SR-15作るから3prongハイダーとサプレッサー買っといた

UFC KACタイプ 3prongハイダー3SR-15

マルイのメカボックスとSTD電動ガン用のパーツを寄せ集めて、ナイツアーマメント社(以下:KAC)の「SR-15」っぽいものを再現しています。

フレームやストック、ハンドガードといったパーツを組み込み、「SR-15」の大部分が出来上がってきたので、ここからはアクセサリーを追加してドレスアップしていきます。

今回は、UFCの3prongハイダーとそれに対応したQDCサプレッサーを購入したのでレビューします。

スポンサーリンク

KACタイプ 3prongハイダーとQDCサプレッサー

UFC KACタイプ 3prongハイダーとQDCサプレッサー

M4・M16系電動ガン用のフラッシュハイダーはたくさん種類がありますが、今回制作するのは「SR-15」ということで、KACタイプの「3prong」ハイダーを選択。

ハイダーに対応したQCDサプレッサーも付属するという理由からメーカーは「UFC」をチョイス。

UFC KACタイプ 3prongハイダーとQDCサプレッサー

セット内容は3prongハイダーと、ハイダーに対応した5.56mm QDCタイプサプレッサー。

UFC KACタイプ 3prongハイダーとQDCサプレッサー 重量測定

ハイダーとサプレッサーの重量を測ってみたら273gでした。

参考までに、空っぽの東京マルイ M16用300連マガジンが200g。

ナイツタイプ 3prongハイダー

UFC KACタイプ 3prongハイダー3

まずはハイダー。KAC社の556QDC フラッシュ・エリミネータータイプのフラッシュハイダー。

ショップでは「3prong」とか「3P」と記載されていることもあり、「prong」は“(フォークなどの)とがった先”といった意味があるようです。

その名が示すように3prongハイダーは先端が三つ叉になっているのが特徴。

M16初期のフラッシュハイダー(俗に言う「チューリップハイダー」)と発想が似ていますね。

余談ですが、M16のチューリップハイダーは枝やツルなどに引っかかりやすい等の理由で後におなじみの「バードケージ」タイプに変更されました。

UFC KACタイプ 3prongハイダー

材質はスチールなので頑丈。磁石もひっつきます。全長:約54mm、全幅:約23mm。

UFC KACタイプ 3prongハイダー2

ハイダーは14mm逆ネジ対応で、根本には緩み防止のイモネジがついています。

なお、実物の3prongハイダーには根本にサプレッサーを固定するための突起がついてますが、このハイダーには無いみたいです。

5.56mm QDCサプレッサー

UFC KACタイプ 5.56mm QDCサプレッサー

続いて3prongハイダーに対応したサプレッサー。全長:約180mm、全幅:約42mm。

KAC社の5.56 QDCサプレッサーを再現したもので、付属の3prongハイダーに通してカチッと固定します。

今回買ったUFCのハイダー&サプレッサーセットのQCDサプレッサーには側面に刻印(テキスト)が入っていました。

UFC KACタイプ 5.56mm QDCサプレッサー 先端部分

サプレッサー先端の形状。

UFC KACタイプ 5.56mm QDCサプレッサー 基部

サプレッサーの内側(取り付け部)。

電動ガン(ハイダー)に装着する場合は、サプレッサー基部を銃口側に向けて押してロックを解除し、そのまま差し込むだけ。正しく装着されるとカチッと手応えがあるのですぐわかります。

ちなみに実物QDCサプレッサーは、ハイダーの突起に合わせて差し込んだ後、サプレッサー基部を回転させてねじ込むので、固定方式が異なります。

サプレッサー内側には一応スポンジらしきものが入っているので、多少の消音効果はあると思いますが、ドレスアップ目的で買ったので、消音効果については度外視。

スポンサーリンク

電動ガンへの装着例

SR-15 CTRストックを追加

冒頭でも触れた「SR-15」に3prongハイダーを装着してみます。

参考として、13.5インチのハンドガードに対し、アウターバレルは14.5インチ(M4カービンサイズ)と16インチをそれぞれ装着します。

その状態でハイダーとサプレッサーを装着してどんな外観になるか確認してみました。

アウターバレルが14.5インチの場合

3prongハイダー 装着例2

13.5インチのハンドガードと14.5インチアウターバレル(M4サイズ)の組み合わせだとフロントはこのようになります。

3prongハイダー 装着例

フロント部分のアップ。ハンドガードとツライチに近い状態になります。

余談ですが、アメリカでは「連邦銃器法」によって銃身が16インチ以下のライフル銃を所持すると違法となるため、14.5インチの銃身に長めのハイダーをくっつけて、『プラス1.5インチ』にして規制をクリアする方法もあるとのこと。

SR-15にナイツタイプ 556 QSCサプレッサーを装着してみた

付属の556 QCDサプレッサーを装着すると写真のようになります。

サプレッサー根本とハンドガード間には数ミリ隙間がありますが、外観上はほぼほぼツライチ。

アウターバレルが16インチの場合

Centurion Arms CMR M-LOKレイルハンドガード 16インチアウターバレル装着例

一方、アウターバレルを16インチにした場合、写真のような形になりました。

14.5インチの時のハンドガードとハイダーがほぼツライチな形状と、16インチのハンドガードからアウターバレルが数センチ出る形、人によって好みは異なると思いますが、自分は後者の形が好きです。

KACタイプ 3prongハイダー 装着例3

もうちょっと拡大

KACタイプ 3prongハイダー 拡大

ハイダー部分のアップ。

SR-15にKACタイプ 556 QSCサプレッサーを装着

サプレッサーを装着するとこのようになります。マークスマンライフルっぽくなりましたね。

SR-15にKACタイプ 556 QSCサプレッサーを装着 フロント拡大

フルサイズのM16A4と並べるとこんな感じ。

さすがに16インチバレル+サプレッサーなのでフロントはM16よりも長いですが、ストックを縮めると全長はSR-15の方が短かった。

それでも長いって感じる人(多分みんなそう思うハズ)はショートタイプのサプレッサーを選んでみるといいかもしれません。

SR-15にKACタイプ 556 QSCサプレッサーを装着 フロント拡大

フロント拡大。

ハンドガードが細すぎるせいでサプレッサーが大きく見えますが、サプレッサーは直径3.4mm、一番太い基部で4.2mmなのでごくごく標準的なサイズ?

スポンサーリンク

まとめ

「SR-15作るからハイダーもKACタイプ!」…ということで現行のSR-15/SR-16でも採用されている3prongタイプハイダーを選んでみました。

3prongの名前通り三叉のハイダーが銃口に取り付けられることで、フロントがよりスタイリッシュになりました。付属のサプレッサーもカッコいい!

KACタイプのハイダーなのでSR-15/SR-16はモチロン、民間用のM4(AR-15)にもオススメなハイダーです。

↑「良品武品」のハイダー&サプレッサーセット。ショートタイプのサプレッサーなので、全長を抑えたい人向け。刻印あり。

↑「BigDragon」のハイダー&サプレッサーセット。今回私が購入したUFCとほぼ同じロングサイズ(約180mm)のサプレッサー。

タイトルとURLをコピーしました