怒鳴る・侮辱する「パワハラ」上司は部下の能力を下げるだけ。改善させるかクビにしろ。

怒鳴る・侮辱する「パワハラ」上司は部下の能力を下げるだけ。改善させるかクビにしろ。

叱責

SNSで共有する

どうもこんにちは。まっしゅです。

ブラック企業で奴隷のように働かされて若い人が廃人になるという居た堪れないニュースを散見する昨今です。

休日が少ないとか残業が多いとか、ちゃんと給料払わない……などなど労働条件が劣悪なのがブラック企業の主たるところですが、人手不足・後継者不足を嘆く会社に限って若者を大事にしないのはどういうことなの?と不思議に思います。

……が、仮に労働条件がホワイトだったとしても、上にいる人間がクソの塊みたいな人だとやっぱり会社ってブラック化してしまうんですよね。

しかし残念なことにすぐ怒鳴ったりパワハラしたりする人が会社の中に一人や二人くらいいて、そういう人たちが会社の生産性を低下、ブラック化させる要因です。

今回はそういった劣悪な人間の存在が会社にどんな影響を与えるか、考えてみました。

[スポンサードリンク]

スポンサーリンク

パワハラ上司のせいで大量服薬 社員が死亡する

企業局によると、課長補佐級職員は40代職員が異動した直後の2014年4月から15年3月までの間、週に2、3日、約10分間、自分の机のそばに立たせて大声で「こんなこともわからへんのか、普通やったらできるぞ」など非難。侮辱するだけで業務の改善につながらない発言などを繰り返したという。

40代職員は15年3月7日夜、自宅で薬を大量に服用し、昏睡(こんすい)状態に陥った。一時的に会話できるほどに回復したが、3日後の10日朝、急性心不全で死亡した。

via : パワハラ:侮辱的言葉で叱責 被害職員が大量服薬で死亡 – 毎日新聞

まず今回この記事を書こうと思ったきっかけは、上記のニュースを読んだことです。

大まかに説明すると、日常的にパワハラを行う上司のせいで薬を大量に服用するようになった部下が昏睡状態に陥った後に死亡するというニュースです。

このニュースを見て「あぁ、こういう愚かな人間が人の上に立つから日本の会社はいつまでもブラックなんだな」って思った次第です。

パワハラは実行する本人には憂さ晴らしになるかもしれませんが、受ける側はもちろん、会社全体で見ても何のメリットもありません。むしろデメリットだらけと言って良い。

では何故パワハラがデメリットだらけなのか、以下に私の考えをまとめてみました。

部下にパワハラをする者を上司と呼ぶべきではない

まずは後輩を持つ人や上司の下で仕事している人にも確認したいのですが、上司の役目って部下を侮辱したり怒鳴ったりすることですか?

いいえ。違いますよね?

上司の仕事は、知識や経験が浅く、右も左も分からない部下たちに仕事を教え、一人前の社員に育て上げることにあります。

なので一人ひとり全く異なる社員の性格を把握して、一日でも早く、一人でも多く優秀な人材を生み出すために適切な指示を出すのが上司の最大の役割です。

ビジネスチーム

ともなれば馬鹿みたいに怒鳴り散らすとか、「お前は使えねーな」みたいな言葉で侮辱するパワハラ行為は上司・リーダーが取るべき行動としてNGなわけです。

今回引用したニュースの件では、被害者は40歳の方ということでそこそこ年配の方ですが、「会社」という組織に所属している以上、「使えない」のであれば老若男女問わず「使えるようにする」必要があります。

残念なことに被害者は亡くなってしまったので、文字通り「使えなくなってしまった」ということで、こういう結果をもたらしてしまっては上司以前に人として失格です。

それでは「パワハラ」が何故NGなのか(本来は説明しなくてもわかるようなことですが)更に噛み砕いて説明していきます。

パワハラによって発生する不具合

自分の思い通りに事が進まないとイライラするのは、人間である以上誰しもが持つ感情です。

しかし、そこで感情に任せて胸中をブチまけることが果たして生産性のある行動なのかと問われると、答えはノーです。それどころか余計な手間を増やすことになります。

人は怒鳴られると「萎縮」します

会社のカネ盗んだとか、意図的に誰かに迷惑をかけるような人なら、今すぐに止めさせないといけないので怒鳴るのはわかります。

が、そうでもないのなら、必要以上に怒鳴る必要は一切ありません。部下だってミスをしたくてミスしているわけではないのですから。

まず、部下が何を間違えたのかを自分自身が理解するためにヒアリングをして、そこから再発防止のための助言をして、改善出来たら「やれば出来るじゃないか」と評価する。

繰り返しになりますが、怒鳴る必要は一切ありません。

叱責

なぜなら人は怒鳴られると萎縮して「思考停止」に陥ってしまうからです。特に相手が若い人なら尚の事(もちろん若くなくてもです)。

で、萎縮して思考停止状態になると、今次は普通の人ならまずしないようなミスをします。ミスがミスを呼んだ結果として、部下のパフォーマンスだけでなく会社の生産性まで下げてしまうことになります。

やらなきゃいけない業務・覚えなきゃいけない仕事が山ほどある中で、そのような社員のパフォーマンスの低下は会社にとっても致命的となり、会社の生産性を下げる大きな原因となります。

また、誰だって怒られるのは嫌なので、次第に部下は上司に怒られないための行動を取るようになります。

つまり、「成果(=利益・生産性の向上)を出す」から「上司に叱られないようにする」に変わってしまい、主体性の無い「指示待ち人間」となってしまうのです。

人は「侮辱」されるとやる気を無くします

「お前は使えないヤツだ」とか「失敗作だ」なんて言われて、「やる気みなぎってきました!!」なんていう人はまずいません。

…いや、「まずいない」は言いすぎかもしれませんが、いたとしてもごく少数。大半の人が侮辱されたらやる気を無くします。

「労働」自体が既に過酷なのです。そんな中でしたくもないミスをして、モチベーションが極限まで落ちている中で更に侮辱をするなど、もはや部下にトドメを刺すようなものです。

プレッシャー

ミスをしたり成果が芳しくないから指摘する、助言するならまだしも、「侮辱」は相手を傷つけるだけで何一つプラス要素がない。完全に非生産的な行為です。

結果として仕事への関心・意欲を失い、成長スピードを遅らせることとなり、一人前になるまでに余計な時間をかけてしまいます。

成長スピードが遅れるだけでなく、最悪会社を辞めてしまう場合もあり、そうなればそれまで育成に費やした時間やお金は全て水の泡。

企業の人手不足が叫ばれる今日において、手塩にかけて育てた後継者を失うことほど痛い損失はありません。

致命的なミスの発見が遅れる

誰だって怒鳴られるのは嫌なので、パワハラ上司とは一定の距離を起きたい、もっと言えば極力関わりたくないと思うのが普通です。

そうなるとコミュニケーション、特に業務における”報連相”が円滑に行えなくなり、その結果、重大なミスの発見が遅れてしまうなんてこともありえます。

よくいるのは「同じことを何度も聞くな!」という上司。新人社員が業務における疑問や不安を相談しづらい環境を作ってしまい、新人社員は「あれ?コレで合ってるのかな?でも聞けないし、これでいいか…」という状態に。

汚いオフィス

そうして新人社員が問題を解決せず仕事を続けた結果、借金のように問題が膨れ上がります。気づいた時にはすでに遅し。何時間もかけてやった作業は全部やり直しというケースも。

確かにミスをした人が悪いかもしれません。しかし、そのミスはちょっとした意思疎通で防げたかもしれないと思うと、気軽に相談出来ないような環境を作ってしまった上司にも非があるわけですよね?

30秒の確認と3時間のやり直し、どっちが良いかという話です。

パワハラはうつ病や自殺の原因。人が本当に「使い物」にならなくなる

常習的に怒鳴ったり侮辱する「パワハラ」は、ボディーブローのように部下の精神をジワジワと蝕んでいきます。

多少は耐えられたとしても、ある一定のラインを超えるとダムが決壊するように「うつ病」になったり、場合によっては世を儚んで駅のホームに飛び降りてしまう。

パワハラ上司が人を無機物に変えた瞬間となります。

社畜ゾンビ

そうなってしまうとまず単純に労働力が一人分減るわけで、ただでさえ猫の手も借りたい忙しい状況を更に悪化させてしまいます。

労働力が減ればその埋め合わせを他の社員がしないといけないので、社員の負担が増えます。そうなると残業や休日出勤もしないといけないので、残された社員は疲弊して更なるパフォーマンスの低下を招きます。

また、パフォーマンスの低下だけでなく、こういったブラック労働は社員の労働者としての寿命も縮めるので、病気やうつ病などで倒れ、ますます人がいなくなってしまうでしょう。

次々に社員が辞めたり倒れた結果、会社がどうなるかは考えればわかりますよね?

暗い部屋でのパソコン操作

それだけで済むならば新たに求人募集(ただ、こういうブラックな環境をいつまでも改善しない会社に人は来ないと思って下さい)して補充すればいいのですが、実際はそれで済まない場合が多いです。

社員がうつ病になったり自殺してしまえば、被害者やその遺族はまず会社を訴えます。

やれ裁判、やれ労災認定、やれニュース沙汰、やれ厚労省の立ち入り…となればもはや業務どころの騒ぎではありません。

会社の評価・信頼はダダ落ちとなり、信頼を何よりも重視する日本において死を意味します。

パワハラ・セクハラを絶対にさせないこと、違法な労働をさせないことは、一見すると社員だけが得するようにも見えますが、これら法令遵守は、社会からの信頼を損なわないためにすべき「危機管理」の第一歩といえます。

[スポンサードリンク]

なぜパワハラが発生するのか

ここまで「パワハラ上司」が会社にどういった悪影響を及ぼすかをやや大げさに(しかし決して誇張でも何でもありません)述べましたが、今度はそもそもなぜ「パワハラ」が発生するのかを考えてみます。

部下が失敗したから。だけで片付けるには早すぎる。

先程述べたように、部下が「失敗した」というただでさえマイナスの状況で怒鳴ったり侮辱すれば、部下のパフォーマンスが下がって更にマイナスの方向へ突き進むわけですよね?

被害を最小限にしないといけないのに自らパワハラして被害拡大させてどうするの?という話です。

そう鑑みると「オレが怒鳴る(侮辱する)のは部下が悪い」で片付けるのは、人の上に立つ者としてあまりに短絡的かつ非生産的な考え方です。

そのような先見性のない上司は会社にとってマイナスでしかないので、経営者は自分の会社を守りたいのであれば改善させなければなりません。

上司の性格に起因するもの

「上司がパワハラしているのだから上司以外に原因などないだろう」と怒られるかもしれません。しかしそれも早計です。

もうすこし遡って「そもそもなぜ上司はパワハラをするのか?」を考えてみます。

上司が根性論・精神論の塊

「怒鳴ったらやる気を出す、侮辱すれば反骨精神で這い上がるに違いない」

…そんなスポ根ドラマか何かを大真面目に信仰している時代遅れな「老害」と呼ばれる人たちが陥る考え方です。

怒鳴られても罵られても挫けずに這い上がって栄光を勝ち取るシナリオは、見てる分にはドラマチックですが、いざ受ける立場になったらこれほど迷惑な話はありません。

フィクションと現実の区別がつかないようでは困ります。

多少の「激励」は必要だとしても、この手の昭和思考な人は「檄」こそ全てと言わんばかり。しかも本人は「部下のため」と思ってやっているから、限りなく迷惑である。

本当に部下のためを想うのなら、怒鳴る罵るを無くし褒める回数を増やしてやるだとか、少しでも負担を減らすといった方向に持って行くべきですが、残念な事にスポ根教師には生徒の声は届かない。

上司の性根が腐ってる

単に上司が人間のクズというものである。

他が良かろうと悪かろうと関係なく、自分は目下の人間を怒鳴ったり侮辱しないと自我を保つことができないという「頭がおかしい人」の部類に入ります。

…そんな頭のおかしい人はそうそういないと思いますが、どうしたものか、いる会社にはいるんですよね。何で採用したのか当時の採用担当者に問い詰めたくなります。

で、そういうのは「お局(おつぼね)様」とか揶揄される年のいったオバサン上司に多いですが、やってることは陰湿そのもの。

目的は自身の自我を保つことにあるわけだから、本人にとってプラスでも当然ながら会社にとってはひたすらマイナスでしかない。

仮に成果を出している人であっても、その下にいる部下たちのパフォーマンスを下げる原因を作るなら成果を出していないも同然なので、早めに是正を求めるべき。

…なのですが、こういうタイプの人間は一方的にアレコレ言うくせに、人の話は全く聞かないパターンが多く、いざ物申したら今度は弱者を装ったりするという自己保身は超一流な人だったりします。

あなたの身の回りにもいませんか。そういう迷惑な人種。

上司以外に原因がある場合

「上司」の性格に起因するものならば上司の上司に相談するなどで「指摘」をさせて解決できる可能性はありますが、上司の上司、あるいは経営陣が似たようなパワハラ持ちだとなかなか厄介である。

上司も同様に上から圧力を受けている可能性がある

利益や功績といったものは下から上に搾り取られますが、損失によるしわ寄せは上から下へ流れていく場合が多いです。

「上司の不満は部下に」といったように、そのパワハラ上司もまた更に上の上司から「いつになったら成果を出すんだ!」といったプレッシャーを受けている可能性があります。

だからミスを犯すまいと必死になって(迷走して)部下に理不尽な要求をしたり、あるいは「憂さ晴らし」をしたりするという。

そしてその迷走によって部下のパフォーマンスを低下させたがために成果はますます出なくなる。上から下へ流れるパフォーマンス低下のスパイラルである。

この負のスパイラルの流れを変えられるのは結局「上の人」しかいません。

少しでも利益を出したい・生産性を向上させたいのなら、少しでも部下や社員の心身にかかる負担を減らすべきです。

会社そのものに原因がある場合

労働時間が長い、休日が少ないといったいわゆるブラックな会社が原因の場合。

どれだけ温厚な人でもストレスが溜まればイライラします。ならないという人は畳の目の数を数えてみてください。おそらく100を超えるあたりからイライラして来ます。

仕事とはまさに畳の目の数をひたすら数え続けるようなもので、適度な休憩を挟むことなく続ければイライラは蓄積され、そのうちに頭がおかしくなってきます。

どれだけ温厚な人でもそういった劣悪な環境によって精神や人格を侵食されてしまえば「攻撃的」になるか「逃げる」かのどちらかへ走ります。

なのでそれを避けるためにも会社(経営者)は社員の健康には気を遣わないといけません。

仮に職場でパワハラが発生していないとしても、労働条件を改善することは生産性の向上、会社の信頼度アップなど、会社に多くのメリットをもたらします。

ゴミのポイ捨て

「体調管理なんて自己責任だろ」と突っぱねる経営者もいるかもしれません。

しかしそういった体調管理の崩壊の原因が労働時間や休暇など自己責任で決められないところにあるので、そのようでは人の上に立つ者としてはあまりに無責任です。

また、長時間労働は社員の肉体や精神を蝕むだけでなく、生産性の低下にもつながります。その結果、非生産的なダラダラ労働が蔓延し、利益は出ない、社員は倒れると踏んだり蹴ったり。

日本の会社の多くが生産性の低さを長時間労働で賄おうとしていますが、そういった消耗戦から脱出できない非生産的な会社は、今後破滅する思った方が良いでしょう。

そして、消耗戦から脱出するためには、やはり「人材の育成」と「労働条件の改善」に全てが掛かっているのです。

まとめ パワハラは「会社」単位で解決すべき問題

部下や上司はもちろん、社長にも読んで頂きたいと思い、パワハラによる会社への悪影響をまとめてみました。

繰り返しになりますが、パワハラは、

  • 部下(社員)の思考・行動を鈍化させる
  • 重大なミスの発見を遅らせる
  • 会社をブラック化させ、社会的信頼を失う
  • 人材の喪失に繋がる

などなど、デメリットは山ほどあれど、メリットなど一つも無いということがお分かりいただけたかと思います。

ランクアップ

会社に利益を運ぶのが社員である以上、仕事に励むすべての社員を何よりも大切にしなければいけません。

「お前の代わりはいくらでもいる」などと言う極めて頭の悪い人もいますが、そういう人にはその「代わり」が必ず会社にやってくる保証はどこにあるのかと問いたい。

会社の理念を理解し、一緒に仕事をしてくれる人材(人財)は会社にとって宝であり、その人財が働く環境を少しでも改善しようと考える会社や上司は部下にとって最高の宝です。

目先の利益のためだけに他のすべてを蔑ろにするような会社では人が集まらないし、利益も集まりません。

人がお金を運ぶのだから、人が働きやすい環境とは何かをとことん追求してみてはいかがでしょうか。

「ユニクロ」が週休3日制を導入したというニュースをきっかけに、週休3日制が社員や経営者にどんな恩恵をもたらすのかを考えてみました。勿論いきなり実現するのは不可能なので、残業・休日出勤ゼロから年間休日の増加という具合に段階的に労働環境の改善に繋げていただきたいです。

また、働きやすい環境に関して、「週休3日制」についての社員・経営者双方の利点を上記にてまとめました。いきなり週休3日制の導入は不可能ですが、残業ゼロ、休日出勤ゼロから始め、段階的な労働環境の改善を社員一丸となって目指しましょう。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら いいね!いいね!しよう

SNSで共有する

このブログを購読する

スポンサードリンク
スポンサーリンク