2018年4月6日 WordPressテーマをSimplicity2からCocoonに変更しました!!

M4にナイツタイプ スナイパート リガーガードを装着してみた

G&P ナイツタイプ スナイパー トリガーガード2 M4カスタム日記

どうもこんにちは。ましゅーです。

一つ前の記事にてM4のグリップを交換しました  が、その時にもう一つ、「トリガーガード」も一緒に購入しましたので、そちらも装着してみました。

なお、このシリーズの記事「M4カスタム日記」というカテゴリーでまとめています。詳細は下記のリンクを参照にしてください。

関連記事

[スポンサードリンク]
[ad#entry1]

スポンサーリンク

G&P ナイツタイプ スナイパー トリガーガードを装着してみた

トリガーガードとは、読んで字のごとく銃のトリガー(引き金)の周りを囲うように取り付けられているパーツ。

装備品(ピストルならホルスター)や障害物などにトリガーが引っかかって暴発するのを防ぐためにあります。

トリガーガードも銃によって形状は様々で、グリップと一体となったもの、ピンを引き抜けば開放できるもの、可動式のものなどがあります。

どんなトリガーガードか

G&P ナイツタイプ スナイパー トリガーガード

こちらが今回購入したいトリガーガード。G&Pのナイツタイプ・スナイパー・トリガーガード(GP508)。

M16・M4系電動ガン用の金属製トリガーガードですが、通常のトリガーガードと違って形状が「く」の字になっており、グローブ装着時でも指をかけやすくなっているのが特徴。

内容はトリガーガード本体と固定するためのピンのみ。

[スポンサードリンク]
[ad#entry2]

Knights SR-15 MATCH

Knights SR-15 MATCH via : West Coast Armory

「ナイツタイプ」ということで、このトリガーガードのモデルになったのは米国の銃器メーカーKnight’s Armament Company(KAC)のティアドロップ・トリガーガードかと思われます。同社のSR-15やSR-25に採用されたそうです。

ティアドロップ…涙滴るトリガーガード。なんか中二病感あってカッコいいですよね。

取り付け方法及および注意点

装着は至って簡単で、予め付いていたトリガーガードのピンをポンチなどで叩いて外し、トリガーガードを取り外したら、今度は逆の手順で組み込むだけ。

注意すべき点は、トリガーガードのピンを外すときや押しこむ時にハンマーなどで力強く叩きすぎないこと。最悪フレームが割れて再起不能になります。

どうしても固くて装着できない場合は、ピンやピンを通す穴を少しずつ削って微調整し、プライヤーで挟むように装着するのが無難。

G&P ナイツタイプ スナイパー トリガーガード2

ということでトリガーガードを交換してみるとこんな感じになりました。

純正の水平なトリガーガードと比べると、下方に曲がっている分スペースがあり、グローブをはめた状態でもストレスなくトリガーに指を掛けられます。

冬季はもちろん、それ以外の時期でも手の怪我を防ぐためにグローブを装着するので地味に重宝するパーツです。

[スポンサードリンク]
[ad#entry3]

まとめ

G&P ナイツタイプ スナイパー トリガーガード3

最後に銃全体をお披露目。小さいパーツですがなかなか存在感があります。

グローブ装着時に指をかけやすいという利点のほかに、若干攻撃的な印象のある見た目になったような気がします。

また、前回グリップを交換  したことで、全体的にブラックとTANが織り交ざった色調になりました。

ストックやフォアグリップをTANカラーにした時も思いましたが、一箇所色を変えるだけで印象がガラリと変わってしまいます。それがいい。

今後のカスタム方針としては、後方ばかりいじってきた感じがするので、今度はフロントをもう少し手を加えてみようと考えています。

引き続きM4カスタム日記  をお楽しみ下さいませ。

この記事で紹介したのはこちらのG&Pのナイツタイプ スナイパー トリガーガード(GP508)です。

↑このシリーズのカスタム母体となった電動ガンは東京マルイ製「COLT M4A1カービン」です。カスタムのベースとして最適なのはもちろん、ノンカスタマイズでも十分なスペックの傑作ライフル。

M4カスタム日記
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ましゅーをフォローする
Turbulence

この記事のコメント