【キングタイガー】OVMのエッチングパーツが苦行な件

キングタイガー 砲塔と車体の段差を埋めるメッシュカバー4 キングタイガー

今日も元気にドラゴンのキングタイガー(ヘンシェル砲塔)の組み立ての続きをやっていきます。

前回のキングタイガー製作日記で車体が組み上がりましたので、今回の組み立て内容は

  • 車体の側面にOVMを追加する
  • 車体上面後部のエンジンデッキにメッシュパーツを取り付ける

というものになります。この作業が終われば「車体はオシマイ、次は砲塔!」となります。

問題はOVMだ。

ことドラゴンのキットでは牽引ロープ用の金属ワイヤーが付属したり、各種OVMの留め具をエッチングパーツで作ることが出来ます。とてもリアルです。

ムチャクチャ神経使うけど。

OVMはともかく、OVMを固定する留め具はエッチングパーツかプラパーツかの選択式ですが、エッチングを選んだ時の難易度が尋常じゃないくらい高いのです。

発狂しかけました。

………というのが今回のキングタイガー製作日記もとい悶絶日記です。皆も読んで一緒に苦しもう。

なお、キングタイガー製作日記の過去記事は以下から読むことが出来ます。

キングタイガー(ヘンシェル砲塔)製作日記
ドラゴンのキングタイガー(ヘンシェル砲塔)の製作日記一覧です。

スポンサーリンク

OVMのエッチングパーツで苦戦する

「よーし、車体が完成したで次いくで次ぃ~!」

そう思いながら説明書の次の項目を見ていました。

キングタイガー OVMの留め具

なんかエッチングパーツだらけなんだけど………?

牽引ロープの先端を固定する留め具が4つ、ロープの途中を固定する金具が4つ、そしてOVMを固定するクランプ(留め具)に至っては7つも作れと仰せ。

しかもこの固定クランプ、よく見ると細長いハンドル(MA31)の穴に台座(MA14)と軽く曲げたカバー(MA15)を通せというムチャクチャ細かい作業を要求しよる。

んなもん7つも作れるかバカwwww

………となった。正直に言うと1つも作れる自信がない。

救済措置としてプラパーツもあるので、自信がない人はそっち使えば大丈夫。

エッチング用のツールを揃えた

タミヤ クラフトツールの皆さん

「物事の成否は事前の準備にかかっている」

…昔読んだ本にそんなようなことが書いてあったので、とりあえずエッチングパーツを組み立てるのに使えそうなツールを買い揃えました。

ちなみに買ったツールは以下の4点。

なんかもう、プラモ沼って感じがしますが、どちらかと言うとエッチング沼です。完全にドツボにハマってます。ジョージもペニーワイズにドン引きされるレベル。

ただ、今後もエッチングを扱う事はあるし、いずれのツールも持っていて損はないと思います。エッチングで地獄見たら購入を検討してください。

とりあえず、三種の神器ならぬ四種の神器を使ってエッチングパーツをガチャガチャ組み立てることにします。各々ツールの解説も交えつつ。

「エッチングバサミ」で切り離しが楽ちん

タミヤ エッチングバサミ

まず最初に使うのは「エッチングバサミ」鼻毛をカットするやつではありません。

今まではデザインナイフでバズンと切り離していましたが、エッチングバサミだと従来のパーツの切り離しと似たような感覚でエッチングパーツを切り出せます。

刃先が細いので、エッチングパーツ特有の狭いゲートにも刃が入ります。

ただ、挟んでランナーから切り離すという関係で、従来のプラパーツの切り離しと同じように、パーツに負荷がかかりやすい点に注意。

プラパーツと違いエッチングは薄いので、下手に力が加わると簡単にクニャッとヒン曲がります。特に網状のパーツはほぼ確実に折れ曲がる。

なのでそういうパーツは従来通りナイフで切り離すなど、臨機応変な使い方が求められます。

「ダイアモンドヤスリ」でパーツをへし折らずにバリ取り

タミヤ エッチングヤスリ

切り離したエッチングのバリ(ゲート)の処理は「エッチングヤスリ」で行いました。

いわゆる「ダイヤモンドヤスリ」という粒子が細かく硬いヤスリなので、従来のヤスリのようにゲートが引っかかってパーツが引っ張られる(=パーツが曲がる)という惨劇を回避できます。

とはいえ、エッチングヤスリでも引っかかる時はあるので、力加減に注意するに越したことはありません。

「ピンセットベンダー」で小さなパーツもラクラク曲がる!

タミヤ ピンセットベンダー

今回買ったエッチングパーツに特化したツールはいずれも使い勝手の良いものですが、その中でもこの「ピンセットベンダー」は特に作業がはかどりました。

これまでエッチングを曲げる時は金属の定規を使ってクニッとやってました。ある程度大きなパーツだと問題ないですが、極小パーツとなると定規が入りません。

一方、このピンセットベンダーは小さなパーツをつまむ「ピンセット」に、パーツを折り曲げる「ベンダー」要素を追加したもの。

なので今回のOVMやロープの留め具のような、ゴマ粒より小さいパーツを曲げろという鬼のような要望にも対応できる。

ピンセット先端が角ばってるので直角に曲げるのはお手の物。これホント楽。

細かい作業はスタンドルーペで

サンワダイレクト スタンドルーペ

「そこはタミヤのヘッドルーペ  じゃねーのかよ!」と突っ込まれそうですが、スタンドルーペです。

詳しいことはいつか別の記事で書こうと思いますが、レンズ径11cmで2.5倍と5倍に拡大できるスタンド式ルーペで、LEDライトもついている。

サンワダイレクト スタンドルーペ2

写真では分かりづらいですが、あのクソちっせぇエッチングどもが大きく見えるので、発狂しそうなくらい細かい作業もこれなら大丈夫………だと思う。

なにより拡大鏡なので、撮影時にデジカメの前に置くと2倍率のコンバーターとして使えます(画質落ちるけど)。マクロですら悲鳴を上げてたエッチングもこれなら撮影できるのです。

……………で、何でヘッドルーペにしなかったかと言うと、あいつ高いんだよ…。

ツールを駆使して出来たのがこちら

キングタイガー 牽引ロープの留め具

そんな具合にツールを駆使して牽引ロープを保持する留め具(受けの部分)が出来た。

通常、エッチングパーツは瞬間接着剤を使って固定(組み立て)ますが、こいつら留め具は接着剤を使わずに組み立てろというもの。

つまり、パーツの折り曲げ具合や突起を穴に通して上手いこと組めというものです。ルーペ使っても小さいパーツを相手に!!

キングタイガー 牽引ロープの留め具2

留め具の受ける側のパーツは車体に接着して、牽引ロープを固定してからバンド部分を装着します。

ここまでは問題なく出来てます。

OVMのクランプは早々に諦めた

キングタイガー 車体左側のOVM

ツール買った意味ねーじゃん!!

…ってなるわけですが、他の留め具パーツはともかく、このOVMのクランプだけはどう足掻いても今の私の技術では作る事ができませんでした。

ただ、クランプ以外の部分でもエッチングパーツは使われているので、そういった場所にはエッチングを使っています。

でも一応挑戦はした

…とはいえ、やりもしないで終わるのはどうかと思うので、一応やってみるだけやってみました。

しかし、あまりの難易度に必要数である7つどころか1つも作ることが出来ず、エッチングが折れたり紛失したりで、パーツを浪費するだけとなり挫折。

ということから今は深追いはせず、余剰パーツとして眠らせておき、来るべき時に再度トライしようと思います。

折り曲げて「受け」パーツをつくる

キングタイガー OVMの留め具 受けのパーツ

まずこちらは車体側につく「受け」のパーツ。

片側は直角に折り曲げ、反対側は斜めに折り、その先端にあるクランプのバンドを保持する「ツノ」もカクンと折り曲げる。

先端のツノ部分を曲げるとき、一緒に手前の部分も曲がらないように、ピンセットなどで押さえて動かないようにします。エッチングは何度も曲げるとパキッと折れるので特に注意したい。

ここでピンセットベンダー選手が大活躍。アンタ一は生大事にするわヨ。

「バンド」部分は緩やかなカーブを描く

キングタイガー OVMの留め具 バンド部分

こちらはOVMを挟むバンドにあたるパーツ。

元々はまっすぐのパーツですが、これを緩やかなカーブを描くように曲げる必要があります。カクンと折り曲げるのと違って曲線を描くのは加減が難しいのです…。

テープで固定した真ちゅう線の上にパーツ乗せて、少しずつ力を加えて緩やかなカーブを描いていきます。

ハンドルは片側を少し開いておく

キングタイガー OVMの留め具 レバー

こちらは留め具をロック、およびロックの解除をするためのハンドル部分です。

このハンドルの両端には穴が2つあり、そこに受け具とバンドの突起を通して固定するというものです。

文章にするとアッサリですが、これがムチャクチャ難しい。

個人的な話ですが、今までのプラモライフにおける作業の中で一番難しいと自信もって言えます(組み立ては全然自信ないけど)。

…で、ハンドル内側の穴に突起を通す関係で、ハンドルの片側は直角ではなく少し開いた状態にとどめておきます。

ハンドルの穴に受けパーツの突起を通す

キングタイガー OVMの留め具 パーツを合体させる

小さなパーツをコチョコチョ動かすので、受けパーツが動かないように、粘着力を落とした両面テープの上に置いて作業をします。

本来はハンドル部分を両面テープに固定して、そこに受け具とバンドの突起を通して、フタをするようにもう片側のハンドルの穴を通すというものです。

………が、何十回トライしても成功する様子がなかったので、先に受け具をくっつけて、その後バンドを取り付け。というように路線変更しました。

キングタイガー OVMの留め具 パーツを合体させる2

…で、最終的にはこんな感じにOVMを固定するクランプっぽくなり、各パーツが正しい状態で固定されると実際のクランプのようにロックしたり解除したり出来ます。

ですが、ただでさえ組み立てが難しく、ちゃんと固定されてるかどうかアヤフヤなこやつを動かすなんて恐しすぎて出来ません。

ちなみに上の写真では上手くいったように見えますが、接着剤でくっつけてるので可動しません。もっというとテープから剥がす時にパーツが分離して苦労が水の泡。むごすぎ。

その後もトライしましたが全く上手くいかず、本当にジョージの予想通り、キングタイガーが来年4月どころか夏になっても完成しなさそうなので、先述の通り諦めて先に進みます。

それでも世のモデラーさんはこんな小さいエッチングパーツを組み立てちゃうのだから凄いなと思います。

私もいつかこいつをすんなり組み立てられる日が来るといいなぁと思いつつ、エッチングパーツをキットの箱にしまうのでした。

残念ながらOVMの留め具をエッチングパーツで作ることは出来ませんでしたが、今までの模型製作で浮かれていた私を戒めるいい経験となりました。

今後もプラモ作りを続け、こういった細かい組み立ても出来るようになりたいなと思います。

プラモデルに出会えて本当に良かったと思います!

………という建前を↑こんな顔で書いてます。

何故ペニーワイズかというと、(私の中で)流行ってるのと、あれだけツール揃えたのに留め具が1つも作れない自分が道化師のように見えたから。

牽引ロープを取り付ける

…さて、あまり茶番に注力してると夏どころか来年中に完成しなさそうな気がするので、組み立て作業を進めます。

牽引ロープ用の留め具は作ることが出来たので、今度は牽引ロープそのものを作ります。

付属の金属ワイヤーを使うことにした

ドラゴンのキットはロープ用の金属ワイヤーが付属することがあります。実際に今回のキングタイガーには付属してました。

ただ、この手の金属ワイヤーはクセが強く硬いので、取り付けや成形に苦労します。

なので、ホムセンで売ってる建築用の水糸を代用する人が多いようです。実際に私も4号戦車 J型の牽引ロープは水糸で作りました。

しかし、キングタイガーの牽引ロープの直径が32mmに対し、手持ちの水糸が0.8なので、0.8×35=28(mm)となり細すぎます。

なので牽引ロープはキット付属のものを使うことにしました。

水糸を使う場合は直径0.9mmが適当です。

ワイヤー先端は留め具がモールドされたものを使用

キングタイガー 牽引ロープ

先端の「アイ」の部分はプラパーツを使います。

この「アイ」も上の写真のように留め具と一体となったタイプと、エッチング用に留め具がモールドされてないタイプと2種あるので、好きな方を選びます。

私は今回は留め具がモールドされたものを選びました。

今思うと、ここはエッチングにした方が良かったかもしれません。悪あがきでジャンクパーツから流用の蝶ネジだけくっつけました。

で、ロープの先をアイに装着するのですが、ロープ先端がほつれてると挿入出来ないので、先端は捻って細くしておきます。必要に応じてアイ側にも加工をします。

クリーニングロッドの留め具にロープを通す

キングタイガー 牽引ロープ2

箱絵や写真を参考にしながらロープを少しずつ曲げて、車体側面に接着していきます。

いかんせんクセの強い金属ワイヤーなので、一度に全部接着しようとしても元の形に戻ろうとする力がはたらいて取れます。なので先端から一箇所ずつ接着しました。

上の写真はクリーニングロッド(洗桿棒)で、この留め具の中にワイヤーを通しますが、先にロッドを接着してからワイヤーを通すとほつれる可能性があります。

説明書の写真のようにワイヤーの上からカポッと取り付ける方が楽でした。

履帯交換用ロープはエッチングパーツを使用

さんざん妥協しまくったOVM(の留め具)ですが、あまり妥協しまくると今度は味気ないキングタイガーになるので、車体右側面に取り付ける履帯交換用ロープは頑張ってみました。

細かい作業には変わりありませんが、OVMの留め具よりかは優しいものでした。

ロープ本体は水糸を使った

「牽引ロープ」は適当な太さの水糸が無かったので付属のワイヤーを使いました。

しかし、履帯交換用ロープは実物が直径14mmなので、若干太いけど0.5mmの水糸を使いました。

実際は0.4mmがジャストサイズです。

ほつれを防ぐため、瞬間接着剤を染み込ませる

キングタイガー 履帯交換用ロープの組み立て・取り付け

水糸は柔らかいので曲げやすいし、(糸がある限り)失敗してもリトライ出来るという利点がありますが、一方で金属ワイヤー以上にほつれやすいという欠点があります。

そのため、ほつれを防ぐために水糸に瞬間接着剤を染み込ませておきます。

…が、いかんせん履帯交換用ロープは長い(実物は15mなので43cmほど)ので、ちょんちょん付けるのが億劫です。

そのため、上の写真のようにパレットに瞬間接着剤を垂らして、そこに水糸を這わせて一気につけてやりました。

水糸を挿入するためにパーツに切れ目を入れる

キングタイガー 履帯交換用ロープの組み立て・取り付け2

牽引ロープのアイには装着しやすくする「切り欠き」がありましたが、どういうわけか履帯交換用ロープのアイにはそれがありません。

しかもロープとなる水糸は本来よりも0.1ミリ太いため、なおさら通しにくい。

なので、アイの側面に2本の切れ込みを入れてペラッとめくり、水糸を接着し、そのあとめくれた部分を元に戻すという方法をとりました。

アイに取り付けるエッチングパーツ

キングタイガー 履帯交換用ロープの組み立て・取り付け3

ロープ先端の「アイ」には車体に固定するための留め具があり、これもエッチングパーツで作ります。

上の写真は見事に取り付ける向きを間違えており、実際はエッチングの穴がある方をアイの内側に来るようにします。慌てて引っぺがしてつけ直しました。

なお、この穴にはピンを通すようですが、肝心のピンがパーツ化されてないようで、ランナーを探してもそれっぽいものが見つからず。

なのでボッシュライトのコードとかで使う銅線をカットして代用。

シャフトは針金を代用

キングタイガー 履帯交換用ロープの組み立て・取り付け 説明書にないパーツ

また、同じように車体に固定するためのピン(シャフト)もパーツが見当たりません。

キングタイガー 履帯交換用ロープの組み立て・取り付け4

なのでこちらも針金をカットしたものを代用(上の写真でいう銀色のやつ)。

キングタイガー 履帯交換用ロープの組み立て・取り付け5

そしてこのシャフト部分に先ほどのロープ(アイ)側の輪っかを通します。

ロープを保持するラックはエッチングパーツを曲げるだけなので楽勝ですが、グニグニ曲げると折れるので、ロープを通す時は注意。

プラパーツを参考にロープを取り付ける

キングタイガー 履帯交換用ロープの組み立て・取り付け6

これで履帯交換用ロープの準備が完了です。

プラパーツの履帯交換用ロープの形状を参考に、ラックにロープを通します。

形状を見てややこしいと思いましたが、実際やってみるとそうでもなく、単に順番にラックに通していけば良いだけのことでした。

もう片側のアイのエッチングパーツ

キングタイガー 履帯交換用ロープの組み立て・取り付け9

こちらは反対側のアイ。

穴に取り付けるエッチングは同じですが、受けの金具は溝のある平たいパーツを曲げた物を使います。

やはりこちらもシャフトが存在せず、針金をカットしたものを使います。…が、受け金具の溝より針金が太いので、針金を削って細くするという作業を追加します。

そして履帯交換用ロープの出来上がり

キングタイガー 履帯交換用ロープの組み立て・取り付け7

最終的にこんな感じになりました。

プラパーツにはないロープの隙間がいい味を出しています。苦労したかいがある。

キングタイガー 履帯交換用ロープの組み立て・取り付け8

そして車体右側面にも同じように牽引ロープを取り付けます。こちらは2回目なので左側のようにグダることなく取り付け完了。

これで車体側面に取り付けるOVMはおしまいです。

あ゛ぁぁ疲れた!!

こんなにエッチングで苦戦したのはブロンコの「フラックワーゲン」以来です…。

スポンサーリンク

エンジンデッキの組み立て

続いては車体上面後部の「エンジンデッキ」に取り掛かります。

このエンジンデッキにおける作業として、デッキ両サイドのラジエーターへの異物混入防止のメッシュカバーの取り付けが挙げられます。

さらにキングタイガーの場合、砲塔と車体上面のギャップを埋めるためのメッシュカバーもあります。いずれもエッチングパーツで再現。

キングタイガー エンジンデッキの組み立て

説明書は13番。

まずはエンジン吸気口カバーやクレーン吊り上げ用のフックなどを取り付けます。

エンジン吸気口の装甲カバー

キングタイガー エンジン吸気口カバー

8本のボルトのモールドがあるエンジン吸気口の装甲カバー。

初期のキングタイガーでは潜水装置(シュノーケルパイプ)を収納するため円柱状になってましたが、1944年4月に潜水装置が廃止され、吸気口のみとなりました。

その後、1944年9月頃に吸気口の上に装甲カバーが追加。そういった事情はキットにも反映されており、装甲カバーのあり or 無しを選択出来ます。私は取り付けました。

また、吸気口の後ろにある2つの円形状の物体は、ラジエーター用冷却水の注入口(左)と燃料注入口(右)です。

U字シャックルはプラパーツを選択

キングタイガー 牽引シャックル

キングタイガーのキット内容を紹介する記事でも書きましたが、車体の前後に取り付けられるU字シャックルはプラパーツか金属パーツのいずれかを選択します。

金属パーツの質感は捨てがたいのですが、どうしたものか、金属シャックルは車体に通すシャフトやボルトがありません。

シャックル自体は単に穴が空いてるだけなので、動かせばズレてしまうし、何よりリアリティに欠けてしまう。

そういった理由からプラパーツを選びました。…惜しいのぉ。

ラジエーターのメッシュカバー

先述の通り、キングタイガーのエンジンデッキ左右にはラジエーター吸気口があり、格子状の吸気口の上には異物混入防止のメッシュカバーが取り付けられます。

プラモデルではこのメッシュカバーはエッチングパーツで再現されており、今回のキットでもやはりエッチングパーツが使われます。

キングタイガー ラジエーターのメッシュパーツ

それぞれのラジエーター吸気口にエッチングを取り付けるとこんな感じに。

中央のラジエーターファンの排気口には円形のメッシュがつきます。瞬間接着剤は外周部分の数箇所に点付け、排気口に取り付けたあと、隙間を埋めるように側面からも接着剤を塗りました。

前後に4ヶ所ある四角い吸気口は本体側に突起のモールドが入っているので、これをカッターナイフで切除してからメッシュを取り付けます。

砲塔と車体の段差を埋めるメッシュカバー

エンジンデッキのラジエーター吸気口(車体中央側)の上には更にメッシュカバーが取り付けられます。

このメッシュカバーは砲塔下部と車体上面の段差を埋めるためのもので、砲塔下部の形状に合わせてカーブを描いた台形状になっています。

キングタイガー 砲塔と車体の段差を埋めるメッシュカバー

カバーはプラパーツの枠にメッシュ状のエッチングパーツを貼り付けて再現します。

キングタイガー 砲塔と車体の段差を埋めるメッシュカバー2

メッシュの両端は折り曲げるので、仮組みで位置を確認してから貼り付け。

キングタイガー 砲塔と車体の段差を埋めるメッシュカバー3

あとはエンジンデッキに取り付けるだけ。

ちなみにこのカバー、実際のキングタイガーと同じように車体に平行ではなく、後ろに行くにつれて内側に傾斜するようになってます。なかなか細かい。

また、説明書の順番通りに組み立てる場合、エンジンデッキの右側に「アンテナケース」を先に取り付けますが、そうするとカバーが干渉する場合があるので、アンテナケースは後からの方が良さそうです。

キングタイガー 砲塔と車体の段差を埋めるメッシュカバー4

念のため砲塔を仮組みして車体に装着し、引っ掛かりがないかチェック。

うん。問題なさそう。

スポンサーリンク

これで車体の組み立てが完了!

前回で車体の基礎の組み立てが終わり、今回は車体にOVMやエンジンデッキのメッシュなど細かいパーツを取り付けて車体の組み立てが完了しました。

小さいエッチングパーツを折り曲げ、組み合わせるという精神修行のようなOVMの留め具で苦労しましたが、無理なモノは無理! と諦めることも大事です。

ここでミエを張ってたら今月中に車体は完成しなかったかもしれません(笑)

さて、次回は砲塔です。金属砲身が楽しみです。

キングタイガー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ましゅーをフォローする
Turbulence

この記事のコメント