2018年4月6日 WordPressテーマをSimplicity2からCocoonに変更しました!!

人を大切にしない「ブラックバイト」は容赦なく辞めればいい

社畜ゾンビ 気になる話題・ニュース

どうもこんにちは。まっしゅです。

先日22日のサンデー・ジャポンにて、「ステーキ けん」の井戸実社長が「(ブラックバイトが酷いなら)辞めちゃえばいいじゃん」という旨の発言をされたそうです。

会社の経営者が言っていい発言なのかどうかはかなり疑問なのですが、私としては井戸さんの言う通りだと思います。ブラックバイトは辞めてしまえばいい。

ということで、今回はそんなブラックバイトについて私の考えを述べてみようと思います。

[スポンサードリンク]
[ad#entry1]

スポンサーリンク

ステーキけん社長「ブラックバイトは辞めればいい」

これを受けてスタジオでは、飲食チェーンの「ステーキハンバーグ&サラダバー けん」を展開する井戸氏が意見を求められた。

まず井戸氏は、仙台のケースについて「そもそも、そんなん(酷い状態)なら辞めちゃえばいいじゃんっていう話」だとし、辞めなかった学生に対して疑問を唱えた。

さらに井戸氏は、厚労省の調査結果にある「採用時に合意した以上のシフトを入れられた」とのトラブルを挙げ、「こんなのどの現場にもある」と断言。

「僕のところはブラック企業じゃないですからね」と断りつつも、「何でもかんでも『ブラックだブラックだ』って言われちゃうと、正直現場はそんなこと言ってられない」と経営者の立場から意見を述べた。

するとここで杉村太蔵が声をあげ、「『辞めたければ辞めれば良い』とおしゃってますが、これは強者の理論なんですよ」と反論し、社会人経験のない学生は労働トラブルに遭っても適切に対処することは難しいのではないかと指摘した。

ステーキけんの井戸実社長 学生のバイトトラブル問題に「辞めればいい」 – ライブドアニュース

一見、「そんなミもフタもないことを…」と思うかもしれませんが、アルバイトに限りこれでOKだと私は思います
もしも労働環境や雇用条件があまりにも劣悪で「こんなのやってられっか!!」ってなるのなら、素直に辞めてしまえば良いと思います。

それでバイト先が人手不足になろうが倒産しようが知ったこっちゃない。

全ては「人」を大事にしなかった会社が悪い。

あくまでアルバイトの話です。正社員だと職歴・経歴に影響が出るので、もう少し慎重に判断しましょう。

ブラックバイトはさっさと辞めるべき

コンビニとか飲食店といったフランチャイズ系列は、その仕様上どうしてもブラックになりがちで、その火の粉は学生たちアルバイトにも降りかかります。

ですが、アルバイトという立場は正社員とかと比較して、「自由に働けて自由に辞めれる」といった小回りがききます。

そういったアルバイトの特権を含めて、なぜブラックバイトはすぐ辞めるべきかをまとめました。

ただし、「すぐ辞めろ」とはいえ、ネットでよく見かける「バックレ」的な辞め方は非推奨。辞める場合でも最低2週間前に申告(民法第627条1項より)をした方が良いと思います。

あなたの健康や学業を蔑ろにしないで

「ブラックバイト」と一口に言ってもその惨状は様々です。

  • 暴言吐かれる
  • パワハラされる
  • バカみたいにシフト入れられる
  • 長時間労働させられる
  • ちゃんと給料支払ってくれない

…内容は様々でも、「ブラックバイトはあなたにとってマイナスである」ということには変わりありません。

なぜなら、暴言やパワハラなどで精神を病んでしまって「うつ病」にでもなったら復帰に時間がかって人生狂います。

怒鳴る・侮辱する「パワハラ」は社員の能力を下げるだけ。今すぐ改善させろ。
会社には一人か二人ほどすぐ怒鳴ったりパワハラしたりする人がいると思うのですが、そういう劣悪な人間の存在が会社にどんな悪影響を与えるか、考えてみました。また、パワハラが起こる原因についても追求。会社が抱える問題解決へのヒントになれば幸いです。

また、長時間労働のせいで学校の単位が取得できず、「留年」にでもなったら給料を上回る学費をまたもう1期分払わないといけない。となればバイトの給料を上回る大幅な損失となります。

アルバイトはあくまで学業とかの合間に「これくらいがいい」と思う時間で働くから良いのです。

あなたの意思を尊重せずに、会社の都合でがんじがらめにして労働させるのはバイトではなく「奴隷」です。早くその足かせを取ってください。

バイトなんて他にもいくらでもある

アルバイトの求人なんていくらでもあるので、何もブラックバイトで奴隷になる理由なんてどこにもありません。

チラシで探すもよし、ネットの求人サイトで探すもよし、あなたが「おっ、ココ良さそう」って思ったところで仕事をすれば良いのです。

特に最近は「バイトル」とかの求人サイトも増えており、勤務地や時給、業種・職種などが柔軟に選択できるようなっています。

ただ、求人サイトの求人は、勤務先の会社と求職者(あなた)とのやり取り(=直接雇用)ではなく、勤務先と求職者との間に派遣会社を挟む「派遣社員」として扱われる場合もあります。

そうなると派遣会社の説明会の参加や各種登録手続きが必要で、アルバイトとは異なってきます。そのあたりは担当者からかかってくる電話でしっかり確認しておきましょう。

履歴書に書かなくてもいいので職歴に影響しない

アルバイトは正社員と違い、履歴書の職歴欄に書かなくてもいいのです。

「良さそうと思ったけど実際クソだった」っていうような地雷バイトもあるわけで、「3日しか働いてないや……」というものは、履歴書の職歴欄に書く必要ナシ。

なので、手当り次第探して、向いてなさそうだったら「スミマセン、ちょっとココは自分に合わなかったので他を探します」と言って次を探せば良いだけのことです。

そして働いて良かったと思えるバイト先のことを、履歴書に書けばOK。

人手不足で閉店? 知りません。

引用したニュースにもあるように、ブラックバイトが酷いなら容赦なく辞めてしまえば良いのです。店のことなんて考えなくていい。

私個人の思想も混じっているところがありますが、基本的に労働者を奴隷のように扱うブラック企業やブラックバイトはさっさと消えてしまえば良いと思っています。

社畜ゾンビ

会社にとって財産である「人」を大切にせず、奴隷みたいに扱う違法企業を肥やす理由がどこにあるのでしょうか?

そんなものより、人を大事に扱ってくれる会社を我々は大事にすべきです。

話を戻しますが、あなたが辞めることでそのバイトは忙しくなるでしょうし、回らなくなるかもしれません。最悪閉店になってしまうかもしれません。でもあなたは悪くない。

悪いのはあなたや他のバイト(社員)を大切にしない会社にあります。

「アルバイト」といういつでも仕事を辞めれる立場にある人に、「辞めます」と意思決定をさせるような原因を作るのが悪い。自業自得です。

ほとぼりが覚めた頃にかつて勤務していた「ブラックバイト跡地」を見に行って「ハハハ潰れてやんのざまぁwwww」とほくそ笑んでやるといいでしょう。

ブラックバイトとのやり取りは必ず「証拠」を残そう

ただ、「ブラックバイトを辞める」と意思決定した次に予想される面倒事が「バイト先からの脅迫」です。

  • そんなんじゃ社会でやっていけないぞ
  • 辞めるなら訴えるぞ
  • 給料支払わないぞ

脅迫内容は色々あると思いますが、逆にそれら脅迫行為やハラスメント行為は違法です。

ブラックバイト側が不利になるだけです。訴えるなら訴えてみろというくらいの気持ちで辞めましょう。

…ただし、そのブラックバイトを辞めると決意したら、次にブラックバイト相手とのやり取りなどの証拠を残すことを忘れないでください。

スマホ

というより、辞める旨をバイト先に伝える時はボイスレコーダー(スマホのアプリでOK)起動させてポケットに忍ばせといてください。

基本的にこの手の揉め事で勝敗を決めるのが「証拠」なのですから。

  • バイト先とのやり取り(会話内容)をスマホのボイスレコーダーアプリ使って録音
  • タイムカードの写真をとっておく(勤務日数、勤務時間などわかるように)
  • 給与明細を控えておく

これが後々の命綱になります。泣き寝入りせずしっかりやっておきましょう。

証拠を確保しておけば、脅迫されても「こっちが訴えますよ?」っていう準備は出来ているので、いざ訴える・訴えないという話に発展してもこちらが有利となります。

なにより、こういった証拠を確保することで精神面でも余裕が出来るので、ブラックバイトからの脅迫に屈することもなくなるでしょう。

それでもどうしても話がヤバい方向に向かって、自分では対処出来ないと思ったら、次に相談するのは弁護士です。この弁護士に相談するためにも上述の「証拠」を確保しておきましょう。

また、証拠云々の他にも、弁護士に相談することで、

  • 自身の置かれた労働環境(雇用条件)がどういった理由(法的根拠)で違法なのか
  • 今後はどのように対処すべきなのか

などについても教えてもらう(相談する)ことも出来ます。

参考 ブラック企業被害対策弁護団

まとめ ブラックバイトは早く辞めよう。

ブラック企業およびブラックバイトが蔓延してる原因は、結局のところ私たち雇われる側が何もアクションを起こさず、ただただ「受け身」であるからだと思うんです。

「バイトが辞めたら仕事回らなくて営業できない」とか、「ブラック企業って悪印象ついたせいで業績右肩下がりだ……」というように、「ブラック」という印象は会社に大損害を与えるものということを経営者たちに広く浸透させていくべき。

よくヨーロッパの国々の労働事情に関するニュースを見て「休みが多くていいな~」って思うかもしれません。

ですが、その多い休日は彼らが抗議して勝ち取った特権なわけです。彼らは休みが欲しくて行動に移した結果、お休みが増えたわけです。

何かを得たいと思うなら「受け身」じゃなく、自ら取りに行かなければならないのです。

気になる話題・ニュース
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ましゅーをフォローする
Turbulence

この記事のコメント