ロードバイクにトップチューブバッグを装着してみた

ロードバイクにトップチューブバッグを装着してみた

トップチューブバッグ

気に入ったらシェアしてやって下さい

どうもこんにちは。ましゅーです。

夜間走行時に使用するライトのバッテリーを布製のホルダーに収納してロードバイクのフレームに固定しているのですが、振動のせいでホルダーが破れて使い物にならなくなってしまいました。

無灯火走行は色々とアウトなので放置するわけにもいかず、早いとこバッテリーを収納・固定できるモノを入手する必要があります。

そんな中、バッテリーのホルダーではなくフレームに固定するトップチューブバッグに収納したほうが見た目的にも良いかなぁと思い、通販でポチってみました。

[スポンサードリンク]
[ad#entry1]

スポンサーリンク

ロードバイク用のトップチューブバッグを入手した

ライトのバッテリーを収納するという目的もありましたが、こういったフレームに固定できる小物入れは便利そうだなぁと思い前々から興味がありました。

スマホをここに固定できれば地図アプリを起動してカーナビのように扱うこともできますし、夏場で塩分を補給したいときは塩飴を入れたり出来ます。

トップチューブバッグのディテール

トップチューブバッグ

ということで購入したのがこちらの『トップチューブバッグ for スマートフォン』

メーカーはパンクの修理とかでお世話になった人も多いと思う大手サイクルショップの「ASAHI」で、価格は1,980円。

特徴としてはバッグの上部にスマホを収納した状態でタッチパネル操作が可能とのこと。

主なスペックと注意点

トップチューブバッグ 中に入ってた紙

バッグの中に入っていた説明書によると、内容量は200mlほどで、サイズは90×80×180mm、重量は91gとのことです。

また、注意事項によるとバッグに防水機能は無く、雨の日にスマホを収納して走行するとスマホが壊れる可能性があるので注意。

バッグのファスナー

トップチューブバッグ ファスナー

バッグの開閉は2つのファスナーで行います。これならバッテリーの配線だけをバッグから出すことも出来ますね。

走行中にバッグを開閉するのは危ないので行いませんが、停車時に自転車にまたがった状態でも問題なくファスナーを開閉することができました。

スマートフォンの固定方法

トップチューブバッグ スマホ固定部分

スマホはベルクロによって固定します。試しに愛用してるREGZA Phone IS11Tを入れてみたらしっかりフィット。

そして後に機種変更して現在使っているXperia Z4(146×72×6.9mm)も難なく収納できました。

左右から包み込んでベルクロで固定する方法なので、幅広いサイズに対応していると思います。

一応スペアチューブも収納できました

トップチューブバッグ スペアチューブ収納

ためしにブリジストンのスペアチューブを入れてみる。ほんの少しだけパンパンになりましたが収納には問題ないレベル。

…ですが、このチューブだけでバッグがいっぱいになるので、スペアチューブはサドルバッグにタイヤ交換用のツールと一緒に入れておいたほうが良いと思います。

[スポンサードリンク]
[ad#entry2]

ロードバイクへの固定は2点式

トップチューブバッグ 固定バンド

バッグを引っくり返すとこのようにになっています。

自転車本体にはフレームのトップチューブとヘッドチューブ根本の2箇所にベルクロ付きバンドで固定するので、簡単に装着でき、走行中の振動でバッグが回転することなくシッカリ取り付けられます。

ライトのバッテリーを収納してみた

トップチューブバッグ バッテリー収納

バッテリーを収納してみます。バッテリー自体小さいので収納には問題ありませんが、逆に小さすぎてスペースが余るので何を入れればいいか迷ってしまいます。候補としては小銭いれや飴とか。

実際にバッテリーだけを収納して走行してみましたが、バッグ内部でバッテリーがガタガタ暴れ出すようなことはありませんでした。

毛穴すっきりパックも収納できます(笑)

トップチューブバッグ メンズビオレ収納

なんとなくビオレの毛穴すっきりパックでも入れてみる。全く問題なく収納出来ました。サイクリング中に使うことなんてまずないけどそこは雰囲気で(?)

ロードバイクに装着してみた

トップチューブバッグ ロードバイクに取り付け

大まかなディテールを紹介したので今度はロードバイク本体に取り付けてみました

先述の通りベルクロ付きバンドで2箇所固定していますが、やはりグラつきはほとんど無くしっかり固定出来ます。

また、私のロードバイク(Allezsport2012)はブレーキワイヤーがフレームの外に通っているのですが、ワイヤーとフレームの間にバンドを通せば問題なく取り付けられました。

トップチューブバッグ ライトのプラグ

バッテリーのコードもこのようにチョロンと出せば長すぎず短すぎずちょうどいい長さでライトに接続できます。

テスト走行で確認できた問題点

トップチューブバッグ 取り付けイメージ

全体像はこんな感じ。白いフレームなので黒いバッグはちょっと浮いた感じがしていますが、走行時に邪魔になることはなかったので問題無しとします。

ただ、実際にスマホを収納して走行したところ

  1. タッチパネル操作が可能とはいえ、表面のビニルが厚いのでタッチ感度が鈍い
  2. 熱が篭りやすく、表面のビニルが熱を集めるので、晴天時に使用するとスマホがかなり熱を持つ
  3. 晴天時はビニルで光が乱反射するのでディスプレイが見づらい

…などの問題点もありました。

1のタッチ感度については、スマホに「手袋モード」がある場合はONにすれば改善されるかもしれません。

2の熱が篭る点については、収納とスマホ操作を両立するという構造の関係でどうしても発生してしまうものかと思います。通気口でも開けてやれば改善されるかな???

目的は「ライトのバッテリーを収納する」なので、こちらはあまり気にしていませんが、マップアプリを起動する人は何かしら対策を講じたほうが良いと思います。

[スポンサードリンク]
[ad#entry3]

まとめ

ということでライトのバッテリーの収納もでき、小物も収納できるようになって、なおかつ良い感じにドレスアップしたので今回のトップチューブバッグにはなかなか満足しています。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら いいね!いいね!しよう

気に入ったらシェアしてやって下さい

フォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク
スポンサーリンク