お盆休みは静岡市のホビースクエアや夜店市に行ってみたよ!

お盆休みは静岡市のホビースクエアや夜店市に行ってみたよ!

第53回 静岡夏祭り夜店市

気に入ったらシェアしてやって下さい

どうもこんにちは。ましゅーです。

夏休みも中盤にはいり、私のような社畜にも「お盆休み」というクソの足しにもならん休暇を頂いたので、また相方と静岡に旅行に行ってました。

静岡(静岡市)ではお盆休みになると「SBSサマーフェスト」「静岡夏まつり夜店市」というイベントが同時開催されます。ただでさえ賑やかな七間町通りがますます賑やかになります。

そういえば去年も今くらいの時期に静岡に行ったんですよね~。あの時も暑かったなぁ。

…ということで、お盆休みの静岡旅日記を書き綴ろうと思います。

スポンサーリンク

ASTY静岡内にある「スープストックトーキョー」にて朝食

静岡駅 スープストックトーキョー

静岡駅に到着し、ホテルに荷物を預けたあと再び静岡駅に戻って駅の中にある「スープストックトーキョー」にて朝食。

私は「オマール海老のビスク」というビーフシチューのような風味のスープを注文。相方はハラが減ってたのかスープを2種類も注文。よー食べる子やなぁ。

静岡ホビースクエアで時間つぶし

静岡ホビースクエアの看板

その後は映画を観る予定ですが、上映時間までそこそこ時間があったので静岡駅のすぐそばにある「静岡ホビースクエア」に立ち寄りました。

名前の通りプラモデルとかミニ四駆などが展示されてたり、近くにあるホビーショップでプラモデルや関連グッズを購入することができます。プラモを購入したらすぐ横の工作室で組み立てることもできます。

……なお、私の”ホビー”である「エアソフトガン」はありませんでした畜生。

呪いの人形館 幸子とまさこ

静岡ホビースクエア 呪われた人形館 幸子とまさこ

で、相方が余計なものを見つける。

「呪われた人形館 幸子とまさこ」というお化け屋敷がホビースクエアで開放され、ビビリなクセにホラー系が好きな相方は「ここへ行こうよ!」と大はしゃぎ。

なお、入場料はひとり800円。高ェ…。

大まかなあらすじは動画を見ればわかります(というか動画あるのね……)。いかにもホラーっぽい内容です。

で、結論から申しますと、乗り気でなかった私はどこで何が起きるかだいたい予想出来てたので、別段驚くこともなく自宅の庭を歩いてるかのように平然と歩いてました。

一方で目をキラキラ光らせて化け屋敷に入りたがってた相方はというと、一歩入った途端それまでの好奇心なんて無かったかのように発狂しまくって、「止まってねぇで早く進めよ!!」と罵声を浴びせたり腕を引っ叩いてくる始末。

ハッキリ言ってお化け屋敷より相方のが怖い。

世界の動物 立体パズル

静岡ホビースクエア 世界の動物 立体パズル

人形館を無事に脱出したあとは再び展示場に。

展示場には「世界の動物 立体パズル」というパズルが置いてあったので、良い大人が二人して夢中で組み立ててました。

静岡ホビースクエア 世界の動物 立体パズル2

ハイ完成。私が作ったのはライオン。

静岡ホビースクエア 世界の動物 立体パズル3

相方はクマを作ってたようです。

この立体パズルは意外に難易度が高く、私も相方も組み立てるのに手こずってました。というのも組み込む順番を間違えると次のパーツが組めなくなるのです。

設計図を見ながらどこのパーツか、どういう順番で組み込むかなどなど、多角的な視点でモノを見る力が養われます。こういうのは小さな子供にやらせてあげたい。

静岡ホビースクエア 世界の動物 立体パズル4

なおこのパズルはホビースクエア内にあるショップで販売しています。

新静岡セノバのシネシティザートで映画鑑賞

新静岡セノバ シネシティザート

ホビースクエアで時間つぶしたあとは静岡駅から徒歩10分程度のところにある「新静岡セノバ」のシネシティザートで「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」を鑑賞してきました。

予告動画では主人公であるイーサン・ハント(トム・クルーズ)が離陸する航空機にしがみつくシーンが印象的でしたが、あれはCGじゃなく実写とのことで、数本のワイヤーだけが命綱とのこと。無茶しやがって。

他にもバイクでターゲットを追跡するシーンや、カーチェイスシーンもCGじゃなく実写とのこと。監督もえげつない要求しやがる。

ミッションインポッシブルシリーズは今作が初見ですが、前作とか全く知らなくても楽しめる内容でした。

ということで、ホテルのチェックインである15時まではこんなふうに過ごしていました。

第53回 静岡夏祭り夜店市&SBSサマーフェスト

第53回 静岡夏祭り夜店市

静岡の夏の恒例行事である静岡夏まつり夜店市にも足を運んでみました。今回で53回目です。

毎年お盆終わり頃に開催されており、今年は8月14日(金)から8月16日(日)の機関に開催。普段は雑貨屋とか飲食店が並ぶ七間町通り周辺がワゴンセールやオープンカフェなどで大賑わい。

第53回 SBSサマーフェスト

また、葵スクエア~青葉シンボルロードでは「SBSサマーフェスト」も同時に開催。

こちらはSBSこと静岡新聞が主催で、毎年「夏まつり夜店市」に合わせて行われるイベントです。

第53回 SBSサマーフェスト2

細長い青葉シンボルロードの両端に露天がズラ~っと並んでおります。こりゃ狭い(笑)

露天では焼きそばやかき氷といった「お祭りあるある」なモノから、ドネルケバブや牛もつカレーなど多彩な屋台があります。

飲食系の屋台だけでなく、自転車をブン回す速度を競うブースやアーティストが演奏するステージなどもありました。

第53回 SBSサマーフェスト ソーセージ

ということで色々買ってみたわけですが、まずは極太のソーセージ。

ガブリと噛みついたらアツアツの肉汁が溢れだして口の中と唇をヤケドしました。兎にも角にもプリプリのジューシー。太くて長いので食べ応え満点!

…なんだか書いててすごく危ない気がしてきた。

第53回 静岡夏祭り夜店市 ラムネ

お次は夏祭りの王道ラムネ。

ラムネといえば水色の瓶ですが、ここのラムネ瓶はお茶の色をイメージした緑色。静岡っぽいですね。相方が開け方を知らなかったので近くのベンチに座ってラムネ瓶の開封方法をレクチャー。

なお、ゴミ捨て場はあちこちに設置してあるのですが、瓶のゴミ箱だけ無いので、購入したお店に空き瓶は返却しました。

第53回 SBSサマーフェスト 鶏皮ギョーザ

こちらは「鶏皮ギョーザ」という鶏肉の皮でタネを包んだ餃子。

外は塩が効いたパリパリの食感で、中は肉汁とひき肉の旨み溢れるという、鶏皮と餃子の良いところを合体させた料理です。いつか家でも作ってみたいなぁ。

第53回 SBSサマーフェスト かき氷

で、こちらはかき氷。夏まつりのド定番ですね。

私はメロン味、相方はいちごミルク味を購入。

第52回 SBSサマーフェスト かき氷

余談ですが、かき氷といえば昨年の静岡夏祭りでも買って食べていました。あれからもう1年経過したんですね。感慨深いです。

関連記事 お盆の静岡は「SBSサマーフェスト」と「静岡夏祭り夜店市」で大賑わい!

なお、昨年は「塩もつ煮込み」にドハマりして3回くらい買って食べており、今年も塩もつ煮込み目当てでお祭りに行ったのですが、塩もつ煮込みの露天がどこにも見当たらず…。

静岡新聞さん! SBSサマーフェストの醍醐味はビールやチキンラーメンの試食会ではなく「塩もつ煮込み」ですよ! 塩もつ煮込みあればもっと多くの人が来ますよ!

…と、謎のゴリ押しをして来年こそ塩もつ煮込みが復活してることに期待(来年行けるかわからんけど)。

夏まつり夜店市
こちらは「トルコアイス」というやたら伸縮性に富んだアイス。

販売しているトルコ人(?)のオッサンがやたら陽気で、アイスを受け取ろうとした時にわざと手をクルリと一回転させてアイスの伸縮性をアピールしてくれました。まぁよそ見して落とす心配は無さそうだ。うん。

他にも写真忘れましたが(おかしいな、撮影したと思ったのになぁ)、ポテトフライとかオムレツ焼きそばとかとか、いろいろ買って食べ歩いていました。

お盆というだけに数週間前の猛暑日と比較して多少涼しくなったような気がしますが、人混み&アツアツ鉄板のおかげで結構暑かった。少し祭りから離れると急に風が涼しく感じるほど。

ここでは毎年お盆の終わりがけにお祭りをやるみたいなので、もしも来年のお盆も静岡に行くことがあったらぜひ立ち寄ってみたいところ。

また、静岡に遊びに行く人は静岡新聞のホームページで調べてみるのをオススメします。お祭をはじめとする静岡で開催される様々なイベントについて情報が掲載されてます。

ということでお盆はまったり静岡で過ごしました。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら いいね!いいね!しよう

気に入ったらシェアしてやって下さい

フォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク
スポンサーリンク