「4号対空自走砲 メーベルワーゲン(試作型)」の制作を再開します

メーベルワーゲン試作型 ツィメリットコーティング 模型制作日記

どうもこんにちは。まっしゅです。

先日、「5号対空戦車 ケーリアン」が完成しましたので、ケーリアン制作中に「つなぎ」として作ってた「4号対空自走砲 メーベルワーゲン(試作型)」の制作を再開します。

1ヶ月ほど放置していたので、どこまで進めたか覚えていませんが、記憶を頼りに書き綴っていきます。

[スポンサードリンク]
[ad#entry1]

スポンサーリンク

前回のあらすじ

前回がメーベルワーゲン(試作型)第一回目の制作日記ということで、セオリー通り足回りから組み立てていきました。

メーベルワーゲン試作型 転輪の完成

戦車の足回りといえば「転輪」なわけでして、まずはたくさんある転輪を1つずつ整形して組み立てていきます。

難しい作業ではありませんが、同じ作業を何度も繰り返すので地味に疲れる序盤の難所です。

メーベルワーゲン試作型 リアパネル取り付け

転輪を組み立てたら次はリアパネルにツィメリットコーティングを施して、マフラーや工具などを取り付けました。

メーベルワーゲン試作型 車体下部の穴埋め2

また今回のキットは模型を走行させるためのユニットを組み込む関係で車体の底面に幾つか穴が開いています。

特にユニットを組むわけでもないのでこの穴は不要なシロモノです。なのでラッカーパテを使って塞いでやりました。

引き続き車体下部を組み立てます

それでは今回の制作日記に入ります。

前回はリアパネルまで組み立てましたので、今度は反対側のフロントパネルを組み立てて取り付けます。

フロントパネルの組み立て・取り付け

4号戦車のフロントパネルといえば牽引用のホルダーや予備履帯を取り付けるためのラックを取り付けていくわけですが、それより先にパネルにツィメリットコーティングをしました。

メーベルワーゲン試作型 ツィメリットコーティング

ということでまずはツィメリットコーティングをします…が、牽引ホルダーの基部にパテが付着すると後々面倒なので、牽引ホルダー基部だけ先にとりつけました。

今まで何度かツィメリットコーティングを施しましたが、フロントパネルは平面が多いだけに他のどの部分よりも綺麗に仕上がってくれます。

メーベルワーゲン試作型 予備履帯ラック取り付け

そのあと牽引ホルダーのピンの部分や予備履帯ラックといったパーツを取り付けます。

今回のメーベルワーゲン(試作型)のキットではこのフロントパネルは車体下部シャーシと一体になってました。

[スポンサードリンク]
[ad#entry2]

車体側面へのパーツの取り付け

車体下部の前後が出来たので、今度は両側面のパーツを取り付けていきます。

メーベルワーゲン試作型 起動輪基部パーツ

まずは起動輪の基部パーツ。説明書を参考に左右間違えないように取り付けます。

メーベルワーゲン試作型 サスペンション

続いてサスペンション。このパーツは左右間違えやすいので説明書を参考に片側ずつ取り付けます。

メーベルワーゲン試作型 車体下部側面のツィメリットコーティング

その後はポリエステルパテをベタっとまんべんなく塗っていき、ツィメリットコーティングを刻んでいきます。

メーベルワーゲン試作型 車体下部側面のツィメリットコーティング2

はい、出来上がりました。

今回は車体下部の側面もいい感じにコーティングが出来てます。

溶きパテで誘導輪基部の隙間を埋めます

前回の記事でも触れましたが、リアパネルと車体下部シャーシ間の誘導転輪の基部パーツに隙間が発生しているので、「溶きパテ」を使って埋めます。

メーベルワーゲン試作型 誘導輪基部の隙間

こんな感じにリアパネル側と車体下部シャーシ側で隙間ができてしまいます。

ここは隠れないので放置せず対処します。

メーベルワーゲン試作型 溶きパテ

というわけで用意するのはタミヤのベーシックパテとラッカー系溶剤。

パテを塗料皿に少し垂らして、そこに溶剤を入れて混ぜあわせてドロドロにします。

溶剤の量によって粘度が変わってきますが、今回は隙間に流し込むので溶剤をやや多めに入れて液状にしました。

メーベルワーゲン試作型 誘導輪基部の隙間埋め2

そして溶きパテを流し込み接着剤を使う要領で隙間に流していきます。

粘度を落としたパテは毛管現象で隙間に浸透していくので特に何もせずに隙間が埋まります。

メーベルワーゲン試作型 誘導輪基部の隙間埋め

最終的にこんな感じになりました。

あとリアパネルにも何箇所か隙間があったので内側からパテを盛って埋めてやりました。

今回のメーベルワーゲン(試作型)は古いキットなのでこういった補修箇所が結構ありそうです。

転輪を取り付けます

続きまして車体下部の側面に走行転輪・上部支持輪・起動輪・誘導輪を取り付けていきます。

メーベルワーゲン試作型 説明書4番

説明書は4番目。

今回ぜんぜん説明書読んでませんが、こういった慢心が失敗を招くので気を抜かずに慎重に…。

 

メーベルワーゲン試作型 上部支持輪・走行転輪取り付け

今回のキットの転輪は上部支持輪を覗いてすべての転輪にポリキャップが組み込まれています。

そのため接着剤は使わず、そのままスポッとはめ込むだけにしました。

なので車のオモチャみたいに地面を走らせると少しだけスーっと転がっていきます。ちょっと楽しい。

メーベルワーゲン試作型 誘導輪の上のフック

また、誘導輪の上にはフックの形したパーツを取り付けます。

かれこれ4号対空戦車は5つ作ってますが、いまだにこのフックの名称や何のために存在するのかわからず……。

さて、これで車体下部の組み立てが一通り完了しましたので今回はここで一旦区切ります。

[スポンサードリンク]
[ad#entry3]

まとめ

久々のメーベルワーゲン(試作型)の制作日記なので、若干ド忘れしているところもありましたが、制作に関しては問題なく進んでいます。

ひとまずこれで車体下部が出来上がりましたので次回からは車体の上部を作っていきます。

余談ですが、メーベルワーゲン(試作型)以外にも積みプラモがいくつかあるので、ササッと作って行きたい。

↑今作ってるのがこちらのメーベルワーゲンの試作型。なかなか古いキットなので加工や補修が必要かもしれません。

↑こちらは過去に作ったことがある「Flak43」搭載型のメーベルワーゲン。これが量産型。詳しくは「4号対空自走砲 メーベルワーゲン 」の記事をどうぞ。

↑こちらは1/48スケールのメーベルワーゲン(Flak43搭載型)小さいので置き場所に困らないし、ヴィネットやジオラマといった情景作品を作る人にもおすすめ。

この記事のコメント