バウヒュッテの「デスクごとチェアマット」を敷いてみた

バウヒュッテ デスクごとチェアマットの上にデスクを設置デジタル機器

PC周辺をスタイリッシュにしたいと思い、ゲーミングチェアゲーミングデスクを入手し、今後もデスク周辺アイテムを追加して、見た目・機能面に長けた環境構築を目指しています。

…ただ、チェアもデスクも「家具」なので何かの拍子に動き(ズレ)ます。

「動いたら元に戻せばええやん…」って思うかもしれません。そのとおりです。動いたら戻してます。

問題なのはデスクやチェアが動くと床に傷がつくことです。マンション住まいなので下手に床や壁を傷つけると後が怖い。

そういったことから、デスクやチェアが動いても床が傷つかないように、バウヒュッテのチェアマット(旧名称:デスクごとチェアマット)を買って敷いてみました。

スポンサーリンク

今まで床は…

ゲーミングデスクとゲーミングチェア

ご覧の通り、無防備です。

下の方にボロ布のようなカーペットがチョロンと見えますが、こんなのじゃ床は保護できないし、デスクの脚周辺に至っては完全に無防備。

何よりカーペットの端っこが中途半端な位置にあるため、イスを動かすとカーペットが波打って段差になって鬱陶しいことこの上なし。

イスはキャスターがついてるし、デスクも水平調整ネジがある関係で一点に負荷が集中しやすい構造なので、このまま無防備で使ってたら床が傷だらけになるのは時間の問題。

バウヒュッテのデスクごとチェアマットを敷いてみた

そんなわけで、周辺アイテムの追加よりも床の保護を優先すべきと判断し、Bauhutte(バウヒュッテ)の「デスクごとチェアマット(BCM-160)」を買いました。

このデスクごとチェアマットの特徴は、幅1600×奥行1300mmとでかいこと。これだけデカけりゃ何でもカバーできると言わんばかりにデカイ。

バウヒュッテのページでは製品名が「チェアマット」に変更されていますが、品番(BCM-160BK)は同一なので「デスクごとチェアマット」と表記します。

バウヒュッテ デスクごとチェアマット

デスクごとチェアマットは細長いダンボールに丸めて梱包されています。

バウヒュッテ デスクごとチェアマット 丸まった状態

箱から取り出すとこんな感じ。

丸まっているので多少の巻きグセはありますが、箱の説明文には数日~数週間ほど使っていればでクセはなくなるという旨の記載がありました。

ではさっそくデスクごとチェアマットを敷いてみよう。

チェアマットを敷く前に…

………の前に、せっかくカーペットやデスクやその他諸々を避難させたわけだし、フローリングをキレイにしておきます。

最後に床を掃除したのは確かゴールデンウィークだったかな。定期的にコロコロで髪の毛や小さなゴミは取ってたものの、4ヶ月もたつとやっぱり汚れは溜まります。

いい機会なので掃除機とクイックルワイパーフル動員で徹底的に床を掃除してやりました。

バウヒュッテ デスクごとチェアマットを敷いてみた

床がキレイになったので、デスクごとチェアマットを敷いてやりました。

カラーバリエーションはマットブラックとブラウン(フローリング調)の2種類。デスクやチェアを黒系で揃えたのでマットも黒で揃えます。マットだけにマットブラックなのです。

ちなみに、丸まった状態で入っていたにもかかわらず、巻きグセはほとんどありませんでした。

バウヒュッテ デスクごとチェアマットの上にデスクを設置

あとはデスクやチェアを元通りにすればおしまい。

床を掃除したり家具や備品を避難・元通りにするのは面倒ですが、マット自体は敷くだけなので簡単簡単。

デスクごとチェアマットを使ってみた感想

良かったところや気になったところについても書いてみます。

思った以上にデカい

チェアだけでなくデスクもカバーする”デスクごと”チェアマットなので、大きいのは当然です。

…んが、長さ160mmというのはイメージしていたよりもデカく、特にチェア後方ゆとりがあって引いてもマットからはみ出ないというのが印象的でした。

バウヒュッテ デスクごとチェアマット イスの後ろのゆとり

上の写真はイスを引いた時の位置ですが、キャスター後方に余裕があるのがわかります。

実際に座るときはもっとデスク寄りで、その時のチェア(キャスター)後方には40センチほどの余地が生まれました。

ズレない

チェアマットの裏面にはちゃんと滑り止め加工が施されているので、チェアを動かしたり上を歩いてもマットはズレません。

ニオイはそんなにしなかった

箱に記載された説明やアマゾンのレビューを見ると「(PVC素材特有の)臭いがする」という旨の記載がありました。

んが、個体差なのか私の鼻が悪いのかわかりませんが、マットに鼻を近づけないと気づかないほどニオイはほとんどありませんでした。

なお、ニオイがあったとしても、使っているうちに薄れていくとのことです。

汚れは目立つ

マットの色がブラックですからホコリやゴミ、食べかすなどの「汚れ」は目立つし、汚い足で踏むとギャグ漫画みたいな足跡がクッキリ残ります。

なので定期的にコロコロやクイックルワイパーとかで掃除してやらないとマットが汚れで白っぽくなって不潔です。

逆に言うとゴミを可視化できるので、掃除のサインがわかりやすいことにもなります。面倒臭がらず掃除しましょう。

足の裏が冷たい

カーペットではなくマットなので、足の裏がヒンヤリします。夏は良いけど冬はしんどいです。

また、「マット」なのでカーペットのようにフカフカではありません。人によっては好き嫌いが出そうな感触です。何というか、ヨガとかで使うマットみたいな感じ?

いずれにせよ、気になる方はマットの上に小さいカーペットを重ねるか。スリッパを履くと良いでしょう。

床を傷ける心配がなくなった

そのために買ったのだからそうでないと困る。

チェアマットはデスクやチェアより先に揃えておきたい

早く部屋をカスタマイズしたいがあまり、デスクやチェアを先に揃えており、それら家具を支える床の対策がおろそかでした。本当は先に床を保護しないといけないのにね。

先述の通り、マンション住まいですから、床が傷ついたら退去時に原状回復で余計な費用が発生するし、マンションでなくても床や壁は極力キレイな状態を維持したいところです。

そうなると、デスクやチェアより先にチェアマットを敷いておくべきだったと思いました

家具が集まってからだと敷くための移動が大変

幸いデスクもチェアも設置したばかりだったので床に傷はつきませんでした。

でも、出来るならデスクやイスよりもまっさきに床を保護するチェマットは敷いておきたいところです。

というのも、「床を保護できない」というのはモチロンですが、家具が揃ってからマットを敷くと、一旦家具を全部どかさせないといけません。

デスクやイス、ラックなど家具が増えれば増えるほどそいつらを移動させる手間がかかるし、移動時に床を傷つけてしまうというリスクも増えます。

どんなレイアウトでもチェマットはあって損はない

おわりに

マット敷く際の家具の移動も少なかったので良かったですが、一式揃えたあとにやろうとすると大変…。

ひとまずこれで床の心配はなくなったし、今後もお財布と相談しながらデスク周辺アイテムを揃えてスタイリッシュなPC作業部屋を構築していきます。乞うご期待。

↑ゲーミングデスクHDに変えてから収納スペースが減り、床に散らかしてた物をどうにかしたかったので、スクリーンラックを買いました。

デジタル機器
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事をフォロワーにも紹介してあげてください
Turbulence
タイトルとURLをコピーしました