2018年4月6日 WordPressテーマをSimplicity2からCocoonに変更しました!!

【M4A1製作日記】メタルフレームにアクセサリーパーツやグリップを装着する

M4A1 メタルフレーム M4A1製作日記

どうもこんにちは。ましゅーです。

少しずつではありますが、製作中のM4A1の形が見えてきています。この調子で今回はメタルフレームに作業手順の関係で装着できなかった、小物アクセサリーパーツやグリップといったものを取り付けていきます。

ちなみに前回はメタルフレームにストックチューブバッテリー対応のストックパイプおよびリトラクタブルストックを装着しました。

【M4A1製作日記】G&Pの5ポジション アルミストックパイプを使ってみた
M4A1をストックチューブバッテリー仕様にするため、G&P製の「5ポジション CNC アルミストックパイプ」を組み込みました。ストックパイプのレビューや本体への組み込み手順について紹介。

スポンサーリンク

メタルフレームにアクセサリーの残りを取り付ける

M4A1製作日記の3回目の時にメタルフレームに小物アクセサリーパーツを取り付ける作業をしました。

【M4A1製作日記】メタルフレームに小物パーツを取り付けます
M4のメタルフレームにトリガーガードやチャージングハンドルといった小物パーツを取り付けます。パーツ類はG&Pの「メタルフレーム・アッセンブリーパーツ(Cセット)」を使用。パーツの内容や取り付け方法について解説。

しかし、その時点ではまだメカボックスをフレーム内に組み込んでおらず、その関係で取り付けができないアクセサリーパーツが数点残っていました。

なので今回はまず残ってしまったメタルフレーム用パーツを取り付けていきます。ちなみに残ってしまったパーツというのは、

  • ピポッドピン(フレームロックピン)
  • テイクダウンピン
  • ボルトストップ
  • トリガーピン
  • マガジンキャッチ・リリースボタン

といったものです。これらはメカボックス組み込み後に取り付けるものなので、メカボックスの組み込が終わった今、満を持して取り付けていきます。

ピポッドピンの取り付け

M4A1 ピポッドピン

まずは上下のフレームを固定するピンの一つ「ピポットピン」をフレームに通します。

購入したフレーム用アクセサリーパーツのセット「メタルフレーム・アッセンブリーパーツ 」にはメカボックスやフレームを固定するピンは含まれないので、過去に使ったモノを流用しました。

なお、いざピンを通そうとしてみたところ、素直に通らなかったのでピンを削って微調整して通しました。

写真は無いですが、もう片方のピンである「テイクダウンピン」や、メカボックスをフレームに固定する「トリガーピン」も一発で通らなかったのでピンを削って調整しました。

M4A1 ピポッドピン

ピンを通す上で注意したいのは、力任せに通そうとするとフレームが破損するという点。ハンマーで叩いて通すなんてもってのほか。そんなことしたらフレームのピンを通す穴の根本にヒビが入ったりパキッと割れます。

なので、通らないなら通らないで無理せず地道にピンを削って調整して通したほうが安全。

テイクダウンピン、ボルトストップなどの取り付け

M4A1 メタルフレーム

作業に夢中になってしまい写真を撮影し忘れてしまいましたが、ピポッドピンに続き、テイクダウンピンやボルトストップも取り付けました。

上の写真では中央のトリガーピンが出ベソのように出っ張っていますが、これも後ほどちゃんとピン側を微調整して綺麗におさめました。

マガジンキャッチ・リリースボタンの取り付け

M4A1 マガジンキャッチ

続いてはマガジンキャッチ&マガジンリリースボタンの組み込みを行っていきます。

このマガジンキャッチ一式もメカボックスのホールを通さないといけないので取り付けはメカボックス組み込み後になってしまうのです。

取り付けに関してはネジで固定するだけなので、こちらもそんなに難しくはないはず。

M4A1 マガジンリリースボタン

詳しく説明すると、

  1. フレーム左側からマガジンキャッチを通す
  2. フレーム右側にあるリリースボタンの穴にスプリングを入れる
  3. スプリングの上にリリースボタンを置く
  4. フレームの両側から抑えながらがらリリースボタンのネジをしめる

といった流れ。

場合によってはリリースボタンが妙に出っ張ってたり、ボタンを押すとマガジンキャッチがフレームに引っかかる等の不具合が生じる場合もあります。

フレームの両側からレバーとボタンを押さえつつ、ネジ穴を潰さない程度にしっかりネジを締めておきましょう。

あとはマガジンを実際に挿入して異常がなければOK……なのですが、場合によってはカチンとマガジンが固定されず、カクンという手応えとともにうまく挿入できない場合もあります。

そんな時はマガジンキャッチ内側のマガジンの穴に合わさる部分をヤスリで削り、角度を緩やかにすると解決する場合があります。

スポンサーリンク

グリップの取り付け

M4A1 グリップ交換

フレームにメカボックスを組み込んだことで、「グリップ」も取り付けられるようになったのでやっていきます。

グリップはメカボックスを入手した時に一緒についてたM16A1タイプのものがありますが、そちらは使わずにマルイ純正のM4・M16A2タイプのグリップを流用しました。

M4A1 グリップ交換2

取り付け手順としては、

  1. グリップの穴にモーター用の配線を通す
  2. グリップをメカボックスのレールに合わせて通す
  3. グリップ内側の奥にある2箇所のプラスネジを締めてグリップを固定
  4. 配線を挟まないようにモーターを挿入
  5. 配線のピンをモーターのコネクタに接続する
  6. グリップの底板をかぶせて2箇所をネジ止めする

…と言った感じです。

グリップの交換が終わったら、バッテリーを接続してちゃんと作動するか確認し、ついでにモーターの位置調整も行います。

なお、私はM16・M4系電動ガンのグリップは全てG&P製のものと交換しておりますので、このM4A1のグリップも後ほどG&P製に交換する予定です。

まとめ

かなり大雑把に書き殴りましたが、こんな感じでチョロチョロっと本編で紹介しきれなかったパーツを組み込んでいたりします。

組み込みに夢中になると写真の撮影や記事の構成とかを完全に忘れてしまうのは楽しんでる何よりの証拠です(笑)。

【M4A1製作日記】レールハンドガード(RAS)の組み込み方法まとめ
M4A1にレールハンドガード(RAS)を組み込みます。今回使用したG&Pの『M4 RAS ハンドガードキット』のレビューやハンドガードの組み込み手順について紹介。

ということで、次こそフロント周り(レイルハンドガード)の組み込み作業を紹介します。

↑今回は使用していませんが、「ストックチューブバッテリー」仕様にする人は、加工の手間が省けるG&Pメタルフレームの「Bタイプ」をオススメします。

↑フレームの小物パーツはG&Pの「メタルフレーム アッセンブリーパーツセット」を使いました(私はCタイプを使用)。タイプによってパーツの一部が異なるので要確認。

この記事のコメント