「4号対空戦車ヴィルベルヴィント」をウェザリングしてみた

ヴィルベルヴィント 泥の付着 4号対空戦車 ヴィルベルヴィント

タミヤの戦車プラモデルの4号対空戦車 ヴィルベルヴィントを購入したのが昨年の末、購入して1ヶ月弱経過しました。

思えば組み立てと書いておきながらいきなりツィメリットコーティングをしたり塗装をしたりと、従来の組み立て手順ガン無視で独自の路線をひたすら突っ切ってました。

…よく完成したな。

今回はそんなヴィルベルヴィントに「ウェザリング」を施してよりリアルな外観に仕上げます。

前の記事 最初から最後まで地雷臭しかしない「ヴィルベルヴィント」製作日記がこちら

最初から タミヤの「4号対空戦車 ヴィルベルヴィント」のプラモデルを買ってみた

記事一覧 4号対空戦車 ヴィルベルヴィント

スポンサーリンク

戦車プラモの醍醐味「ウェザリング」をするぞ!

「ウェザリング」とは?

ウェザリングって何? 何のためにするの? ってなる人がいるかと思います。

簡単に説明しますと、ウェザリングとは「汚し加工」のこと。

「一生懸命作ったプラモデル汚すとか頭おかしいんとちゃう?」って思うかもですが、作ったプラモデルをよりリアルにするために、金属のサビや車体の泥跳ね・砂埃などを再現します。

特に悪路を我が物顔で走りまわる戦車は、ウェザリングを施すことで実物のような雰囲気を出します。

ということで戦車を汚してリアルにしたいと思います。

用意するもの

ヴィルベルヴィント ウェザリング ツール

まずはウェザリングをするために用意したアイテムをご紹介。

  • タミヤ エナメル塗料
    • レッドブラウン
    • フラットブラウン
    • フラットブラック
    • ダークイエロー
    • デザートイエロー
  • エナメル溶剤
  • タミヤ ウェザリングスティック
  • タミヤ ウェザリングマスター

各種アイテムについては実際に使いながら解説していきます。

スミ入れをしよう

まず最初にやったのは「スミ入れ」

ちょっと暗めの塗料を「影」になる部分に塗ってやることで、車体の明暗がわかれてより立体的になります。

アクリル塗料と溶剤

まずタミヤのエナメル塗料のフラットブラウンとフラットブラックを混ぜ、溶剤を入れて薄めます。

「ちょっとコレじゃ薄いんでね?」ってくらいが丁度いい濃さです。

ヴィルベルヴィント 墨入れ

ボルトとかハッチの根本とかにチョンチョンとつけていきます。もしもハミ出したらエナメル溶剤を含んだ綿棒で拭き取ればOK

ヴィルベルヴィント 墨入れ2

こういった突起部分の周辺に塗料が付着するように塗っていきます。

するとその部分だけ他のところより暗くなります。それが後のウェザリングによって明暗がわかれ、パーツの立体感が出ます。

ヴィルベルヴィント 墨入れ3

砲塔の照準用の窓にもこのように塗っていきます。

ここまで汚くなったら戦車だけに洗車するでしょうけど、戦闘中にはそんな事やってる余裕はないので汚いまま。

今回は省きましたが、ウェザリングには「ウォッシング」という技法もあります。スミ入れよりもさらに薄いエナメル塗料(フラットブラック+フラットブラウン+エナメル溶剤)を全体に塗り、不要な部分は拭き取ることで、全体の色調を統一させることができます。ウォッシングはスミ入れより先に行います。

マフラーの錆を再現しよう

次に車体後部についているマフラーをサビサビにしていきます。

タミヤウェザリングマスター

で、まず使ったのが「タミヤ ウェザリングマスター Dセット 」。

バイクのマフラーとかを組み立てる人には必須(?)のウェザリングアイテムなのですが、写真にあるように、マフラーの青焼け、赤焼け、そしてオイル汚れなどを再現できます。

なお、パッケージがアイシャドウ(化粧品)にソックリなので、間違っても洗面所や化粧台周辺に置かないこと。オカンや嫁が悲鳴あげます。

説明書にも「化粧品ではありません」という記載があるのが何とも……。

タミヤウェザリングマスター2

で、そんな化粧品にソックリなウェザリングマスターからまずは「青焼け」を付属のスポンジに取って塗りたくっていきます。

ヴィルベルヴィント マフラー ウェザリングを

するとこんな感じに青く妖しく光る不気味なマフラーになります。

タミヤウェザリングマスター3

次に「赤焼け」を塗っていきます。

ヴィルベルヴィント マフラー ウェザリング2

こんな感じに。最初はスポンジで塗りたくって、「あ、やり過ぎたわ」ってなったら反対側のブラシで払って行くといい感じになります。

なお、写真を撮り忘れたのですが、この後上にレッドブラウンをチョンチョンと塗って「錆」を再現しました。

本当なら「パステル」を粉砕したものを塗料に混ぜて立体感ある錆を再現したかったのですが、パステルが無かったのでひとまず今回はこの状態で。

ドライブラシで車体を砂まみれにしよう

さて、次にやるのが車体を砂まみれにする作業。

配属先にもよりけりなのですが、特にドイツ戦車は砂漠(アフリカ戦線)とかにも配備されていますので砂埃で車体が汚れたりします。

…この車両はフランスに配備されたとのことですが、細かいことが気にせずに。

この記事では砂埃を再現するためにドライブラシをするとあり、実際に砂埃のようなものが再現することができました。しかし、ドライブラシの本来の目的は、車体のエッジ部分や突起部分を明るくして、先述のスミ入れと合わせて色のコントラストを強調し、立体感を出すことにあります。

ヴィルベルヴィント ドライブラシ

ということでまずはエナメル塗料の「デザートイエロー」を筆にとります。

ヴィルベルヴィント ドライブラシ2

で、筆についた塗料をティッシュで拭きとってカサカサの状態にします。

こうして筆に残った僅かな塗料を車体に塗っていく「ドライブラシ」という技法をつかいます。

ヴィルベルヴィント ドライブラシ3

野球のホームベースについた土をハケで払うようにシャカシャカシャカと塗っていきます。

なお、この砂埃は「タミヤウェザリングマスター Aセット」のライトサンドでも再現が可能で、そちらの方がよりサラサラな砂の質感を再現できます。

ヴィルベルヴィント ドライブラシ4

車体前方もこんなように砂っぽくしていきます。

塗っていて気づいたのですが、このウェザリングは単に砂埃を再現するだけでなく、車体の迷彩塗装の色を柔らかくする効果もあります。

特にフロント部分はダークグリーンの割合が多くて暗かったのですが、上にデザートイエローを塗ってやることで明るさを取り戻し、車両全体の迷彩バランスも良くなりました。

ヴィルベルヴィント ドライブラシ4

砲塔部分も前から後ろに流すように砂埃を付着させていきます。

なお砲塔内で作業しているドイツ兵士たちですが、「口の中がザラザラする」、「砂が目に入ってヒリヒリする」……と、非難轟々です。

足回り泥を塗ろう

戦車は履帯によってあらゆる悪路を走破出来るようになっておりますが、場合によっては雨上がりのぬかるんだ泥の上を走ることもあります。

当然そうなればキャタピラーは泥まみれになりますが、その泥も放置するとカチカチに固まってしまいます。

このウェザリングでは履帯の周辺に付着した固まった土を再現していきます。土は砂と違ってモッコリ立体感があるので、それをどうやって再現するかがポイント。

タミヤ ウェザリングスティック

なので、タミヤのウェザリングスティックを使用してその立体感を出していきます。

いくつかあった方が良いかなぁ~と思って3種類買ったのですが、実際に使ったのは「サンド」だけでした。

タミヤ ウェザリングスティック2

左からライトアース、サンド、マッドの色の違い。これら3色以外にも「スノウ」という名前通り「雪」を再現するものもあります。

ドイツの場合、西部戦線(vs米・仏・英)における「バルジの戦い」や、東部戦線(vsソ連)で雪をかぶった戦車を見ることができます。そういったのを再現するときに重宝するかもしれません。

ヴィルベルヴィント 泥の付着

回転させながらスティックを塗っていくことで、上の写真のように土をモリモリ乗せていくことができます。「塗る」というより「積む」感じです。

ヴィルベルヴィント 泥の付着2

キャタピラだけでなく転輪にも泥を付着させます。

タイヤ部分は回転するのでそこまで分厚く付着しないはずですが、正面はそこそこ盛ってやりました。

ヴィルベルヴィント 泥の付着3

奥まっている部分にも軽くスティックを当てて、そのあとスポンジやブラシで伸ばしていけばスティックが届かない部分にも泥汚れを付着できます。

実は車体下部の側面もレッドブラウン塗りすぎて変な感じだったので上に泥を塗ってごまかしています。

このように塗装とかで失敗したら泥や砂でごまかせば良いのです。車体に泥を塗れば顔に泥を塗ることはありません。

スポンサーリンク

4号対空戦車 ヴィルベルヴィント完成!!

4号対空戦車 ヴィルベルヴィント

ということで、全体にウェザリングを施して今度こそ4号対空戦車 ヴィルベルヴィントの完成です!

購入してから一ヶ月ちょい。生まれて初めて作った本格的な戦車プラモデルでしたが、無事に組み立てることができました。

4号対空戦車 ヴィルベルヴィント 砲塔

砲塔のアップ。ウェザリングによって色がキツく出ていたダークグリーンが柔らかくなりました。

4号対空戦車 ヴィルベルヴィント 車体後部

車体後部にも砂埃の汚れをのせています。今回のキットは砂漠でも走ったのかというくらい砂まみれです。

4号対空戦車 ヴィルベルヴィント 正面

車体正面。履帯周辺は泥まみれにしてやりました。

なお、車体正面についてる予備履帯まで泥まみれなのは交換したドイツ兵曰く「交換した時に泥落とすの忘れたけど、面倒だったからそのままにした」とのこと。

4号対空戦車 ヴィルベルヴィント 正面2

車体正面その2。

ハッチ周辺もダークグリーンを塗りすぎて暗くなっていましたが、ドライブラシで明るくなったおかげで柔らかくバランスの良い色になりました。

まとめ

ということで、約1ヶ月にわたるプラモデル製作日記は大きなトラブル無く無事に「完成」という形で幕を閉じることが出来ました。

思えば、静岡に旅行に行った時に「暇つぶしにホテルで組み立てよう」とノンキな事を考えながら買ったのが昨年の12月末。

あれからネットでググりにググって情報とアイテムを集めコツコツやってきた成果がこのヴィルベルヴィントです。事前準備の大切さを学ばされます。

…ただ、いきなりツィメリットコーティングだのパーツランナーにサフ吹きや塗装をするのはナンセンスだと今では思います(苦笑)

もしも次回別のプラモデルを作る機会があったら、今度は違う手順(いきなりコーティングや塗装をしないような)で作ろうと思います。

4号対空戦車ヴィルベルヴィント 右側面

で、プラモデルなんてお菓子の付録を組み立てた程度の「ド素人」レベルの私が戦車組み立てた感想ですが、「思いのほか簡単に出来るんだなぁ」と。

確かに細かいパーツの取り付けや塗装などで悶絶したり迷ったりしましたが、完成品を見ると「なんとかなる」といった感じでした。
シリーズ全体を通してアレコレ考えすぎてましたが、いざやってみるとスンナリ出来る「案ずるより産むが易し」的な事が多く、またいつか機会があれば別の戦車を組みたいなぁと思います。

まぁ機会があればの話ですけどね。当分ないと思いますけど。

後日談

ヴィルベルヴィントの完成に喜んでいたら急に体を乗り出してきた我が家の看板娘であるスラリンとスラぼう。

……はいはい、どうしたのかな? ご飯はさっき食べたばかりだよ?

後日談2

え、ご飯じゃない? んじゃ一体何だね? ……ん?

ダンボール

何だこの箱? こんなのさっきまで無かったハズ………?

ダンボール2

私の部屋に置いてあるということは私のモノなのでしょうから遠慮無く開封します。ビリビリっとね。

ダンボール開封

ウチのスライムたちはイタズラっ子なので、時たまこうやってビックリ箱を開けさせようとするんですよ。

どーせまた中身はミミック………ん?

ダンボール開封2

んん!?

サイバーホビー 4号対空戦車 オストヴィント

4号対空戦車 オストヴィント

………どうやら私のプラモデル組み立て日記はまだまだ続きそうです。

ドラゴンの「4号対空戦車 オストヴィント」を買ってみた
プラモ初心者が無謀にもドラゴン(サイバーホビー)の「4号対空戦車 オストヴィント」に手を出すというお話です。この記事では実車のオストヴィントの解説やキットの中身について書き綴りました。

ということで、タミヤの1/48戦車1個作った素人に毛の生えた程度のヤツが今度は無謀にもドラゴンのキットに手を出すという手の込んだ自爆を繰り広げます。…今度こそ本当に作れるのかな?

無事に完成した1/48スケールの「ヴィルベルヴィント」。またいつか作ってみたいですね。

もう少し大きい1/35スケールのヴィルベルヴィントはこちら。

次回作るのはドラゴン/サイバーホビー製「4号対空戦車 オストヴィント」。……タミヤじゃないけど大丈夫かな?

この記事のコメント