ドラゴンの「軽駆逐戦車 ヘッツァー」がようやく完成した!

ヘッツァー ウォッシング2 軽駆逐戦車 ヘッツァー

どうもこんにちは。ましゅーです。

現在制作中のドラゴン製「軽駆逐戦車ヘッツァー」の車体塗装がようやく完了し、あとは塗装にウェザリングのみといった段階になりました。

で、結構時間をかけてしまっていて、次に作りたい模型たちが「はよしろハゲ」とイチャモンをつけてくるので、急ピッチでヘッツァー制作の続きを行います。

残った工程は細部の塗り分けやウェザリングですが、今回はそれらを一気に解説。これでようやく軽駆逐戦車ヘッツァーが完成しました。

なお、これまでのヘッツァー制作日記は下記のリンクより読むことができます。

前回の記事 寒さに震えながら「ヘッツァー」を迷彩塗装してみた。

カテゴリー 軽駆逐戦車 ヘッツァー

[スポンサードリンク]
[ad#entry1]

スポンサーリンク

ヘッツァー完成までの流れ

先述の通り、この記事では前回(車体の迷彩塗装が終わったところ)の続きからヘッツァー完成までを一気にまとめました。

具体的には、

  • OVMなどの細部の塗り分け
  • ウェザリング
  • 残ったパーツの取り付け

といった作業を行いました。

で、ここで模型に詳しい人は「あれ?デカールは?」と思うかもしれませんが、今回は後述する諸事情により、デカールは無しで作業を進めました。

さて、前置きはこの辺にして、残った工程を順番にやっていきます。

アクリル塗料で細部を塗り分けます

車体全体の迷彩塗装が終わったら、今度は細かいところを塗り分けていきます。

戦車の場合、主にOVMという車載工具や機銃、車内から外を見るために使う「ペリスコープ」といったものを塗り分けます。

ここで使う塗料も人によって異なりますが、私は基本的に、

  • 車体の基本塗装・迷彩塗装:ラッカー塗料
  • 細部の塗り分け:アクリル塗料+エナメル塗料

といった使い分けをしています。もちろんラッカー塗料の筆塗りで細部の塗り分けも可能ではありますが、ラッカー塗料はニオイが強烈で人体に有害なので、あまりオススメしません。

なので私はニオイが抑えられて室内でも使えるアクリル塗料を使っております。

ヘッツァー 細部の塗り分け

余談ですが、カッティングマットなるものをダイソーで買ってきました。1枚300円。

今までは机の上にシートを敷いたり、あるいは何も敷かずに作業をしていましたが、こういったマットがあったほうが作業や写真撮影が捗りそうです。

金属の塗装

金属といってもエッチングパーツなどの金属パーツではなく、車載工具とかの鉄の部分の塗装です。

この手の車載工具は、金属部分と木の部分と分かれている場合が多く、たとえば有刺鉄線などをカットする「ワイヤーカッター」の場合、刃先は金属、人が持つ部分は木製といったような色分けをします。

この色分けを、1つ1つ塗料や筆を変えて塗り分けるよりも、他の工具も含め、金属部分だけダーッと塗って、そのあと木の部分をまとめて塗り分けるといった方法で行っています。

ヘッツァー 金属部品の塗り分け

それで、ワイヤーカッターの刃先、車載機銃の銃身、ジャッキといった金属を再現するためには、タミヤのアクリル塗料の「XF-1 フラットブラック」「X-10 ガンメタル」を混ぜてたものを使っています。

特に「ガンメタル」は対空戦車の主砲である対空機関砲の砲身の塗装から、今回のような車載工具の塗装まで非常に幅広く使っています。

ただ、個人的にガンメタル単色だと明るい気がしたので、ここにフラットブラックを落として色を暗くしてテカリを抑えてみた次第です。

ヘッツァー 車載機銃の塗装

まずは車載工具…ではなく、車載機銃であるMG34から塗ります。

銃身や機関部は金属ですが、ストック(肩に当てる部分)は木だったりベークライト樹脂だったりするので、実物を参考にしながら塗り分けます。

なお、組立時には防盾がついていましたが、塗装中にポロッと取れてしまった。…塗装するとき邪魔なのでちょうどいいです(強がり)。

ヘッツァー 車載機銃の塗装2

で、塗装するとこのようになりました。

ガンメタルにフラットブラックを混ぜることで、金属だけど光沢を抑えた金属な質感を再現できました。

ヘッツァー ワイヤーカッターの塗装

お次は後部フェンダーにくっついているワイヤーカッターの先端部分を塗っていきます。

組み立ての時にもグチりましたが、このワイヤーカッター、車体上部(固定式戦闘室)に半分隠れる形で取り付けるので、非常に塗装しづらい。

かといって塗ってから取り付けるのもなんだか厄介そうということで、おそらく最も塗装がやりにくい場所なんじゃないかと私は思いました。

刃先部分はまだ良いのですが、戦闘室の下に隠れた柄の部分は完全にお手上げ。とりあえず見えてる部分だけ何とかなれば良いやと思って、手先に神経集中させまくって塗ってやりました。

ヘッツァーちゃんは小さいのにやたら手こずらせる子です。

ヘッツァー ジャッキの塗装

お次はジャッキ。

こちらもフェンダーやフェンダーに固定するための金具に塗料が付着しないよう注意しながら塗りますが、ワイヤーカッターと比べると幾分か楽でした。

ヘッツァー バール・アンテナ基部の塗装

その次はアンテナ基部。

こちらは基部だけで肝心のアンテナ部分のパーツが見当たりませんでした。私の探し方が悪かっただけ??

ヘッツァー アンテナの塗装

なので、伸ばしランナーでアンテナを自作し、同じようにフラットブラック+ガンメタルで塗装してやります。

タミヤだとパーツ化されていませんが、ドラゴンとかのキットではアンテナ部分もパーツ化されています。

ただ、極めて折れやすいので、根本のモールドさえ気にならないのであれば、こういった伸ばしランナーで作るか、オプションで金属アンテナパーツを別途購入した方がいいかも。

…ただ、金属アンテナは材質の関係で接着してもポロリとすぐ取れてしまうので、良く引っ付く&折れたらすぐ作れる伸ばしランナーアンテナのが色々楽だったり。

ヘッツァー アンテナの塗装2

そして、「コマンドバージョン」の特徴でもある先端が枝分かれした「スターアンテナ」もここで組み立てて塗装します。

最初から一貫して主張していますが、この手のアンテナパーツは非常に折れやすく、順当に組み立てて取り付けては塗装やウェザリング作業中にポキッと折れます。もう「折って下さい」と言わんばかりの脆さ。

なので基本的に最後の最後で組み立て・取り付けることにしています。

特に上の写真のように1本の棒ではなく、そこから更に枝分かれしたようなスターアンテナでは尚更。

ヘッツァー アンテナの塗装3

そんなわけでスターアンテナも塗装が完了。

あとはヘッツァー本体が完成した時まで(完成した後も)折れないように超厳重に保管しておきます。

木の部分の塗装

ヘッツァー 木製部品の塗装

金属部品に続いて今度はジャッキ台や各種工具の「柄」の部分に使われる木の色を再現します。

この木製部品の色については1作目から今日まで「何を使えばええんやろなァ…」と試行錯誤中で、最初はレッドブラウン単色、次はフラットフレッシュとレッドブラウンの重ね塗りといった具合に迷走中。

ひとまず今回は下地をフラットフレッシュにして、その上にレッドブラウンを軽く塗る方法を試してみます。

ヘッツァー ジャッキ台の塗装

その結果、ジャッキ台はこのようになりました。

ほかの木製部品と比べるとジャッキ台はやや濃い目の色を塗っていく感じです。

しかし、このヘッツァーのキットのジャッキ台はどういうことか、バンド部分(金属)が凹んでいて、木の部分が盛り上がっているとう奇妙なモールドになっておりました。

なので組み立て時に一度ヤスリで真っ平らにしたあと、木の部分をさらに平たいヤスリで削って段差をつけてやりました。

当初エッチングパーツの余ったところを使って固定バンドを作ろうと試したところ、エッチングパーツのランナーをカットする際にニッパーが砕けるというトラブルが発生し断念。

エッチングパーツはニッパーではなく専用の工具などでカットしましょう。

ヘッツァー 車載機銃の塗装3

同じように車載機銃のストック部分も塗っていきます。

超極細の面相筆を持っている人はこの上からエナメル塗料のフラットブラックを使って、木目を描いてみるとさらに木の質感がアップします。

これで車載機銃の塗装が終わったので、ヘッツァーに取り付けます。この取り付ける時も防盾をふっ飛ばさないように力の入れる場所には注意。

ということで、細部の塗り分けは以上でおしまいっ!

デカールはありません(泣)

なお、このあと(というか細部の塗り分けの前)にデカールを貼るのですが、先述の通り、今回のヘッツァーはデカールを貼らずに先に進むことになりました。

というのも、デカール自体はあるのですが、長く放置されていたようで、水に浸しても全然剥離せず、それどころかボロボロと崩壊していくという…。こりゃアカン!

かといって今まで作ったキットの中に国籍マークとかの在庫があるかといえばそんなことはなく、渋々デカールナシですすめることに。

皆さんもデカールは十分注意して保管してください。

ウェザリングをします

無い袖は振れぬということで、次にやることは「ウェザリング」。

当ブログはこの「ウェザリング」に関する記事がやたら人気のようで、少ないアイテムでそこそこ本格的なものが出来るのをウリに 手抜き低コストな方法で行っています。

ざっくりした内容は以下の通り。

  • ウォッシング
  • 墨入れ
  • ドライブラシ
  • 砂汚し

毎回やることが同じなので、記事的にはちょっとなぁと思うのですが、楽なので続けてます(惰性)。

ウォッシング

では最初にウォッシングして彩度を落として、ヘッツァーに中古車感を与えていきます。

カーモデルならツヤツヤのテカテカの方がカッコイイのですが、戦車の場合逆で使い古した感、掃除せず放置した感がある方がリアルなので、適度に汚しましょう。適度に。

ヘッツァー ウォッシング

ということでウォッシング用の塗料を作ります。

タミヤエナメル塗料の「XF-1 フラットブラック」と「XF-64 レッドブラウン」を同じ位の比率にして、溶剤で5倍くらいに薄めて泥水みたいな色の塗料を作ります。

ヘッツァー ウォッシング2

そしたらそれを薄く伸ばすように車体に塗っていきます。

早くも彩度が落ちて車だったら下取り価格ヤバいことになりそうな感じになっています。

なお、ウォッシングで使うエナメル塗料の溶剤はプラスチックを侵食するという短所があります。今までそれでパーツが破損したり溶けたりしたことはありませんでしたが、接着したパーツがポロポロと外れることが何度もありました。

今回はあちこちパーツが外れまくり、シュルツェンや後部フェンダー、連結式の履帯など、ポロポロ外れてくれるおかげで作業が捗らず。

特に連結式履帯は外れるとメチャクチャ面倒なので、この部分をウォッシングするのはオススメしません。普通に地獄を見ました。

ヘッツァー ウォッシング3

拡大するとこんな感じ。彩度が落ちるだけでなく、なんか泥水のような汚い色になっています。これが車ならすぐに洗車したい。

また、表面をよく見ると小さなゴミみたいなのも付着しています。これは拭き取るときに一緒に取っ払いましょう。

ヘッツァー ウォッシング4

ウォッシングして5分ほど経過したら今度はエナメル溶剤を含ませた綿棒やティッシュで表面を拭き取ります。汚れた戦車洗車する感じです。

この時も上から下に向かって拭き取っていって雨水が流れたり、汚れを拭きっ取った感じを再現。

墨入れ

ウォッシングで車体全体をいい具合に汚したら、次は墨入れでモールドの根元部分やパネルラインを暗くしていきます。

後述のドライブラシと合わせて突起の根本と表面の明暗のギャップを大きくし、より突起部分がクッキリ見えるようになり、車体の立体感を強調していくわけです。

ヘッツァー 墨入れ

使う塗料は同じくエナメル塗料で、「XF-1 フラットブラック」と「XF-10 フラットブラウン」。

こちらも溶剤で薄めていきますが、ウォッシングの時よりかは溶剤は少なめにします。ホコリやゴミが溜まってるような感じの色になっていればOK。

ヘッツァー 墨入れ3

塗る場所は車体の至る所にある「突起」の根本部分。ボルトとか、ハッチのハンドルの付け根とかハッチと装甲板の隙間のラインとかとか。

そこに塗料を含んだ筆先をチョンと当てれば、流し込み接着剤のようにジワーッと突起のラインにそって浸透していきます。

上の写真はボルト部分に墨入れした状態。ややはみ出していますが、その場合はウォッシングの時と同じようにエナメル溶剤を含んだ綿棒で拭き取ればOK。

ヘッツァー 墨入れ2

突起だけでなく凹んだ部分にもエナメル塗料を流し込んでいきます。

上の写真はハッチと装甲板の境目に出来た隙間に流し込んでいるところです。暗い塗料を流し込むので境界線がハッキリ出来て、車体のモールドがより可視化されます。

転輪のボルトや凹んだ部分にも同じように流し込みます。

転輪や履帯は砂や泥で汚れる場所なのでウェザリングの効果を最大限に発揮できる場所ですが、今回はそこまでド派手に汚さないので、墨入れ・ドライブラシも入念に。

ドライブラシ

墨入れで突起の根本を暗くしたので今度はドライブラシで突起の表面を明るくします。

ヘッツァー ドライブラシ

使う塗料は同じくエナメル塗料の「XF-59 デザートイエロー」。

こちらは溶剤は使用せず、瓶からダイレクトに筆にとり、その後ティッシュペーパーなどで筆についた塗料を拭き取り、ほんの少しだけ残った塗料だけを使ってモールドを明るくします。

使用する筆はやや硬めのものを使い、接着したパーツを飛ばさないようにシャカシャカと掃き掃除をするかのようにエッジ部分や突起部分に塗料を乗せます。

ヘッツァー ドライブラシ2

すると上の写真のように突起の表面に色が乗り、墨入れによって根本が暗くなったことによる相乗効果でモールドがクッキリと浮かび上がります。

車体の大きさに対してボルトとかのモールドは小さいので、何もしないと埋もれてしまいがち。それを墨入れとドライブラシによって復活させるのが最大の目的なのです。

ヘッツァー 履帯のドライブラシ

ドライブラシは車体だけでなく、履帯にも行います。

こちらはシルバー系の色を使って履帯の表面や側面、センターガイドなどに行うことで、擦れて研磨された質感を履帯に与えてくれます。

ここはシルバー系の塗料、とくにタミヤペイントマーカーのクロームシルバーを使用する人が多いのですが、あいにく私は持っていないため、シルバー系の塗料でやっています。

今回は試しにアクリル塗料の「XF-56 メタリックグレイ」を使ってみることにしました。

やり方は車体のドライブラシと全く同じ。

ヘッツァー 履帯のドライブラシ2

まずは地面と擦れる部分に筆をシャカシャカと走らせます。

すると接地面である履帯の表面やそのエッジ部分に塗料が乗り、履帯が磨かれていった質感を与えてくれます。どこからどう見ても金属だ。まさかコレがプラスチックだとは誰も思うまい。

ヘッツァー 履帯のドライブラシ3

履帯の側面は履帯を連結するピンがあるところを中心にドライブラシ。

また、履帯のセンターガイドにもドライブラシをして転輪との摩擦した感じを与えます。

足回りの砂汚れ

さて、最後は履帯や転輪、車体下部の砂汚れを行います。

今まではパステルとかを使って派手にドロドロと汚しまくっていましたが、今回は少し路線を変更して、砂汚れだけの控えめな感じにします。

タミヤウェザリングマスター Aセット

ということで今回使うのはパステルではなく、「タミヤウェザリングマスター(Aセット)」これがあれば手っ取り早くサラサラの砂を各所に付着させることができます。

ヘッツァー 車体と履帯の砂汚れ

ウェザリングマスターの使い方ですが、砂汚れを再現したい場所に応じて付属のブラシを使い分けます。

履帯などに砂を「まぶす」場合はブラシの方を使って掃き掃除をするかのように砂を吹き付けていきます。

逆に車体下部や転輪の正面などの「面」の場合はスポンジの方を使って塗るようにつけていきます。

非常にシンプルで簡単な方法で手軽に砂汚れを再現できるので、パステルの調色が苦手って人はこちらをオススメします。コツとしては、単色だけでなく暗い色から順番にやっていくこと。

残ったパーツの取り付け

最後は組み立ての順番の関係で残ったパーツを取り付けていきます。

…と言っても残ったのは折れやすいアンテナだけ。

ヘッツァー アンテナ装着

今回のヘッツァーは「コマンドバージョン」ということで、通常の戦車についている2mアンテナだけでなく、先端が枝分かれした「スターアンテナ」というものが付属します。

このスターアンテナがまたクセモノで、一本物ですら折れやすいのに先っちょが枝分かれしているので、当初から「折れて当たり前」と思い、最後の最後までずっと封印していました。

なので、ほぼすべての工程が終了してようやく取り付けられるというものです。

取り付けは他のパーツのように接着剤でくっつけるだけなのですが、兎にも角にも折れないように超慎重に取り扱う必要があります。

軽駆逐戦車 ヘッツァー 完成!

アンテナを取り付けたら全ての工程が無事終了しました。

これにてドラゴンの軽駆逐戦車 ヘッツァー(コマンドバージョン)の完成です。

ギャラリー

軽駆逐戦車ヘッツァー

もとはヤフオクで「クーゲルブリッツ」を落札したときに、商品にセットでついていたのがこの「軽駆逐戦車ヘッツァー(コマンドバージョン)」。

ちっちゃくて丸い可愛げのあるフォルムで、さらにガルパンにも登場するおかげでそこそこ人気のある駆逐戦車…らしいです。

軽駆逐戦車ヘッツァー2

車体塗装は従来のダークイエローをベースにしたものではなく、ダークグリーンを基調として、その上にいくつもの丸い円を描く独特な迷彩模様を作ってみました。

正直この迷彩パターンがあるのかどうかと言われるとちょっと自信無いですが、ヘッツァーや他の駆逐戦車に見られるような「光と影の迷彩」の斑点は円を組み合わせた時に出来るものという説はあり。

…ただ、もう少し円を小さくして、複数サイズにすればよかったかなぁとは思います。

軽駆逐戦車ヘッツァー3

ヘッツァーは「駆逐戦車」というカテゴリーに含まれるので、戦車と違い旋回式の砲塔が存在せず、主砲の可動範囲はかなり限定されます。

模型制作においては砲塔が無く、固定式の戦闘室という形状から車体上部の工程数が少なく、あっという間に組み立てが終わりました。

悪天候のせいで車体塗装に3週間もかかったけれど…。

軽駆逐戦車ヘッツァー4

今回は特にこれといった技法は使っておらず、初期の頃のように

  • 組み立て
  • 塗装
  • ウェザリング

というシンプルな制作内容となりました。ちょっと手抜き感ががががが。

他の戦車も並べてみた

ヘッツァーと戦車たち

せっかくなので「ティーガー」や「ケーリアン」と並べて大きさ比べをしてみます。

こうやって見るといかにヘッツァーが小さいかがよくわかります。こんな中にオッサンが4人もすし詰めになるのだからさぞ車内はムサ苦しいだろう。

ヘッツァーと戦車たち2

別アングルから。

横にフィギュアを置いてみるとスケール感がなんとなーく伝わってきます。

まとめ

普段だったら細部の塗り分け、デカール貼り、ウェザリングで3記事にしているところ、今回は1記事にして解説。

塗装に時間かかりまくったせいで次の作業ができずモンモンしていたために、塗装が終わったあとは急ピッチで残りの作業を進めました。

まだまだ戦車模型のキットはたーーくさん残っていることもあり、これらを早く手がけたいという心の声から手抜き急いで作って記事にした次第です。

…で、次は何を作るのかというと、今回小さい戦車作ったので、今度はおっきいやつを作りたいなぁと思っています。乞うご期待。

西日本豪雨の支援募金にご協力下さい

西日本を中心とした記録的な大雨により、土砂災害や川の氾濫が相次ぎ多くの被害が出ました。

報道によると、全国で105人が犠牲となり、いまだ行方不明者の捜索が続いています。(2018年7月9日現在)

現在も多くのNPO団体などによる支援が行われています。みなさまのご支援、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

軽駆逐戦車 ヘッツァー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ましゅーをフォローする
Turbulence

この記事のコメント