【M4A1製作日記】G&Pの5ポジション アルミストックパイプを使ってみた

【M4A1製作日記】G&Pの5ポジション アルミストックパイプを使ってみた

M4A1 ストックパイプリング取り付け

気に入ったらシェアしてやって下さい

どうもこんにちは。ましゅーです。

しばらく空白期間がありましたが、またM4A1製作日記の方を再開していきたいと思います。

ちなみに前回は、アウターバレル、インナーバレル、そしてチャンバーといったパーツを取り付けておりました。

…ただ、これらのパーツを固定するにはハンドガード(RIS)にあるバレルロックが必要なため、現時点ではまだ「仮組み状態」となります。

意外にも順調に作業が進んでいるM4A1製作日記。今回はバレルやチャンバーをフレームに組み込みます。アウターバレルはマッドブル、インナーバレルはライラクスのBCブライトバレルを使用。パーツの紹介や組み込み方法について解説します。

↑前回の記事です。

なので今回はハンドガードの組み込みをやる……と思いきや、どうしたものかハンドガードではなくストックパイプ(バッファーチューブ)の組み込みをやるみたいです。

この記事では、

  • 実際に使用したG&P製 5ポジション CNC アルミストックパイプのレビュー
  • 上記アイテムの組み込みについての解説

と言った内容をまとめています。

G&Pのストックパイプは軽量ながら頑丈で、なおかつストックチューブバッテリー対応となっているので、ストックチューブにリポバッテリーを搭載する人は是非参考にしてください。

スポンサーリンク

G&P製「CNC 5ポジション アルミストックパイプ」のレビュー

さて、今回は「ストック」を組み込んでいこうと思います。

このシリーズの序盤から何度か記述していますが、今回作るM4A1はストックパイプ内部にバッテリーを搭載します。

そのため、当然ながらストックパイプもリポバッテリーが搭載可能なものを選びます。

G&P 5ポジション アルミストックパイプ

今回選択したのはG&PのCNC 5ポジション アルミストックパイプ(GP895)。価格はアマゾンで5,900円ほど。

安直ではありますが、フレームがG&PなのでストックパイプもG&Pで良いだろうと思い、これにしたというのが一点。

もう一つは後述しますが、ストックパイプだけでなくストック交換に必要な付属品がついているという点でこれが手っ取り早いと判断したためです。

まずはこのストックパイプを紹介します。

セット内容

G&P 5ポジション アルミストックパイプ セット内容

ということでセット内容を確認。

  • ストックパイプ本体
  • ストックリング(配線逃がし用スリットの入ったもの)
  • バッファーリング
  • ストックパイプ・エンドキャップ
  • フレームに固定するためのネジ
  • Tコネクタ
  • 収縮チューブ

といった内容で、ストックパイプを換装するために必要なパーツが揃ってます。

ストックパイプ上面にはナンバーが記載されている

M4A1 ストックパイプのナンバリング

こちらはストックパイプの上面。

数字がプリントされているので、リトラクタブルストック(M4などに取り付けるスライド式のストック)の穴から何段階目の長さであるかをひと目で確認できます。

また、現物を手にとった第一印象はとにかく軽い(アマゾンの製品紹介ページでは135gとのこと)。

アルミ素材をCNC高精度切削によって仕上げているとのことで、寸法精度が高いのはもちろん、切削品なので高強度でありながらパイプ厚を薄くすることに成功し、軽量化やバッテリーの挿入しやすさも実現しています。

脳内でイメージしていた重量と実際に手に取って感じた重量があまりに違いすぎて「!?」ってなるほどでした。特にマルイ純正のストックパイプを持った後にこれを持つとその軽さがよくわかります。兎にも角にも軽い。軽すぎる。

エンドキャップは回して外すタイプ

M4A1 ストックパイプ エンドキャップ

ストックパイプ後端に付けるエンドキャップは、マルイなどでみられる六角ネジで固定するタイプではなく、回すだけで簡単に外せるタイプになっています。

このおかげで工具ナシで着脱が可能となり、リポバッテリーの出し入れが非常に容易になってます。

また、ストックパイプの内径も広くなっており、バッテリーや配線をストレスなく収納することができます。

ちなみにG&Pのストックパイプは、同社のスティックタイプリポバッテリー(最大11.1V 1200mAhまで)が対応しています。

参考までにG&Pの11.1V 1200mAhのリポバッテリー  のサイズは、およそ140×20×18mm(コネクター部分含まず)なので、これを目安に対応するリポバッテリーを探そうと思います。

付属のストックリング

M4A1 ストックパイプ ストックリング

こちらは付属のストックリング。

先述の通り、G&Pのストックパイプにはストックリングをはじめ、ストック交換に必要なアイテムがセットになっているのでありがたい。

ストックリングは金属製で下の方には配線を通すための”逃がし”があります。

…ということで、G&Pのストックパイプについてあらかた紹介し終えたので、以降はストックパイプの取り付け方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

ストックパイプを取り付ける方法

というわけで、今回のメインテーマであるストックパイプの取り付けに入ります。

メタルフレームを組み込むなどしてM4あるいはM16系電動ガンを分解・組み立ての経験がある方はご存知かと思いますが、ストックパイプはフレームではなく、メカボックスに取り付けます。

どういうこと? ってなるかもしれませんが、フレーム自体にはストックを固定するためのパーツは無く、フレームに組み込んだメカボックスの後端にあるネジ穴に、ストックパイプのネジを固定するという形で本体に装着するわけです。

なので、フレームにはメカボックスが組み込んであることを前提に話を進めていきます。

ストックリング、ストックパイプの順にフレームに通す

M4A1 ストックリングの取り付け

ということでストックを本体に組み込んで行きます。まずはストックリングを通します。

先述の通りストックパイプを固定させるためには「メカボックス」が必要なので、フレームには既にメカボックスが入った(組み込まれた)状態になっています。

M4A1 ストックパイプ取り付け

次にストックパイプを通します。

写真を撮影し忘れましたが、配線のハンダで結合して膨らんた部分が引っかかったので、フレーム側のストック基部の下の方を更に削って配線の逃がしを作りました。

無理に押し込んで配線傷つけるのは嫌ですからね…。

ストックパイプ内からネジを締める

M4A1 ストックパイプ ネジ止め

ストックを本体に通したらフレームに固定する「蓋」をします。

蓋には配線を逃がすための切り欠きがあるので、上の写真のように配線を逃がしながらストックパイプの底に沈めてネジで固定します。

んが、これ地味に骨の折れる作業で、ストックパイプの中で蓋が傾いてしまい、写真のように固定するまでに10回くらい出し入れを繰り返してました…。

で、ネジをしっかり(ネジ穴潰さない程度に)締めてあげるわけですが、それだけだとストックがグラグラ動いてしまい、とても肩に当ててサイティングなんて出来ないレベル。

そりゃぁフレームの基部をカットして固定する面積を減らしたから当たり前。ストックパイプにバッテリーを搭載する方法を知った時から予想してた。

バッファーリングでストックをしっかり固定する

M4A1 ストックパイプリング

そこで活躍するのが「ストックパイプリング」(上記写真赤丸)です。

こいつを装着することで、それまでグラグラだったストックパイプが嘘のようにシッカリ固定されるようになります。

ストック一式を買うまでは「わざわざ別パーツにする意味あるの?」とか、「マルイみたいにパイプと一体化すれば良いのに」とか思っていたのですが、実際に組んでみる事でその重要性を実感。

バッファーリングの固定には「パイプリングキー」を使用

G&P パイプリングキー

そんなストックパイプリングを組み込むのは至ってシンプル。ただストックパイプに通してクルクル回すだけ。

…なのですが、ガッチリ固定する為にはガッチリ締める必要があります。そうなると「パイプリングキー」などと呼ばれる専用のツールが必要に。

バッファーリングを締めるためのツールは色んなメーカーが出してますが、私はストックと同じG&P製を選択。

ちなみにこのツールは今回のG&Pのストックパイプ(バッファーリング)に限らず、WAやシステマ、次世代電動ガンのバッファーリングにも使えるみたいなので、持っておいて損はないツールだと思います。

M4A1 ストックパイプリング取り付け

このようにバッファーリングの溝にパイプリングキーの先端を咬ませて回します。

「ガッチリ締める必要があります」と書きましたが、馬鹿みたいに締めすぎると破損するおそれがあるので締めすぎ注意。何事も加減は必要。

スポンサーリンク

ストックパイプ取り付け完了!

M4A1 ストック取り付け完了

ストックパイプをグラ付くことなく装着できたら、あとはストックを装着すれば完成!

ストックパイプはG&P製ですが、ストックは東京マルイ純正NEW M4A1カービンからの流用です。M4のストックも色々種類がありますが、私は写真のようなブッシュマスタータイプのストックが好き。

フレームがブッシュマスターなのでストックもブッシュマスター。

まとめ

という具合に今回はストック一式を組み込んでいきました。

バッテリーをストックパイプに内蔵するという方式を選んだため、ひと工夫ふた工夫する必要がありますが、「外見を崩さずバッテリーを搭載出来る」という、見た目と実用性を兼ねたこの方法は今後も流行していくと思っています。

フレームの加工や配線延長はちょっと難かしいかもしれませんが、幸い現在ではストックチューブバッテリーユーザー向けに予め加工が施されたものが売られていますので、初期の頃に比べれば敷居が低くなってきています。

さて、ライフルのケツにあたるストックを終えたので、残るは「顔」にあたるフロント周りだけです。結構シリーズ重なるかなと思ったのですが、思いのほか早く終わりそうです。

メカボックスを組み込んでからでないと取り付けられなかったメタルフレームパーツ(各種ロックピン、マガジンキャッチ、グリップなど)を取り付けていきます

↑次回は作業順序の関係で取り付けができなかったメタルフレームのパーツの取り付けや、グリップの交換などについて行っていきます。

↑ストックパイプはG&Pの「5ポジション アルミストックパイプ」を使用。リポバッテリー対応で、軽くて丈夫なストックパイプです。

↑ストックパイプをしっかり固定するためにはストックパイプリングをしっかり締める必要があります。ストックパイプと一緒にフロントキットを固定するツールなどもセットで揃えておきましょう。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら いいね!いいね!しよう

気に入ったらシェアしてやって下さい

フォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク
スポンサーリンク