メーベルワーゲンに装甲板を4つ取り付けてみた

メーベルワーゲンに装甲板を4つ取り付けてみた

メーベルワーゲン試作型 装甲板固定フック 水平射撃時2

気に入ったらシェアしてやって下さい

どうもこんにちは。まっしゅです。

先日「4号対空自走砲 メーベルワーゲン(試作型) 」の車体部分が完成しましたので、このままメーベルワーゲン最大の特徴である4枚の装甲板を今回は作っていきます。

何個か作ってきたこともあり、パーツ数が少ないシンプルなキットということもあり、今回のメーベルワーゲンもあっという間に出来上がりそうです。

[スポンサードリンク]
[ad#entry1]

スポンサーリンク

メーベルワーゲンの装甲板を組み立てます

さてさて、車体が完成したのでメーベルワーゲン本体は残すところ射手たちを保護する4枚の装甲板のみとなりました。

タミヤのメーベルワーゲンは走行時・対空射撃時・水平射撃時の3つのフォルムから1つを選んで組み立てますが、前回のメーベルワーゲン(Flak43搭載型)  は対空射撃だったので、今回は水平射撃モードを作ります。

なお、今までの流れについては、下記のリンクを参考にしてください。

関連記事

装甲板の組み立て

というわけで、まずは4枚の装甲板の組み立てから入ります。小さいパーツが結構あるので紛失と破損にだけ注意。

メーベルワーゲン試作型 説明書 9番

さて、説明書は9番目から

…と言いたいのですが、9番目の説明書を見ると「装甲板にフック取り付けてから本体に取り付けてね」という流れになっています。

しかし私はフックを先に車体に取り付けたので、この作業は飛ばして次の工程に行きます。

メーベルワーゲン試作型 説明書 10番

というわけで次の10番から始めていきます。

図を見るといきなり「装甲板を車体に取り付けますよ」みたいになっていますが、まずは装甲板に小さなパーツを取り付けるところから始めます。

メーベルワーゲン試作型 装甲板組み立て

こちらは車体左側に取り付ける装甲板です。

まずはこの装甲板の内側の上の方に2ヶ所、装甲板同士を繋ぐ細長いフックを固定するためのリングパーツを取り付けます(反対の装甲板も同じ)。

ちなみに左右の装甲板は形がソックリですが、よく見ると下の方の端っこにあるフックを取り付ける部分が左右で違うので、迷ったらそこで見分けます。

メーベルワーゲン試作型 装甲板組み立て2

こちらは前面の装甲板。

左右の装甲板と同じように上の方にリングを取り付けますが、前後の装甲板は走行時と対空射撃時と角度を変えるためそれぞれ4つ取り付けます。

なおリングの予備はないのでくれぐれも紛失と破損には注意。

メーベルワーゲン試作型 装甲板組み立て3

また、前後の装甲板には板状のパーツをそれぞれ2枚ずつ取り付けます。

このパーツは選択したフォルムによって取り付け方法が変わり、走行時・水平射撃時は写真のように取り付けますが、対空射撃時のみ横に開いた状態で取り付けます。

メーベルワーゲン試作型 装甲板組み立て4

というわけで4枚の装甲板が完成しました。

今回は前に作った量産型メーベルワーゲン  のように、装甲板内部に予備の砲身や工具がなかったので塗装は楽そうです。

補足
なお、量産型メーベルワーゲン(3.7cm Flak43搭載型)の装甲板の組み立ては『あっという間に「4号対空自走砲 メーベルワーゲン」の車体が完成しました』で解説しています。

メーベルワーゲン試作型 装甲板の押し出しピン跡

なお、装甲板の内側には何ヶ所か丸いクレーターのようなものがあります。

これはパーツランナーを成形したあと金型から剥がす時にピンを使って押し出すわけですが、その時のピン跡がこの丸いやつです。

プラモデルとかではよく見かけるヤツですが、さすがにこんなデカデカとした穴がいくつもあると気になります。装甲板を展開する水平射撃フォルムなら尚のこと。

[スポンサードリンク]
[ad#entry2]

メーベルワーゲン試作型 装甲板の押し出しピン跡埋め

なのでいつものようにラッカーパテを使って穴を埋めたあと、紙やすりで整えてやります。

メーベルワーゲン試作型 装甲板 グリス塗り

また、装甲板を取り付けるフックには負荷がかかりやすいので、少しでも負担が減ればいいなと思い、装甲板の基部にタミヤのセラグリスHGを塗ってみました。

装甲板を車体に取り付けます

装甲板の組み立てが完成したので、メーベルワーゲンの車体に装甲板を取り付けていきます。

取り付ける時の注意点としては、フック部分に無理な力が加わらないように慎重に取り付けること。

メーベルワーゲン試作型 装甲板取り付け

……いろいろ手順をぶっ飛ばしてしまいましたが、まず装甲板4枚を取り付け終わりました。

取り付けについてですが、私の場合は先述の通り先に車体にフックを全部取り付けたので、まずは前後の装甲板をパチンとはめ込むように取り付けました(力の入れすぎに注意)。

で、次に左右の装甲板ですが、こちらは取り付けるのに少々コツがいりました。

取り付けようとすると装甲板の両端が干渉するので片側を先にはめ込むように取り付けました。

次にもう片側を取り付けようとしたら先にはめ込んだフックに力がかかるので、接着が甘いとポロッと外れました(外れるだけならまだ良いですが、最悪折れます)。

ですので、接着が外れたまま装甲板の3ヶ所をフックに取り付け、最後にもう一度接着剤を塗って固定するという流れでした。

今思うと左右の装甲板は説明書の9番目に従い、装甲板にフックを取り付けてから車体に接着したほうが楽だったと思います。

メーベルワーゲン試作型 装甲板取り付け2

それでもなんとか装甲板を取り付けられたので、接着剤が乾くまで待ちます。

メーベルワーゲン試作型 装甲板の支柱

左右の装甲板には展開時に装甲板を支える支柱をそれぞれ2つ取り付けます。

この支柱も選択したフォルムによって変わってきますが、走行時は装甲板にペタッと張り付くように取り付け、対空射撃時は重力に従って地面と垂直になるように取り付けます。

メーベルワーゲン試作型 装甲板の支柱2

じゃぁ水平射撃時はどうなるの? と言われたら、写真のように「支柱」らしく車体側面の溝に先端を差しこむような角度で取り付けます。

なお、支柱は装甲板側は接着しましたが、車体側は塗装するために一度装甲板を立てるのでまだ接着はしていません(というか接着しないかもしれません)。

メーベルワーゲン試作型 装甲板固定フック

次に装甲板の内側には装甲板同士を繋ぎ止めるための細長いフックを4つとりつけます。

メーベルワーゲン試作型 装甲板固定フック 走行時

参考までに走行時はこのように前後の装甲板の内側のリングにフックを取り付けます(しつこいようですが、今回作るのは水平射撃フォルムです)。

メーベルワーゲン試作型 装甲板固定フック 対空射撃時

一方で対空射撃時は外側のリングにフックを通します。

余談ですが、メーベルワーゲンの装甲板もロットによって装甲の形状や厚みが異なるようで、初期は防弾処理されていない12ミリの軟鋼を2枚重ね、次は10ミリの装甲板を2枚重ね、最終的に25ミリ装甲板1枚になったとのことです。

なお、25mm装甲板になると、装甲板上部の曲げられた部分が無くなっているとのことで、そこも量産型・試作型メーベルワーゲンの違いが反映されるところです。

ちなみに現在進行形で作ってるメーベルワーゲン(試作型)は左右の装甲板の上部に角度がついているので、10ミリ装甲板2枚重ねか或いは12ミリ軟鋼2枚重ねのどちらかです。防弾処理されてない軟鋼はイヤだなぁ…。

メーベルワーゲン試作型 装甲板固定フック 水平射撃時

さて、話を戻しまして、水平射撃時のフックの位置は写真のようにしました。

とくに「この位置じゃなきゃダメや!」なんて事はないと思いますが、あんまり下手なところに置くと兵士が引っ掛かって転倒するかもしれないので、なるべく邪魔にならない位置にしました。

乗るときはまだしも降りるときに引っ掛かったら頭から地面に転落して首の骨折れて死亡ってなりそうなので足元は注意。

メーベルワーゲン試作型 装甲板固定フック 水平射撃時2

さて、装甲板を取り付けたメーベルワーゲンはこのようになりました。

これでメーベルワーゲン(試作型)の車体が完成しました。

[スポンサードリンク]
[ad#entry3]

まとめ

車体に続き装甲板の取り付けも完了し、メーベルワーゲン本体の組み立てが終了。次はこのメーベルワーゲンに搭載する「2cm Flakvierling38」の組み立てに入ります。

2cm Flakvierling38は「4号対空戦車 ヴィルベルヴィント 」以来になります。あの時は1/48でしたが今回は1/35。

果たしてどう違うのか楽しみです。

↑今作ってるのがこちらのメーベルワーゲンの試作型。なかなか古いキットなので加工や補修が必要かもしれません。

↑こちらは過去に作ったことがある「Flak43」搭載型のメーベルワーゲン。これが量産型。詳しくは「4号対空自走砲 メーベルワーゲン 」の記事をどうぞ。

↑こちらは1/48スケールのメーベルワーゲン(Flak43搭載型)小さいので置き場所に困らないし、ヴィネットやジオラマといった情景作品を作る人にもおすすめ。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら いいね!いいね!しよう

気に入ったらシェアしてやって下さい

フォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク
スポンサーリンク