2018年4月6日 WordPressテーマをSimplicity2からCocoonに変更しました!!

「ティーガーI」の車体上部にOVMを取り付けてみた

ティーガーI後期型 車体前方のOVM 6号戦車 ティーガーI

どうもこんにちは。ましゅーです。

また今日も ティーガーI(後期型) を組み立て日記の続きを書いていこうと思います。

今回からは車体の上部に入り、各種パーツやOVM(車載工具)などを取り付けていきます。

一見パーツを取り付けるだけの地味な作業ではありますが、取り付けをやる前とやったあとではガラッと印象が変わるから面白いです。

なお、これまでのティーガーI制作日記につきましては下記のリンクを参照してください。

関連記事

[スポンサードリンク]
[ad#entry1]

スポンサーリンク

ティーガーIの車体上部にパーツを取り付けます

まずは車体上部にハッチや前面装甲板、OVM(車載工具)といったパーツを取り付けていきます。

ランナーからパーツを切り離して整形して、車体にあいている穴に合わせて取り付けますが、工具類のパーツなどは細長いものが多いので、へし折ってしまわないよう注意します。

ティーガーI後期型 車体上部シャーシ

車体上部パーツはこのように一体形成になっておりますので、ここにペタペタとパーツを取り付けていくのです。

なお砲塔リングについているタグみたいなのは不要なので取り除きます。

また、車体上部の内側から組み立てるものもあるので、この時点ではまだ上下車体を接着せず、一通りパーツを取り付け終えてから合体させます。

車体前面装甲板の組み立て・取り付け

それではまずは車体正面にある「前面装甲板」から作っていこうと思います。

ティーガーI後期型 説明書6番

説明書は6番目からスタート。

見ると車体の裏側からもパーツを取り付けるし、接着してはいけない部分もあるので、それらも解説していきます。

ティーガーI後期型 車体前面装甲板の組み立て

前面装甲板は通信手席の車載機銃用ボールマウントや操縦手席の視察窓は最初から成形されているので、そのまま車体にペタンと貼り付けるだけ。

モチロンここにもツィンメリットコーティングをしますので、それを考慮した上でパーツを取り付けていきます。

ティーガーI後期型 車体前面装甲板 車載機銃

前面装甲板ですが、通信手席側にはボールマウント式銃架に取り付けられた機銃(MG34)があります。

サイバーホビー(ドラゴン)製のキットでは隠れてしまう部分までシッカリ再現されていましたが、タミヤのキットの場合は機銃の銃身パーツを取り付けるだけの場合がほとんどでした。

しかし、今回のティーガーIは少し違うようで、まず銃身のパーツを写真のような半円状のパーツに取り付けます。

ティーガーI後期型 車体前面装甲板 車載機銃2

そして前面装甲板の裏側から形状を合わせて置きます。説明書にもあるように、ここは接着しないので注意。あくまで乗せるだけです。

ティーガーI後期型 車体前面装甲板 車載機銃3

その上にパーツを被せるように置いて、両端を接着します。

これによってボールマウント式銃架のMG34機銃もクルクル稼働するようになります。ゲームのコントローラーみたいです。

…が、ツィンメリットコーティングをするときに邪魔になるので、まだ接着せずにコーティング終わってから取り付けます。

ティーガーI後期型 車体前面装甲板 ボッシュライト

そしてこちらはドイツ戦車ではおなじみのボッシュライト。土台とライト前後パーツの3部構成なので、説明書に従って組み立てます。

こちらもツィンメリットコーティングするときに邪魔になるのであとから装着します。

なお、このボッシュライトには配線が無いので、真鍮線や伸ばしランナーを上手いこと曲げて再現します。

ハッチの組み立て取り付け

次は通信手・操縦手およびエンジンデッキのハッチを組み立てていきます。

ティーガーI後期型 説明書7番

説明書は7番目となります。

ぱっと見た感じ難しそうではありませんが、細かいパーツが多いので焦らず紛失と破損だけ注意してやっていきます。

ティーガーI後期型 エンジンハッチ組み立て

まずはエンジンデッキのハッチから。ここにパーツを色々取り付けます。

[スポンサードリンク]
[ad#entry2]

ティーガーI後期型 エンジンハッチ組み立て2

するとこんな感じになりました。

注意する点といえば、ハッチ両端にあるハンドル部分が細いので切り離すときや整形するときにポキッとならないよう丁寧に扱うことです。

タミヤのキットはまだ肉厚ですが、ドラゴンのキットのハンドルなどのパーツは本当に細いので、ニッパーで切断する時に生じる歪みだけで折れたりします。

そういったパーツは真鍮線を曲げたものと交換するひとが多いようですが、今回はこのままキットのパーツを使います。

ティーガーI後期型 ハッチ組み立て

お次は通信手席と操縦手席のハッチを組み立てます。裏面に2つ、表に1つパーツを取り付けるだけ。

ティーガーI後期型 ハッチ組み立て2

まず裏面。ここにはハッチのレバーとペリスコープを取り付けます。

ペリスコープは反射鏡を利用した高額装置で、戦闘中など迂闊にハッチを開けられない時はこのペリスコープで視界を確保します。

ティーガーI後期型 ハッチ組み立て3

ハッチの表面にはペリスコープを保護するカバーパーツを取り付けます。これを2つ用意します。

ティーガーI後期型 ハッチ完成

ということでハッチも完成しました。

ティーガーI後期型 エンジンハッチ取り付け

エンジンデッキはそのまま車体の形状に合わせて貼り付けます。

ティーガーI後期型 ハッチ取り付け

通信手・操縦手席のハッチは開いた状態か閉じた状態が選べるので、説明書を参考に好きな方を選んでください。

私は基本的にハッチは閉じておく派なので今回も例に漏れずハッチは閉めたままです。

狭い空間にオトコがぎっしり詰まった状態は不衛生ですが、換気しようとハッチを開けると手榴弾が飛んで来るので戦闘中は我慢。

OVMの取り付け

まだまだ続きます。

今度は車体上部の上面に牽引ワイヤーやOVM(車載工具)を取り付けていきます。

4号戦車やパンターだとフェンダーの上や車体の側面にもパーツを取り付ますが、ティーガーは車幅が広いので、上面に置くことができるのです。

ティーガーI後期型 説明書8番

なんだかゴッチャリしていますが、今までと同じように切り離したパーツを取り付けるだけなので何の事はありません。

ゴッチャにならないように、あちこち点々と取り付けるのではなく、前面なら前面だけ集中して取り付けるようにすれば取り付け忘れを回避できます。

ティーガーI後期型 牽引ワイヤー

そう言いながら最初に取り付けるのは牽引ワイヤー。

過去にも何度か書きましたが、ティーガーIは重すぎる上に雑に扱うとすぐ故障するので牽引するのが一苦労だったとのこと。

某・戦車アニメではカーレースでもするかのようにブンブン走らせていますが、アレはアニメだから許される演出で、実際にやれば故障か戦車長に怒られるかのどちらかです。

そんなティーガーIでも牽引するときは牽引具が必要なので、四の五の言わずに車体に取り付けます。

ティーガーI後期型 牽引ワイヤー2

牽引ワイヤーは車体の両サイドに1本ずつ取り付けます。

ワイヤーにはゲートだけでなくパーティングラインも入ってるので一緒にそぎ落とします。その時にワイヤーのモールドが消えてしまったら、コーティングブレードで刻めば復元できます。

こちらも車体の穴とワイヤーの突起を合わせる形で取り付けるだけですが、エンジンデッキの方も接着剤でペタッとくっつけておきました。

なお、ワイヤーはよく見ると、砲身をキレイにするクリーニングロッドと一体となっているので、塗装時は塗り分けに注意です。

ティーガーI後期型 ジャッキ台

こちらはジャッキ台です。車体後部にとりつけたジャッキを使うときはこの上に置いてキコキコして車体を持ち上げます。

今回はこのジャッキ台の木の部分にコーティングブレード当ててギコギコやって表面にキズつけることで使用感を与えてみました。

また、リューターに先端が丸いアタッチメント取り付けてジャッキ台の中央部分を少しヘコませてみました。超重量を支えるジャッキを当てるので中央はヘコむだろうなぁと思ったのです。

ティーガーI後期型 車体前方のOVM

その他ハンマーとかスコップとかワイヤーカッターにバールのようなものを説明書を参考に取り付けていくとこんな感じになりました。

ティーガーIは車体が広いので上面に色々モノが置けるのです。ただ、こんだけ色々置いてあると引っかかってコケそうですよね。足元注意。

ティーガーI後期型 消火器

車体の後部には消火器とエンジングリルのレバーを3箇所に取り付けます。

ティーガーI後期型 OVM取り付け完了

と言った具合にいろいろ取り付けたらこのようになりました。

各種OVMやワイヤーは車体塗装後に塗り分けるので、取り付けてからだと塗装がしんどいと思う人は、塗装してから取り付けるのを推奨します。

その場合、工具の留め具部分は車体と同じ色なので、車体塗装の時に工具も一緒にブワーっと塗装したうえで塗り分けてください。

ひとまず今回は個々で一旦作業を中断します。

[スポンサードリンク]
[ad#entry3]

まとめ

今回は車体上部へ装甲板やOVM、ハッチといった小さいパーツを取り付ける作業がほとんどでした。

本当は前面装甲板のツィンメリットコーティングやフェンダーの取り付けも書きたかったのですが、そうなるとムチャクチャ長くなるので区切ることにしました。

なので次回はツィンメリットコーティングやフェンダーの取り付けについて書き綴ろうと思います。

↑今作っているのはタミヤの1/35モデル ティーガーI(後期生産型)です。組み立てやすいながらもシッカリ作りこまれているので初心者からベテランまで楽しめるキットです。

↑プラモデル戦車を作りたくなったらあれこれ考える前に「戦車模型の教科書」を読んでおくのをオススメします。

6号戦車 ティーガーI
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ましゅーをフォローする
Turbulence

この記事のコメント