戦闘車両は主砲が命! 「軽駆逐戦車ヘッツァー」の主砲を組み立ててみた

ヘッツァー 主砲の取り付け 防盾2 軽駆逐戦車 ヘッツァー

どうもこんにちは。ましゅーです。

軽駆逐戦車 ヘッツァーの制作は着々と進んでおり、この調子で行けばスターリングラード攻防戦までには完成すると思います。

前回は戦車で言う車体上部である「固定式戦闘室」を大まかに組み立てていましたが、今回はそのまま戦車および戦闘車両において命ともいわれる「主砲」を組み立てていきます。

関連記事

これまでの「軽駆逐戦車 ヘッツァー」の組み立て日記は以下のリンクから読むことができます。

スポンサーリンク

ヘッツァーの主砲を組み立てます

戦車模型(正確には駆逐戦車というもので戦車とはちょっと違う)ということで、やはり目立つのは砲弾を飛ばすための「主砲」ですよね。

円筒状の細長いモノではありますが、車体から長く突き出ているだけに否応なしに存在感を発揮しているために、組み立てにはこだわりたいところです。

さて、そんな主砲ですが、プラモデルでは2分割されているもの、あるいは1ピースで構成されている場合もあります。

1ピースで構成されているタイプならそこまで手間はかかりませんが、竹を割ったような2分割タイプでは貼り合わせた時にラインが出来てしまいます。

本物は1本モノの主砲なので、この貼り合わせラインは「実物にはないけど模型にはある余計なモノ」というわけで、しっかり処理しないと作品のクオリティを下げてしまいます。

…が、実際にやってみた感じそこまで難しいものではなく、アイテムさえあれば簡単に出来るので、やったことがない人はこの記事を参考にしてみてください。

砲身基部の組み立て

さて、砲身の組み立てから入りたいところですが、ヘッツァーの制作日記なので、順番に、まずは砲身の基部から作っていきます。

実際は接着や砲身の整形の関係で先に砲身から組み立てていますが、「組み立て日記」としてこの記事では砲身基部の組み立てを先に解説。

なので実際に作る場合は、先に砲身をある程度組み立て&整形して、接着剤やパテの乾燥を待つ間に砲身の基部を組み立てるといった手順が効率的です。

ヘッツァー 説明書 7番

さて、砲身周辺についての組み立ては上の説明書でいう7番からはじまります。

流れとしては

  1. 砲身を組み立て・整形する
  2. 砲身基部を組み立てる
  3. 砲身と基部を合体させる
  4. 砲身を本体へ取り付け、防盾を取り付ける

といった感じになるかと思います。1番と2番は逆でも問題ないかと思いますが、砲身は乾燥を待つ関係で早めに手を付けた方が良いです。

また、上の説明書を見るとわかるように、「接着しないでください」というマークもあります。これは砲身が上下左右に動くためのギミックなので、しっかり確認しておきたいところ。

ヘッツァー 説明書 砲身の組み立て

こちらは砲身及び砲身基部の組み立て図を拡大したもの。

細長い砲身と、3つのパーツからなる基部の間に、お椀のようなパーツがあります。

まずこれらのパーツを結合させることで、砲身が左右に動くギミックが再現されます。

駆逐戦車ということで、戦車のような旋回式の砲塔は無いですが、砲身自体は多少は上下左右に動くようになっているのです。

ヘッツァー 砲身基部の組み立て

まずは根本の3つのパーツを組み立てます。

上の写真の左側の説明図にあるように、真ん中にあるパーツは接着するなとあります。

ではどうやって取り付けるのかというと、下のパーツ(A40)の穴に、真ん中のパーツ(A39)を仮組みした状態で、一番上のパーツ(A38)を蓋のように取り付け、A40とA38の両端だけを接着するわけです。

また、一番下のパーツ(A40)も説明書を見てわかるように前後向きがあり、両端のハンドルのような部分が前に来るようにします。

ヘッツァー 砲身基部の組み立て2

そしてこれらの3つのパーツを結合させたら、茶碗のような円錐状のパーツを取り付ければ基部が完成です。

ヘッツァー 砲身基部の組み立て3

こちらは反対側から見た図。

間のパーツには接着剤は使わず、上下のパーツの両端だけを接着して挟み込むことで、間のパーツが左右にフリフリ動かせるようになるのです。

これで砲身の基部が完成したので、次はいよいよ本題である砲身の組み立て・整形に入ります。

砲身の組み立て・整形

「砲身」は発射した砲弾が通過する円筒状の部分のことですが、先述の通り、プラモデルにおいては2分割(あるいは1パーツ)で再現されている場合が多い。

なので、一見ただパーツを張り合わせれば良いだけじゃないかと思ってしまうのですが、この貼り合わせたときに発生する“筋(貼り合わせライン)”がクセモノ。

もちろんこの貼り合わせラインはワンピース構造である実物の砲身には無いモノなので、しっかり処理します。

以下ではその筋(貼り合わせライン)の除去方法を簡単に解説していきます。

まず砲身を貼りわせる

ヘッツァー 砲身パーツ

ヘッツァーの砲身は上の写真のように左右に2分割されたパーツによって出来ています。

なのでランナーからパーツを切り離し、そのまま接着面に通常の接着剤を満遍なく塗って、しっかり貼り合わせます(後から流し込み接着剤で補強するとなお良し)。

接着剤は多少はみ出ても、後の貼り合わせラインを消す作業で一緒に修正出来るので、そこまで気にする必要はありません(もちろん限度はありますが)。

また、パーツを切り離したときに残るゲートも、砲身の一部が凹むのが怖かったので、貼り合わせてから処理することにしました。

後の貼り合わせラインを消す作業で揉むように砲身をクルクル回すため、作業中に剥離しないようしっかり接着させるためにも乾燥には十分時間をとるのが重要です。

ヘッツァー 砲身パーツ 貼り合わせライン

そして接着した砲身が上の写真。

よく見ると砲身を縦に割るように1本のラインが入っているのがわかります。

これが接着面同士の貼り合わせラインで、仮にこの時点でラインが目立ってなかったとしても、後の塗装段階の下処理でサーフェイサーを吹くとクッキリと見えてくる場合があります。

なので、砲身を貼り合わせたら次はその貼り合わせラインを消す作業に取り掛かります。

紙やすりで貼り合わせラインの処理をする

ヘッツァー 砲身パーツ ライン消し

やることはシンプルで、400番くらいの紙やすりで砲身を包んでクルクルと回転させます。

これで貼り合わせラインを目立たなくさせるのは勿論ですが、ゲートの処理をしていない場合は合わせてそちらも処理しておきます。

ただ、砲身によっては先端にマズルブレーキが付いているものもあり、ミゾや突起が入ってる場合があるのでそこだけは注意深く削ります。

幸いヘッツァーにはそういったモノはついていない(ただし突起はあるので油断大敵)のでわりと楽に整形ができました。

また、砲身ばかりに目が行きがちですが、砲弾の出口である砲口周辺も忘れずに行います。ここが死角なので注意。

一通り紙やすりを掛けていくとラインが凹んだようになります。…が、まだラインとして目に見えてしまうので、今度はその凹んだラインを消す作業に入ります。

[スポンサードリンク]
[ad#entry2]

ラッカーパテを盛って紙やすりで再度整える

ヘッツァー 砲身パーツ ライン消し3

一通り紙やすりで処理したら今度は貼り合わせラインの上にラッカーパテを盛っていきます。

ラッカーパテはそのまま使ってもいいですが、ラッカー溶剤を1、2滴ほど垂らしてやると流動性が増すのでより塗りやすくなります。

パテはしっかり固まるまで1日くらい乾燥させておきます。こういった貼り合わせライン処理では接着剤やパテの乾燥時間がかかるため、なるべく早めにやっておきたい作業の一つです。

パテが乾燥したら先ほどと同じように400番の紙やすりでクルクル回しながら表面をツルツルにしていきます。

なお、砲身に刻まれた溝がパテで埋まった場合はカッターナイフなどで切れ込みを入れてやることで復活出来ます。

「もう貼り合わせライン見えんだろ」ってくらい整形できたら、サーフェイサーをスプレーしてチェックします。これで問題がなければ砲身の整形が完了!

ヘッツァー 砲身パーツ ライン消し4

砲身の処理が終わったので、先程の基部と合体させます。

よく見ると砲身の根本がまだちょっとザラ付いているように見えますが、この部分は後から防盾を被せて見えなくなるのでそこまで丁寧にはやりませんでした。

…が、逆に砲の先端を見ると貼り合わせラインが見えたので、慌てて再度修正しました。

車体に主砲を取り付けます

さて、前項にて砲身の組み立てと整形までが完了しましたので、つぎは完成した砲をヘッツァーの車体に取り付けます。

構造としては、砲身基部にある突起部分をヘッツァーの戦闘室のくぼみに接着せずに置いて、その上に防盾を被せる形となっており、これによって砲身の左右の動きに加え上下の動きも再現されるようになります。

ヘッツァー 説明書 主砲の取り付け

説明書は引き続き7番を参考に行います。

こちらも砲身の上下ギミックがあるために、砲身の基部は接着するなと指示があるので注意。

ヘッツァー 主砲の取り付け 防盾

また、防盾には説明書でいうB23(上の写真参考)を取り付けます。

説明書をパッと見ただけではちょっと分かりづらいのですが、上の写真のように防盾の裏側に取り付けてやります。

ヘッツァー 主砲の取り付け 防盾2

そしたら防盾裏側にある凹みを砲身基部の突起と合わせて車体に接着します。

車体にも切り欠きが入っているので大体の位置合わせは分かりますが、そのまま取り付けると下の方にある切り欠きが露出する形での接着となってしまうので、少しズラして微調整しました。

また、説明書ではまだまだ先になってしまうのですが、防盾の先端にももう1つ防盾を取り付けます。こちらの防盾はパーツの裏側に切れ込みが入っているので、それを砲身根本の突起と合わせて接着します。

なお、この円錐状の防盾は形状が豚の鼻のように見えることからザウコフ(ザウコップ)と呼ばれていたそうです。この手の豚鼻な防盾は他にもキングタイガーことティーガーIIや4号駆逐戦車などにも採用されています。

なお、ヘッツァーの防盾パーツは表面が結構凸凹しており、本当に鼻のような感じになっています。グニッて摘んだら変な汁とか出てきそう。

[スポンサードリンク]
[ad#entry3]

まとめ

ということで、今回は戦闘車両の顔でもある主砲を組み立ててみました。

特筆すべき点といえばやはり砲身の整形で、ここの貼り合わせラインをしっかり処理できているか否かで後々の完成品のクオリティに大きく影響を及ぼします。

なので多少手間はかかりますが、その手間こそ戦車模型を作る楽しみでもあるので、のんびりじっくり整形していきたいところ。

ヘッツァー 主砲の取り付け完了

まだまだ戦闘室にはパーツを取り付けますが、ここで一旦車体と戦闘室を仮組みしてチェックしてみることにしました。

ドラゴンの戦車模型は結構タイトな構造になっており、タミヤと比べると”あそび”が無いので、組み立て時にズレると不具合が発生する場合もあります。

幸い仮組み段階で問題なく上下のパーツが噛み合ってくれたので心置きなく戦闘室の組み立てを続行できます。

ヘッツァーの組み立てはもうすぐ終わりそうです。

[にほんブログ村]
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ

軽駆逐戦車 ヘッツァー
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ましゅーをフォローする
北海道胆振東部地震 支援募金のお知らせ

2018年(平成30年)9月6日3時7分ごろ、北海道胆振地方を震源とした最大震度7の地震が発生しました。

震源に近い厚真町では大規模な土砂崩れが発生し、行方不明者などの被害がでています。また、北海道全域で停電が発生するなど、影響は北海道全域におよび日常生活に支障をきたしています。

現在も多くのNPO団体などによる支援が行われています。みなさまのご支援、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

寄付はクレジットカードまたはTポイントカードからできます。

Turbulence

この記事のコメント