涼しくなったからロードバイクで名古屋方面を走ってみた

大江川緑地 サイクリングロード3 サイクリング日記

どうもこんにちは。ましゅーです。

9月も下旬に入り、朝方は「寒い」の領域に入りつつあります。この時期が1年で一番好きです。

日中も涼しくなってきているので、サイクリングシーズン到来! と、久々にロードバイクを引っ張り出してサイクリングに出かけてみました。

関連記事

ロードバイクやサイクリングに関する記事は下記を参照してください。

  • サイクリング
    → ロードバイクのメンテナンスやカスタマイズ、サイクリング日記などを書き綴っています。

[スポンサードリンク]
[ad#entry1]

スポンサーリンク

サイクリング日記 2016年9月24日

ちょっと空はドンヨリしてるけど、まぁ大丈夫だろう。…と、天気予報を確認せずにロードバイクにまたがって出発。

もちろん全然大丈夫であるはずがなく、帰りはズブ濡れでした。天気予報は必ず確認しましょう。

大江川緑地のサイクリングロードを走る

私がサイクリングをする場合、何か目的がある場合を除いて基本的に適当に走ってます。

「今日はこの辺を走るかァ」みたいに大まかな方向だけ決めてあとは道という道をのんびりスイーっと走っていく。

で、今回も名古屋の都心の方へ向かうべく走っていると…。

大江川緑地 サイクリングロード

なんだかサイクリングロードのような公園を発見したので立ち寄ってみました。

ここは名古屋南区にある「大江川緑地」で、その名の通り、南区を流れる大江川の上流側およそ半分を緑地とした公園とのことです。

サイクリングロードなのでもちろん自転車でスイスイ走ってもOK。ちょっと一周してみることに。

大江川緑地 サイクリングロード2

上を走っているのは国道23号線。

その先は森林になっているので、10月くらいになると紅葉が見れるかもしれません。

cycling-diary-2016-09-24-3

サイクリングロードのすぐ横は小さな川が流れており、川のせせらぎを聞きながら走れます。癒やし効果はバツグン。

大江川緑地 サイクリングロード4

なんというか、森林と川がある場所って落ち着きますね。こういう場所はもっと増えるべき。

大江川緑地 サイクリングロード7

先に進むと池があり、中央の噴水からは「これでもか!!」ってくらい水が吹き出います。

大江川緑地 サイクリングロード5

その近くにはカモがのんびり泳いでいました。今日は土曜日なのでカモはお休みのようです。うらやましい。

大江川緑地 サイクリングロード6

こちらにもカモ。そこそこ遠距離なのでズームして撮影しましたが、やっぱり少しブレてしまった…。

[スポンサードリンク]
[ad#entry2]

白川公園と名古屋市科学館

白川公園と名古屋市科学館2

大江川緑地で自然を堪能したあとは名古屋方面へ向かいます。ここは伏見の白川公園。

休日ということで家族連れや、なんか良く分からないダンスをしている人たち、ポケモンGOやってる人たちがいました。

公園の奥にあるフジテレビ(お台場)のような球体は、名古屋市科学館のプラネタリウム。

白川公園と名古屋市科学館

噴水をパシャリ。天気が悪いのでなんかドンヨリした感じになっています。次はもっと天気のいいときに行こう。

名古屋市出身の人なら、ひょっとしたら小学生くらいの時に社会見学でこの名古屋市科学館に行った事があるかもしれません。

私は小学生の頃に2~3回ほど行き、展示品についているハンドルを回したり、規則正しく落下運動をする金属球を眺めた記憶があります。

また、オリオン座のベテルギウスが「ワキの下」という意味を知ったのもここのプラネタリウム。

解説のオッチャンが「ベテルギウスって響きは良いけど脇の下って意味だから、喫茶店ベテルギウスなんて名前にしたら大変なことになるね」みたいなことを言ってたのが印象的でした。

白川公園と名古屋市科学館3

にしてもプラネタリウムってココだったんだなぁ~と、20年ほど前の思い出が蘇りました。まさか何も考えずにフラフラ走るサイクリングでこんな発見があったとは…。

なお細かいことを言うと、“ベテルギウス脇の下説”は国外では有力ではないそうです。でも個人的にベテルギウス=脇の下がツボっているのでこのままでも良いと思います。

このあとは大須や栄の方にも行ってみて、悪名高きキンサンこと錦三丁目にも行ってみました。

錦三丁目は深夜のサイクリングで過去に足を運んだこともありますが、なんか無法地帯でした。危険の香りというより生ゴミの臭いがします。

[スポンサードリンク]
[ad#entry2]

まとめ

涼しくなったからそろそろサイクリング日記も書かないとな~と思い、名古屋の都心方面を走ってみました。

…が、ドンヨリとした天気で全体的に小雨が降っている中でのサイクリングとなり、素直に中止にすれば良いものを強引に続行するからズブ濡れで帰宅するというオチに。

なので次のサイクリングは「秋晴れ」を彷彿させるよな天気の良い日にしようと思います。わざわざドンヨリした天気の日に走る必要なんてどこにもないのである。

なお、この時点(2016年9月24日 現在)で過去記事のサイクリング日記がこの記事含めてたった1件しか無いので、こちらもさっさと再掲載します。

↑ ロードバイクでサイクリングしたくなったら読む本

↑もちろん女性もサイクリングを楽しめます。サイクリングは健康、ダイエット、メンタルケアにもってこい!

この記事のコメント