2018年4月6日 WordPressテーマをSimplicity2からCocoonに変更しました!!

M16A2にFN M16A4刻印フレームを組み込んだ!

FN M16A4メタルフレーム 内容 FN M16A4

どうもこんにちは。まっしゅです。

先日M16A2を安く譲っていただきまして、今後このM16A2をベースに、発展型である「M16A4 」を作っていこうと思います。

今回はその第一歩であるFN M16A4刻印タイプのメタルフレームを購入しましたので、組み込みました。

[スポンサードリンク]
[ad#entry1]

スポンサーリンク

あらすじ

– 関連記事 –

M16A2 30連マガジン装着

同じサバゲーチームの友人より内部・外部ともにカスタムが施されたM16A2(ベース:東京マルイM16A2)の電動ガンを安く譲ってもらいました。

このM16A2をベースに、発展型であるM16A4を作っていきます。

なお、外装がフルカスタムなのにそれらを取っ払ってM16A4作るのは勿体無いかもですが、元々M16A4を作るために入手したのでそこは問題ナシ。

もちろん取り外したパーツは今後のために大切にとっておきます。

G&P メタルフレーム FN M16A4刻印

G&P メタルフレーム(FN M16A4刻印)

本日昼頃届いた注文の品。G&P製のFN M16A4メタルフレームです。

佐川急便のお兄さんが満面の笑顔で配達してくださいました。

代金

送料とか手数料とかあわせて合計14,958円のお買い物。

過去に組んだことのあるHurricanE(ハリケーン)製のメタルフレームが2万ちょっとしたので、G&Pのフレームの方が5,000円ほど安いです。

ただし、フレームの質(組み込みやすさ・トラブルの少なさ等)ではHurricanEに軍配が上がるので、質を取るか価格を取るか、あるいはフレームの刻印などで選択(最近のG&Pは改善されてるかな?)。

セット内容

FN M16A4メタルフレーム 内容

箱のなかに入っていたのは以下のとおり

  • メタルフレーム(上下)本体
  • 説明書
  • ダミーボルトなどの小物パーツ

M16A2フレームと比較

メタルフレームの比較

M16A2フレーム(上)とFN M16A4フレーム(下)を並べてみるとこんな感じです。

外見上の大きな違いは、フレーム上部にあるキャリングハンドル(運搬用の取っ手のようなもの)の違い。

A2はハンドルがフレーム一体型なのに対し、A4は着脱式になっており、ハンドルを外すと20mmレイルが顔を出し、ここにスコープやダットサイトなどの光学機器を装着できます。

写真を撮り忘れましたが、20mmレイルには銃身側からT2、T4、T6…と刻印が入ってます。TはTOPのTだと思う。

フレームを詳しく見てみる

もうちょこっとFN M16A4メタルフレームを観察してみます。

ロアレシーバーのFN刻印

FN M16A4メタルフレーム 刻印

まずこちらはロアフレームの刻印。

刻印のFNとはFabric Nationalの略称で、ベルギーの銃器メーカーであるFNハースタル  社のことを指します。

M16と聞くとコルト社が有名ですが、ミニミ軽機関銃、SCAR、P-90といった名銃を製造するFNハースタル社もM16A4をライセンス生産しています。

特にSCARやP-90は東京マルイが電動ガンとしてリリースしており、サバイバルゲームでもよく見かける人気銃なので、サバゲー・エアガン界隈においてFN社の知名度は高いと思います。

FN M16A4メタルフレーム セレクター

こちらはセレクターのアップ写真。実銃同様「BURST(バースト)」になっています。

実銃だと1回トリガーを引くと3連射する仕組みですが、エアガンですとこの位置にセレクターが来るとフルオート(連射)です。

バースト回路を組み込んで3バーストにしてみるのも面白いですよ。

フレームロックピンは抜け落ち防止仕様になってました

FN M16A4メタルフレーム 抜け落ち防止ピン

今回のフレームは従来のG&Pとは違い、前後にあるフレームをロックするピンが実銃同様に完全に抜けきらないようになってます。

分解時やゲーム時にピンの紛失を防いでくれるので助かります。

付属の説明書

FN M16A4メタルフレーム 説明書

こちらは付属の説明書です。

今回含めG&Pのフレームは3つ購入してますが、3つともこの説明書が付いてました。いずれも内容は同じ。

初めてフレームを組み込んだ時にはお世話になりました。

FN M16A4メタルフレーム 説明書2

中身はこんな感じで組み込み手順が写真付きで載ってます。

組み込む電動ガンは東京マルイのM4A1をベースにしているので、マルイユーザーにはありがたい一冊です。

[スポンサードリンク]
[ad#entry2]

付属の小物パーツ

FN M16A4メタルフレーム 小物パーツ

フレームに取り付ける小物パーツは以下のものが付属していました。

  • チャージングハンドル用のパーツ
  • ボルトフォアードアシスト
  • ダミーボルト
  • ボルトカバー
  • チャンバー
  • チャンバーパッキン

東京マルイのM16系(M4系)をベースにするなら(足りないパーツは流用するとして)、ほぼ必要なパーツは揃っています。

しかしほとんどのパーツをM16A2から流用したので、使用したのはボルトフォワードアシスト、ダミーボルト、ボルトカバーの3つくらい。

なお、チャンバーに関しては、フレーム付属ではなく別のメーカーのモノに変えたほうが良いという意見もありますが、今回は付属のチャンバーを使用。

もし不具合があればその時に別のメーカーのチャンバーへ交換を検討します。

ちなみに一昔前はチャンバーはシステマ製がオススメとのことでした。色んなショップやエアガンのレビューでも紹介されており、私も過去にフレームを組み込んだ時に使用しました。

なお、ここ最近ではProWinというメーカーの青色のチャンバーがホップアップ調整がドラム式とのことで話題になってました。性能が気になる。

フレームを組み込みます

FN M16A4メタルフレーム 組み込み作業中

組み込んでみるの図。手順としては以下のとおり

  1. まずフロント、フレーム、グリップ、ストックなどを分解する
  2. メカBOX(写真中央の銀色の物体)とインナーバレルを取り出す
  3. フロントをアッパーフレームに組み込む
  4. 小物パーツをフレームに組み込む
  5. メカBOXをフレームに移植する
  6. 上下フレームを結合させる
  7. ストックを組み込む
  8. モーターとグリップを取り付ける

……ということで無事完成。

大雑把な説明ですが、「ワケガワカラナイヨ!」って人はG&Pメタルフレーム付属の説明書を参考にすると良いですよ。

なお作業は1時間半ほどで終了しました。今回はわりかし早く終わった。

M16A4が出来上がりました

完成図

FN M16A4

全体図。キャリングハンドルがなくなったのでスマートなシルエットに。

で、気になるフレームですが、上下フレームのガタつきが殆ど無く、マガジンの挿入もスムーズ。

フレームの可動部に少し潤滑剤(KURE 55-6)をスプレーした以外、削ったりすることもなく、G&P製とは思えないほど非常に楽に組み込めました

FN M16A4 2

また組み込んだあとにちゃんと弾が出るかどうか試射もしてみました。

アッパー・ロアフレームに隙間やガタつきがあると給弾不良を起こすとのことですが、隙間もガタつきもなかったので、セミ・フル共に空撃ちすることなく気持ちよく撃てました。部屋中BB弾まみれになりましたが…。

今回はアタリを引いたのか、それともG&Pフレームの質が向上したのかわかりませんが、あまりの完成度の高さに大満足です。

ボルトカバーはスプリングのテンションの向きに応じて閉じた状態か開いた状態のいずれか選択できますが、私は開いた状態にしました。

ダミーボルトカバーも最初のうちはキツキツだったものの、潤滑剤を吹きかけて何度もガチャガチャ弄ってるうちにスムーズになりました。

せっかくなので色々マウントしてみた

キャリングハンドル

FN M16A4 キャリングハンドル装着

せっかくフラットトップになったのに何ものせなければ頭が寒い!

ということでM4に使ってたキャリングハンドルを装着。

何も乗せない時はレイルカバーの役割も兼ねるから当面の間はこいつを乗っけておきます。

タスコ製 レッドドットサイト

FN M16A4 ダットサイト装着

今度はダットサイトを搭載。

ダットサイトはタスコ製のレッド ドットサイトです。

真夏時の高温に耐え切れず熱でプリントがドロドロになったため洗浄してもらってい今じゃツルツルになってますが一応タスコ製です。

M16A4に載せるなら4倍固定のACOGタイプのスコープ  やホロサイト&ブースターとかが似合いそうですね。

[スポンサードリンク]
[ad#entry3]

まとめ

さて、今回はフレームを変えましたが、次は「M5 RAS  」を購入してフロントも更に手を付けようかなと計画中。

M16といったらM203グレネードランチャー  を装着したいところですが、専用のハンドガードも一緒に買うべきかどうか迷い中。

M203用のハンドガードつけるとRASの意味なくなるけどカッコいいんですよねこれがまた(笑)

FN M16A4 ゴルゴ13風

おまけ。

ライフルスコープと20連ショートマガジンを装着して、M16ユーザーなら誰もが一度はやった(あるいはやりたいと思った)であろう、ゴルゴ13仕様にしてみた。

次の記事 M16A4に「M5 RASフロントセット」を組み込んだ!

↑今回購入したのはG&PのFN M16A4刻印タイプのメタルフレームです。

↑G&PのM16A4の完成品。カスタムが苦手な方にオススメ。内部機構(メカボックスなど)の性能が不安な方は購入後にショップで調整してもらうと良いですよ。

FN M16A4
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ましゅーをフォローする
Turbulence

この記事のコメント