M4にLayLaxの「リトラクタブル ストック VL」を装着してみた

M4にLayLaxの「リトラクタブル ストック VL」を装着してみた

ライラクス リトラクタブルストックVL

気に入ったらシェアしてやって下さい

どうもこんにちは。まっしゅです。

M4・M16系は大まかにフロント(ハンドガード)、フレーム、ストックの3つのセクションに分類でき、これらのうち1ヶ所でもパーツを交換することで、その外見をガラリと変貌させることができます。

今回はその3セクションのうちの「ストック」をLaylLax(ライラクス)のリトラクタブル ストック VLと交換したのでレビューいたします。

マルイのM4にG&PのMREフロントセットというRASを組み込んでみました。最大の特徴はフロントサイトの先にも4面のレイルがついており、なかなかユニークなハンドガードです。

↑なお前回はG&PのMREというフロントキットを組み込みました。

スポンサーリンク

LaylLax(ライラクス) リトラクタブ ルストック VLを装着してみた

M4・M16系のストックは色々ありますが、この時はPMC(民間軍事会社)スタイルの銃や装備が私の中でトレンドだったため、「PMCといったらTAN」という良くわからない理由でTANカラーのストックを探していました。

そんな中で出会ったのがLayLax(以下:ライラクス)のリトラクタブル ストック VL(TANカラー)です。

ライラクス リトラクタブルストックVL

従来のM4系と同様にリトラクタブル(=引っ込める)なストックで体格に合わせて長さを6段階に調整出来ます。

製品名にある「VL」とはアメリカ合衆国アイダホ州にある実銃パーツメーカー「VLTOR」からとったもので、ストックの形状もVLTOR社のクラブフットストックを模したものになっています。

また、このストックは東京マルイ純正ストックパイプ対応ですが、LayLaxが販売するストックパイプ専用もあります(おそらく殆どの人が前者を選ぶと思います)。

東京マルイ純正ストックとの比較

ライラクス リトラクタブルストックVL ストック比較

せっかくですので東京マルイ純正のストックと形状を比較してみます。まずは上から見た図す。純正ストックと比べると横幅が広いのがわかります。

横幅が広いということは、単純に頬付けしやすいのは勿論のこと、ストックには小物を入れるスペースがあり、SUREFIREなどのフラッシュライトに使用する乾電池などを収納できます。

ライラクス リトラクタブルストックVL ストック比較2

横から見るとこんな感じ。全長は純正ストックと殆ど変わりません。

ストックの伸縮はマルイ純正ストックと同じようにストック下部にあるレバーを握りながら前後にスライドさせ、着脱は逆にレバーを下に引きながら行います。

また、ストック後方にはQDスリングスイベルを装着するためのマウント(銀色の縁のある丸い穴)があります。

ライラクス リトラクタブルストックVL ストック比較3

正面から撮影。やはり純正ストックと比べると横幅があります。

なお、Laylax公式サイトの製品紹介ページでは、『ガタ付き防止のためタイト(きつい)設計になっております』とありましたが、マルイのストックパイプに取り付けたところ、キツくもなく緩くもなくちょうど良かったです。

クラブフットタイプのストックはKing Arms、STAR、UFC等のメーカーからも出ていますが、それらの多くはバッテリー内臓タイプで、価格も1万円を超えるというものでした。

しかもバッテリー内蔵タイプのストックはフレームやストックパイプなどに加工が必要なので上級者向け。

一方でライラクスのストックはバッテリーを収納するスペースが小物入れになっていて、先述の通りキャップを外すことでSUREFIRE用の乾電池などを収納可能。

バッテリーホルダーを装着してみた

ライラクス リトラクタブルストックVL バッテリーホルダー装着

ストックを交換する上で気になったのは、マルイ純正ストックと同じようにバッテリーを収納するためのホルダーが装着出来るかでした。

純正のストックと構造が違うので取り付けに頭をひねるかと思いきや、何の問題もなく普通に装着できました。むしろ平らになっているのでこちらの方が保持しやすい。

バッテリーホルダーはLayLaxのユニバーサル・バッテリーホルダー(絶版)を使っています。

このバッテリーホルダーにはズレ防止のゴム板が付属していますが、間に挟むだけではズレるので、両面テープでストックに貼り付けています。

ライラクス リトラクタブルストックVL バッテリーホルダー装着2

反対側。このバッテリーホルダーは同社の12Vバッテリーまで対応しているとのことです。

ちなみに携帯電話も入ります。ゲーム中に仕事の電話が来ても安心。

ライラクス リトラクタブルストックVL バッテリーホルダー装着3

バッテリーホルダーを固定するベルトの長さが余った場合は両面テープで貼り付けると邪魔になりません。

ベルトの隙間に入れると緩んでしまうのでこの方法が安全。

スポンサーリンク

まとめ

形状はもちろんのこと、黒系のライフルにTANカラーのストックを交換したことでガラリと印象がかわりました。

今後も少しずつカスタマイズを進めていって独自のM4を作っていきたいと思います。

今度はグリップをフォールディンググリップと交換しました。ガンケースに収納する時に楽です。

ちなみに、全体の写真はこの次のフォールディンググリップについてのレビュー記事に掲載しています。

元々はストックとグリップで1つの記事だったものを2つに分けたので後半のグリップ紹介の方に全体写真を掲載しました。

今回のカスタムで使用したのはこちらのストックのTANカラー。色は他にもブラック(BK)やオリーブドラブ(OD)があります。

こちらは同社の上位機種である”セラコート”バージョン。セラコート(Cerakote)とはアメリカのNICという会社が開発したコーティング材で、様々な耐久試験をパスしたことから米軍指定塗料に採用されています。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら いいね!いいね!しよう

気に入ったらシェアしてやって下さい

フォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク
スポンサーリンク