無事に「軽駆逐戦車 ヘッツァー」の組み立てが完了しました。

ヘッツァー 組み立て完了 模型制作日記

どうもこんにちは。ましゅーです。

現在進行系で制作をしているドラゴンの「軽駆逐戦車 ヘッツァー」ですが、あっという間に組み立てが終わりました。

過去にも何度か記載したのですが、戦車と違って「駆逐戦車」は旋回式の砲塔がなく、密閉型の戦闘室になっているのでパーツ数(工程数)が少なく、簡単に組み立てられました。

それでは今回は完成までの組み立て内容についてご紹介します。

これまでの「軽駆逐戦車 ヘッツァー」の制作日記は以下のリンクから読むことができます。

[スポンサードリンク]
[ad#entry1]

スポンサーリンク

ヘッツァー組み立て完了までの流れ

車体の大まかな組み立ては前回で完了しており、残りは細かいパーツを本体にペトペトとつけていく作業が中心となります。

ヘッツァー 説明書 8番

説明書は8番目からスタート。

まずここでは戦車長や砲手用のハッチを取り付けたり、車載機銃を組み立てて取り付けます。

では順番にハッチから作っていきます。

ハッチの取り付け

ヘッツァー ハッチ取り付け

ヘッツァーのハッチは2枚の両開きになっているようで、戦車長のハッチは左右に開き、砲手のハッチは前後に開きます。

ハッチは閉じた状態か開いた状態かを選択して取り付けるので、フィギュアを搭乗させたい場合は説明書のように取り付けます。

私は今回はフィギュアを搭載しない(搭載するフィギュアがない)ので閉じた状態で取り付けました。

ヘッツァー ハッチ取り付け2

モールド(蝶番)にあわせてハッチを取り付けてみました。これで雨が降っても榴弾が降っても大丈夫です。

ヘッツァー ハッチ取り付け3

ハッチにはハンドルを取り付けるのですが、このハンドルがまた小さくて細いパーツで、ニッパーでカットする場合、注意しないと変な力が加わって簡単にへし折れます。

かといってすこしゲートを残し気味にカットしてもその後のゲート処理もパーツが小さいために大変。

…ということで、ニッパーではなく、カッターナイフを使って包丁で野菜を切るようにストンと切断してやりました。

これなら力のかかり具合さえ気をつければゲートをほとんど残さずにカットできるので楽チンです。

ヘッツァー ハッチ取り付け4

あとは流し込み接着剤を使ってハッチにくっつければOK。

説明書の8番ではハンドルの取り付けは1箇所だけですが、このあと7回(合計8か所)ハンドルを取り付けます。

ハンドルを取り付ける時はもちろん、取り付けたあとも腕や工具をぶつけてハンドル部分をへし折らないよう注意。

車載機銃の組み立て・取り付け

ヘッツァー 車載機銃の組み立て

次は戦車長用の車載機銃の組み立て及び取り付けを行います。

上の写真を見てわかるように、車載機銃は機銃本体のパーツと、左右に1枚ずつ取り付ける防盾パーツに分かれています。

最初は機銃と機銃マウント部分も別パーツかと思っていたのですが、どうやら一体型のようです。…塗装しんどそうだなぁ…。

ヘッツァー 車載機銃本体

まずこちらが車載機銃。機関銃本体と車体に取り付けるマウント部分が一体となっています。

銃口部分は真っ平らになっていたので、0.4mmのピンバイスを使って軽く穴を開けてやりました。

余談ですがドイツの戦車に付いている車載機銃はほぼ「ラインメタル/マウザー・ヴェルケMG34」であるといっても過言ではありません。

後にドイツはコストダウンと生産性向上のために(映画プライベート・ライアンの上陸シーンでおなじみの)「グロスフスMG42機関銃」を開発しますが、こちらはほぼ後期~末期の車両くらいしでか見かけません。

というのも既存のMG34用の車載マウント(銃架)では角ばった放熱カバーのMG42では取り付けられなかったからです。

また通信手席のボールマウント式銃架にとりつける場合も、機関部と放熱カバーの間をクルッと回転させて銃身交換ができるMG34と違い、MG42は放熱カバー右側面をパカッと開かないといけないので構造上取り付けられなかったとのこと。

ヘッツァー 車載機銃の防盾

こちらは車載機銃使用時に流れ弾を防ぐための防盾となるエッチングパーツ(2枚)です。

説明書によると、接着する部分の面にあわせて先端を軽く曲げろとのことなので、ラジオペンチで挟んで少しずつ曲げてやりました。

ヘッツァー 車載機銃取り付け

機銃マウント部分に防盾を取り付けると上の写真のように「ハ」の字になります。

ただ、マウント部分が左右非対称なため防盾も右側がやや閉じたような取り付け方になります。説明書の取り付け例を見るとこの方法で合ってるみたいなのでこのままにします。

ヘッツァー 車載機銃取り付け2

別の角度から見てみるとこんな感じ。これならソ連のIS-2の砲弾も防げるに違いないとヘッツアーを製造するBMM社のエンジニアは豪語します。

戦闘室後部へのパーツ取り付け

ヘッツァー 説明書9番・10番

このまま先に進み、説明書は9番・10番へ入ります。

まずは9番からやっていきますが、ここでは戦闘室後部へのパーツの取り付けを行います。

ヘッツァー エンジングリルカバー

まずはエンジングリルにメッシュパーツを取り付けますが、ここで本キット最後のエッチングパーツを使用します。

上の写真を参考に上下それぞれ3ヶ所あるツメを軽く曲げて、エンジングリルの側面に来るようにします。

ヘッツァー エンジングリルカバー3

まずは接着剤は使用せずにポンと仮置きしてみます。

どうやら接着剤を付ける場所はエンジングリルの四隅の枠と折り曲げたツメの内側のようです。

ヘッツァー エンジングリルカバー4

ツメは正面から見るとこのようになっています。メッシュパーツをエンジングリルにボルト固定したような外観になっているのがわかります。

これなら兵士が手を突っ込んで「アッチィィィィ!!」ってなるのを防げます。

ヘッツァー アンテナ基部とバールのようなもの

続いては車体の右側面にパーツを2つとりつけます。

一つは通信用アンテナの基部となるパーツ。肝心のアンテナは車体左側に取り付けるスターアンテナしか無いので、こちらにアンテナを取り付けたい場合は伸ばしランナーなどで自作する必要があります。

そしてもう一つはその下に取り付けられたバールのようなもの。多分バールだと思います。多分。

ヘッツァー エンジンハッチのハンドル

そして各種ハッチのくぼみにはまたハンドルを7ヶ所取り付けます。

ヘッツアーを製造するBMM社の新人社員が休憩中に「ハッチだけに合計8ヶ所取り付けるんやな!」とドヤ顔で語っていましたが、彼が休憩から戻ってくることはありませんでした。

リアパネルへのパーツの取り付け

ヘッツァー 説明書 10番

そのまま10番へ流れ込み、今度はリアパネルにパーツを取り付けていきます。

リアパネルは車体下部の組み立てで取り付けるのですが、説明書を見るとリアパネルへの細かいパーツの取り付けは後の方う場合が多いです。

いっぺんにやれば良いのにとは思うのですが、上下車体を組み立てる関係で後になてしまうのでしょうね。

ヘッツアー リアパネルのパーツ取り付け

まずは遊動輪と車体下部の隙間にポッカリあいてた穴にパーツを取り付けます。

…が、そのままでは車体側のボルトのモールドが引っかかって浮いてしまうので、上の写真のように左上に少し切り欠きを入れてやりました。

もちろんこのままだと見栄えが悪いので、上から溶きパテを塗って補修をします。なお、下の方にある隙間も同じように溶きパテで埋めておきました。

ヘッツアー リアパネルのパーツ取り付け2

その横には牽引用のパーツを取り付けます。

予備履帯は…

なお、ヘッツァーもほかの戦車と同じように車体に予備の履帯を取り付けています。

戦闘室後部に7枚、リアパネルに3枚×2といったように取り付けられています。

ヘッツァー 予備履帯

予備履帯は上の写真のように、履帯の中心に固定具を通すようにして車体に固定します。

そのため先に車体に固定してしまうと履帯の塗装が非常に厄介なことになるので、予備履帯は塗装後に装着することにします。

ヘッツァー 予備履帯2

ひとまず予備履帯と固定具はマスキングテープに貼り付けて保管しておきます。

マフラーの組み立て・取り付け

さて、続いては車体のケツに取り付ける「マフラー」の組み立て・取り付けをやっていきます。

このマフラーも砲身と同じように2つのパーツを貼り合わせて作るものなので貼り合わせラインの処理が必要となってきます。

なので、まずマフラーパーツの整形を行い、それからマフラー周辺パーツの取り付けを行います。

ヘッツァー 説明書 12番

説明書は12番。一つ前の11番はここに来るまでにフライングして行った作業(砲身の防盾やハッチのハンドルの取り付け)なのでスキップ。

ヘッツァー マフラーの組み立て

上の写真を見てわかるように、マフラーも砲身のような2パーツで構成されているために、接着すると貼り合わせたところにスジが出来てしまいます。

片側は車体側につくので目立たないかもしれませんが、もう片側は真正面に来ます。言わずもがなラインが残っているとカッコ悪いので、砲身と同様に貼り合わせラインをキレイに除去してやります。

マフラーパーツの整形

ヘッツァー マフラーの組み立て2

やることは基本的に砲身と同じなので、まずはパーツの接着面に接着剤を満遍なく塗って貼り合わせます。

この時やや強めに(もちろんパーツが破損しない程度)ギュッと押してしっかり密着させ、接着剤が乾くのを待ちます。

ヘッツァー マフラーの組み立て3

乾燥したら紙やすりを巻きつけて指で挟み込み、クルクルと回転。まずは表面に浮き上がったスジを削り落とします。

注意点としては、マフラー先端(上の写真で言う左側にチョロンと出てる部分)を持ちながら回すとパーツが折れるので、必ずマフラーの真ん中部分を持って回転させます。

紙ヤスリである程度削ると上の写真のような感じになります。まだ若干スジが残っているのがわかります。

ヘッツァー マフラーの組み立て4

なのでその次はラッカーパテ(ラッカー溶剤を2滴ほど垂らしたもの)を貼り合わせラインの上に盛っていきます。

あまりグチャグチャにならないように気をつけながら、ラインを覆い隠すように盛り、また乾燥を待ちます。

そしてパテが乾いたら再び同じように紙やすりを巻いて回転させてツルッツルにします。

最後にサーフェイサーを吹いてスジが出てこなければマフラーの整形は完了です。

マフラー周辺パーツの取り付け

ヘッツァー マフラーの取り付け

整形が完了したマフラーをヘッツァーのリアパネルに取り付けます。

マフラーの両端には切り欠きが入っているので、そこをリアパネルの突起と合わせて固定します。

その次にマフラーとエンジンをつなぐパイプを上の写真のように取り付けます。このパイプは車体側の突起を削り落とせと説明書に記載されていましたので従います。

ヘッツァー マフラーの取り付け2

上から見るとこんな感じになります。

よく見ると車体の穴とパイプの位置がズレていますが、どう頑張っても長さが合わないのでこのまま取り付けてあります。

ヘッツァー マフラーの取り付け3

なお、その上にはカバーを取り付けるのでズレによる穴はきれいに隠れます。ご安心ください。

このヘッツァーのマフラーは横置きタイプで、マフラーに繋がれたパイプも細いものが使用されています。おそらく初期型でしょう。

その他のパーツの取り付け

さて、写真は撮影したけれど、紹介し損ねたパーツのについても解説します。

ヘッツァー ノテックライト

ヘッツァーの正面装甲板左側にはライトが取り付けられます。

今まで作ってきたドイツ戦車は全て丸っこい「ボッシュライト」でしたが、このヘッツァーでは「ノテックライト」を取り付けるようです。初ノテックです。

なお、この手のライトにはディテールアップとして真鍮線などで配線を作りますが、たまたま手元に良さげなサイズ(太さ)の真鍮線が無かったので、上の写真の時点ではナシ。

今度ホームセンターで買って取り付けます。

ヘッツァー ワイヤーホルダー

次にリアパネルには牽引用のロープを巻きつけるためのフックを3つ取り付けます。

…が、本来は上の写真のように取り付けるのではなく、放射線状にフックの先端が外側に向くように取り付けます。

なので後にひっぺがして取り付け直しました。

ここも水糸を用意してワイヤーパーツを作ってみようかなと検討中。

ヘッツァー アンテナ基部

そして車体の側面には指揮車両ならではの「スターアンテナ」を取り付けるための基部をペタッと貼り付けます。

肝心のアンテナはめちゃくちゃ折れやすいので現時点では装着せず、塗装後に装着します。絶対折れるので。

その他車体の両側面には「シュルツェン」が装着されるのですが、こちらも先に取り付けちゃうと転輪や履帯の塗装が困難になる(ロコ組みの意味がなくなる)ので塗装後に装着します。

まとめ ヘッツァーの組み立てが完了しました!

塗装後に取り付けるパーツを除いて、軽駆逐戦車 ヘッツァーの組み立てはすべて完了しました。

冒頭でも書きましたが、砲塔がなく固定式の戦闘室である駆逐戦車なので、工程数が少なくあっという間に終わってしまいました。ちと物足りない。

ヘッツァー 組み立て完了

組み立てが完了したヘッツァーの横にティーガーIを置いてみます。

軽駆逐戦車に対する重戦車なので、その大きさの違いは一目瞭然。

このちっちゃくて可愛いヘッツァーの中にオッサンが4人もすし詰め状態になるというのだからBMM社はエグいことをするなと思う(なにもBMM社だけが悪いというわけではない)。

ひとまず組み立てが終わったので次は塗装をやっていきます。ヘッツァーの迷彩塗装うまくいくかなぁ…。

↑現在制作中のヘッツァーはこちらです。

↑タミヤからもヘッツァーのキットが販売されています。おそらくこちらの方が組み立て難易度は低め

この記事のコメント