念願のロードバイク『SPECIALIZED Allez Sport2012』を手に入れた!!

念願のロードバイク『SPECIALIZED Allez Sport2012』を手に入れた!!

SPECIALIZED Allez Sport 2012

気に入ったらシェアしてやって下さい

どうもこんにちは。まっしゅです。

通勤とか週末にサイクリングをしてみたいと思い、ロードバイクの購入を検討していました。

最初はネット通販で探そうと思ってましたが、それは「地雷」みたいなので、ショップに足を運んで探します。

そして今回念願のロードバイクを購入することができたので、購入したショップやロードバイクのスペック、オプションアイテムについて紹介します。

[スポンサードリンク]
[ad#entry1]

スポンサーリンク

SPECIALIZED Allez sport 2012 をゲットした!!

ということで、このたび晴れてロードバイクをゲットすることが出来ました。

なお、ロードバイクの選ぶ時の注意点は『ロードバイクを買おうと思ったので、色々調べてみた 』にて調べたことをまとめてみましたので、ロードバイクを買いたい人は先に読んでください。

「サイクランド・カトウ」という自転車屋を訪ねてみた

サイクランド カトウ

さて、話を戻しまして、近所にある「サイクランド・カトウ」というショップに立ち寄って、お店のオーナーに相談してみました。

店内はロードバイクとかクロスバイクが所狭しと並んでました。

「SPECIALIZED Allez Sport2012」が理想のモデルだった

SPECIALIZED Allez Sport 2012

予算(10万円程度)や、身体の寸法を測定した結果、お店にあったSPECIALIZEDのAllez Sports 2012がベターとのことで紹介して頂きました。

昨年度モデルということで定価よりも安く、検討を重ねた結果、このモデルの購入を決定しました。

Allez Sport 2012のスペック

Allez Sport2012の主なスペックは以下の通り。

  • FRAME : Specialized A1 Premium Aluminum, fully manipulated tubing, smooth weld, compact race design, integrated headset
  • REAR SHOCK
  • FORK : Specialized FACT carbon legs, aluminum crown and steerer
  • HEADSET : 1-1/8″ sealed Cr-Mo cartridge bearings integrated w/ headset, 20mm alloy cone spacer, w/ 20mm of spacers
  • STEM : Specialized EliteSet, 3D forged alloy, 12-degree, 4-position adjustable, 4-bolt, 31.8mm clamp
  • HANDLEBARS : New Specialized Tarmac Comp, alloy
  • TAPE : Specialized S-Wrap, w/ gel
  • FRONT BRAKE : Shimano Sora REAR BRAKEShimano Sora
  • BRAKE LEVERS
  • FRONT DERAILLEUR : Shimano Sora
  • REAR DERAILLEUR : Shimano Sora
  • SHIFT LEVERS : Shimano Sora STI, 9-speed
  • CASSETTE : Shimano HG-50, 9-speed, 12-27t
  • CHAIN : KMC X9 nickel plate, reusable Missing Link
  • CRANKSET : Shimano Sora compact
  • CHAINRINGS : 50/34
  • BOTTOM BRACKET : With crankset
  • PEDALS : Nylon flat test ride, loose ball, w/ reflectors
  • FRONT WHEEL : DT Axis 1.0
  • REAR WHEEL : DT Axis 1.0
  • RIMS : 
  • FRONT HUB :
  • REAR HUB :
  • SPOKES :
  • FRONT TIRE : Specialized Espoir Sport w/ double BlackBelt, 60 TPI, wire bead, 700x23c
  • REAR TIRE : Specialized Espoir Sport w/ double BlackBelt, 60 TPI, wire bead, 700x23c
  • INNER TUBES : Lightweight, presta
  • SADDLE : Body Geometry Riva Road
  • SEATPOST : New Specialized Sport, alloy, 27.2mm
  • SEAT BINDER : Alloy, 31.8mm
  • NOTES : Chainstay protector, chain catcher, derailleur hanger, clear coat, owners manual

SPECIALIZED(スペシャライズド)とは

SPECIALIZED ロゴマーク

SPECIALIZED(スペシャライズド)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く総合サイクリングブランド。

世界最大のロードレースであるツール・ド・フランスや、世界最高のロードレース(イタリア人曰く)であるジロ・デ・イタリアでも使用実績のあるメーカーとのこと。

予算や自分の体格に合っているモデルというのはもちろんのこと、ブランド性・信頼性のあるメーカーのロードバイクということで乗る前からワクワク。

そして我が家にやってきたロードバイク

SPECIALIZED Allez Sport 2012 2

そんなわけで我が家にやってきたAllez Sportちゃん。

本体+お店オススメのアイテムセット(後述)で99,000円でした。予算である10万の範囲に収まったので実にお得な買い物でした。

ショップから家までこの子に乗って移動したのですが、ママチャリ慣れしていた私がいきなりロードバイクに乗るとなると何ともぎこちない。

何度もバランス崩して落車しそうになったので、ショップ近くの車が少ない場所で練習してました。

SPECIALIZED Allez Sport 2012

乗ってみた感想は、軽い。とにかく軽い。言葉で言い表しにくいのですが、ペダルを回すとスイーと軽やかに進みます。

特に坂道が楽でママチャリだと立ち漕ぎか降りて手押しするような坂でもサドルに座ったままでもスイスイと登れます。

勿論走行スピードもママチャリよりも速く、ママチャリが20km/hだとすると、ロードバイクは30~40km/hくらいは簡単に出せます。

ただし、車とか人とかを考慮しなければならないので、実際に街で走るとなると20~30km/hくらい。

その反面、車体が軽いことやタイヤの太さがママチャリの半分くらいということもあり、路面の凹凸からなる振動はママチャリより大きく感じました。

スケートボードやローラースケート、キックボードなどをやったことがある人ならわかると思いますが、平らでツルツルな路面だとものすごく快適ですが悪路だと手が痺れます。

[スポンサードリンク]
[ad#entry2]

一緒に購入した店長オススメのセット

また、先述の通り、店長さんオススメのサイクリングアイテム一式を本体と一緒に購入したので、そちらの紹介もしてみます。

その1:ライト

ライト

夜間に走る場合は必要不可欠なライト。

充電式で、光るパターンは3段階&点滅の合計4種類。バッテリー残量はスイッチ部分の色でわかり、残量が少なくなるとスイッチが赤色に変わります。

一番弱い光量でもタイヤ回して発光するタイプのライトよりも明るい。

その2:ベル

ベル

見通しの悪い場所にて自分の存在をアピールして危険回避するために不可欠なアイテム。「チーン」という小気味良い音がなるアレです。

試しに鳴らしてみたら思っていた以上に音が大きくてビビりました。これなら遠くにいる人にも聞こえるでしょう。

その3:サイクルコンピューター(サイクルメーター)

サイクルコンピューター

ホイールのスポークに取り付けた磁石をセンサーが感知する非接触型。速度や走行距離、現在時刻などを確認することができます。

このサイクルコンピューターによると、過去にひねり出した最高速度は44km/hとのことです。

その4:フロアポンプ

フロアポンプ

ママチャリでも使う「空気入れ」です。メーターが付いており、タイヤに記載されている数値に従い空気を入れます。

ロードバイクのタイヤの空気圧はママチャリと比べて約3~4倍とのことで、放置すると自然に空気が抜けていきます。

私の場合、メーターで言う120psiくらい空気を入れていますが、2~3日放置すると100psiくらいまで減ってます。

なお、タイヤのパンク原因で多いのがタイヤチューブの空気不足によるリム打ちとのこと。なので、走る前に必ずポンプで空気を入れます。

フロアポンプ2

空気入れの先端。

各種アダプターが付属していて、様々な形状のバルブに対応しています。

試しに今まで乗っていたママチャリに使ってみたところ見事に適合しました。これは万能ポンプ。

その5:ボトルホルダー & ボトル

ドリンクボトル&ホルダー

暑い日や長距離を走る場合は水分補給を忘れずに。ホルダーは一般的な500mlボトルもおさまります。

ロードレーサーはボトルホルダーは2つ搭載し、1つは水、もう片方は好きな飲み物を用意するそうです。

ちなみに、中にアクエリアスが入ってたことを完全に忘れており、撮影したときに気づきました。恐ろしいことに1ヶ月以上放置したことになります。

キャップを開けたら変なニオイが……。

その6:携帯ポンプ

携帯ポンプ

チューブを交換する時に使う小型のポンプ。

フロアポンプと違ってあくまで応急処置用のポンプなので、メーターは付いていないし、ワンプッシュで入る空気の量はフロアポンプよりも少ない。

携帯用ポンプで空気を入れたあと、最寄りのサイクルショップか自宅で再度空気を入れる必要があります。

サドルバッグ

サドルバッグ

サドルに取り付ける小物入れです。

主に走行中に何かしらのトラブルが発生した際に使う六角レンチやタイヤレバー、スペアチューブ、使い捨ての薄いゴム手袋などを入れておきます。

その8:タイヤレバー & スペアチューブ

スペアチューブ&タイヤレバー

走行中にタイヤ(チューブ)がパンクしたら自分で取り替えるのがロードバイクの常識(というより出来ないとかなり難儀します)。

私はお店でバイクを貰った日にチューブ交換方法を教えていただき、次の日に早速パンクさせて雨が降る中で30分くらいかけて交換しました。

慣れれば10分もかからない作業だそうですが、慣れないと色々困るので早く慣れましょう。

補足
タイヤのチューブ交換については『タイヤ・チューブの外し方とはめ方|サイクルベースあさひ ネットワーキング店 』で動画付きで解説しています。

その9:反射板

反射板

夜間走るとき後続の車両などに自分の存在を知らせる為に必要なアイテム。

サドルバッグ後部に取り付けるタイプで、単4電池2本使用。発光パターンは何種類かありますが、ストロボ無しがお気に入り。

その10:パンツプロテクター

パンツプロテクター

ズボンの裾がチェーンやギアに引っかかって破れたり汚れたりするのを防ぐバンドです。「すそバンド」とも呼ぶみたいです。

ロードバイクはチェーンがむき出しになっているので、裾が広いズボンだとオイルがついてるチェーンに触れて真っ黒になることがあります(特に信号待ちで停車してる時は要注意)。

その11:ケーブルロック

ケーブルロック

言わずと知れた自転車を盗難から守る「自転車の鍵」です。

普通のママチャリはともかく、何十万もする高価なロードバイクは盗難被害に遭いやすいので駐輪場に止めるときは必ず鍵をかけます。

ちょっとコンビニに行ってる間に盗まれた!! というケースもあるみたいなので、少しでも離れるときは支柱や壁などに鍵で自転車をロックしておく必要があります。

また、鍵は1つよりも2つかけたほうが盗まれにくいとのこと。

まとめ

他にも「防犯登録」もつけてもらい、一部を除くアイテムが自転車に搭載されており、ロードバイクだけでなく、サイクリングに必要なものが一式揃う形になりました。

余談ですがAllez Sport2012の定価は105,000円なため、本体+アイテムセットで定価より安いというオトクっぷり。

やはり店で買うと色々といいコト尽くしでした。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら いいね!いいね!しよう

気に入ったらシェアしてやって下さい

フォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. ジョニーデップ(本人) より:

    どうもこんにちはジョニーデップ(本人)です。
    覚えてたらちょっとびっくり。

    • ましゅー より:

      おお!EOTのデップさんじゃないですか。お久しぶりです(`・ω・´)

      • ジョニーデップ(本人) より:

        めっちゃ久しぶりやねー
        Twitterでたまたま見つけたからDM送ってフォローしといたよ\(^o^)/
        キングスライムのアイコンのやつね。
        俺もまだサバゲやってるし、ロードも乗ってるからよかったら一緒に遊びに行こうぜー