M4に「フォールディンググリップ」を装着してみた

G&P RAS フォールディンググリップ M4カスタム日記

どうもこんにちは。まっしゅです。

ハンドガードやストックを換装して少しずつM4のカスタマイズが進んでいます。

今回は前から気になっていたアクセサリである「フォールディンググリップ」を入手しましたので、M4に装着してみました。

なお、これまでのM4カスタム日記は以下より読むことが出来ます。

「M4カスタム日記」の記事一覧
東京マルイ電動ガンM4A1カービンをベースに社外製パーツを組み込んで少しずつカスタムします。使用したパーツやアクセサリーもあわせて紹介。

スポンサーリンク

G&P RAS フォールディンググリップをレビューする

ハンドガードに装着して握ることで銃を構えた時の疲労を軽減する定番アクセサリーとして「フォアグリップ」があります。

このフォアグリップも様々な形状や特徴があるのですが、今回は「フォールディンググリップ」と呼ばれる折りたたみ式のフォアグリップ(メーカーはG&P)を選んでみました。

フォールディンググリップとは?

G&P RAS フォールディンググリップ

フォールディンググリップは折りたたみが可能なグリップです。

使用時は従来通りハンドガードに対して垂直に展開し、使用しない時はパタンと折りたたむことで収納や持ち運ぶ時に便利なグリップなのです。

この「折り畳める」という点が良いなーと思って、今回のM4用にG&P RASフォールディンググリップを購入。

カラーバリエーションはサンドとブラックの2種類を確認(2018年7月26日 現在)。

一般的なフォアグリップとの違い

先述の通り、フォールディンググリップの最大の特徴は折りたためることにあります。

折り畳めるので、ライフルにグリップを装着したままガンケースなどにしまってもかさばらないですし、装備品などに引っかかりにくくなるという利点があります。

それ以外では一般的なフォアグリップとどう違うのかを見ていきます。

G&P RAS フォールディンググリップ グリップの比較

グリップを展開した時の長さは従来のフォアグリップと殆ど変わりませんでした。

また、一般的なフォアグリップは下の方に溝が掘ってある程度なのに対し、フォールディンググリップの方は左右と前面にも溝が入っており、より滑り止め効果に期待出来ます。

また、使用時はグリップを展開しますが、折りたたんだ状態でも手の甲を下にしてグリップを握ることも出来、これはこれで握りやすい形状でした。

折りたたみ式なので、支点部分を軸に前後に多少グラつきますが、使用に支障ない程度なのであまり気にはならない…と思います。

G&P RAS フォールディンググリップ 取り付け基部

従来のフォアグリップは、グリップの溝をレイルに合わせて装着したい位置までスライドさせ、グリップ先端のネジを回して固定します。

フォールディンググリップ(G&P)の場合、任意の位置までスライドさせる点は同じですが、固定は基部にあるマイナスネジで行いました。

反対側(右側)にはネジ受けの六角ナットが付いてますが、紛失しやすいので注意。 いっそのこと接着剤でグリップに固定した方が良いかもしれません。

フォールディンググリップのメリット

フォールディンググリップのメリットは「折り畳めること」です。…何度も書いて恐縮です。

従来のグリップの場合、ライフルをケースに収納する時は毎回グリップを外して収納しています。

…が、スライドして外すので先端に別のアクセサリー(バイポッドなど)がついている場合、それも一緒に外さないといけないので面倒です。

G&P RAS フォールディンググリップ 折りたたみ時

しかしフォールディンググリップなら折りたためるので、装着したまま収納できます。

また、スリットが良い具合に入っているので、折りたたんだ状態で持っても手にフィットします。

…ただし、手前(レシーバー側)に折りたたむ関係上、グリップの装着位置が若干制限されます(=手前ギリギリに取り付けると折りたためない)。

また、折りたたむのである程度の余地が必要となります。

もしも上手く取り付けられない場合は

G&P RAS フォールディンググリップ 装着出来ない時の対処法

取り付けは従来のフォアグリップ同様にレイルにスライドさせますが、初期状態ではキツすぎてスライド出来ませんでした。

そのような場合は、レイルに噛み合わせる溝の部分(写真赤丸)を平たい棒ヤスリで削ってやると解消されます。

ただし削りすぎると今度はガタつくので、調整しながら削ってください。

スポンサーリンク

現在のM4の全体像

M4 全体図

フロントキット(RAS)、ストックと来たので今度はフレームか! …とおもいきやアクセサリーのフォアグリップを交換しました。

その結果、M4は上の写真のようになりました。

前回のストックと今回のフォールディンググリップの2つを装着しただけでガラっとイメージが変わり、PMC装備にも合うM4になりました。

M4 全体図2

こちらは反対側。

ストックは傾斜があるおかげで頬付けがしやすくなり、折り畳みグリップは展開時はもちろん、折りたたんだ状態でも持ちやすく、展開時のカチン! という音がたまらない。

…………で、もしかしたらグリップつけた状態でM203装着してグリップ付きランチャーが再現できるのでは!? 

…と思って倉庫からM203を取り出して装着しようとしたが、

G&P RAS フォールディンググリップ M203と併用してみるテスト

肝心な所にレイルが無ぇぇぇ!!

…という意味のわからないことやってましたが、とりあえずグリップの装着は無事に出来たのでよしとします。

スポンサーリンク

まとめ 少しずつM4がTANカラーに染まっていく

フロント、ストック、そしてフォアグリップと言った具合にM4のカスタマイズを進めております。

今回のM4はPMC(民間軍事会社)が使うような「独自色」のある外観にしようと思いっており、その一つとしてTANカラーを使ってみようと思いました。

PMC=TANカラーという結びつけは若干早計かもしれませんが、従来のようなオールブラックではなく、部分的に明るいTANにすることでライフルの印象はガラッと変わります。

次はピストルグリップも交換します。色はもちろんTANカラー。

King ArmsのG27ピストルグリップをM4に装着してみた
米コマンドアームズアクセサリー社(CAA)のG27グリップのレプリカをM4に装着してみました。メーカーはキングアームズ。装着時のM4の写真などを掲載。

↑今回購入したのはこちらのG&PのRASフォールディンググリップ。グリップ部分にスカルマークが打刻されているなど、私が入手した当時のものとは若干仕様が異なるようです

この記事のコメント