー等にあるように、マウント部分に厚紙やビニルテープを噛ませるとグラつきが改善されるとのこと。

G&P M203用リーフサイトのマウント部分2

マウントのネジを緩めて分離するとこんな感じになり、マウント内側の銃本体と接する部分に厚紙やビニルテープを噛ませて厚みを出すことでグラつきを改善できるみたいです。

幸い今回購入したリーフサイトは、(M203を装着する)M16A4やM4には問題なくガッチリついてくれたので、この作業をする手間が省けました。

リーフサイトを使った照準の合わせ方

実物のリーフサイトはM203の照準器として50~250m離れた標的を狙うときに使用します。…しかし、エアガンではそんな遠距離に弾を飛ばすことは無く、もっぱら「お飾り」です。

でも、だからといってただ電動ガンのアクセサリーとしてリーフサイトを紹介してオシマイではちょっと切ないので、「実物リーフサイト」の照準の合わせ方についても触れておこうと思います。

もしも明日、会社の上司から「おまぃ転勤な。配属先はイラクや」ってなっても、この記事を読んでリーフサイトの扱いをマスターすればダイジョーブ。

リーフサイトの使い方 標的となったおっさん達

…と話をしていたら、向かいのビルの屋上にオッサン達が集まって何やらを話しています。距離にして100~200mほど。M203を使ってヤツらを蹴散らします。

リーフサイトの使い方 フロントサイトポストを合わせる

まずはM16・M4系ライフルについている「フロントサイト」の中央にある“ポスト”を標的に合わせます。以降はこのフロントサイトポストを中心軸として角度を調整します。

リーフサイトの使い方 距離に応じて角度をつける

中心軸であるフロントサイトポストは標的に合わせたまま動かさず、銃のストック側を沈める形で角度をつけます。

この時、リーフサイトの目盛りとフロントサイトポストが一直線になるように合わせます。

上の写真はだいたい100m先の標的を狙う場合の角度。

リーフサイトの使い方 100m先を狙うとき

100m先のターゲットを狙うときのフロントサイトポストとリーフサイトの位置関係はこんな感じ。

あとはM203トリガーを引いてポン!とグレネード弾を発射すればOK。

リーフサイトの使い方 200m先を狙うとき

…しかし発射したグレネード弾は標的のオッサン達のはるか手前に着弾しました。どうやら距離が誤っていたようです。

なので今度はリーフサイトを200mで調整してもう一度発射。すると今度は無事に命中し、オッサン達は吹っ飛んでいきました。めでたしめでたし。

…というのがM203使用時におけるリーフサイトの照準の合わせ方となります。おわかりいただけたでしょうか?

なお、これはあくまで実物のM203における照準方法で、リーフサイトの目盛りの1が100m、2が200m相当となり、エアガンではこれらを10%換算すれば、10m、20mになるので、ひょっとしたらサバゲーでも使えそうな気がしました。

M16A4にリーフサイトを装着

M16A4に装着したリーフサイト

さて、リーフサイトの紹介はここまでにして、リーフサイト装着した電動ガンの写真を何枚か撮影したのであわせて掲載します。

まずはM16A4に装着してみる。

M16A4に装着したリーフサイト2

ちなみにこの時、リーフサイトは装着しても肝心のM203グレネードランチャーを装着するのを忘れていました。PCに写真を転送して確認作業をしてるときに気づいて慌てて撮り直し…。

M16A4に装着したリーフサイト3

改めてM203と一緒に。リーフサイトがあるとフロント周りの見栄えが更に良くなります。なんとも華やかですよ。

M16A4に装着したリーフサイト4

サイトを展開するとこんな感じ。

M16A4に装着したリーフサイト フロント部分

フロント全体はこのようになりました。

M16A4に装着したリーフサイト フロント部分2

TA31、M203グレネードランチャー、PEQ-15、そしてリーフサイトが揃い、M16A4のフロント部分が豪華になりました。

あとは左側の開いているレイル部分にスリングスイベルとかを装着すると全面レイルを使用することになります。それはまたいつか。

M4A1にも装着してみた

M4A1 M203&リーフサイト装着

M16A4につづいて、同じくM203を装着しているM4A1にもリーフサイトを乗っけてみる。

M16A4よりも全長が短いので、その分アクセサリーを装着してもM16A4よりは構えやすい。

M4A1 M203&リーフサイト装着2

反対側。装着するアクセサリーがほぼ同じなので、M16・M4間でアクセサリーパーツを共用出来るのは有り難いですね。

あとがき

ということでリーフサイトについて大雑把にレビューしてみました。

先述の通りエアガンにおいては何の役にも立たず、ただ重くなるだけのパーツ(尚且つそこそこ高い)ではありますが、M203装着時に一緒に装着することで銃がよりリアルに、よりカッコ良く、より美しくなります。

そんなわけでM16・M4系の銃にM203は不可欠と思っているだけにリーフサイトは前々から欲しかったパーツの一つでした。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら いいね!いいね!しよう

気に入ったらシェアしてやって下さい

フォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク
スポンサーリンク