M4のアウターバレルを7.5インチにするとこうなる

M4のアウターバレルを7.5インチにするとこうなる

DYTAC 7.5インチ SBRアウターバレル セット内容

気に入ったらシェアしてやって下さい

どうもこんにちは。ましゅーです。

前回の『M4カスタム日記』から2年後の記事となりますが、あれからまたM4にパーツを組み込んでカスタムを再開しています。

今回はDYTACの7.5インチ アウターバレルをM4に組み込んでみましたのでご紹介します。

一般的なM4のアウターバレルは14.5インチ、M4よりショートバレルの「M733コマンド」が11.5インチなので、それよりもさらに短い7.5インチバレルのM4はどのようになるか、見ていきましょう。

前の記事 M4にG&P製「スペシャルフォースキット」を組み込んでみた

最初から M4にMREというハンドガードを組み込んでみた

記事一覧 M4カスタム日記

スポンサーリンク

M4のアウターバレルを7.5インチにします

先述の通り、今回のカスタム内容はアウターバレルを7.5インチにするというものです。

ちなみにカスタム前のM4のアウターバレルは、G&Pのスペシャルフォースキットに付属しているものを使用しており、M4のサイズである14.5インチよりも1cmほど短いです。

カスタム前のM4

スペシャルフォースキットを組み込んだM4 2

参考までに7.5インチのアウターバレルを組み込む前のM4はこんな感じ。

この状態で更にアウターバレルだけを短くするということは、RASの中からサプレッサーが顔を出す「SDスタイル」になります。

要はこんな感じにしたい

ファットサプレッサーを装着したM4 その2

要するに、MREフロントキットが生存していた頃に再現したモノ (上記写真)をもう一度再現するというものです。

このRASの内部でバレルとサプレッサーが接続される「SDスタイル」が個人的に好きで、またしても同じようなカスタムをするというのである。懲りない男である。

DYTAC 7.5インチ SBRアウターバレルを組み込んでみた

DYTAC 7.5インチ SBRアウターバレル

そんな懲りない私のニーズを満たしてくれるのは、DYTAC(ダイタック)の7.5インチ SBRアウターバレルでした。価格は諸々込みで8,800円ほど。

Dynamic Tactical、略してDYTAC(ダイタック)というメーカーですが、アウターバレル以外にもフロントキット、各種アクセサリー、完成品電動ガンなど幅広く扱っており、G&PやUFC、KingArms、D-BOYSといった海外メーカーに並ぶ知名度があります。

セット内容

DYTAC 7.5インチ SBRアウターバレル セット内容

今回入手したDYTACの7.5インチSBRアウターバレルのセット内容は以下の通り。

  • 7.5インチアウターバレル本体
  • ガスブロック
  • ガスチューブ

…と、アウターバレル本体だけでなく、ガスチューブやガスブロックも付属されていたので、バレルサイズ変更する際に一緒に変更する必要があるパーツも手に入りました。

特にガスチューブはバレルの長さに合わせる必要があるので、別途で購入するか、あるいは既存のものをカットして使うかの選択となります。それだけに7.5インチバレル対応のガスチューブがセットになっているのは有り難い。

なお、アウターバレルの先端は14mmの逆ネジになっております。サプレッサーやフラッシュハイダーを装着するときは向きにご注意。

アウターバレルを詳しく見てみる

それでは、アウターバレルの気になった部分にフォーカスを当てて見ていきます。

DYTAC 7.5インチ SBRアウターバレル 配線逃がし

こちらはアウターバレルの基部。

底面には配線を通すための「逃がし」があるので、M4やM733などのフロント配線にも対応しています。

主にこの長さのアウターバレルを使用する場合は、RAS(ハンドガード)内部にバッテリーを収納するよりも、外付けバッテリーケースを使用したほうがカッコ良いと思います(個人の感想です)。

DYTAC 7.5インチ SBRアウターバレル 基部

こちらはアウターバレルの基部の上面。

ボコッと出ているイモネジによって固定した時にアウターバレルが回転するのを防ぎます。

最初はイモネジ1本だけで大丈夫かなと不安でしたが、アウターバレル自体が短いので、フルサイズライフルと違ってそこまで回転の力が加わることはない……と思います。

気になる人はイモネジを増設してみると良いかもしれません(上級者向け)

ガスブロックのディテール

続いて、付属のガスブロックも見ていきます。

DYTAC 7.5インチ SBRアウターバレル ガスブロックの刻印

ガスブロック正面にはシルクプリントの刻印が入っております。

刻印には剣とアルファベットの「V」のようなマークが入っており、VTAC(VIKING TACTICS)社を彷彿させます。

DYTAC 7.5インチ SBRアウターバレル ガスブロックの固定ネジ

ガスブロック底面は従来のガスブロックと同じようにバレルに固定するための六角ネジがついていますが、従来のイモネジ(M3)よりも大きなものになっています。

ネジの面積が大きくなっているので、小さなイモネジよりもしっかりアウターバレルに固定でき、六角レンチも大きくなるので取り外しやすくなります。

なお、従来のガスブロックはイモネジとピン2本で固定しますが、このガスブロックは底面の六角ネジのみとなっています。

M4に7.5インチバレルを組み込んだ結果

大雑把ですが、気になった部分を見ていきましたので、いよいよM4にアウターバレルを組み込んでみます。

DYTAC 7.5インチ SBRアウターバレル 組み込み

まずアウターバレルの長さの比較ですが、スペシャルフォースキット付属のアウターバレルと7.5インチアウターバレルを比較するとこんな感じ。

スペシャルフォースキットのバレルと比べると「半分よりちょっと長いかな?」くらいの長さです。

ミドルサイズのRASだとこんな感じに

DYTAC 7.5インチ SBRアウターバレル 組み込み後のフロント

アウターバレルを組み込んだあとにRASを組み込み、サプレッサーを装着するとこのようになりました。

案の定RASの中からサプレッサーが顔を出すようなフォルムに。

DYTAC 7.5インチ SBRアウターバレル 組み込み後のフロント2

画質が悪くて恐縮ですが、全体像はこんな感じになりました。

なお、インナーバレルの長さはそのままなので、サプレッサーをバレルジャケットとして使用しており、消音効果は サプレッサー全長 – バレルジャケットスペース となります。

7インチのRASだとこうなる

DYTAC 7.5インチ SBRアウターバレル 組み込み後のフロント3

もう一つ、7インチのRASと組み合わせるとこのようになりました。

この形状ならサプレッサーも小さいものを使用して、ストックもショートタイプにすることで「スタビーキラー」のような小型で取り回しやすいM4が出来上がります。

まとめ

今回はアウターバレルを7.5インチに短縮して、RASの中からひょっこりサプレッサーが顔を出すフォルム(そりしり正式名称を知りたい…)にしてみました。

このフォルムのメリットは普通にサプレッサーを付ける場合よりも全長を抑えられる点と、スッキリしたシルエットになるといった利点が挙げられます。

↑ 今回組み込んだのがこちら。この他にも様々なサイズのアウターバレルがリリースされておりますが、メーカーや電動ガン(特に次世代電動ガン)によっては非対応のものもあるので、確認したうえで購入してください。

↑ 最近のアウターバレルは基部を付け替えることで電動ガンにもガスブローバックガンにも対応でき、最長18.125インチ、最短3.125インチまで調節できるようです。ちょっと欲しい。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら いいね!いいね!しよう

気に入ったらシェアしてやって下さい

フォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク
スポンサーリンク