M4A1製作日記その5 ストックパイプの取り付け

M4A1製作日記その5 ストックパイプの取り付け

M4A1 ストックパイプリング取り付け

SNSで共有する

どうもこんにちは。

相変わらず暑い毎日でゲンナリしていて、仕事から帰って風呂に入り、エアコンの効いた涼しい部屋でのんびりまったりするのが最近の幸せだったりします。そんなエアコンがお友達なまっしゅです。

さてさて、しばらく空白が開いてしまいましたが、またM4A1製作日記の方を再開していきたいと思います。

[スポンサードリンク]

前回のあらすじ

■関連記事■

M4A1 チャンバー組み立て4

前回はアウター・インナーバレルおよびチャンバーの組み立てを行いました。

バレルは組み込んでしまうと長くなってしまうのでまだ本組ではありませんが、仮組み段階では特に問題はありませんでした。

ここまでフレームの加工、メカBOXの配線を延長、小物パーツを取り付け、アウター&インナーバレル組み込む…といった感じに徐々にM4A1が出来上がってきております。

ストックパイプの組み込み

さて、今回は「ストック」を組み込んでいこうと思います。

まずは使用するストックパイプからご紹介。

G&P 5ポジション アルミストックパイプ

G&P 5ポジション アルミストックパイプ

まずはストックパイプから。

冒頭から何度か記述しましたが、今回作るM4A1はストックパイプ内部にバッテリーを搭載します。

ですので当然ストックパイプもリポバッテリーが搭載可能なものを選びます。

今回選択したのはG&Pの5ポジション アルミストックパイプ。まずはこのストックパイプを紹介します。

G&P 5ポジション アルミストックパイプ セット内容

ということでセット内容を確認。

  • ストックパイプ本体
  • ストックリング
  • ストックパイプリング
  • 固定するための蓋
  • ネジ
  • Tコネクタ
  • 熱収縮チューブ

といった内容で、ストックパイプを換装するために必要なパーツが揃ってます。

M4A1 ストックパイプのナンバリング

ストックパイプ。上面には数字がプリントされています。

また、現物を手にとった第位印象はとにかく軽いことです。

脳内でイメージしていた重量と実際に手に取って感じた重量があまりに違いすぎて「!?」ってなるほどでした。

特にマルイ純正のストックパイプを持った後にこれを持つとその軽さがよくわかります。兎にも角にも軽い。軽すぎる。

M4A1 ストックパイプ エンドキャップ

ストックパイプ後端のキャップは従来の六角ネジで固定するタイプではなく、回すだけで簡単に外れるタイプ。

バッテリーの出し入れが非常に容易になってます。

また、ストックパイプの内径も広くなっており、バッテリーや配線をストレスなく収納することができます。

M4A1 ストックパイプ ストックリング

こちらはストックリング。金属製で配線を通すための”逃がし”があります。

[スポンサードリンク]

フレームにストックパイプを取り付けます

ストックリング・ストックパイプの順にフレームに通します。

M4A1 ストックリングの取り付け

ということでストックを本体に組み込んで行きます。まずはストックリングを通します。

なお、ストックパイプを固定させるためにはメカボックスが必要なので、フレームにはすでにメカボックスが入った状態になっています。

M4A1 ストックパイプ取り付け

次にストックパイプを通します。

写真を撮影し忘れましたが、やっぱり配線をハンダで結合して膨らんた部分が引っかかったので、フレーム側のストック基部の下の方を更に削って配線の逃がしを作りました。

無理に押し込んで配線傷つけるのは嫌ですからね…(笑)

ストックパイプ内にキャップを通し、ネジを締めます

M4A1 ストックパイプ ネジ止め

ストックを本体に通したらフレームに固定する「蓋」をします。

蓋には配線を逃がすための切り欠きがあるので、写真のように配線を逃がしながらストックパイプの底に沈めてネジで固定します。

んが、これ地味に骨の折れる作業で、ストックパイプの中で蓋が傾いてしまい、写真のように固定するまでに10回くらい出し入れを繰り返してました…。

で、ネジをしっかり(ネジ穴潰さない程度に)締めてあげるわけですが、それだけだとストックがグラグラ動いてしまい、とても肩に当ててサイティングなんて出来ないレベル。

そりゃぁフレームの基部をカットして固定する面積を減らしたから当たり前。ストックパイプにバッテリーを搭載する方法を知った時から予想してた。

ストックパイプリングでストックをしっかり固定します

M4A1 ストックパイプリング

そこで活躍するのが「ストックパイプリング」(写真赤丸)です。

こいつを装着することでそれまでグラグラだったストックパイプが嘘のようにシッカリ固定されます。

ストック一式を買うまでは「わざわざ別パーツにする意味あるの?」とか、「マルイみたいにストックパイプと一体化すれば良いのに」とか思っていたのですが、実際に組んでみる事でその重要性を実感。

G&P パイプリングキー

そんなストックパイプリングを組み込むのは至ってシンプル。ただストックパイプに通してクルクル回すだけ。

…なのですが、ガッチリ固定する為にはガッチリ締める必要があります。そうなると「パイプリングキー」という専用のツールが必要に。

パイプリングキーは色んなメーカーが出してますが、私はストックと同じG&P製を選択。

M4A1 ストックパイプリング取り付け

このようにストックパイプリングの溝にパイプリングキーの先端を咬ませて回します。

「ガッチリ締める必要があります」と書きましたが、馬鹿みたいに締めすぎると破損するおそれがあるので締めすぎ注意。

ストックパイプ取り付け完了

M4A1 ストック取り付け完了

ストックパイプをグラ付くことなく装着できたらストックを装着すれば(ストックは)完成!

ストックパイプはG&P製ですが、ストックは東京マルイ純正M4A1カービンからの流用です。

M4のストックも色々種類がありますが、私は写真のようなブッシュマスタータイプのストックが好き。

フレームがブッシュマスターなのでストックもブッシュマスター。

[スポンサードリンク]

まとめ

という具合に今回はストック一式を組み込んでいきました。

バッテリーをストックパイプに内蔵するという方式を選んだため、ひと工夫ふた工夫する必要がありますが、「外見を崩さずバッテリーを搭載出来る」という、見た目と実用性を兼ねたこの方法は今後も流行していくと思っています。

ライフルのケツにあたるストックを終えたので、残るは「顔」にあたるフロント周りだけです。結構シリーズ重なるかなと思ったのですが、思いのほか早く終わりそうです。

↑ストックパイプはG&Pの「5ポジション アルミストックパイプ」を使用。リポバッテリー対応で、軽くて丈夫なストックパイプです。

↑ストックパイプをしっかり固定するためにはストックパイプリングをしっかり締める必要があります。ストックパイプと一緒にツールも揃えておきましょう。

スポンサーリンク

SNSで共有する

このブログを購読する

M4A1製作日記その5 ストックパイプの取り付け
この記事をお届けした
Turbulenceの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク