総統閣下も泣いて喜ぶ「メーベルワーゲン」制作日記がこちらです。

メーベルワーゲン試作型 塗装完了 模型制作日記

どうもこんにちは。ましゅー(まっしゅ)です。

久々に4号対空自走砲 メーベルワーゲン(試作型)の制作に着手したので、また制作日記の続きを書いていきます。

今回は兵士フィギュアの制作と、メーベルワーゲン本体の細部の塗り分けを行いました。

なお、このシリーズの記事については下記のリンクを参照してくだい。

[スポンサードリンク]
[ad#entry1]

スポンサーリンク

ドイツ兵フィギュアを作ろう

今回のメーベルワーゲン(試作型)にもドイツ軍兵士のフィギュアが4体ついています。

個人的にフィギュアの制作はあまり好きではありませんが、せっかく付属しているのでやっていきます。

フィギュアの組み立て

メーベルワーゲン試作型 フィギュア制作

フィギュアは主武装2cm Flakvierling38の左右にいる装填手2名、射撃手1名、そしてメーベルワーゲンによじ登ろうとする兵士の1名の4体つくります。

メーベルワーゲン本体と同じように、ランナーからパーツを切り離して組み立て、そして色を塗っていくという流れになります。

…が、小さいフィギュアを更に細かく塗り分けるので、細かいところは先に塗ったほうが楽です。

また、フィギュアの各パーツにはシッカリとパーティングラインが入っているので、カッターナイフで削ってそぎ落とします。

メーベルワーゲン試作型 フィギュア制作2

フィギュアは胴体、両腕、両足、ヘルメットという構成になっています。

接着は普通の接着剤で出来ますが、腕とかの位置は実際に搭載してみて調整します。

メーベルワーゲン試作型 フィギュア制作3-2

イメージとしてはこんな感じ。機関砲にマガジンを装着した直後(あるいは取り外す直前の)のポーズですね。

なおこの写真ではすでに機関砲が塗装されておりますが、塗装に関しては後述します。

メーベルワーゲン試作型 フィギュア制作3

後ろには水筒やナイフなどの装備品を取り付けます。

今回は一通り取り付けてから塗装をしましたが、装備品の塗り分けはなかなか神経使うので、塗ってから取り付けのほうが楽です。次回からはそうします。

メーベルワーゲン試作型 フィギュア制作4

こちらはメーベルワーゲンによじ登ろうとする兵士。

メーベルワーゲン本体についているハンドルに手が行くようにして、左足は転輪にかけるようにポジション調整します。

この兵士は水筒やナイフに加えてスコップやガスマスクケースを装備しています。

メーベルワーゲン試作型 フィギュア制作5

そしてこちらは射撃手。

2cm Flakvierling38の照準器を覗きながら旋回・仰俯をするハンドルを握ります。また、足はFlakの射撃ペダルの上に来るように調整。

メーベルワーゲン試作型 フィギュア制作6

最後の一人は上空を見上げながら中腰でマガジンを持つ兵士。

マガジンを抱えるように両手のポジション調整するのはモチロンですが、写真のように顔を二分するかのようにパーティングラインが入っております。

なのでカッターナイフをうまいこと使ってラインを消すのですが、オカンから貰った顔にナイフを入れるので慎重に。

メーベルワーゲン試作型 フィギュア制作7

組み立てるとこのようになりました。マガジンをもたせるとそこそこ臨場感が出てきます。

メーベルワーゲン試作型 フィギュア制作8

「お前こんなところで何しとん?」

「マガジンリロードの練習やで」

「はぁ? 戦争終わっちまったぞ。ドイツの敗戦や。ベルリン堕ちたで」

「ふぁっ?!」

…こうならないよう制作は遅れることなく進めていきましょう。

メーベルワーゲン試作型 フィギュア制作9

ということで付属フィギュア4体の組み立てが終わりました。

特に難しい作業はありませんが、各パーツのパーティングラインをしっかり消すことや、手足の位置調整は実際に車体に乗っけたりして確認しながら行います。

フィギュアの塗装

メーベルワーゲン試作型 フィギュア制作10

組み立てが終わったので次は塗装を行います。

ただでさえ細かい塗り分けが必要なフィギュアに先に装備品とか取り付けたので頭の血管が切れそうになりながら塗装したというのは言うに及ばず。

今回使用した塗料は以下の通りです。

  • 顔、手:フラットフレッシュ(XF-15)
  • ベルト、ブーツ:フラットブラック(XF-1)
  • ベルト(バックル部分):ガンメタル(X-10)
  • ヘルメット(バンド)、ナイフ、水筒(容器部分):レッドブラウン(XF-64)
  • 水筒(カップ):ダークイエロー
  • スコップ(柄):フラットフレッシュ(XF-15)・レッドブラウン(XF-64)

基本的にタミヤアクリル塗料を使っての塗装になりますが、スコップの柄はアクリルのフラットフレッシュを塗った上にエナメルのレッドブラウンを塗ってみました。

また、途中で試しにエナメルで塗装してみたのですが、アクリル塗料よりも塗料の「伸び」が良くて、筆先に少量つけて塗るという時など重宝しました。

次回からはフィギュアの塗装はエナメル塗料でやってみようと思います。

[スポンサードリンク]
[ad#entry2]

車体の細部塗り分け

さて、続きましてメーベルワーゲン本体の細部の塗り分けをしていきます。

行った作業は主に以下の3つとなります。

  • 足回り(履帯・転輪)の塗装・組み立て
  • 2cm Flakvierling38の塗装・組み立て
  • OVMの塗装

それではまずは足回りから作っていきます。

足回り(履帯・転輪)の塗装・組み立て

それではまず足回りの塗装と組み立てを行います。

転輪は外周のゴム部分の塗装で、履帯は塗装が終わっているので転輪塗装後に取り付けます。

メーベルワーゲン試作型 転輪の塗装

ということで、まずは転輪の塗装からスタート。転輪のゴム部分となる外周をフラットブラックで塗っていきます。

今回の転輪は車体に接着するのではなく、ゴムキャップをインサートして回転するようになっているので、クルクル回しながら塗装していきます。

メーベルワーゲン試作型 転輪の塗装2

こちらは予備転輪。

基本的には車体にくっついてる転輪とやることは同じですが、塗装時に持つところがないので、ドリルにセロテープ巻いて厚くしたものを転輪の窪みにぶっ刺して持ち手にしました。

メーベルワーゲン試作型 履帯の焼き止め

そして履帯。

こちらは既に塗装済みなのでやることは塗装ではなく、履帯の両端を焼き止めして「輪」にします。

メーベルワーゲン試作型 履帯の焼き止め2

履帯の両端にはそれぞれ突起と穴がそれぞれ4つずつあります。

まず穴に突起を通したあと、熱したドライバーなどで突起の頭を溶かし、すぐに指で焼き潰した突起を抑えます。この時潰した突起の先端>穴の径になればOK

焼き止めが甘い場合はホチキスで補強しろと説明書にはありますが、流石にホチキスはカッコ悪いのでアドルフ泣いても手放すなという心構えでやっていきます。

メーベルワーゲン試作型 履帯取り付け

輪っかにした履帯は本体へ取り付けます。手順は、

  1. 起動輪を本体から外す
  2. 履帯を誘導輪から通していく
  3. 履帯を外した起動輪の歯と噛み合わせる
  4. 起動輪を軽く引っ張って本体に再び装着

…というように取り付けました。

現行のタミヤのベルト式履帯と違って接着剤が効かないので失敗できないというタチの悪い履帯でしたが、無事に取り付けられて一安心。

2cm Flakvierling38の塗装・組み立て

さて、続きましてはメーベルワーゲンのメイン武装「2cm Flakvierling38」の細部の塗り分けと、塗装後のパーツ取り付けを行います。

メーベルワーゲン試作型 2cm Flakvierling38の塗装

まずはFlak38機関砲を塗装します。

今回は試しにMr.カラーの黒鉄色というのを使ってみました。ドラゴン(サイバーホビー)のキットでは対空機関砲の砲身や車載機銃はこの黒鉄色で塗れと指示があります。

…が、実際に塗ってみると妙にテカテカと光沢(メタリック系なので当然ですが…)があり、プラスチックの玩具みたいなので、いつも通りガンメタル+フラットブラックの混色で塗り直しました。

メーベルワーゲン試作型 2cm Flakvierling38の塗装2

続いてこちらはマガジンラック。

こちらも機関砲本体と同じようにガンメタル+で塗装した後に接着しました。

なお、射撃手や装填手が座るイスの尻が乗る部分と背もたれはフラットブラックにて塗装済み。

OVM(車載工具)の塗装

最後にOVM(車載工具)などの塗装を行います。

メーベルワーゲン試作型 OVM塗装

こちらはスコップ。

今までは工具の金属部分は機関砲などと同様にガンメタル&つや消しブラックの混色を塗り、柄などの木の部分はレッドブラウンを塗っていました。

…が、今回は試しに柄の部分にアクリル塗料のフラットフレッシュを塗ってみました。

メーベルワーゲン試作型 OVM塗装2

そしてその後エナメル塗料のレッドブラウンを上から軽く払うように重ね塗り。

そうすることでレッドブラウン単色では表現できないような木目やニスっぽいものが出てきました。

これは「仲田師匠のプラモデル道場 エアブラシの使い方 」を参考に試してみたもの。

本書では下地の基本塗装はアクリルのバフ、木目など仕上げはエナメルのレッドブラウン&クリアオレンジ少々で行っていますが、私は家にあった塗料を代用する形で再現してみました。

メーベルワーゲン試作型 OVM塗装3

こちらは予備履帯を車体の前面に取り付けます。

この時点では取り付けるだけで特に何かを塗るといったことはしていませんが、次のウェザリングで泥とか錆とか金属地肌の露出とかを再現します。

とりあえずこれで塗り分けが完了しました。

[スポンサードリンク]
[ad#entry3]

まとめ

今回は兵士フィギュアの作成と細部の塗り分けを行いました。

今まではこういった細部の塗り分けはアクリル塗料でやっていましたが、色々試したかったのでラッカー系塗料やエナメル塗料も使ってみました。

感想としてはエナメル系塗料が細部の塗り分けで使いやすかったので、次回からはフィギュアを作るときはエナメル系塗料主体でやっていこうと思います。

メーベルワーゲン試作型 塗装完了

最終的にこのようになりました。やっぱりフィギュアが置いてあると雰囲気は出ますね。作るの面倒ですけど(笑)

↑今作ってるキットはコレ。古いキットには古いキットなりの良さがあるのです。

模型道場の師匠こと仲田裕之氏がフィギュアの作り方を教えてくれます。「ものぐさプラモデル作製指南」とあるように私のような面倒くさがりな人向け。

模型制作日記対空戦車4号対空自走砲 メーベルワーゲン試作型
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ましゅーをフォローする
北海道胆振東部地震 支援募金のお知らせ

2018年(平成30年)9月6日3時7分ごろ、北海道胆振地方を震源とした最大震度7の地震が発生しました。

震源に近い厚真町では大規模な土砂崩れが発生し、行方不明者などの被害がでています。また、北海道全域で停電が発生するなど、影響は北海道全域におよび日常生活に支障をきたしています。

現在も多くのNPO団体などによる支援が行われています。みなさまのご支援、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

寄付はクレジットカードまたはTポイントカードからできます。

Turbulence

この記事のコメント