M4のマガジンをP-MAGにしてみた

Beta Project P-MAG M4カスタム日記

どうもこんにちは。ましゅーです。

M4の外装をカスタムしたことで、クリス・コスタとかが使うスタイリッシュなデザインになったので、今度は「マガジン」も本体に合わせてカッコ良いモノにしたいなぁ~と思いました。

ストックやグリップはMAGPUL(レプリカ含む)にしたので、マガジンもP-MAGと呼ばれるMAGPULタイプのものを選択しました。

ということで、今回はカスタムではありませんが、購入したマガジン「P-MAG」について、

  • 入手したBeta Project製のP-MAGのレビュー
  • M4・M16系マガジンとの重量比較
  • M4への装着例

などをご紹介いたします。P-MAGの購入を検討している人は是非参考にして頂けたらと思います。

なお、今までのM4のカスタム内容については以下から読むことが出来ます。

「M4カスタム日記」の記事一覧
東京マルイ電動ガンM4A1カービンをベースに社外製パーツを組み込んで少しずつカスタムします。使用したパーツやアクセサリーもあわせて紹介。

スポンサーリンク

Beta Project製 P-MAGをレビュー

MAGPULがリリースするポリマー製のマガジン、それがP-MAGです。

エアソフトガン用のP-MAGはレプリカを含め、様々なメーカーが作っていますが、今回は「Beta Project」というメーカーのP-MAGを選択。

装弾数75発のマガジンが5本セットになっており、カラーはブラック、デザート、オリーブドラブ、フォレッジグリーンの4種類。このうちフォレッジグリーンを選択しました。

さて、それではあちこち詳しく見ていきます。

箱のデザインやライセンス表記

Beta Project P-MAG 箱

最初はマガジン本体だけ紹介すればいいかなと思っていたのですが、梱包されていた箱がカッコよかったので箱の写真も取ってみました。

なんとなくミリタリーっぽさを感じるオサレなデザインなので、これは捨てずにマガジンケースとして使用しています。

また、話によると、Beta Projectは、MAGPUL PTS製品の企画・製造を担当しているメーカーとのことで、製品のクオリティに期待出来そうです。

Beta Project P-MAG 箱のライセンス表記

箱の正面右下には「Licensed by PTS」という記載があります。マグプルのエアガンアクセサリー部門ですね。

左側のシールには乱反射して読みづらいですが、Professional Training and Simulation(PTS)と記載してあります。

これらの表記はBeta Project製のP-MAGはMAGPUL公認であることを意味します。…適当に「コレにしたろ」で決めたワリに良い物を引き当てたみたいです(笑)

Beta Project P-MAG 開封

さて、それでは箱を開けてP-MAG本体をじっくり見てみようと思います。

パカッと箱を開けるとP-MAGが互い違いに5本お行儀よく収納されていました。

Beta Project P-MAG

梱包から取り出すとこんな感じ。

先述の通り今回はFG(フォレッジグリーン)を選択したので、なんとも玩具っぽい色合いで見てるだけでも軽そうな感じが伝わってきます。

マガジンのロゴマーク

Beta Project P-MAG マガジンのロゴ

こちらはマガジン右側面の上部。ロゴが入っています。

“FOR TRAINING AND SIMULATION USE ONLY”とあり、このマガジンが実銃ではなくエアソフトガン用であることを記載。

MAGPUL PTS製のアイテムにはだいたいこの表記が施されています。

実物P-MAGをしっかり再現した「覗き窓」

Beta Project P-MAG マガジンの覗き窓

マガジンの両側面にはダミーの弾丸やスプリングが見える「覗き窓」があります。

これは実物P-MAGにおける残弾数を確認するためのものなので、エアガンではダミーとなります。しかし、この覗き窓は実物P-MAGを忠実に再現しており、それこそがBeta Project製P-MAGを購入する最大の決め手と思います。

実物P-MAGの覗き窓

実物P-MAGのインジケータ

実物P-MAGのインジケータ via : IthacaOwners.com

先述の通り、実物P-MAGではこの窓から残弾数を確認できるようになっています。

ただし、窓から見える「弾」を見て残弾数を確認するのではなく、弾を押し上げるためのスプリングに着色されており、このスプリングの位置でおおよその残弾数を判断出来るようになっているのです。

実物P-MAG 弾が満タンの状態

実物P-MAG 弾が満タンの状態 via : aimsurplus.com

また、実物では弾を満タン(30発)に搭載した場合、覗き窓の下まで弾が見えるのではなく、スプリングの位置は上の写真のようになります。

このように実物P-MAGと比較することによって、Beta Project製のP-MAGが実物の特徴をしっかり押さえているというのがわかります。

さすがMAGPUL PTS公認のメーカーだけあります。

関連ページ MAGPUL PMAG – Shoot shoot shoot 日本人駐在員の実弾射撃レポ

レンジャープレート(別売)が取付可能

また、カチャカチャ遊んでる時に偶然見つけたのですが、マガジンの底に付いているバットプレートはスライドして取り外す事ができました。

Beta Project P-MAG マガジン底部

調べてみたところ、ここには「レンジャープレート」を装着することが出来るそうです。

レンジャープレートとは、マガジン底部に付ける「取っ手」のようなもので、マガジンポーチなどからマガジンを素早く確実に引っこ抜くために取り付けるパーツです。

P-MAGに対応した「マグプル(製品の方)」と言えばピンとくるでしょうか?

しかし偶然見つけたとはいえ、突然スッポ抜けた時はめっさ焦りましたよ……。

ただし、製品説明にて「PMAG用レンジャープレートをはめることは可能ですがロックはできません」とあるので、レンジャープレートを取り付ける場合は何かしらの加工が必要です。

マガジン上部のフタには気をつけろ!

Beta Project P-MAG マガジン上部のフタ

こちらはマガジン上部。丸いフタのようなものがあり、中央には「80」と記載されています。

おそらく「MAX80発入りますよー」って意味なのだと思うのですが、スプリング給弾式のマガジンにMAX装填しようとすると相当硬いと思われます。それに無理な力が加わると最悪マガジンが割れるかもしれません。

なので無理に80発入れようとせず、ショップなどで記載されている「75発」を目安に装填しておきましょう。。

…で、このフタは動くので軽い気持ちで回してみたら…ビヨーン!とスプリングやフタがぶっ飛びました。やっちまった…。

Beta Project P-MAG マガジンスプリングの分解

この上蓋は90度回転させると外せるようになっています。

マガジンフォロアーやスプリングがトラブったりジャムった時(あるのかな?)はここを開けて対処するようです。

…が、必要以上に開ける理由はないので基本的にここは放置しておきましょう。

スポンサーリンク

マガジンの重量を比較してみた

はじめてこのP-MAGを手にした際の感想は「軽っ!」でした。

しかし、ただ文章で軽い軽いと言っても読んでる人には伝わらないので、今まで使ってきたM16・M4系のマガジンと重量を比較してみます。

なおBB弾は抜いた状態での測定です。

重量測定 東京マルイ M4ノーマルマガジン

まずは東京マルイ製M16およびM4に付属するノーマルマガジンが200g。

重量測定 東京マルイ 190連ショートマガジン

次に東京マルイ製ショートマガジン(190連)が146g。

重量測定 東京マルイ 300連マガジン

東京マルイ純正300連マガジンが200g。意外にもノーマルマガジンと重さは同じ。

重量測定 G&G 450連カナディアンマガジン

こちらはG&G製カナディアンタイプ450連マガジンが134g。

プラ製なので軽いですが、握った時にすごいギシギシ軋みます。あとG&Pとかのメタルフレームだとちょっとキツい。

450連と従来のマガジンよりも大容量ですが、その分マガジンが長くなっているので、M4(M16)に差し込むと若干不自然なフォルムになります。専らゲームユーザー向け。

重量測定 Beta Project P-MAG

そしてP-MAGが108gと、所有してるM16・M4系マガジンの中で最も軽量でした。

実際はこの中にBB弾を入れるので重量は更に増えると思いますが、それでもマルイ製マガジンの半分ほどの重量なので、たくさん携行した時の負担も軽減されます。

また、ただ単に軽いだけでなく、プラフレーム特有の軋みが一切なかったことに驚きました。軽量化と高耐久性を実現した理想のマガジンです。

スポンサーリンク

M4にP-MAGを装着してみた

P-MAG本体をざっと紹介したので、今度は我が愛銃M4に装着してみました。

M4にP-MAGを装着した図

まずM4にP-MAG装着してみると上の写真のようになりました。

色がFGということで、ちょっと浮いていますが、形状を見るとAFG2CTRストックと相まってよりスタイリッシュなM4になりました。

マガジンの抜き差し・給弾は良好!

Beta ProjectのP-MAGは実物を忠実に再現しているので、リアル派ユーザーには文句なしでオススメ出来ます。一方、サバイバルゲームで使用するとなれば、

  • 電動ガン本体にしっかり装着できるか
  • しっかり給弾されるか

といった点が気になるところです。なのでこちらもM4を使って確認してみました。

まず、マガジンの抜き差しについてですが、今まで使ってきたどのM4系マガジンよりもスムーズに着脱ができました。

特に差し込む時のカチッという音や手応えが爽快で、単純に抜き差するだけでも楽しかったほどです。

これも実際に抜き差ししないと解らないことですが、「素直にハマる」といった感じで、抜き差しにおけるストレスは全く感じません。

給弾不良の心配もなし

Beta Project P-MAG 2

また、試しに25発ほどBB弾を入れてセミオートで試射してみたところ、20発撃つことができたので、セミオートで使う分には申し分なしの性能。

フルオートも弾が出てくれましたので、よほどのハイサイクルでない限り問題なく扱えると思います。

もっとも装弾数が75発なので、フルオートだとすぐに弾切れになるので、セミオートユーザー向けと言えるでしょう。

今まで東京マルイ製の金属製のマガジンを使っていたということもあり、樹脂で出来ているこのマガジンはとにかく軽かった。

しかも、ただ軽いだけでなく、樹脂製パーツ特有の握った時の不快な軋みも殆ど無く耐久性もかなりのもの。これならゲームでも安心して使えるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ 見た目はもちろんゲームでも満足に使えるマガジン

ということで、今回は新たに購入したBeta Project製P-MAGについてご紹介しました。

M4のマガジンは東京マルイ純正のような金属のものや、今回紹介したP-MAGのような樹脂のものまで様々で、装着するM4・M16に合わせて選びたいところ。

ただ、P-MAGは民間だけでなく、正規軍でも使用(正式採用かどうかは不明)しており、米軍兵士が持っている銃にP-MAGが付いているのを散見します。

そういったことから鑑みるに、このP-MAGはミリタリー・民間仕様を問わず、幅広くM4・M16にマッチするマガジンなのだと私は思います。

また、軽くて耐久性もあり、弾上がりも良好で着脱も気持ちよく行えることから、サバイバルゲームでも問題なく使えるでしょう。

そういったことからBeta ProjectのP-MAGは観賞用・ゲーム用問わず、幅広い用途で選ばれるマガジンといえるでしょう。

…ただ、残念ながら2017年9月14日時点では私が今回購入した75発タイプのBeta ProjectのP-MAGは品切れ状態でした。

その代わりに、MAGPULのP-MAGの最新版と言われるGEN M3タイプの140連マガジンが同じくBeta Projectからリリースされています。

75連とは仕様は異なりますが、高品質なBeta ProjectのP-MAGなので、観賞用としてはもちろん、装弾数が倍の140連となり、でサバゲーで更に活躍できることは間違いなし。

M4カスタム日記
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ましゅーをフォローする
Turbulence

この記事のコメント