チェーンクリーナー使って半年ノーメンテのロードバイクを洗浄した

パークツールのチェーンクリーナーで半年放置のチェーンを洗浄した結果

ロードバイクを倒立させる

SNSで共有する

どうもこんにちは。ましゅーです。

ロードバイクのパフォーマンスを保つために欠かせないのが日頃のメンテナンスです。

特にチェーンやその周辺(スプロケットなど)の古いオイルを取り除き、新しいオイルを注油することで、「めっさ快適!!」と体感できるほど差が出ます。

…もっとも、そういった「差」を感じる時点で管理不十分ですが、なにせ平日は忙しいし、休日はゴロゴロしたいので、ついついメンテナンスをサボりがち。

それにチェーン周辺に付着した古いオイルってドロドロのギットギトですから、落とすのに苦労するんですよね。

そういったことから、少しでもロードバイクのメンテナンスを楽にしたいと思い、「チェーンクリーナー」という、洗浄液入れて装着してペダルを回転させるだけでチェーンがキレイになるツールを購入して使ってみました。

チェーンクリーナーって何?

チェーンクリーナーを使ってチェーンを洗浄する前に、まずは「チェーンクリーナー」がどんなツールなのかについて、簡単に説明します。

名前を見れば「ああ、チェーンを洗浄するためのツールなんだな」というのは大体伝わるかと思いますが、どのようにキレイにしてくれるのか、使い方はどうなのかと疑問に思うかもしれません。

チェーンクリーナーは、ロードバイクを始めとする自転車や、バイクのチェーン部分に装着して、内部に専用の洗浄液を注入して、あとはペダルを回すだけでチェーンをキレイを綺麗に洗浄してくれるツールです。

チェーンクリーナーなのでチェーンはキレイにしますが、それ以外のパーツ(スプロケットやクランク)は洗浄してくれないので、別途で掃除する必要があります。

ロードバイクを倒立させる

また、チェーンクリーナーの洗浄方法ですが、クリーナー内部には回転式のブラシがチェーンを包み込むように配置されています。

なのでチェーンが動くことによってこの内蔵ブラシも回転し、チェーンを四方八方から磨いてキレイにしてくれるのです。

従来まではパーツクリーナーや、洗浄液を吹き付けて、ブラシで擦ってオイルを落としていましたが、これだとやたら時間がかかるし、何よりチェーンの内側がうまく洗浄出来ませんでした。

チェーンの内側に溜まったドロッとした固形状のオイル汚れはブラシではなく、綿棒や爪楊枝などで1コマずつ押し出すように除去しなければならなかったので、非常に時間がかかるわけです。

しかし、チェーンクリーナーを使えばペダルを回してチェーンを動かすだけで、表面のオイル汚れはもちろん、ブラシの届かないチェーン内側の汚れまで掻き出してくれるので、メンテナンスに要する時間の短縮と確実な洗浄を約束してくれます。

パークツールの「サイクロン CM-5.2」を買ってみた

Park Tool CM5.2 サイクロン パッケージ

さて、今回はそんなチェーンクリーナーの中でも、概ねレビュー評価が良好だったパークツールのサイクロン CM-5.2というチェーンクリーナーを買ってみました。

CM5.2ということで、旧式であるCM5の問題点を改善したもので、アマゾンの製品ページの説明によると、

  1. ハンドルの形状が変更された
  2. フタを固定する金属のクリップが変更された

といった変更があるようです。ひょっとしたら今後もユーザーのニーズに応じて様々なアップデートがなされるかもしれません。

Park Tool CM5.2 サイクロン セット内容

セット内容はチェーンクリーナー本体と、それに取り付けるハンドルのみというシンプルな内容で、洗浄液は別途で購入する必要があります。

アマゾンの商品ページを見ると「よく一緒に購入されている商品」とか「この商品を買った人はこんな商品も買っています」といった項目にチェーンクリーナー用の洗浄液があるので、それを参考に選んでみてください。

ちなみに私は「よく一緒に購入されている商品」より、チェーンクリーナーと一緒に洗浄液も買いました。

また、チェーンを回すという仕組みの関係で、自転車を固定するスタンドも必要です。しかし、この時点で私はスタンドを持っていなかったので、ロードバイクを倒立させて使いました(非推奨)

それではパークツールのサイクロン CM-5.2の詳細を見ていきましょう。

サイクロン CM5.2 の詳細

それではまず、サイクロン CM5.2の特徴や基本的な構造について解説します。

Park Tool CM5.2 サイクロン 下部の構造

パカッとフタを開けると上の写真のように、チェーンを洗浄するためのブラシなどが内蔵されていました。

  1. チェーンの左右を洗浄するブラシ
  2. チェーンの下部及びホールの内側を洗浄するブラシ
  3. 洗浄液を拭き取るスポンジ

といった構造となっており、チェーンの表面だけでなく、内側もしっかり洗浄できる構造になっているのがわかります。

また、ただ単に洗浄するだけではチェーンが洗浄液でビチャビチャになってしまい、フレームやホイールに洗浄液が飛び散ってしまいますが、CM-5.2は出口部分にあるスポンジが洗浄液を拭き取ってくれるのでそういった心配は皆無。

もちろん思い切りブン回せば洗浄液は飛び散ります。何事も加減が必要。

Park Tool CM5.2 サイクロン 上部の構造

上蓋にも同じようなブラシがついています。

これらのブラシによって、チェーンの上下左右をキレイにしてくれるのはもちろん、チェーンのホール(穴)に溜まったオイルと砂利の混じった固形物も掻き出してくれる構造になっています。

先程も書きましたが、チェーンの内側に溜まった汚れって、ブラシやボロ布じゃなかなか落とせないんですよね…。

爪楊枝とか綿棒で押し出して取り除くのですが、この作業を1コマ1コマやるとなるとかなり時間がかかります。しかもそこまでやっても完全に汚れを取り除けないので、いつも妥協してました。

Park Tool CM5.2 サイクロン 底部の磁石

パーツクリーナーの底部には磁石がついています。

なんでこんなところに磁石が…?と思いがちですが、この磁石によってチェーンに付着した細かい金属粒子がクリーナーの底に溜まるようになってます。

そんなに溜まるのかよ…と思いましたが、実際に洗浄してみると驚くほど磁石に金属粒子が張り付いていていました。詳しくは後ほど。

Park Tool CM5.2 サイクロン チェーン出入り口の板バネ

こちらはチェーンクリーナーの蓋を固定するための板バネ。

チェーンクリーナーは上蓋を外してそこにチェーンを挟み込んで、再び蓋をして装着します。

上下の蓋はクリーナーの両端についている板バネ(クリップ)によって固定され、しっかりと固定される反面、外す時も特に力を使うことなく簡単にパチンと外すことが出来ました。

Park Tool CM5.2 サイクロン 洗浄液の目安のライン

チェーンクリーナーの側面には目盛り(というよりライン)が入っており、このラインが洗浄液を入れる量の目安となっております。

ただ、実際にラインのところまで洗浄液を入れると結構な量なので、洗浄液の消費を気にする人は薄めて使うと良いかもしれません。

ただし、薄めて使うことができる洗浄液の話です。今回使うAZのチェーンディグリーザーは希釈は非推奨とのことなので、薄めずにそのまま使います

Park Tool CM5.2 サイクロン 洗浄液注ぎ口

また、上蓋には上の写真のようにあなが2つ開いているので、ここから洗浄液を流し込むことができます。

Park Tool CM5.2 サイクロン 持ち手

こちらは持ち手。本体の下側からスライドさせて装着できる。

実際にこのチェーンクリーナーを使用する場合、左手でチェーンクリーナーを持ち、右手でペダルを回すことになります。

そのため、ロードバイクに使う場合、ロードバイクを立てるためのメンテナンススタンド(あるいは通常のディスプレイスタンド)が必要です。

説明書は図を見れば大体分かる

Park Tool CM5.2 サイクロン 裏面

続いて、説明書もあわせて見ていきます。

文章は英語やドイツ語、フランス語で書かれてはいるものの、図を見れば使い方が直感的にわかるようになっています。

先述の通りチェーンクリーナーは上蓋を外して、チェーンを乗せて再度フタをしてクリップをパチンとロックして装着します。

Park Tool CM5.2 サイクロン 使用方法

その後、洗浄液をチェーンクリーナー側面に描かれたラインの位置まで入れて準備が完了。

あとはペダルを30回ほど回せばチェーンがキレイになりますよ~といった内容。

ただしペダルは普段漕いでいる向きとは逆の反時計回りに回すという点に注意。

Park Tool CM5.2 サイクロン 部品構成

こちらは各種パーツについて記載されています。

当然チェーンクリーナーは何回も使えばブラシやスポンジが摩耗して洗浄能力が落ちてきます。アマゾンのレビューによると、特にスポンジが摩耗するとのことでした。

普通なら内部のパーツが摩耗して使えなくなったらチェーンクリーナー単位で買い換えるところですが、サイクロン CM5.2は交換用のブラシやスポンジをオプションとして取り扱っているので、部品を交換してまた使うことが出来ます。

…ただ、レビューによると、スポンジだけ販売してほしいというコメントを結構見かけました。うーん、スポンジは自作できないかしら?

上記で紹介した交換ブラシセットでは、摩耗しやすいスポンジが2個ついていますが、パークツールさん、このユーザーの要望にも応えてあげてくださいまし。

ということで、パークツールのチェーンクリーナーの紹介をあらかた終えたので、いよいよチェーンクリーナーを使ってチェーンを洗浄します。

チェーンクリーナーで半年以上洗ってないチェーンを掃除してみた

さて、それではパークツールのチェーンクリーナーを使って、実際にオイルまみれのチェーンを洗浄してみます。洗浄するのは普段の足代わりに使っているSPECIALIZEDのAllezSport2012

駅までの通勤や休日のサイクリングで使っているにも関わらず、半年以上掃除していないというクソ汚いヤツです。

もはやこの時点でロードバイク乗る資格なんて無いと叱られそうですが、先述の通り平日は仕事だし休日はゴロゴロしたいし、何よりチェーンの洗浄面倒だし…。

今回チェーンクリーナーの購入した目的も、面倒なチェーンの洗浄を何とか楽に出来ないかというところから来ています。

パークツールのチェーンクリーナーの使い方を紹介しますが、チェーンクリーナーの基本的な使い方は他のメーカーのものでも大体同じなので、パークツール以外のチェーンクリーナーを使う人でも参考になると思います。

半年以上洗浄してないチェーンはこんなにも汚い!

半年放置したロードバイクのチェーン

うげぇ! きたねぇぇぇぇぇぇ!!!

もう「汚い」くらいしか出てこないほど汚い。キッチンのガンコな油汚れみたいに黒ずんでドロドロのギトギトになっていて、素手で触ろうものなら洗い流すのにものすごく苦労するレベル。

半年放置したロードバイクのチェーン2

さらに拡大してみる。

洗浄が面倒だからとサボってた半年の間、「なんか動き鈍いなぁ」と思ったら、洗浄するのではなく、汚いチェーンの上にオイルを追加注入していました…。

そんなので効果あるのかと疑問なのはもとより、よくそんなの今までガマンしていたなぁと呆れを通り越して感心するレベルです。

…本当にチェーンクリーナーで落ちるのかなぁ。

チェーンクリーナーを準備する

チェーンクリーナー装着

半年洗浄してないチェーンがどれほど汚いか嫌でもわかったので、こいつをキレイにするべくチェーンクリーナーをセッティングします。

まずはチェーンクリーナーをチェーンにセットしますが、先程の説明通り、左右の金属クリップをパチンと外し、上のフタを取り、チェーンを挟んで蓋をします。

AZ 水溶性チェーンディグリーザー

次に洗浄液を注入するのですが、私はチェーンクリーナーとセットで買ったAZのチェーンディグリーザーを使用。

値段が安いというのはもちろん、植物系洗剤を使っているので環境にも優しく、水溶性なので薄めて使うことも出来るみたいです。

希釈できるかどうか気になったので、AZ(エーゼット)に問い合わせてみたところ、希釈すると洗浄効果が落ちるとのことなので、薄めて使うのは非推奨のようです。

チェーンディグリーザーをチェーンクリーナーに注入

ということでチェーンディグリーザーをクリーナーの穴から注いで、ライン部分まで満たします。

やはり結構消費しますね…。

ロードバイクを倒立させる

チェーンクリーナーはペダルを回してチェーンを洗浄します。

今回は反時計回りに回せとあるので、後輪が回ることはありませんが、それでも片手にチェーンクリーナー、片手で後輪を浮かして作業というのは困難なので、メンテナンス用のスタンドが必要です。

しかし生憎スタンドを持っていなかったので、仕方なくロードバイクを倒立させて固定することにしました。

この方法では洗浄液がフレームやホイール、サドルなどに垂れてくるので非推奨です。

洗浄中のチェーンの状態

チェーンクリーナーで洗浄中のチェーン

洗浄中のチェーンはこんな感じになっています。

上下左右はもちろん、チェーンの内側にまで泡が浸透しており、手動ではなかなか届かない場所もしっかりと洗浄されているのがわかります。

チェーンクリーナーで洗浄中のチェーン2

こちらは側面。まだそれほど回転させていない(5回転くらいかな?)にもかかわらず、もうこれだけ汚れが落ちました。恐るべし洗浄力。

洗浄前のドロドロギトギトで立体感のあるオイル汚れがひどかったチェーンと比較するとその差は一目瞭然。

非常に洗浄力が強いため、チェーン以外の部分にかからないよう注意してください。

何度か回転(30回ほど)させて「おっ、キレイになったな」と思ったら、一旦チェーンクリーナーを取り外し中の洗浄液を捨てて、今度は水道水を入れて再び回転させて洗浄液をすすぎます。

そして最後にチェーンを拭き取り、新しくオイルを注油すればチェーンは完了です。

チェーンクリーナーで掃除した結果

チェーンクリーナーで洗浄したあとのチェーン

写真ではちょっと黒っぽく見えますが、洗浄前のドロドロギトギトで汚れが立体的になってたヤツと見比べると、しっかり汚れが落ちているのがわかります。

これなら素手で触っても大丈夫なレベル。

チェーンクリーナーで洗浄したあとのチェーン2

洗浄しにくいチェーンの内側も、チェーンクリーナーを使えばこの通り。ドロッとしたカタマリがキレイに落ちてくれました。

まだ少し汚れているように見えますが、これはメンテナンスをサボってたが故に洗浄で落とせないレベルに達してしまった汚れ。こうならないためにも掃除はこまめに行いましょう。

何はともあれ、一度の使用でこれだけ汚れが落ちてくれたら文句ナシです。

チェーンクリーナーの底に溜まった金属粒子

なお、洗浄後にチェーンクリーナーを水洗いしようと開けてみたら、底に汚れが溜まっていました。

これは先程説明した磁石によって集まった金属粒子なのですが、まさかこんなにも大量に溜まるなんて思わなんだ…。こりゃすごい。

これだけの量の金属粒子がドロドロのオイルと混ざって研磨剤のようになって、自転車を漕ぐたびにチェーンや周辺パーツをガリガリ削っていたと思うと…!!

まとめ チェーンクリーナーはもっと早く使うべきだった

ということで、ものぐさな性格故に半年以上ロードバイクのメンテナンスをサボっていましたが、チェーンクリーナーのおかげでものすごく楽にチェーンをキレイにすることが出来ました。

しかもただ「楽」というだけでなく、パーツクリーナーとブラシやボロ布で掃除する時よりもしっかり洗浄されており、「今までの苦労は何だったんだ…」となるほどでした。

ただし、あくまでチェーンクリーナーはチェーンだけを掃除するものであって、チェーンの周辺(スプロケットやディレイラー、クランクなど)は別途で掃除してやる必要があります。

それでもチェーンクリーナーのおかげで面倒すぎるチェーンの洗浄が素早く出来るので、メンテナンスの時間を短縮できて、なおかつ手洗いよりも綺麗に洗浄できるという点は間違いないでしょう。

洗浄に時間がかかると途中で面倒くさくなって「もういいや。来週やろ」ってなります。私の場合。

ただ、メンテナンス用のスタンドが無かったので不便でした。これはチェーンクリーナーの不具合ではなく単なる私の不備なので、後日改めてスタンドも用意しておきます。

冒頭でも書きましたが、ロードバイクはメンテナンスを怠ると、寿命が縮むだけでなく、走行性能も落ちてしまうので、定期的なメンテナンスを心がけたいです。

そんなメンテナンスを楽に行えるパーツクリーナーはまさに神ツールといえるでしょう。

↑今回使ったチェーンクリーナーはこちらのパークツール CM-5.2

↑洗浄液はAZのチェーンディグリーザー(高浸透タイプ)を使用しました。

↑今回は購入してませんが、サイクロン CM5.2用のブラシやスポンジがセットになったものも販売されています。摩耗してきたら買い替えましょう。

スポンサーリンク

SNSで共有する

このブログを購読する

この記事をお届けした
Turbulenceの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

コメント

  1. しんにゃ より:

    わちきも買おうかな
    これからゆかりバイク乗ることだし

    • ましゅー より:

      もしも買うならチェーンディグリーザー(洗浄液)やメンテナンス用のスタンドも用意しておくといいよ。

      特にスタンドなかったからロードバイク逆さにして洗浄したけど、洗浄液が垂れ幕って……。

      前者は「よく一緒に購入されている商品」探せば見つかるし、後者は自転車の幅見てえらぶとOK。