今日はティーガーIの連結式履帯を組み立てよう

今日はティーガーIの連結式履帯を組み立てよう

ティーガーI後期型 連結式履帯の組み立て8

気に入ったらシェアしてやって下さい

どうもこんにちは。ましゅーです。

着々と組み立てが進んでおりますタミヤのティーガーI(後期型)。今回は戦車の魅力の一つである履帯を組み立てていきます。

戦車模型の履帯には様々な種類がありますが、タミヤのティーガーI(後期型)は連結式履帯と呼ばれる1コマ1コマ繋げていくタイプの履帯です。

ベルトタイプの履帯と比べると同じ作業を繰り返すため根気のいる作業ですが、重量を感じさせる「たるみ」を再現できるのが連結式のメリットです。

それでは今回行った履帯の組み立てを写真つきで解説していきます。

前の記事 【ティーガーI】戦車にバトルダメージを与えてみた
最初から ドイツの重戦車「ティーガーI」を作って連合軍に対抗する
記事一覧 6号戦車 ティーガーI

[スポンサードリンク]
[ad#entry1]

スポンサーリンク

ティーガーIの連結式履帯を組み立てます

今回はティーガーIの連結式履帯を組み立てていきます。連結式履帯は部分連結タイプを含めると今まで3つ作りました。

私がこれまで作った戦車模型に付属していた履帯は大きく分けて2種類。

  • ベルト式履帯 : ゴムのようなフニャフニャした履帯。車体に巻きつけて接着するだけなので簡単だが、履帯の「たるみ」を再現しにくい
  • 連結式履帯 : 1コマ1コマ(あるいは部分的に)接着して繋げる履帯。手間はかかるが履帯の「たるみ」を再現できる

他にも社外アイテムとして、実物の履帯と同じ構造になってる「モデルカステン」の履帯や、金属の履帯などもありますが、キット付属の履帯はほぼ上記の2種類。

どちらも長所・短所がありますが、今作っているティーガーI(後期型)には後者の連結式履帯が入っていました。

なお、ブロンコの「フラックワーゲン」ではモデルカステンのような可動式履帯が使われます。詳しくは「フラックワーゲンの可動式履帯と戦ってから1週間が経過しました」の記事で解説。

また、連結式履帯はそのまま車体側に接着する方法と、車体に接着していない転輪にのみ接着して履帯と転輪を取り外せる「ロコ組み」の2パターンの組み立て方法があるかと思います。

今回はロコ組みではなく、車体側にそのまま接着するタイプの組み立てを行いますが、過去の模型制作では「ロコ組み」で組み立てたので、ロコ組みをやってみたい方はそちらも参考にしてみてください。

関連記事

過去に行った連結式履帯の組み立てについては以下の記事で解説しています。

履帯パーツの切り出し・整形

ティーガーI後期型 連結式履帯の組み立て

さて、それではティーガーIの履帯を作っていきましょう。説明書は9番および10番。

履帯は左側が100コマなのに対して、右側は99コマと数が異なっています。

これはティーガーのサスペンション(トーションバー)が左右非対称なため、左右の起動輪と誘導輪の位置関係の違いで数が違ってくるとのこと。

…が、説明書に記載されている履帯はあくまで目安で、場合によっては足りなかったり逆に多かったりする場合があります。その時は臨機応変に枚数を調整してください。

ティーガーI後期型 連結式履帯の組み立て2

ドイツのカッセルに本社を置くヘンシェル社(ティーガーを製造していた)のエンジニアが「おう、履帯はこうするんやでボーイ」とドヤ顔で解説しています。

彼が持っている棒状のパーツ(A16)は、戦車模型の足回りを組み立てる上で色々役に立つので、完成後も捨てずに保管しておきましょう。

ティーガーI後期型 連結式履帯の組み立て3

履帯は他のパーツと同じくランナーにくっついているので、必要な分だけ切り離します。

最初はニッパーで切り離していましたが、カッターナイフでスパンと切り落とせばゲート処理が不要になるので楽です(ただし刃こぼれ注意)。

なお履帯のランナーには、組み立てる履帯(D1)と一緒に、砲塔に取り付ける予備履帯(D2)もついているので混ぜるな危険。

予備履帯(D2)はパーツランナーの右下3コマだけですが、万が一混ざってしまった場合は、履帯の表面を見て砲塔に取り付ける突起の有無で判別します。

ティーガーI後期型 連結式履帯の組み立て4

また、履帯の内側には「押出ピン跡」があります。残しておくと見栄えが悪いので紙やすりで削って目立たなくしました。

…が、片側100コマを切り離すだけでもしんどいのに、押出ピン跡を隠すヤスリがけはしんどいので途中で断念。押出ピンはウェザリングで隠せばいいのです。

ただし砲塔に取り付ける予備履帯はしっかり跡を消しておきます。

ティーガーI後期型 連結式履帯の組み立て5

なんやかんや言っているうちに片側100コマ分の履帯が用意できました。

ドラゴンのキットだと「マジックトラック」という最初から切り離された状態の履帯が付属する場合もあります。箱を開けてマジックトラックが入ってたら貴方は幸運。

なおドラゴンも古いキットだと今回のようにランナーにくっついた履帯が入っている場合もあります。箱を開けて履帯がランナーにくっついてたら貴方は死亡。

履帯を並べて接着します

必要な数だけ履帯を用意したら、次はその履帯を1コマ1コマ並べていきます。

ティーガーI後期型 連結式履帯の組み立て6

ボン。今回で3度目の登場となる「ベニヤ板」です。

これまで「4号対空戦車 クーゲルブリッツ」や「5号対空戦車 ケーリアン」の連結式履帯を組み立てる時にお世話になりました。

私は家にあった廃材を使ってますが、ある程度長さがあればプラ板でも鉄板でも何でもOKです。

ティーガーI後期型 連結式履帯の組み立て7

まずベニヤ板に両面テープを貼ります。

この上に履帯を1コマ1コマ並べていくわけですが、そのままだと両面テープの粘着力が強すぎるので、指でペタペタ触って指紋だらけにして粘着力を落とします。

履帯を貼り付けた状態でひっくり返しても落ちない程度に粘着力があればOK。

ティーガーI後期型 連結式履帯の組み立て8

履帯を1コマ1コマつなげるように両面テープの上に載せていきます。「あれ、何コマ並べたっけ?!」ってならないように10コマごとに数字を入れておきました。

また、10コマ並べたら先ほどのドヤ顔エンジニアが持っていた棒状のパーツ(A16)を使って履帯が真っ直ぐになるように矯正します。

ティーガーI後期型 連結式履帯の組み立て9

ということで無事に100コマ並べ終わりました。首と肩が痛い。

ティーガーI後期型 連結式履帯の組み立て10

そしたら流し込み接着剤で履帯の接続部分をくっつけます。

本当なら1コマ1コマ丁寧に接着剤を塗るべきなのですが、この時点でライフポイントが限りなくゼロな私は流し込み接着剤を筆にとってスーッと雑巾掛けするように塗布。

結果としては特に問題はなかったのですが、ここは面倒臭がらずに1コマ1コマ塗ったほうが無難かと思います。

説明書には接着剤を塗ってから30分~1時間ほど乾燥させろとありますが、15分だけ乾燥させました。セッカチな性分なのです。

ティーガーI後期型 連結式履帯の組み立て11

乾燥させたら履帯をペリペリとベニヤ板から剥離します。先っちょじゃなく根本を持ってゆっくり優しく剥がしましょう。

ティーガーI後期型 連結式履帯の組み立て12

愛が足りないとこのように途中で履帯が切れます。こうなる原因は主に

  • 両面テープの粘着力が強すぎた
  • 接着剤の乾燥時間が短すぎた
  • そもそも接着されてなかった
  • 剥がし方が悪かった

のいずれかです。しっかり反省しましょう。

なお、履帯が途中で切れてしまった場合は、接着剤で再度貼り付けて3分ほど放置します。

[スポンサードリンク]
[ad#entry2]

履帯を車体に取り付けます

接着剤を十分乾燥させた履帯をティーガーIの転輪に巻きつけていきます。

しっかり乾燥させて接着したとはいえ、強く引っ張ると切れてしまうので、作業時は力を入れすぎないように注意。

ティーガーI後期型 連結式履帯の取り付け

履帯は誘導輪側から転輪の上部へスルスルと通していきます。転輪の履帯と重なる部分には接着剤を塗るのを忘れずに。。

履帯の向きは、センターガイドから見て幅の広い方が外側に来るようにします。

ここで強く引っ張ると履帯が切れてしまうので、途中で引っかかった場合は無理せずにピンセットなどで引っ掛かりを取ります。

ティーガーI後期型 連結式履帯の取り付け2

起動輪の歯が履帯の穴に噛み合うように履帯を曲げていきます。

歯がしっかり噛み合う頂点や側面などは先に起動輪に接着剤を塗っておいても良いと思います。

なお、今まで連結式履帯を組むときは、奥まった部分の塗装を考慮して転輪は車体に接着せずに履帯とだけ接着する「ロコ組み」方式を採用していました。

…が、先述の通り、今回は先に転輪を接着しているのでロコ組みではなく、履帯を取り付けたまま塗装しようと思います。

ティーガーI後期型 連結式履帯の取り付け4

そしてもう片側の履帯を持ってきて、接続して接着します。

上の写真だと少し長さが足りないですが、誘導輪部分の履帯をキツ目に巻きつけることで長さがちょうど良くなります。

この長さ調節のために各所をタイトにする作業が一番履帯を切りやすいのであくまで丁寧にやります。

ティーガーI後期型 連結式履帯の取り付け4

無事に履帯を輪っかに取り付けることができました。

もう片方も同じようにやっていきますが、説明書通りに99コマでやろうとすると、どう足掻いても1コマ足りません。なのでこちらも100コマで設定しました。

履帯の「たるみ」を再現します

履帯の取り付けは終わりましたが、よく見ると上の履帯が垂れ下がっておらず、これでは連結式履帯のメリットがありません。

なので次は履帯の「たるみ」を出します。

ティーガーI後期型 連結式履帯の取り付け5

ティーガーやパンターは4号戦車のように上部支持転輪が無いので、垂れ下がりを出すのは主に起動輪から転輪までの落差がある部分。

起動輪の頂点から1枚下がったところから垂れ下がり始め、緩やかなスロープを描くように少しずつ垂れ下がるようにします。

ちなみにティーガーの履帯は1コマの重量が30kgとのこと。こんな重たい履帯を交換しなきゃいけない整備兵は腰痛に悩まされているに違いない。

ティーガーI後期型 連結式履帯の取り付け6

履帯は急激にストンと落とすのではなく、前から3つ目の転輪に接触するくらいの垂れ下がり具合。

ティーガーI後期型 連結式履帯の取り付け7

するとこんな感じになりました。

良い具合にポジションが決まったら、履帯と車体の隙間に丸めたティッシュを噛ませてホールドします。

このまま1日くらい保管しておけば履帯の完成です。

ティーガーI後期型 連結式履帯の余り

…で、履帯が1枚余ったけれど…これは一体?

[スポンサードリンク]
[ad#entry3]

まとめ

「ロコ組み」でないという点を除いて、過去にやったのと同じ方法で行いました。

でも、1コマ1コマ板の上に並べてから接着剤を塗るのではなく、最初から1コマごとに接着剤を塗る方が早いかなとも思いました。

また、接着剤は流し込みタイプを使いましたが、接着力の関係で通常の接着剤にして、もう少し長く乾燥時間を設けたほうが良いかもしれません。

次回連結式履帯を組み立てる機会があったらその時は、これらの方法を試してみようと思います。

↑ この記事で解説している模型はタミヤの『タイガーI 後期生産型』です。組み立てやすさとクオリティを両立した幅広い層に愛される傑作模型の1つです。

↑記事内でボソッとボヤいた金属製履帯がこちら。金属ならではの質感と重量感は模型のクオリティを大幅に向上させます。購入の際は黒染め液も忘れずに。

↑同じく記事内でボソッとボヤいたモデルカステンの連結式履帯。実物と同じ構造になっているので、よりリアルな「たるみ」を再現できます。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら いいね!いいね!しよう

気に入ったらシェアしてやって下さい

フォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク
スポンサーリンク