シンプルで高耐荷重なBauhutteの「ゲーミングデスクHD」は作業環境カスタムのベースに最適

Bauhutte ゲーミングデスクHDデジタル機器

どうもこんにちは。ましゅーです。

先日買ったゲーミングチェアに続き、今回はゲーミングデスクを購入しました。選んだのはBauhutteのゲーミングデスクHD(品番:BHD-1200HDM)です。

特段ゲーマーというわけではありませんが、シンプルだけど高耐荷重なデスクやBauhutteが掲げる「デスク秘密基地化計画」に惹かれたのです。

というわけで、届いたBauhutteのゲーミングデスクHDの特徴や、デスクの組み立てについて書いてみました。

スポンサーリンク

Bauhutte ゲーミングデスクHD(BHD-1200HDM)の特徴

Bauhutte ゲーミングデスクHD

こちらがBauhutteのゲーミングデスクHD(BHD-1200HDM)でございます。

オールブラックなデザインで、デュアルモニターやマルチデバイス化を考慮した幅広なデスク天板。それでいて余計なものが無いシンプルなデザイン。

デスク単体だけでもオシャレですが、同社が販売するラックやデスク周辺アクセサリを組み合わせることで、理想のデスク環境を構築することが出来る。

なお、このゲーミングデスクHDは、同社のゲーミングデスク(BHD-1000/1200)を更に改良し、耐荷重を大幅に改善したモデルとのことです。

必要最低限の機能でありながら、アフターパーツで自由自在にレイアウトを構築でき、デスクそのものも高耐久なので、「オレの作業環境づくり」の土台として最適なデスクといえます。

ゲーミングデスク(BHD-1000/1200)シリーズは、以前は「昇降式 PCデスク」とも呼ばれていたようです。

スペック

今回私が買ったのは“BHD-1200HDM”の方ですが、ゲーミングデスクHDにはもう一つ、ローデスクタイプの”BHD-1200HDL”もあります。

念のため、両方のスペックを記載しておきます。

製品名奥行き高さ重量
BHD-1200HDM1200mm550mm595mm(595~810mm)18.4kg
BHD-1200HDL1200mm550mm400mm(400~95mm)15.9kg

(数値はBauhutte公式サイトから引用)

耐荷重が大幅にアップ!

以前のBauhutteのゲーミングデスクの耐荷重が40kgだったのに対し、今回のゲーミングデスクHDの耐荷重は100kgと、大幅に強化されています。

“ゲーミング”デスクだけに、複数あるいは大画面のモニターはもちろん、ゲーム用デバイスとかゴチャゴチャ乗せることもあるでしょうし、また同社のデスク関連の拡張アイテムの追加も考えられます。

そういったところを鑑みると、従来と比べて耐荷重が60kgもアップするというのは、ゲーマーでなくても大きなアドバンテージといえます。

何なら私がデスクに乗って耐久度を確認しようとも思ったけど、危ないからやめた(当たり前である)。

なお、以前の昇降式デスクを使っている人向けに、「脚部」だけ販売もされており、こちらに交換することで耐荷重を40kgから100kgにパワーアップさせることが出来ます。対応機種は以下の通り。

デスク天板の厚みも強化

Bauhutte ゲーミングデスクHD 天板の厚み

上の写真のように、ゲーミングデスクHDの天板の厚みは約2.5cm。従来のデスクが2cmのため、若干厚みが増したことになります。

厚みが増すことで振動を吸収しやすくなるので、タイピングや筆記などのデスクワークがより安定して行えるのはもちろん、モニターアームのような一箇所に負荷が集中するアイテムを使う場合も安心。

Bauhutteはキーボードスライダーや引き出し、デスクに固定するラックなど、デスク周辺アクセサリーも販売しており、これらはクランプでデスク天板に挟んで固定します。

「デスクごとゲーミングマウスパッド」が付属

Bauhutte ゲーミングマウスパッド

オプションアイテムとして「デスクごとゲーミングマウスパッド(BMP-1200)」という、デスク幅とほぼ同等の大型マウスパッドが付属します。

従来の四角いマウスパッドと違い、デスクの大部分をマウスパッドがカバーするため、パッドがふっ飛んだり、他のデバイスに引っかかると行ったストレスから開放されます。

マウスパッドとしての効果も抜群で、カーソルがスイスイ動いてくれます。あまりにスイスイ動くので、勢い余って横に置いてたエアコンのリモコンふっ飛ばしましたが…。

Bauhutte ゲーミングマウスパッド2

パッドの厚みは5mmと肉厚で柔らかい手触り。タイピング時の手首を優しく労ってくれます。

もちろんパッド裏側は滑り止め加工が施されているので、激しいマウス操作でパッドがずれることはありません。

ちなみにデスクの寸法が幅1200mm x 奥行き550mmなのに対し、デスクごとゲーミングマウスパッドは幅1180mm × 奥行き400cmでした。

つまり奥行きは15cmほどデスクの方が長いので、パッドがない部分にモニタースタンドを置けば安定してモニターを設置することができます。

クイックアジャスターで手軽に高さ調節できる

Bauhutte ゲーミングデスクHD クイックアジャスター

こちらはデスクの脚部。

自転車のシートポストのクランプのようなクイックアジャスターがついており、以前のものより素早く高さ調節が出来ます。調整幅は595~810mm。

体格(身長)によって最適なデスクの高さは異なりますが、Bauhutteで身長別のデスクと座面の高さが確認できます。

私は身長が170cmくらいなので、座面は42cm、机の高さは76cmとのことでした。

参考 机の高さと椅子の座面の高さの関連性 – Bauhutte

Bauhutte ゲーミングデスクHD パンチングボード

なお、脚部の側面はパンチングボードになっているので、フックや結束バンドなどをつかって電源タップを固定することも出来ます。

スポンサーリンク

届いたゲーミングデスクHDを組み立ててみた

Bauhutte ゲーミングデスクHD 梱包

そんなBauhutteのゲーミングデスクHDが我が家に届きました。

当たり前ですが、デスクは分解された状態でやって来るので組み立てが必要です。必要な工具(六角レンチやスパナ)は付属するので筋肉だけ用意して下さい。

まずはこやつを玄関から自室まで持っていくのが最初の作業です。耐荷重100kgのデスクがぎっしり詰まった箱です。部屋に持っていくだけでもちょっとした力仕事。

でもこのクソ暑い中こいつを担いで階段のぼる宅配便のおニイさんよりはマシです。ホントにいつもご苦労さまです。

箱は製品保証を受けたり初期不良で返品・交換する時に必要なので、しばらくは捨てずに取っておいて下さい。

Bauhutte ゲーミングデスクHD セット内容

開封してみるとこんな感じにデスクの部品などが入っていました。ざっくり見ると

  • デスク天板
  • デスクごとゲーミングマウスパッド
  • 脚部底部
  • 脚部(左右)
  • 横揺れ防止の底板
  • 背部パイプ
  • 補強用クロスバー
  • ボルトや工具類
  • 組み立て説明書兼保証書

部品が少ないので工程もそれほど多くはありませんが、デスク天板など重たい部品があるので、出来るなら組み立ては2人以上で行うことを推奨します。

Bauhutte ゲーミングデスクHD 脚底部アジャスターの取り付け

まずは脚部底部の裏側4か所に「高さ調節ネジ」を取り付けます。

Bauhutte ゲーミングデスクHD 脚取り付け

お次は左右の脚を取り付けます。

説明図をしっかり確認して向きを間違えないように取り付けます。脚部底部にある2本のパイプ側に脚部のクロスバー用の六角ネジ穴が来るようにします。

上の写真は思いっきり向きを間違えています。撮影後に気づいたので慌てて戻しました。

Bauhutte ゲーミングデスクHD 底板取り付け

こちらは奥側のパイプの上に横揺れ防止の底板を取り付けている場面。ネジとかは無く、上からパチンとはめ込むだけでオーケー。

こやつもパンチングボードになっているので、配線とか電源タップを結束バンドで固定するときに重宝しそうです。

Bauhutte ゲーミングデスクHD 脚部

脚部の内側に背面パイプ(脚に対して垂直についてる2本の黒いパイプ)を取り付けます。取っ手部分が外側になります。

このパイプ、上と下とで若干長さが違うようで、仮組み段階では隙間が出来てますが、ボルトを締めていけば隙間が埋まりました。

この作業が終われば次は「デスク天板」の取り付けです。天板は片側6つの六角ボルトで固定されるので、対角線上のボルトを段階的に締めていきます。

Bauhutte ゲーミングデスクHD 完成

天板を取り付けたらひっくり返ってるデスクを起こして作業完了です。

先述の通り、部品が少ないので組み立ても簡単です。ただ、脚部を支えながらボルトを締めるという作業が出るので、できれば2人以上で作業したいところ。

無理なら台などで支えながら行います。

Bauhutte ゲーミングデスクHD クロスバー

なお、横方向のグラつきが気になる方はオプションパーツの「クロスバー」を装着することで改善されます。

私の場合、グラつきが気にならないレベルだったので取り付けなくても大丈夫でしたが、装着時にどのような感じになるか確認も兼ねて取り付けてみました。

先述の通り、元からグラつきが無いので補強効果はあまり体感出来ませんが、それよりも座るとき(特に足を伸ばした時)にクロスバーがどう影響するかが気になりました。

足をまっすぐ投げ出すような座り方をすると、足のスネのあたりにクロスバーが当たりますが、足の裏を底板に置くように軽く曲げて座っていれば邪魔になることはありませんでした。

将来的にオットマン(足置き)を追加する予定なので、そいつが来た時にどうなるかも確認しようと思います。

実際に使ってみて気になったところ

完成したBauhutteのゲーミングデスクHDを実際に使ってみると、横面積が大きいので色々モノを乗せられるし、マウスパッドを除いて余計なものがなく開放感も得られるスグレモノ。

しかし一方で気になる点もあります。私が感じたのは以下の点でした。

デスクがズレやすい

高耐荷重ではあるものの、デスクそのものの重量は約18kgと軽い(?)ので、ちょっと腕や足でデスク押すとズレてしまいます。イスに座ったままを後ろに下がるとき、デスク天板に手を当てるクセがあるので尚さら。

ズレたなら元の位置に直せば良いだけの話かもしれませんが、デスクがズレると床が傷つくおそれがあるので、床を保護するマットを敷いておくなど、対策はとったほうが良さそうです。

ただ、現時点で乗せてるのがPCだけというのもあるかも。今後デスクのオプションをコテコテ取り付けて重量が増えれば多少ズレにくくなるかもしれません。

…が、重たいデスクがズレた場合、床の傷つきやすさも跳ね上がるので、いずれにせよマットは手配しておいた方が良さげ。

高さの調整は一人ではしんどい

説明書にもあるように、高さ調節はデスク両側に立ち、天板を上げ下げして調整します。そのため2人がかり行うことを推奨しています。

しかし、今までデスクの高さ調節は一人でやってました。デスクの横面積が広いため、片側の脚を高くしたら「頭」で支えながらもう反対側の脚を高くするという荒業。これがキツイのなんの…。

そういったことから、デスクの高さはなるべく最初の段階で決めておいて、以降はなるべく変えない方が良さげ。というかもう変えたくない…。

収納スペースがない

ゲーミングデスクHDはデスク上には余計なモノがなく、シンプルかつスタイリッシュなデザインです。

…が、言い換えると「収納スペースがない」ということなので、今まで収納していた周辺機器や本、その他小物類の置き場所を考えなければなりません。

というのも、以前使ってたデスクが本棚の機能も備えていたこともあって、その「棚」が無くなった現在、収納物の大移動を余儀なくされたわけです。

…ただ、あくまでそれはデスク単体の話で、Bauhutteからデスク関連アクセサリーあるいは周辺アイテムとして収納ラックなどがあるので、それで対応すれば問題ナシ。

ゲーマーはモチロンだけど、こんな人にオススメ

“ゲーミング”デスクというのですから、廃人クラスのゲーマーにオススメというのは言うに及ばずですが、それ意外にも

  • 作業環境をカスタマイズしたい

という人にオススメです。

ゲームに没頭する人、PCでネットサーフィンする人、私のようにプラモとかの趣味に没頭したい人、いろいろいるはず。

そんな自室で楽しむ様々な趣味に対応した作業環境を構築する上で、このゲーミングデスクHDをカスタムの土台として、ここにモジュールを追加していく。

先にも書きましたが、同じBauhutteにはデスクに対応したアイテムがあり、柔軟なカスタマイズが出来るし、「Bauhutteには良いのが無い!」という人や、安く済ませたい人は他のメーカーを選べばOK。

だけど全ての作業部屋カスタムのベースとなる「デスク」だけはシンプルだけど高耐荷重という、オールマイティーに対応できるものを選びたいところ。

そしてBauhutteのゲーミングデスクHDがまさにその役割を担っており、あらゆる作業部屋のカスタムベースとしてうってつけと言えるわけです。

ゲーミングデスクHDとパソコン周辺

Bauhutte ゲーミングデスクHD 使用例

そんなゲーミングデスクHDにパソコンや周辺アイテムなどを乗せてみました。

横幅が1200mmと広く、PCやキーボードを置いてもまだまだ物が置けます。

以前使ってた本棚一体のパソコンデスクと比べると、収納量は落ちますが、その分サイズが小さくなり、開放感がハンパない。何より足を伸ばすことが出来るので嬉しい。

なお、今まで使ってたパソコンデスクですが、本や物を色々乗せ過ぎたせいでバキッ!という異音とともにグラつくようになってしまいました…。

「ゲーミングデスクが欲しい」というのも購入に至ったのも理由ですが、それ以上に「机がぶっ壊れた」というのが大きいです。

ゲーミングデスクとゲーミングチェア

ゲーミングデスクとゲーミングチェア。

これだけでも十分スタイリッシュなデスク環境ですが、今後もオプションパーツなどを追加して、より機能的かつオシャレな作業部屋という名の引きこもり部屋を作っていこうと思います。

まずは床を傷つけないチェアマットや、足を置くためのオットマンあたりから揃えていこうかな。想像するだけで楽しいです。

デジタル機器
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事をフォロワーにも紹介してあげてください
Turbulence
タイトルとURLをコピーしました